吉永小百合と天海祐希が演じるハートフルドラマ『最高の人生の見つけ方 』

邦画

自分の人生を考え直すときに観たい映画が「最高の人生の見つけ方」です。

出会うはずのない二人が出会って「死ぬまでにやりたいこと」を実現して姿を描いた映画です。

吉永小百合と天海祐希の演じる2人を観ていると人生を見直したくなります。

あらすじ

・出会い

北原幸枝は定年後で家にいても何もせずにテレビばかり観ている夫と引きこもりの息子の世話に追われる主婦です。

そんなある日、幸枝は胃癌であることを知り入院することとなります。

剛田マ子は有名なホテルの社長で見かけは強気で神経質な女性だが末期のがんとなり入院します

入院中も仕事をしていて、病気になってもやめられないタバコが原因でスプリンクラーが作動します。

そのことがきっかけで幸枝とマ子が同室になります。

それが全く接点のなかった2人の出会いです。

 ・末期がん

別居している娘には末期がんであることを告げて、父親と引きこもりの息子のことと死後のことについてお長居したところ断られます。

そのこともあり、同室になった幸枝とマコは互いに自分が末期のがんであることを話します。

 ・一型糖尿病

そんな2人がベンチに座って話をしていると1型糖尿病の12歳の少女に出会います。

その12歳の少女は毎日の注射や治療について不満があるようで煙草を吸おうとして2人に止められます。

その後2人の目の前で倒れた少女はポーチを落としていきます。

そのポーチの中には「死ぬまでにやりたいこと」のメモが書かれたお薬手帳が入っていました。

・お薬手帳をきっかけに

退院後変わらない日常を過ごしていた幸枝は今のままではいけないと思ったのもあり「死ぬまでにやりたいこと」を書き出そうとします。

いざ考えようとしても何をやりたいかは浮かんできません。

そこでお薬手帳に書かれている内容を同じ時期に退院していたマコとともに一つずつやってみようと旅に出ます。

・死ぬまでにやりたいこと

お薬手帳に書かれていることをかなえるべくまずはスカイダイビング、スイーツを食べる、アイドルのコンサートに行くなどノートに書かれていくことを幸代とマコはともに実践していきます。

その旅ではお互いに驚きあり、笑いもあり、ぶつかり合うことさえもありながら旅を続けることでお互いの信頼関係を深めていきます。

・マ子の遺産

マ子の遺産は幸代が考えたことに使うように手紙を残します。

その手紙を読んだ幸枝はお薬手帳に書かれていた最後の「死ぬまでにやること」を実行することにします。

映画『最高の人生の見つけ方』予告編 2019年10月11日(金)公開

登場人物紹介

監督:犬童一心

原案:ジャスティン・ザッカム

脚本:浅野妙子 小岩井宏悦 犬童一心

出演キャスト

北原幸枝:吉永小百合

剛田マ子:天海祐希

高田学:ムロツヨシ

北原美香/若き日の幸枝:満島ひかり

神崎真梨恵:鈴木梨央

三木輝夫:賀来賢人

主題歌

竹内まりあ『旅のつづき』

デビュー40周年を飾るニュー・シングルで耳に心地よく響き渡る曲となっております。

“旅に出よう あなたと2人 まだ見ぬ夢 待つ場所へと たとえ残された時間が 限りあるものと知っても 最後の最後1秒までも

私たち楽しむわ“

この歌詞からもこの映画での2人の旅は悔いなく楽しめたものなのだと実感できます。

竹内まりや – 旅のつづき 歌詞 (Mariya Takeuchi – Tabi no tsuzuki Lyrics)

ネットでの反応

・ 評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 女性

人生の最後に最高のともに出会えるなんて最高だと思いました。

お金では得られない財産を手にすることができてなんだか二人がうらやましく思います。

そういう終活もありだなと思いました。

・評価⭐️⭐️⭐️⭐️ 女性

オリジナルでは男性でしたが、今回は中高年の女性2人が主人公というところで共感感銘を受けました。

安易にリメイクした映画だと批評するする人もいますが、人間が生きていくためのある意味ヒントがあるように感じました。

感想

末期がんとなり余命わずかとなった2人が体験する様々なことに笑い、涙、共感を得られる映画です。

映画を観るまではあまり考えていなかった「死ぬまでにやりたいこと」で私も主人公の幸枝を同じように何も浮かばないだろうと思いました。

実際にお薬手帳の内容に書かれていることを一つずつ実行していくことで「口に出さないとわからないことがある。」の言葉に今後の自分の人生の参考にしていこうと思えたのでいい映画だと思います。

まとめ

ジャック・ニコルソンとモーガンフリーマンの共演、ロブ・ライナー監督の「最高の人生の見つけ方」を原案に吉永小百合と天海祐希の共演により描かれたハートフルドラマです。

人生のほとんどを夫と引きこもりの息子のためにささげてきた主婦の幸代と強気で神経質でもある大金持ちの女社長のマ子はあることから同室になることから出会います。

病気になることで人生のむなしさを感じていた2人に12歳の少女が書いた「死ぬまでにやりたいことリスト」を手にします。

書かれていることをすべて実行するために2人はともに旅をして生きるということの楽しさ・幸せを実感していきます。

人間はお金をもって死ぬことができない、生きているだけでは駄目ということも描かれています。

動画配信されているこの「最高の人生の見つけ方」を家族と一緒に観てみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました