韓国映画『ミッドナイトランナー』のリメイク版を King & Prince がドラマ主題歌を担当!

韓国映画

ドラマ「未満警察ミッドナイトランナー」の原作である本作品。警察学校の二人が巻き起こす痛快アクションコメディ!

映画『ミッドナイトランナー』のあらすじ

・誘拐される少女

警察大学に通うギジュンとヒヨル。二人は親友です。

ある日、彼女が欲しい2人はナンパでゲットするために外出許可をとってクラブへGO!

可愛い女性が多くて二人は大興奮、しかしナンパは上手いきません、世の中そんなに甘くない。

結局収穫ゼロで2人はガッカリ。

仕切り直してネカフェに行こうとすると可愛い女子を発見!

今度こそ成功させたい二人。

そうこうしているうちに、彼女が車の中に引きずり込まれます。

必死で追いかけますが、走って車に追いつけるはずもなく見失ってしまいます。

・役に立たない警察

ふたりは警察に通報し、車のナンバーを伝えますがヒットせず。

そこへタイミング悪く大物の孫が誘拐される事件が発生し、刑事が総動員されてしまい二人は相手にされなくなります。

このままではあの少女が危ない、とギジュンとヒヨルは独自捜査の実行を決心します。

・捜査開始

捜査の第一歩は現場から、と彼女が車に引きずり込まれた場所に戻ります。

そこには彼女が落とした袋を発見し、中身を確認すると4人分のトッポギでした。

二人はその辺りのトッポギ店で聞き込みをします。

すると彼女がいつも夜12時に来るという店を突き止め、さらに「耳かき店」で勤務ということが判明します。

早速客を装って店へ行き、従業員にそれとなく彼女のことを聞いてみると高校3年生のユンジョンで、家出少女だということが分かりました。

彼女が他の家出少女と一緒に住んでるという部屋を訪ねます。

そこには少女が二人と少年が一人おり、ユンジョンが誘拐された話をすると彼は逃げ出します。

逃がすか!とひっ捕らえ問い詰めると、家出少女の紹介を求めるグノという男にヨンジョンを売ったということが発覚。

ユンジョンの父親はDVで、それが原因で家出しました。

ヒヨルは二人の少女たちにお金を渡し、安全な場所に隠れていろと言います。

家出少女たちは誘拐されても被害届が出されません、家族は誘拐されたことすら知らないのですから。

・犯人のアジトへ

ギジュンとヒヨルはヨンジュンを救うべく、グノを探します。

無事見つけ彼を捕まえた二人はアジトへ案内させます。

そこにはヨンジュンだけでなく、多くの少女が監禁されていました。

組織ぐるみで卵子を採取して売りさばくための要員です。

二人は少女立ちを助けようとしますが、組織の人間が駆けつけ返り討ちあってしまいます。

捕まり、監禁される二人。

この二人と少女たちの運命は…?

https://youtu.be/LKawaEeLikI

映画『ミッドナイトランナー』の登場人物紹介

パク・ソジュン:パク・ギジュン(警察大学生)

カン・ハヌル:カン・ヒヨル(警察大学生)

イ・ホジョン:イ・ユンジョン(誘拐された女子高生)

チョジュン:グノ(誘拐犯)

映画『ミッドナイトランナー』Twitterでの反応

https://twitter.com/haengbap/status/979919489130053633

映画『ミッドナイトランナー』はこんな人におすすめ

・青春系が好きな方

・後味スッキリな映画が観たい気分の方

・純粋に主役二人のファンの方

・気楽に楽しめる作品を観たい方、など…

映画『ミッドナイトランナー』の感想

女性
女性
現在日本テレビ系で放送中の中島健人と平野紫耀W主演するドラマ「未満警察」の原作映画ということで観てみました。
今話題の韓国ドラマ梨泰院クラスの主人公パク・ソジュンとカン・ハヌルが主演を努めます。警察大学に通う2人がたまたま誘拐事件を目撃したことから、ストーリーは動き出します。
警察手帳を持たないため限界を感じつつも、上からの指示なしには動けない警察より瞬時に柔軟に捜査を進めていきます。
事件の内容はかなりダークなので、観る人によっては拒絶反応があるかもしれませんが、テンポ良く最後まで進んでいきます。
ミッドナイトランナーというタイトル通り、主人公の2人はとにかく走って走って走りまくります。最後のアクションシーンはかなり激しく迫力がありました。警察学校の先生が厳しくも温かく2人を見守っているのも好感が持てました。
シリアスな中にクスっと笑えるシーンも満載です!

女性
女性
この映画の一番の見どころといえば、正義のヒーローである主役の2人のおっちょこちょいで少しダサめなチャーミングさがあちこちに散りばめられているところではないでしょうか。
周りを顧みない勇敢さと正義感の強い若者2人は、実際の犯罪に果敢に立ち向かっていくのですが残念ながら頻繁に失敗します。
またさらに、警察大学に通う発展途上の学生とあって、正直にいえばめちゃくちゃ強いというわけではありません。予告にあるように勢いのあるアクションで敵を次々と倒していくような爽快感なシーンばかりではなく、むしろ敵にやられます。
しかし警察大学の授業で習いたての知識や技を駆使し、彼らなりのやり方で正義を貫いて悪を成敗していくのです。
そんな彼らのキャラクターを観客はまるで子を持つ親になったかのような思いで愛し見守ってしまいます。

女性
女性
警察大学で学ぶ血気盛んな行動派のギジュンと論理的で原理原則を重視する頭脳派のヒヨルは親友同士の2人が、事件解決に走る姿が若さを感じることが出来ます。
われる事件は残酷な事件ですが、アクションコメディになっているので残酷な事件であっても抵抗感なく見ることが出来ます。
警察学校の学生の青年2人が事件を目撃し、まだ警察官でない二人が警察が動かないことで代わりに捜査をする姿が若いって凄いなと思います。
この二人が性格などがまるで違うのが、事件を解決してくれる姿がとても頼もしく感じます。
頼りない二人が事件捜査をするうちに、頼もしく成長して行く姿もこの映画の見所だと思います。
主役の二人のやり取りが軽妙なやり取りをしており、その会話を聞いているだけで微笑ましく感じてしまいます。
若い二人が走り回る姿は、清々しく感じます。

女性
女性
まず、すごく展開が速いので見ているこちらが飽きないまま一気に見られます。あとは、キャラクターの設定がしっかりと出来ているので、感情移入がしやすいです。
また、刑事捜査モノの内容ですが、コメディ要素も多数入っているので、笑えるシーンも多々あり重すぎない内容となっています。
私は主演のパク・ソジュンのファンなのですが、彼はあまり崩した配役のイメージが無かったのですが、ちょっとおバカだけど熱血な青年役を見事に演じ切ることが出来ていました。
警察大学の学生が未熟ながらも、被害者を助けたい一心で無我夢中に捜査を行うのですが、いろんな失敗を繰り返しながらも成功に導きます。諦めません。
もちろん警察内部でも言えることですが、私たち一般人にも「初心忘れるべからず」と改めて考えさせてくれる作品でした。最後に、主役俳優二人がとにかく走り抜けるシーンが多く見られたので、体を張った撮影だったんだなとつくづく思いました。
見終わったあとスッキリする内容で見ごたえありました。

映画『ミッドナイトランナー』まとめ

主役の二人がとても良いです。

頼りないけど一生懸命で、若さっていいなぁ~ってなりますよ。

痛快アクションコメディって感じですね。

ネットの声にもあった通り事件自体はエグいんですが、主役二人のおかげで頭に残りません。

何故わざわざこんなエグい事件にしたのか、ちょっと不思議です。笑

そもそも「走る」ってのが若さの象徴じゃないかなぁと思います。

「走る」は勢いであったり、無鉄砲さや必死さを表現しますよね。

もう私は歳と共に失ってしまったものなので、とても羨ましくまた微笑ましく観れました。

「若さ」の良さとはまた「大人の常識や事情」に囚われず、自身がどう考え何が正しいと思うのかを突き通せること。

もちろんそれだけでは生きていけないのですが、若いうちくらいは空気を読まず(読めずではなく、あえて読まず)猪突猛進で行動するのも良い経験だと思います。

そうやって沢山失敗して痛い思いや色んな経験をし、「大人の常識や事情」を理解していくんですよね、きっと。

観終わった後、そんなことを考えていました。

この映画は後味もテンポも良いし重くのしかかるものもないので、肩の力を抜いて観ることができます。

随所に笑いもあり、家族みんなで楽しめる映画でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました