おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【名探偵コナン 純黒の悪夢】動画を無料(アニメ映画)フル配信で視聴

アニメ映画

(c)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

『名探偵コナン 純黒の悪夢(じゅんこくのナイトメア)』予告

 

少年サンデーより1994年5号から現在連載中の漫画『名探偵コナン』。

1996年からはアニメが放映され現在20周年を突破しています。

名探偵コナンは闇の組織によって高校生の名探偵・工藤新一が少年化されてしまい、闇の組織を追いながら数々の事件を解決していく推理漫画です。

今回は、2016年劇場版20作目劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』

コナンシリーズ一番の謎となっている『黒の組織』も関わってくる話しとなっています。

謎解きは少ないですがオープニングから始まるカーチェイスなどスピード感あふれる展開の作品になっています。

映画『名探偵コナン 純黒の悪夢の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『名探偵コナン 純黒の悪夢』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

U-NEXT動画配信サービスで視聴できます

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

 

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

劇場版『名探偵コナン』の歴代作品紹介

出典:U-NEXT

劇場版 名探偵コナン 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS Hulu

1「時計じかけの摩天楼」(1997年)

214番目の標的」(1998年)

3「世紀末の魔術師」(1999年)

4「瞳の中の暗殺者」(2000年)

5「天国へのカウントダウン」(2001年)

6「ベイカー街の亡霊」(2002年)

7「迷宮の十字路」(2003年)

8「銀翼の奇術師」(2004年)

9「水平線上の陰謀」(2005年)

10「探偵たちの鎮魂歌」(2006年)

11「紺碧の棺」(2007年)

12「戦慄の楽譜」(2008年)

13「漆黒の追跡者」(2009年)

14「天空の難破船」(2010年)

15「沈黙の15分」(2011年)

1611人目のストライカー」(2012年)

17「絶海の探偵」(2013年)

18「異次元の狙撃手」(2014年)

19「業火の向日葵」(2015年)

20「純黒の悪夢」(2016年)

21「から紅の恋歌」(2017年)

22「ゼロの執行人」(2018年)

23「紺青の拳」(2019年)

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』のあらすじ

毛利小五郎の探偵事務所と同じビルに喫茶店を構える安室透、本職は公安に所属し、現在は極悪犯罪組織の『黒の組織』に潜入捜査をしています。

そんな時、公安のビルに謎の女性が侵入し機密文書が盗まれる事件が発生してしまいます。

機密文書にはFBIや公安のスパイのリストなどがあります。

リストが黒の組織に渡れば潜入捜査をしている公安やFBIのスパイは消されていしまいます。

謎の女性からリストを取り返すため、首都高で激しいカーチェイスが繰り広げられます。

しかし、謎の女性はリストのデータを送信し東京湾に沈んでしまいます。

黒の組織でもっとも冷徹な男・ジンはリストに書いてある海外で活躍中の公安やFBIのスパイを次々と抹殺していき、最後に日本にいるスパイを消すために帰国します。

カーチェイスで行方不明になった謎の女性を黒の組織のベルモットは探しています。

謎の女性もまた、黒の組織の一員です。

同時刻、コナンを筆頭に少年探偵団はカーチェイス事故現場近くの水族館に遊びに来ています。

コナンたちは水族館で記憶喪失の女性と出会い、記憶が戻るまで行動を共にするようになります。

記憶喪失の女性は左右で目の色が違うオッドアイの持ち主です。

コナンたちは記憶喪失の女性と行動を共にしていくうちに、片目が義眼の黒の組織のメンバーではないかと考え始めるが、医師に目を確認してもらったところ義眼ではなく本当の目だと言うことが分かり疑惑が晴れます。

 

黒の組織に送られたリストによりスパイとして潜入していた安室とキールはジンに捕まってしまいますが、リストのメールが途中で切れていたため確認してから消すように言われます。

その隙をついて赤井が助け出します。

劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』のネタバレ

謎の女性の名前はキュラソーと名乗りました。キュラソーは警察に保護され記憶は戻らないままですが、自分の事を心配してくれ、優してくれるコナンや少年探偵団に心を許していきます。

公安はキュラソーの事に気付き、警察に身柄を引き渡すように要請します。

キュラソーの二つの目にはいくつかの色が重なると記憶が蘇る仕組みになっており、記憶力のいいキュラソーは機密文章の事も思い出してしまいます。

公安はキュラソーの記憶が蘇る仕掛けを使い観覧車に乗せ色が重なり合うポイントまで連れていきます

しかし、これも黒の組織の計算の一部でキュラソーの乗っている観覧車の部分だけをヘリで回収し、その他は爆弾を仕掛け公安の壊滅を計画しています。

観覧車が頂点来て、ライトアップの色の重なりにより記憶を戻したキュラソーは黒の組織に安室とキールはスパイか、と尋ねられるが、違うと嘘を言います。

コナンや少年探偵団の優しさに触れ組織に戻りたくないと思ったのです。

観覧車に爆弾が仕掛けられていると知るとコナン達は爆弾を解除しに向かいます。しかし、それを邪魔する黒の組織。警察も応援に入り壮絶な戦いが繰り広げられ黒の組織はその場を後にします。

しかし、観覧車は水族館の方へ転がり始めてしまい、コナンたちは観覧車を止めようとしますが中々止まりませんが最後はキュラソーが自分を犠牲にして観覧車を止めます。

キュラソーのおかげでキールと安室はスパイ活動を続け、コナン、少年探偵団一同は日常の生活に戻っていくのでした。

\ 劇場版コナンシリーズをチェック !!/

『名探偵コナン 純黒の悪夢』の動画を無料フル視聴する▼

劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』登場人物紹介

江戸川コナン (高山みなみ)

毛利蘭    (山崎和佳奈)

毛利小五郎  (小山力也)

赤井秀一   (池田秀一)

安室透    (古谷徹)

灰原哀    (林原めぐみ)

キュラソー  (天海祐希)

劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』の主題歌 

B’z     『世界はあなたの色になる』

B'z : 世界はあなたの色になる – 名探偵コナン 純黒の悪夢 より 主題歌 / Detective Conan: Sekai wa Anata no Iro ni naru

劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』Twitterでの反応

https://twitter.com/kuruha_0705/status/1255380382301794307

 

劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』はこんな人におすすめ

・アニメ名探偵コナンが好きな人

・推理小説ものが好きな人

・ハラハラドキドキが好きな人

劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』の感想

女性10代
女性10代

とにかくすごかったと思います。黒の組織、FBI、公安など登場キャラクターがド派手で20作目にあっていると思います。
オリジナルキャラクターで組織ナンバー2の右腕、キュラソーが冒頭のシーンから登場し、そこに人気キャラクターの安室透、赤井秀一の登場、そしてカーチェイスというすごい絵面でインパクトがすごかったです。バーボン、キールがピンチのシーンもあり、ドキドキが止まりませんでした。

一番忘れられないのが安室透と赤井秀一の観覧車での戦闘シーンです。身体能力、戦闘能力が高い2人のアクションかっこいいなと思いつつ、今やる必要ある?と思ってました。

赤井秀一のことになると冷静さが無くなる安室透の性質が劇場版でも見れたのはよかったです。

そこにコナンくんが加わり、それぞれの正義が一致した時の3人の行動力と連携プレーのシーンが迫力満点でした。

また、このストーリーは少年探偵団の3人が大事だったなと思います。

あの子達の純粋な心がキュラソーを変え、最後に助けてくれるのが感動でした。

キュラソーが亡くなってしまうのが衝撃的で涙が止まりませんでした。
節目の20作目にふさわしい映像のインパクトの強さ、ストーリーの面白さ、キャラクターの個性が前面に出ていて、人におすすめできる面白い絵宇賀だと思います。

女性30代
女性30代

毎年ゴールデンウィークに映画が公開される、大人気アニメ『名探偵コナン』。
漫画本編のファンの方も、並行して観たほうが数倍楽しめるのが、コナンの劇場版シリーズの特徴です。
そんな劇場版名探偵コナンシリーズで私が1番大好きな作品でもある、20作目の『純黒の悪夢』は、コナンの最大の敵である黒の組織と対峙するストーリーです。
黒の組織のボスの名前は本編でも既に明かされていますが、組織のNo.2であるラムというコードネームの人物が誰なのか?という考察がファンの間では飛び交っています。
その話を踏まえた上で、観ていただきたいのが『純黒の悪夢』です。
ラムはこの人なんじゃないか?という疑わしい人物が登場します。
黒の組織との対決はもちろん、ハラハラドキドキの展開で目が離せません。
黒の組織に潜入捜査していた赤井秀一や、今では社会現象になるほど人気の安室透も活躍します。
そしてなんといっても映画冒頭のカーアクションはアニメとは思えないくらいリアルで手に汗握ります。
ラストでは、衝撃の展開が待ち受けていて、思わず涙を流してしまいました。
本当に最初から最後まで見届けていただきたい作品です。
これを機会に名探偵コナンを好きになってもらえたら幸いです。
残念ながら、今年4月に公開される予定だった新作映画『緋色の弾丸』は来年4月に延期となってしまいましたが、その公開前の予習にもなるのが『純黒の悪夢』でもあります。
来年4月まで楽しみに待ちたいと思います。

女性30代
女性30代

冒頭、女性が諜報活動をしているところを公安が捉えます。

彼女が逃走するのを、作品の重要な登場人物である安室と赤井が激しいカーチェイスで追いかけるという、大きな見所からこの作品が始まります。

道路を逆走したり、大型トラックにわざとぶつかったりと、衝撃音や走行法そのものに緊張が高まりますが、車両や夜景がCGを用いて非常に美しく繊細に描かれているため迫力と見応えがあり、映像にとても引き込まれました。後半の水族館の場面も細かい部分までリアルで、作品全体を通して画面がきれいだと思います。
そして、逃走後にコナンたち少年探偵団と共に行動する謎の女性を演じている天海祐希の声は、心地良い中に強さが感じられ、「お姉さん」が優しい素敵な人で、コナンたちと「友達」になれていたんだなと思えたし演技もとても自然だったので、彼女がこの作品の中で1番好きになったキャラクターです。
「名探偵コナン」シリーズの中でコナンが追い続ける「黒の組織」との闘いが物語の軸になっていて、彼らが今回は何を計画しているのか、それにコナンがどの様に立ち向かうのか、冒頭の場面のスピード感にそのまま乗るように物語に入り込んでいけたので、疾走感があり見終わった後はとても爽やかな気持ちになりました。

女性20代
女性20代

昔映画のコナンをよく見ていましたが、久々に見た映画がゼロの執行人でした。
安室さんなど最近話題になっていたので存在は知っていましたが、存在的によくわからないまま見ました。
見ていくうちに、どういう存在や立場かなどなんとなくわかることができました。
コナン自体が終わりに近づいているのか、黒の組織とだんだん近くなっていく話が好きなのでとても面白かったです。
キュラソーが記憶がない中、探偵団と仲良くなっていき、最後は自分を犠牲にしてまで助けるところは感動しました。
その時、コナンの出したサッカーボールがあそこまで大きくなるのはちょっと疑問を感じましたが、、笑
あと、久々に見たので全然しらなかったのですが、赤井と安室の声優さんは、ガンダムのアムロレイとシャアの声だと知ったときは、声優さんにハマる人の気持ちが少しわかったような気がします。とても興味深かったです。
天海祐希さんの声もキュラソーにとてもハマっていたと思います。
昔みていた映画は、警察、犯人、コナンという形でわかりやすい構造でしたが、
純黒の悪夢は公安や、黒の組織内部の動きなど、いろいろ入り組んでいて大人でもとても楽しめる物語でした。
もともとコナンのように子供になってしまうこと自体現実味がないので、追求してもよいのかわかりませんが、
建物の上で闘うシーンは重力や握力どうなってるんやろと思ってしまうところがありました。
でもそれも含めてとても楽しめた作品でした!

女性20代
女性20代

本作は何と言ってもメインキャラクターが大変魅力的でした。

特に良かったのがコナン、赤井秀一、安室透の3人の関係性と、映画オリジナルキャラクターのキュラソーです。

私はコナンの映画はこれまでにも視聴したことはありますが、数年前から原作、アニメ共にあまり追えておらず、本作視聴前は実は赤井が生きていたこと、安室に関しては存在自体知りませんでした。

なので楽しめるのか不安もあったのですが、結果として何の問題もありませんでした。

寧ろ2人、特に赤井の格好良さに大感激し、原作コミックスを買い漁ってから再度視聴しました。

この2人が登場する場合、見た目の良さは言わずもがなですが、頭も切れ、戦闘時にも大活躍と、正直非の打ちどころがありません。

それだけでも本作は見どころ満載と言えるのですが、一押ししたいのはコナンとの関係性です。

コナンには多くの仲間や友人がいるのは周知の事実ですが、実のところ彼が真実頼る大人というのは本当にごくわずか、しかもこれまでの映画版ではほぼ見られませんでした。

(服部平二や怪盗キッドなど、友人達は別として)いつも無茶をして、時には重症を負ってまで己の力で皆を救おうするコナンが、今作では自ら「手を貸して」と頼むのです。

新鮮な驚きと純粋な嬉しさがこみ上げ、ここからクライマックスまで続く共闘シーンは本当に胸を熱くさせられました。

また、本作のキーパーソンとなるキュラソーですが、こちらはまた違った意味で大変印象に残りました。

黒の組織の一員が記憶喪失になるという設定だけでも注目せざるを得ない存在ですが、それだけではなく、彼女の心理描写や探偵団の子供たちとの絆の育まれる過程等が大変丁寧に描かれており、この映画だけの登場人物とは思えないほど好きになってしまいました。

クライマックスで自信を犠牲にして観覧車を止めようとする姿に思わず「死なないで!」と思ったのは私だけではないと思います。

天海祐希さんの格好いいお声も相まって、本当に魅力的なキャラクターになっていました。

女性40代
女性40代

謎の女性のキュラソー、記憶を無くしたことで悪から善へと生まれ変わる仕組みはよく分かりませんが、天海祐希さんの声とあの身のこなしはカッコ良かったです。

でも遊園地であんなにもボロボロで思いっきり不審者です。

実写化した場合にあの髪の色はいったい何色なのか、国籍も不明でといった人間に気軽に話しかけていく少年探偵団がすごい、観覧車なんて密室にも入っていってと阿笠博士は保護者としては完全に失格です。

私だったら怪しげで子供っぽいあんな大人に預けたく無い、というかいろんなところに連れ回されてとかなりの放任主義です。

アクションが現実離れし過ぎていて、次第にコナン映画は冷めた目で見てしまうようになりました。

中身もただの高校生、今は身体が大人という状態でスケボをどれだけ使いこなすんだ・キック力にどれだけの威力があるのだと、ツッコミたくなります。

最後は大変なことになった遊園地、その後の関わった人たちの末路が可愛そうです。

彼らが行くところ必ず事件が起こるのですから、大人しく家でこもっていてほしいのです。

黒の組織が結構大胆でそこも違和感が、もっと隠された存在なのでは無いでしょうか。

まあ黒づくめで長い髪の毛でいかいんも怪しげで、初めから変です。

女性40代
女性40代

名探偵コナン映画というと回を重ねるごとにアクションがド派手になっていて、ルパン三世とどっちが上かというくらいに現実味の無さが笑えてしまいます。

今回もそこは外さず、のっけからスタントマンも真っ青のカーチェイスっぷりでした。

ラストもすごい、ここまで豪快に壊されてしまうとむしろ清々しいほどです。

高校生が探偵で怪盗で毎度世間をお騒がせしているコナンシリーズですが、小学生だって負けてない・元太たちの親は怪しげな発明家に任せっきりで不安にならないのでしょうか。

今回も、遊園地に来ている国も負傷のボロボロの女性に声をかけて、私が親としていたら「話しかけちゃダメよ」と急いでこっそりとその場から遠ざけます。

観覧車という密室に子供達と謎の女性だけで行ってしまうし、やはり阿笠博士は保護者として失格のようです。アニメシリーズでも結構忘れ去られていることも多い黒の組織が今回は全面に出てくることに、と期待してはいたもののそれほどの情報は得られませんでした。

むしろ安室さんに赤井さんが出てきてファンサービスの作品といった感じです。

メッタメタにされてしまう遊園地もカッコよく、行ってみたかったかな。

黒の組織があんな派手にやるのもあり得ないし、ストーリーとしてはまあまあです。

女性30代
女性30代

名探偵コナンの映画の中でも、黒の組織、FBI、公安警察の安室透が登場する、内容盛りだくさんの見応えある映画です。

この映画で出てくるキュラソーという黒の組織のメンバーが、最初の場面で記憶喪失になり、コナンや少年探偵団と出会い、一緒に過ごし、短いけれど、子供たちと楽しいひと時を過ごす姿に、胸が締め付けられるような思いでした。

最後、子供たちを救うために、ボロボロになりながら自らの命を捨てて、クレーン車を操縦して、観覧車を止めに行くのが、観ていて辛いほどでした。

コナンの映画で、仲良くなった人が亡くなってしまうシーンを観ることがなかったので、子供と観ていてショックを受けてしまうほどでした。けれど、今まで、黒の組織に属してきた人生、これから黒の組織から逃げる彼女の人生を思うと、子供たちの命を救って、死ぬ運命は、本望だったのかなと感じます。

映画で、こんなにも黒の組織が登場することがあまりないので、コナンファンにとっては、とても魅力たっぷりの映画です。

黒の組織のスパイ達を暗殺するシーンなど、残酷なシーンもあり、いつものコナンの映画に比べると、小さい子供向けではないかなとは感じます。

けれど、小学校低学年の息子も繰り返し観るほど、カーチェイスシーンや、キュラソーが身軽に黒の組織の攻撃を避け、走り回るシーンなど、見どころたっぷりの映画です。

そして、キュラソーの生き様に感動する映画です。

女性20代
女性20代

ストーリー構成とアクションが優れた良作だと思います。

今作は黒の組織が関わるストーリーになっており、謎解きよりも天海祐希さん演じるキュラソーにまつわる謎と組織との攻防戦が中心になっていますが、キュラソーがコナンたちと関わることで徐々に心情を変化させ、終盤はコナンたちのために奔走していく姿が見どころだと思います。

この重要な役どころを演じる天海さんの演技も違和感なくキュラソーそのもので素晴らしいです。天海さんだからこそ、キュラソーはこれまでの映画の、どのゲストキャラクターよりも観客を惹きつけるキャラクターになったと感じました。

レギュラキャラクターの声優陣も安定の演技で、黒の組織のメインストーリーの間をぬってバランスよく阿笠博士や毛利小五郎などのキャラクターの見せ場シーンもしっかり配置しているのも良いです。
また、キュラソーのストーリーに並んで、安室透と赤井秀一の対決とコナンとの三人での共闘も大きな見どころです。二人の対決シーンの激しさと、
一方でコナンと共闘しながら繰り広げる黒の組織との激しい攻防、二つの激しい戦いが印象的で記憶に残ります。
個人的には、事件が終結した後に、キュラソーの思いを推し量るコナンと灰原哀のさりげない会話シーンも非常に印象に残っています。
短いシーンですがこのシーンがあることで映画の後味が大きく変わると思います。
『名探偵コナン 純黒の悪夢』は、こういった印象的なシーンが豊富でありつつキュラソーというキャラクターが
作品の魅力をグッと引き上げている良作だと思います。

女性10代
女性10代

純黒の悪夢は、コナンシリーズの中でも最も黒の組織との対決が中心として描かれた映画です。

といっても、組織の本質に触れるわけではなく映画のみのオリジナルキャラクターがメインなのですが、本編で明かされていなかったラムの声や組織のメンバーとの関わり方を見ることができるので原作だけしか見ないという人にもおすすめです。

また、人気キャラクターである赤井秀一と安室透が多く登場し、二人の因縁関係やバトルシーンを見ることができます。

特に、観覧車の上で戦うシーンは結構長時間描かれていたのですがカメラアングルの臨場感と動きの激しさが凄く見入ってしまいます。

また、原作で一度しか出ていないキャラクターも出てくるので必見です。

今回のメインキャラクターであるキュラソーの声優は、コナンの映画にありがちな芸能人のゲスト声優なのですが、今回の天海祐希さんの演技はとても素晴らしいと思います。

ゲスト声優はどうしても声が浮いてしまい、棒読み加減が気になることが多いのですが今回は全く何ならず。

言われなければ気づかないほど迫真の演技でキュラソーというキャラクターに感情移入することができます。

黒の組織の一員であるキュラソーと、少年探偵団の関わりが特に心に残る作品です。

女性40代
女性40代

警察庁から機密データを盗み出した黒の組織の一員が、事故で記憶を失くし、コナンたちと接触するというストーリーで、本当に記憶を失くしているのか、盗み出した機密データはどこにあるのか、といった謎に加え、各国の諜報員が絡んでいたり、黒の組織に潜入捜査している諜報員が危機に陥ったりと、スパイ映画さながらのサスペンスも楽しめます。黒の組織の一員として黒く染まっている、子供たちと交流して白いイルカのキーホルダーをもらう、といった、内面の変化を色で暗示させるキュラソーというキャラクターも印象的です。

冒頭の逃亡劇にカーチェイス、クライマックスの観覧車での派手すぎる攻防戦など、アクションシーンも大いに見応えがあります。警察庁がこんな国際的な機密データを持ってるのか?

とか、観覧車の上でそんなことしている場合じゃないのでは?

とか、疑問に思う部分もありますし、観覧車での攻防戦は、そこまでやるか?あり得ない!という感じもあります。

しかし、あり得ないと思いながらも楽しめる、ダイナミックなアクションは見どころです。

黒の組織に染まっていたキュラソーのクライマックスでの行動、ラストのコナンのセリフは、胸が熱くなってしまいました。

女性20代
女性20代

純黒の悪夢で私がおすすめするシーンは観覧車の上で赤井さんと安室さんが対決するシーンです。

二人とも人間離れしたアクションでとても面白かったです。

敵は頭上にいるのに赤井さんを信用しきっていない安室さんが赤井さんを挑発してそこからアクションが始まります。

赤井さんは通常だとクールで意味のないことはしないはずなのに安室さんの挑発に簡単にのってしまうので笑ってしまいました。

緊迫するシーンですが、どう考えても今はFBIと公安で争っている場合ではないし、敵は黒の組織だろうと思ってしまいました。

そのシーンは面白くて好きなのですが、今考えても謎のシーンでした。観覧車のシーンも良いのですが、純黒の悪夢と言えば、黒の組織に属していたキュラソーの心の変化もポイントです。

爆破で記憶がなくなったキュラソーが少年探偵団と出会って仲良くなり、記憶が徐々に戻る中、自分がしてきたことが悪いことだっと気づいていきます。

しかし、今回の敵はジンとベルモットでとても相手が悪いです。

そんな中で少年探偵団を守ろうとするキュラソーの姿に心が打たれました。

最終的に少年探偵団を守るために命を落としてしまいます。

キュラソーが亡くなったシーンはとても泣けました。

コナン君が黒焦げになったイルカのマスコットを見て「思い出だよ」と言っていたのも更に泣けました。

キュラソーには幸せになってほしかったです。

女性30代
女性30代

黒い組織の仲間だったキュラソーが記憶を失って、偶然東都水族館でコナン達少年探偵団と出会います。

記憶を失って一緒に遊んだり会話を楽しんだりしてくれる非常に優しい女性になっており、子供たちも皆キュラソーになつきます。

黒の組織なのにとても穏やかなひとときだなあと微笑ましく映画を見ていられました。

アガサ博士は大事な場面でいつものんびりしていますが、今回も子供たちが動いている間ハトと戯れていたりして、コナンたちに怒られていて笑えました。

アイちゃんが、キュラソーの身元がわからない間、今回の映画では非常に焦っており、いつも冷静なのに、声を荒げてコナンに話をしたり説明をしたりするシーンが多く、こちらまで緊張してしまいました。

途中記憶を取り戻す前後からの黒の組織との闘いのシーンは、大音量で迫力もあり、ハラハラドキドキさせられておもしろかったです。

いつもながらコナンも闘いで大活躍をしますが、結局映画のラストは、子供たちを守るためにキュラソーが自分を犠牲にして皆を助け、車の中で亡くなってしまいます、とても切なくなるお話でした。今回はいつものような事件、殺人シーンはなく、どちらかというと感情に訴える物語だったなあと思います。

女性20代
女性20代

毎年コナンの映画を楽しみにしていて、今作も劇場で観ました!

序盤から安室さんと、キュラソーのカーチェイスが凄かったです。

途中から赤井さんも加わり、大迫力でした!

今作も迫力のあるシーン、ハラハラするシーンが盛り沢山です。

最もハラハラしたのは元太が観覧車への道から転落してしまうところです。

すごい高さから落ちて、どうなってしまうのかとハラハラしました。キュラソーの身体能力、助け方、かっこよかったです!

記憶喪失になっていますが、心根の優しいキャラクターなのだと思いました。

今作一番の見どころは安室さんと、赤井さんのバトルシーンだと思います。

大人気キャラクターの二人のバトルシーンも迫力がありました!観覧車の上で戦うというのもハラハラしました。

その後の黒の組織とのバトルも手に汗握ります。

組織からの銃撃が当たりそうでドキドキです。

最後の脱輪して転がる観覧車を止めるシーンは感動しました。

キュラソーが少年探偵団たちから貰ったイルカのストラップを大切にしていたのがグッときました。

ラストを観て涙が止まりませんでした。子どもたちが何も知らないところにまた泣けます。

コナン映画観たことない人も、もともとファンの人も楽しめます!

女性10代
女性10代

今回のメインキャラクター、キュラソーの声優さんは天海祐希さんなのだが、いつも俳優さんが声優の仕事をすると違和感があったり絶妙にヘタクソだったりするのだが全く違和感がなく綺麗で、イケメンなキュラソーを上手く演じてくれていた。

コナンは割と毎年話題作りみたいな感じで声の人を選びがちなのだが、キュラソーに天海祐希を持ってきたのは大正解。

また、最後キュラソーは亡くなってしまうのだが、記憶が戻った上で、少年探偵団のみんなのために命をかけたのがもうほんとに泣いた。

源太くんが落ちそうになったシーンでものすごい身体能力を発揮するキュラソーが素敵でカッコ良すぎる。

また、安室さんと赤井さんがなぜか観覧車の上で戦い出すシーンがあるのだが、無理やり入れてくれと言われたシーンだそうで無理やり感がすごいがなぜか良い。

とても良い。最近はどちらかしか出ない(メインをはりがち)な赤井さんと安室さんなので、一緒に映画に出ているのが珍しく感じ、レア度が高い。

また、2人は因縁があり安室さんは赤井さんのことが死ぬほど嫌いなのだが、観覧車を狙ってくる黒の組織を撃退するために共闘するところも最高。

個人的にコナンの映画至上かなり好きな部類の映画なので是非見て欲しい。

 

劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』のまとめ

劇場版コナン20作目”純黒の悪夢”。今回はコナンの宿敵、黒の組織との対決。

遊園地を舞台にし、記憶を失った女性と関わり合いながら事件の解決だけではなく人間の心情の変化なども描いていく最高作品となっています。

コナンを見たことない人でも見れるよう内容になっていますので是非この機会にご鑑賞ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました