実写映画『キングダム』を動画配信サービスで無料フル視聴する方法は!主題歌はワンオク ネタバレあり 出演は長澤まさみ 大沢たかお!

アニメ映画

実写映画『キングダム』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

実写映画『キングダム』の動画を無料でフル視聴する方法

実写映画『キングダム』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

実写映画『キングダム』は、原泰久さんによって描かれた日本の漫画作品で

2019年度の実写邦画でNo.1ヒットとなった作品です。

動画配信は U-NEXTで配信中ですので、ぜひ御視聴ください。

実写映画『キングダム』はトライアル入会特典600ptで

無料でご視聴いただけます。

“31日間無料視聴する

無料トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

実写映画『キングダム』の視聴はU-NEXT

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

U-NEXT公式

無料トライアル申し込みページ

男性
男性
映画やドラマやアニメはもちろんの事、漫画や雑誌といった電子書籍まで手広くカバーしているところが惹かれ入会しました。
31日間無料お試し期間の利用するだけでも、大変お得だと思います。
解約手数料はかかりませんので、お気軽に使える動画配信サービスだと思います。
画像も大変綺麗で外出先のスマホでも気軽に視聴できて、もうU-NEXT無しの生活には戻れません。

女性
女性
ファミリーアカウントで四つの端末で見放題というのが魅力です。
三人の子供がいるのですが、各々見たい作品が違うので各々の端末で見れて非常に重宝しております。
毎月1200ポイントもらえるのも、とてもお得ですね。
少し前までレンタルでDVDを借りてたのが信じられないです。
新作映画のラインナップのリリースも非常に早いのに、驚かされました。
U-NEXTは非常に充実した動画配信サービスだと思います。

ニッチな作品まで収められているので、見逃した作品や、お気に入りの監督の映画、人生で気にいる一本が見つかるかもしれません!

画質はお持ちの端末に依存しますが、自動、高画質、低画質、最低画質が選択出来て、

通信制限に対して選択する事が出来ます。

例えば家にいて、ビジネスタイムが発生したならば、低画質でなど選択は出来ます。

漫画が読める電子書籍サービスや雑誌読み放題も

漫画は読み放題ではありませんが、雑誌は読み放題です。

ポイント付加が毎月あるので、そちらで漫画を購入する事も出来ます。

キングダムは、原泰久さんによって描かれた日本の漫画作品です。

2006年に「週刊ヤングジャンプ」で連載開始してから、圧倒的なスケールと読書の心を奮い立たせ熱くするシーンが話題を集め単行本発行数は57刊時点で累計6400万部に達しました。

その大人気漫画が2019年に実写化されました。

美男美女、豪華なキャストが主演し興行収入57.3億円を記録し2019年の実写邦画1位に輝きました。

そこで今回は、映画「キングダム」のあらすじや登場人物など紹介していきたいと思います。

実写映画『キングダム』のあらすじ

舞台は、中国春秋戦国時代。

紀元前245年の中国は、いくつもの国があり侵略、制圧など激しい戦いが常に続いている時代でした。

そこの1つの国、秦に信と漂の2人の少年がいました。

戦争孤児で引き取られた里親にこき使われる日々を送っていました。

そんな現状を打破するための方法はただ1つ。

軍に入り武功を挙げて出世すること。

2人で天下の大将軍になることを夢見て日々鍛錬に打ち込むとき、秦の国王に仕える大臣、昌文君が現れ、漂を王宮に連れて行くにしました。

急に離ればなれになってしまった2人でしたが、事件が起こります。

ある夜に死にかけた漂が家に戻ってきたのです。

突然の出来事に同様する信、息絶える前に地図を託されました。

真相を突き止めるため、地図を辿っていくと、なんと漂と瓜2つの少年がいました。

その少年は秦国王の贏政だったのです。

秦の王都では、贏政の弟の成蟜が反乱を起こし贏政の殺害を企てていました。

漂は贏政と顔が似ているため影武者となって殺されてしまったのです。

真相が分かり激高する信でしたが、死んだ漂の思いを引き継ぎ、贏政と玉座を取り戻すことにしました。

絶大な戦力を持つ、反乱軍に対抗するため山奥に住む山の民に協力を求めます。

そこで山の民の王、楊端和を説得し山の民が仲間に加わります。

それでも圧倒的不利な状況の中、王都へ乗り込みます。

果たして、信たちは、玉座を奪還することができるのでしょうか。

エキストラ1万人を動員した圧倒的なスケールは圧倒されることでしょう。

実写映画『キングダム』登場人物紹介

信  (山崎賢人)

大将軍を目指し熱い気持ちと逞しい性格を持つ主人公の信を見事に演じています。

イケメン俳優のアクションシーンも見応えがあります。

信の国王贏政と漂  (吉沢亮)

1度に2人の役を演じる難しさを感じさせることなく、原作と変わらない再現度に話題を集めました。

楊端和  (長澤まさみ)

楊端和は圧倒的な力とカリスマ性がある原作でも人気のキャラクターです。

民族の先頭に立ち、放たれる圧倒的な存在感を見事に表現しました。

河了貂  (橋本環奈)

信と贏政が王都を目指す道中で出会うキャラクターです。

治安が悪い地域で1人に賢明に生きていました。国王となれば助けたらすごい褒美が貰えるだろうと考え、2人について行くことになります。

河了貂といえば、おなじみの鳥のかぶり物です。

原作通り、見事に再現しています。

成蟜  (本郷奏多)

非情で家柄が良くない者を嫌う特徴、目つきや性格が悪そうな表情を忠実に再現しています。

王騎  (大沢たかお)

映画では少ししか出演していませんが,

要所で圧倒的な存在感を放ちます。

しかひ、漫画では大人気キャラクターの1人です。

信が目標とする秦の大将軍の1人です。

実写映画『キングダム』の主題歌

ONE OK ROCK  『Wasted Nights』

映画とマッチして、感動を増してくれる楽曲です。

PVもとてもカッコイイです。

ONE OK ROCK: Wasted Nights [OFFICIAL VIDEO]

実写映画『キングダム』の見どころ

王騎 (大沢たかお)の再現度の高さ

この映画は、だいたい漫画では1巻から5巻の部分に当たります。

2020年の時点で57巻まで単行本は発売されている中で、王騎はもの凄く大人気キャラクターです。

今回、登場シーンは少なかった王騎ですが、その王騎を演じた大沢たかおさんの再現度がもの凄く高いです。

独特の話し方、大きな矛を振りかざす迫力、笑ったときの唇の角度など細かいところまで原作王騎そのものです。

大沢たかおさんは、出演が決まってから、肉中心の食生活に変え体重を15キロも増やしたそうです。そんなストックに役作りをした大沢たかおさんに共演者の山崎賢人さんが「この人に憧れているのだ」と圧倒されたそうです。

出番は少ない中、強烈に印象に残る大沢たかおさん演じる王騎は見どころの1つと言えます。

アクションシーン

信を演じる山崎賢人さんと贏政・漂を演じる吉沢亮さんのアクションシーンは見応えがあります。

しかし、個人的に最も凄いと感じたのは、楊端和を演じる長澤まさみさんのアクションシーンです。長澤まさみはこれまで色々な作品に出演してきましたが、ここまで戦っているシーンは過去にないでしょう。

死の王と呼ばれ山の民で最強の力を誇る楊端和通りのアクションに惚れ惚れしてしまいます。凄く難しかったと語る2本の剣を操る様は圧巻です。

実写映画『キングダム』Twitterでの反応

スタッフ

監督  佐藤信介

脚本  黒岩勉  佐藤信介  原泰久

原作  キングダム  原泰久  「週刊ヤングジャンプ」(集英社)

実写映画『キングダム』の感想

女性
女性
壮大なスケールで描かれている戦いのシーンは迫力がありとても格好よかったです。
原作を知らなくてもストーリーが分かりやすいので十分楽しめました。
標と嬴政を演じた吉沢亮さんの演技と目力がとても印象的で素敵でした。
標の時の優しい表情と嬴政の時の凛々しい表情をしっかり使い分け2人の人物を上手く演じていてその演技力に驚きました。
楊端和を演じた長澤まさみさんはスタイルの美しさはもちろん戦う時の動きもスマートで美しくまた力強くてため息がでてしまうくらい格好良かったです。
河了貂を演じた橋本環奈さんは映画のマスコット的なキャラクターでコミカルな演技も可愛らしくクスッと笑えるシーンもあり一番応援したくなる存在でした。ラストの全員集合の戦闘シーンは圧巻でした。

女性
女性
正直、キングダムという作品自体には興味がなく、付き添いで観に行ったレベルでした。原作ももちろん読んだことがなく、ストーリーも全く分からない状態で観ました。
が、冒頭のONE OK ROCKの歌の臨場感・映像の美しさから引き込まれ、分かりやすいストーリー展開と役者さんの演技力の高さに、徐々に引き込まれていきました。
映画を観た後、キャストの皆さんのインタビュー等を拝見しましたが、皆さんがいかにして役作りをされてきたのか、また作品にかける思いを知り、より一層好きな作品になりました。
個人的には、最初から最後の結末までずっと大満足でした。後で、映画になっていた部分は原作のごく一部だということを知り、「あれだけ満足感があったのに!?」と衝撃でしたし、原作を読むきっかけきになりました。先日続編が決定しましたが、今度は原作を知った状態で観ることになるので、それはそれですごく楽しみです。

女性
女性
吉沢亮が二役ということを知らなかったので、漂が序盤で亡くなってエイ政が登場したところで、この二人が同一人物に見えず驚きましたが、信が死んだはずの漂に会えたと思ったら顔がそっくりなだけで全く違う人物だったことの説明が、最初の登場シーンのエイ政の佇まいだけで伝わってきました。吉沢亮の芝居の上手さがこのシーンで良く分かります。
ストーリーについては、よくあるお家騒動ものだったり勧善懲悪ものだったりで少し単調に見えましたが、複雑な設定を追うために労力を使う必要がなく、気軽に観られる面白さがありました。
個人的には子供時代の信役の子が、奴隷になる前のもっと野生的な感じが出ていて印象的でした。
一方、橋本環奈は最後まで男の子なのか女の子なのか分からず、どうしても彼女のお顔の可愛さにばかり目がいってしまいモヤモヤしました。
「翔んで埼玉」の二階堂ふみのような感じが出せていればと良かったのかなと思います。

女性
女性
アニメのキングダムが流行っていましたが、あまり興味がありませんでした。映画版で山崎賢人主演と知り、個人的に山崎賢人の大ファンな為、鑑賞してみました。
最初は山崎賢人目的でしたが、吉沢亮の演技の上手さと美しさに心を鷲掴みされっぱなしでした。
また、長澤まさみの美貌にも終始目が離せませんでした。
肝心の映画の内容ですが、友情や愛情を思い起こさせてくれる作品で、とても心が温かくなりました。
家族やカップルはもちろん、子供でも楽しめる作品に仕上がっているなと感心しました。
最後がどうなるのか、始まって早々気になって仕方なかったですが、見事に視聴者向けのエンディングだったのでホッとしましたし、またリピートしたい作品だなと思いました。

女性
女性
大人気コミックの実写版「キングダム」です。
まだ中華が統一される前の、紀元前を舞台にした作品です。
歴史物が苦手で受け付けないと思い今まで歴史物を避けてきた方にこそ見てほしい映画です。
ストーリーが分かりやすいので見ている方を飽きさせません。
見どことはなんといっても、全編通してあふれ出る爽快感です。
奴隷だった子供が夢の大将軍を目指し戦いに挑むのですが、この戦いは負けるかもと思わせてからの形勢逆転が心地いいのです。
山の民との和解の場面も爽快です。
ずっとわだかまっていた二つの民が和解し、山の民の王が仮面を脱ぐシーンが大好きです。
配役も良いです。若い王の役の吉沢亮が美しいし、大沢たかおさんも不気味で味があるし素晴らしいです。女性では長澤まさみさんが強くてかっこいいのも印象的でした。
女性や子供も楽しめる分かりやすい歴史映画は実は珍しいかもしれません。
キングダム、おすすめできます。

女性
女性
内容をまったく知らずに観ましたが、十分楽しめました。
一番よかったのは吉沢亮くんです。王と影武者の二役、美形で、大志を抱く若き王、すごくかっこよかったです。
今まで吉沢亮くんがこれほど魅力的だとは知りませんでした。
主役の山崎賢人くんはこれぞ熱血主役キャラって感じでした。
橋本環奈ちゃんの不思議な蓑をつけているなぞのキャラがとても可愛くて、作品の中では目を引く存在です。
橋本環奈ちゃんって超美少女なのに結構こんな変わった役多いねって思いました。長澤まさみさんの山の王はとにかくかっこいい、強く美しい若き女王すてきです。
一番おもしろかったのが、天下の大将軍、大沢たかおさん、この映画のためにかなり筋肉を増量したらしいですが、本当にすごい身体でした。
この超筋肉、屈強の身体でしゃべり方が女性のようだったので、かなり笑えました。
大沢さんはなんでも出来るすごい役者さんだと感心しました。観るべき作品だと思います。

女性
女性
「るろうに剣心」以来の実写化成功作品といって良い傑作だと思います。
原作者が映画の脚本に参加していることもあり、大長編である原作のエッセンスがしっかりと盛り込まれながら上手に編集されているので、原作ファンも違和感なく楽しめました。
キャスティングも素晴らしく、政と漂の2役を演じ分ける吉沢亮さんと、山の王を演じる長澤まさみさん、最強の大将軍である王騎を演じる大沢たかおさんの邦画史に残る名演は見どころです。
個性が強すぎてとても実写にはそぐわなさそうな武将たちを見事具現化し、あまりの美しさが話題になり「キングダム」を全く知らない観客を大量に呼び込むことに成功した長澤まさみさんは特に必見。
本当に大満足できる完成度の高い映画だと感じました。

女性
女性
本来、マンガが原作の映画化作品ですが、映画を見た印象は美しい映像で、秦の始皇帝になるまでの中国が一番華やかな中国春秋戦国時代を壮大に描いた作品です。
主要キャストの山﨑賢人、吉沢亮、長澤まさみなどは、話の内容に比べるとちょっとお顔がきれいすぎるかなとも思いますが、作品を見始めるとそんなこと感じさせなくなるくらいの迫真の演技です。
実際に見るまではあまり興味のない映画でしたが、見てしまうときちんと捉えた歴史背景やうるさくなりがちな映像もきれいにしっかり作り込まれており、最後は見て良かったとさえ思いました。
ラストは秦の始皇帝にならぬままでしたので、完結して終わっているとは感じず、これからの発展が楽しみになるワクワク感を残していました。
はじめから予定されていたのか分かりませんが、続編が作られるということでしたので、今から楽しみにしています。
私はこの映画を見た後、原作の漫画も読みたくなりました。

女性
女性
映画キングダムの見どころは、キャスティングの良さとアクションシーンの迫力です。
まず、キャスティングは主演山崎賢人さんはもちろんのコト、主要人物の一人吉沢亮さん、そして昨年日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した長澤まさみさんの演技がとても引き付けられました。
その他豪華役者陣で大変見ごたえがあるのですが、映画の中ではメインとなるこの三人それぞれの出会いと共に戦う姿を見ていると、この世界観にズブズブと引き込まれていきました。
アクションシーンは、山崎賢人さんの映画のために細くしたと体つきから、息をのむ緊迫した状況での動きやカメラワークがとても印象的です。
その他、大沢たかおさんの筋肉が漫画の世界観を崩させないくらい立派で、武器を振るうシーンにこの上ない迫力を生み出していたように感じます。
ストーリーもいいですが、俳優陣の作り込みにも完成度の高い映画だと感じます。

女性
女性
マンガを読んでいますが、思ったより原作に忠実でクオリティがよくとても良かったです。
主人公の、まっすぐで強い意志のあるキャラクターは山崎賢人さんにぴったりでした。
個人的には吉沢亮さんが一番ハマり役だと思います。
1人2役の切り替えは、本当に別人かと思うくらいさすがでした。
重要な戦闘シーンは壮大で臨場感があり、マンガでしか描けなさそうなシーンもCGで盛り込まれていたので、動いているところが見れて嬉しかったです。
各俳優の、戦うときの目力が強くゾクゾクしました。重要な人物やシーンがカットされていたり、これからという時に終わってしまったのが残念ですが、このままのキャストでスケールアップした続編が見たいです。

実写映画『キングダム』のまとめ

「キングダム」のあらすじや登場人物、見どころを紹介してきました。

コロナウイルスの影響もあり、自宅で過ごす時間が多くなっていると思います。

この機会にぜひ「キングダム」を観ることをおすすめします。

この記事を読んでから観ることでより面白いと感じることでしょう。

U-NEXTを31日間無料で視聴してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました