山下智久主演の人気ドラマが映画化!『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命』

邦画

ドクターヘリに乗り込むフライトドクターたちの姿を描き、反響を呼んだ「コード・ブルー」。その人気ドラマが映画化!

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命』のあらすじ

・飛行機墜落事故

藍沢は翔北救命救急センターからトロント大学へ。

センターでは慌しい日が続いていましたが、ある日、飛行中乱気流に巻き込まれ負傷者が出た航空機の緊急着陸連絡が入ります。

白石たちが現場に到着すると、既にトリアージが進んでいました。

藍沢が帰国したのです。

事態の収束を感じたその時、とある女性患者が突然吐血してしまいます。

至急急遽センターへ運び治療を施したその女性は、末期のがん患者でした。

・車椅子の花嫁 

先ほどの女性、富澤未知は婚約していましたが、癌が発覚した途端婚約者・彰生は姿を消してしまいました。

ですが再び未知のもとに現れます。

彼は逃げ出してしまったことを後悔し、彼女と結婚することを決意します。

しかし押えることのできた式場は1ヶ月先。

冴島は1週間後の自身の結婚式会場を二人に譲り、未知達は結婚式を挙げることができました。

しかし指輪交換の後に吐血し、センターに運ばれます。

一命をとりとめた未知は、冴島に感謝し、きちんと挙式を挙げるように伝えました。

・父と息子の再会

未知が運ばれた直後、海ほたるにカーフェリーが衝突する事故の一報が入りしました。

駆けつけた藍沢、白石はパイプにくし刺しとなっている男性を目の当たりにする。

パイプが切断されるのを待つ時間はないため、腹部を裂いてパイプから引き抜く決断をします。

治療同意を得る為、男性の息子・杉原剛志に承諾を求めましたが、父親に吐いた暴言の後悔と、幼少期に受けた仕打ちを思い出し混乱していました。

そんな彼に藍沢は冷静に接し、彼を落ち着かせます。

そして、剛志は父親の命を救って欲しいと二人に伝えます、

藍沢と白石は、今までに経験のない手段でその場を乗り切りました。

・藍沢の事故

まだフェリー内に重症患者がいる連絡を受けたメンバーは再び船内に戻ります。

フェリー内は水浸しでした。

漏電していることに気づいた藍沢は雪村を助けるために突き飛ばし、自らは感電し階段から落下してしまいます。

藍沢の意識はなく、呼吸も不安定な状態でセンターに運ばれますが意識は戻りません。

意識を失ったままの藍沢に白石が必死で処置を続けていたある日、微かですが反応がありました。

「藍沢先生!」呼ばれた声に反応したかのように藍沢は無事に目を覚まします。

そして、体調が回復すると再びトロントへと旅立って行きました。

https://youtu.be/D2Y9dSQIToo

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命』の登場人物紹介

藍沢耕作(山下智久);フライトドクター、専門は脳神経外科。

白石恵(新垣結衣);フライトドクター、救命スタッフのリーダー。

藤川一男(浅利陽介);フライトドクター。冴島とは夫婦。

緋山美帆子(戸田恵梨香);フライトドクター、専門は産婦人科。

冴島はるか(比嘉愛未);救命センターの看護師、フライトナース。

雪村双葉(馬場ふみか);救命の新人看護師でフライトナース。、

灰谷俊平(成田凌);フライトドクター候補生だがトラウマでヘリに乗れなくなる。

名取颯馬(有岡大貴);フライトドクター候補生。名取総合病院・院長の一人息子だが翔北の救命に残る。

横峯あかり(新木優子);フライトドクター候補生、ドラマにあこがれ医師になった明るいキャラ。

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命』の主題歌

Mr. Children 『HANABI』

ドラマの方でもシリーズを通してこの曲です。

プロデューサーの増本淳さんは『HANABI』という曲は言うなれば6人目の登場人物というか、あの6人の若者と一緒にファースト、セカンドシーズンと歩んできた、もはや『コード・ブルー』に欠かすことのできない登場人物の一人と言えます」とおっしゃっているそうで。

相当思い入れのある曲なんですね。

桜井さんの切ない歌声がぴったりの、素敵な曲です。

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命』ネットでの反応

・山下の落ち着いた演技が自然で良い。観てよかったと思う。

・ミスチルのHANABIが流れるとドクターヘリやヤマピーが浮かぶのだからもはや社会現象でしょう。

・人を救いたいという思いが、消えることはない。

・周りで普段映画を観ない人が観に行ってた。やはり人気ドラマの映画化は強い。

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命』はこんな人におすすめ

・コード・ブルーのドラマ及び原作のファンの方

・山下智久さんのファンの方

・過酷な現場で命を救うため戦う人々の存在を知ってほしいので、この世に生を受けた全ての方に。

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命』の感想

女性
女性
涙がとまりません。
映画を見ている最中に何回泣いたか分からないほど泣きました。
シーズン1から見ている視聴者としては、主要登場人物の5人の成長ぶりに、そしてフェローの成長ぶり。そして仲間たちの絆と信頼関係に泣けてきます。
それぞれが成長し、一人一人の活躍の場を見つけていることが分かり、その成長ぶりにも嬉しくなります。
今回起こる、様々な過酷な現場にも対応したくさんの命を救っていく姿に、救命医の素晴らしさ、そして大変さを映画版ならではの迫力で伝えてくれました。
映画版ならではのど迫力の映像の綺麗さはさすがコードブルーチームと言いたくなるほどの美しさでした。
そして、始まりからエンディングの1秒まで無駄にしないような作りになっており、物語が凝縮されていて私たち映画の視聴者は1秒足りとも映像から目を離せません。
ぜひ、色々な人に見てほしい映画です。

女性
女性
前作までのドラマなどを見たことがない人でもわかりやすく、みやすい映画になっていました。
私自身はシリーズすべてを見ていましたが、今までの作品に比べても撮影規模やストーリーに迫力があり迫ってくるものがありました。
この作品は、病気や親子の絆、恋愛、成長などテーマがいくつも取り上げれらていますが、どれも奥が深くて感動します。
その中心人物でもある山下智久が演じている役が初めてけがをし、意識不明の重体に陥るところがありますが、周りの支えているキャストにもしっかりと日が当たるように作られています。
また、シリアスなシーンだけでなく、コメディ要素な笑いもありなごみます。
終始一貫して映像がきれいで、どのシーンをとっても絵になります。
出演しているキャストは実力派な人ばかりなので、絶対に外れはなく、そういった意味では安心して見られます。

女性
女性
コードブルーの集大成ともいえる作品となっております。
約10年もの間、新人だったときから後輩ができ、上司になる。そのなかでも仲間の存在は大きく、それがないと今の自分はいないだろうということを想いがすごく伝わってくる素晴らしい映画となっています。
すべてが見どころといっても過言ではありませんが、そのなかでも海ほたるのシーンは凄いです。海ほたるに貨物船が衝突し、大きな事故となっており、その不安定ななかでの救助シーンはハラハラしっぱなしです。
それぞれの恋愛模様の出来事もひとつのポイントだと思います。山Pのセリフで、仲間に言うセリフでこの10年ほとんどの時間をお前たちとここ病院で過ごしたっていうシーンがあるんですが、この言葉を聞いて感動しました。自分の仕事での状況とかと重ねて考えてしまい涙してしまったのも良い思い出です。

女性
女性
ついにコードブルーもこれで見納めか…と思うと早く見たいと思う気持ちと淋しい気持ちが入り交じり映画館へ出掛けたことを思い出します。
藍沢(山下智久)を初めとするチーム救命。藍沢、白石、緋山、藤川、冴島。そしてフェローも豪華なキャスト。
それに加え今回特別キャストにかたせ梨乃さんも新人ナースの母親役でアルコール中毒役を演じ迫力ある演技で釘付けになりました。
そしてなんと言っても劇場版コードブルー.ドクターヘリ緊急救命では、ストーリー的に8つのそれぞれの色んな方の物語があり全部良かったのですが、子を持つ母親的には海で溺れた子供が脳死状態になりその子供の遺品からドナーカードが出てきたというストーリーが1番グッと来て本当に色々考えさせられ1番印象に残っています。
まだ暖かいわが子。その命を自分の手で終わらせる苦しみ葛藤。でも誰かの中で生き続ける事。正解はなにか。なにが正しい選択なのか…涙無しでは見れません。
子を持つ親御さんには是非見て頂きたいです。

女性
女性
ドラマから受け継がれる豪華キャストは大変見所です。
山下智久さん演じる藍沢先生は同期である4人をとても信頼しています。態度にはあまり出しませんが仕事をしていくなかでこのメンバーなら大丈夫、信用しているというのが伝わってきて成長を感じ嬉しく思います。
そしてスタッフリーダーとなった白石先生は責任感が強く誘いを断れない性格は何も変わっていませんが、フェローを教育する立派な救命医になっています。そんな白石先生と一番仲がいいように描かれているのが緋山先生です。元々言い方も強く思ったことは言うタイプの先生でしたがフェローの成長を一番喜び、仲間たちの幸せを一番に祝福してくれる繊細で優しく描かれています。
藤川先生は盛り上げ担当ですがいざという時に男を見せてくれます。本作ではナースで恋人である冴島さんとの結婚式の様子も描かれていますがとてもお似合いの二人です。
しっかり者のナースとお茶目な医者という憧れるカップルの結婚式は感動的です。
一人前になったフライトドクターたちはフェローを教育しながらも自らの道に歩んでいくシーンが描かれています。
出会った場所は同じでも目標とする場所は違う為、離れてしまいますがこの5人は仲間でありライバルでもあり家族でもある素敵な関係を築いていきます。
5人のまだまだ成長する姿と信頼関係も見所ですが、フェローたちの成長も見所です。
沢山のことを学び、時には失敗もしながらどんどん成長していくフェローたちの姿には力をもらえます。
笑いあり、涙ありの感動的なストーリーです。

女性
女性
コード・ブルーは、好きな女優さんが出ていたのがきっかけで、ドラマから見始めました。
この作品は、緊急救命の現場を舞台としたもので、命の大事さや、尊さを学ぶことができます。この作品を見るまでは、ヘリコプターに乗って患者のところに行って、命を救うというような職業があるなんて、知りませんでした。なので、見る前はどのような作品なのかイメージすらできませんでした。
いざ、ドラマや映画を見てみると、自分も将来このような仕事をしてみたいなと思う程、影響を受けました。普通の人の仕事は、一つミスをしても、命が失われることはないと思います。
しかし、このような人の命を扱う仕事をしている人は、一つミスをするだけで、簡単に人の命を奪ってしまうことがあります。そのような、緊張感やリアルさが、見ている側にも伝わってくるような、とても良い作品でした。これを見て、改めて自分の周りの人の大事さや、自分自身の命の大事さに気づくことができる映画でした。

男性
男性
まずはじめに出演キャストが豪華過ぎます。一人一人個性があり、キャラクターが濃いのでいい感じに作品の中にフィットしています。
山下智久の演じる藍沢耕作はどんなときも冷静で正義感があり、心の中では熱く仲間想いの姿に心打たれます。実際の現場さながらの緊張感もあり、スピード感もあり、見ている方も緊張感を持ちます。
藍沢耕作が作品の中で感電し、命の危機があり、奇跡的に生き返り、復活したシーンは本当に感動します。
また、数々の困難な現場に立ち向かい数をこなすごとに全員が成長していき、医療チームの団結力が強くなっていくというのが作品の中からうかがえます。
どんな命も全力で守る医療従事者の方々の熱い姿勢が見どころでもあり、感動します。
藍沢耕作の一つ一つの言葉も見どころですし、個人的には死と向き合う悲しさもある反面、医療の現場の方々は忙しなくまた次の命を守るために全力で立ち向かうという良い意味での切り替えは学ばされます。

女性
女性
ドラマの続編で、出演者もそのままでした。藍澤、白石、緋山、藤川、冴島の主要5人だけでなく、フェローたちの成長も描かれていました。
さまぞまな患者と向き合う姿、感動の場面の連続に、涙なしでは見られません。私は映画館で大号泣しました。
とくに良かったのは、ウミホタル衝突事故で治療を受けた末期癌の患者の話でした。結婚を控え、癌が見つかり、余命いくばくもない彼女。そんな彼女を支える婚約者。2人の結婚式の日まで命がもつかどうか厳しい状況の中、藤川と冴島は翌週に控えていた自分たちの結婚式を譲ってあげます。
しかし式当日、彼女が式場で吐血。その後どうなったのか気になっていましたが、後日、病院内で行った藤川と冴島の結婚式に彼女の夫が結婚指輪を2つはめて出席していました。なんとも悲しい結末に涙が溢れてきました。ですが最期に好きな人と結婚式をあげられて、良かったなと思いました。

男性
男性
私は、普段から映画を見るのが好きなんですけど、その中でもトップクラスに好きな映画がコードブルーです。
まず、コードブルーはドラマで二度に渡り放送されていたことから、私だけでなく万人にうけていることが分かると思います。
その中でもキャストの豪華さに目を奪われます。1番最初のドラマの時には新人だった5人がこの映画の時にはリーダー的な役割になって本当に人間の成長というのが視覚的にもわかる物語なのでとても感動します。
どんなに困難なことがあろうとも信頼できる仲間がいれば越えられない困難はないということを私はこのドラマ、映画から実感しました。
この、映画をまだ見たことがないという人はもちろん、この映画を見てほしいんですけど、私のおすすめとしてはまずはドラマを見てから映画を見ていただいたほうがより5人の成長さがわかると思うので時間に余裕がある時でいいので、ドラマ、映画両方見てほしいです。

男性
男性
コード・ブルーは最近の医学生が定番中の定番なほど見ている作品です。
救命救急センターとドクターヘリを舞台にした作品ですが、大事故が発生して大量に患者さんが発生したときに、誰の命を最優先しなければ行けないのか(医学的にはトリアージといいます)、その緊迫感と正義感が凄く伝わってくる作品でした。
また緊迫感の中にもそれぞれの医療スタッフがタッグを組んで技術の面だけではなく、メンタルの面も支え合い、患者を救うことに邁進するところに特に何回も感動致しました。
一般の方がご覧になられても凄く医療現場の現実と葛藤を体験出来る作品となっており、モチベーションアップの意味でも医学部受験生の方などには特に見ていただくと、見終わったときに医師になりたい!という気持ちが感動とともに訪れるはずです。
また緊迫してない場面の医療スタッフ陣のやり取りもとても面白くリアリティーがあるのでぜひ注目して頂ければと思います。

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命』まとめ

8つのストーリーが詰め込まれた本作品。

緊急救命という特殊医療現場ならではの緊張感が漂います。

人命という何より尊いものを扱う仕事。

その上超激務で、能力はもちろん悲惨な状況でも動じない精神力・瞬時の判断力などを必要とされる世界。

恐ろしい世界だけど、絶対に必要不可欠な世界。

誰かがやらなければならないんですが、私にはできそうもないですね…

そしてやはり、涙なしでは観れません。

死にゆく花嫁、そして子どもの脳死によりドナー提供を同意する両親。

この一文を書くだけで涙が溢れてきました。

命の重さ、儚さ。

そしてそれに向き合う人たちがいるっていうことを再認識させられる映画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました