おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【カイジ2人生奪回ゲーム】動画を無料(映画)フル配信で視聴

邦画
(C)福本伸行・講談社/2011「カイジ2」製作委員会
カイジ2~人生奪回ゲーム~(プレビュー)

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

U-NEXT動画配信サービスで視聴できます

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』に出演している藤原竜也さんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・るろうに剣心

・るろうに剣心-京都大火編

・るろうに剣心 伝説の最期編

・人間失格 太宰治と3人の女たち

・Diner-ダイナー

・映画『カイジ 人生逆転ゲーム』

・カイジ2 〜人生奪回ゲーム〜

・カイジ ファイナルゲーム

・22年目の告白~私が殺人犯です~

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』に出演している伊勢谷友介さんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・翔んで埼玉

・3月のライオン

・るろうに剣心 京都大火編

・るろうに剣心 伝説の最期編

・ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

・マチネの終わりに

\ 作品映像をチェック /

▼藤原竜也・伊勢谷友介の出演作品を視聴する▼

>>見放題作品は業界No. 1

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

 

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』は、TSUTAYA TV/DISCASで視聴可能です。

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』のあらすじ

伊藤カイジは地下労働の住民に逆戻りしていました。

1年の経過を待たずしてまたもや多くの借金を作ってしまったのです。

彼は「チンチロリン」というギャンブルに挑戦し、班長に負けてしまいます。

リベンジと金額の上限引き上げを願い出た彼に、班長は承諾。

すると途端に他のメンバーもそのゲームに参加すると言い出します。

班長が驚いていると即班長のサイコロがイカサマであると告発します。

イカサマ罰金及び報酬を獲得し、カイジは一定期間外へ出ることが承認されました。

何故そこまでして外へ出たかというと、2週間で報酬の109万を2億に増やし仲間皆と地下を脱出しようという計画があったからです。

カイジが炊き出しへ行くと、利根川と出会い、彼からその金を2億に増やす作戦を聞きました。

それはスペシャルカジノに参加し勝利するというものでした。

彼はその際、大事なのは勇気、度胸、覚悟だと話します。

いよいよスペシャルカジノという戦場に赴くカイジ。

そこで坂崎と出会い、彼はカジノを案内し最終「沼」と呼ばれるパチンコにカイジを連れて行きます。

しかしカイジは沼は当たらないと理解し、坂崎もそれは承知のようで二人は沼攻略目的の同士となりました。

これまでに沼で勝利を勝ち取ったのはたった二人しかおらず、その二人は運営の権力者でありイカサマであると気づきます。

坂崎には石田裕美という仲間がおり、彼女の目的はギャンブルに殺された父親の仇を取るということでした。

沼に挑戦しようと台に座るカイジ、そこで初めて一条と対面。

磁石を使用する方法で沼に挑むカイジでしたが、裕美の密告により一条にバレてしまい失敗に終わります。

次のゲームは「姫と奴隷」でした。

プレイヤーである奴隷が3つのボタンのいずれかを選択、そのボタンの1つは姫が入っており残りはライオンです。

つまり外せば死が待っているというゲームでした。

前のプレイヤーの姫役は彼の恋人でしたが、彼女の言う通りの番号を押すとライオンが放され食い殺されました。

カイジの番がきて、利根川が言った「勇気、度胸、覚悟」をヒントにゲームは無事成功。

そして沼へのリベンジ開始です。

カイジは無事「沼」を攻略して仲間を助け出せるのか?

イカサマVSイカサマの勝負の行方は??

気になりますよね!

では結末はネタバレをご覧下さい。

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』のネタバレ

裕美の裏切りによりカイジは一条に玉のイカサマを指摘されますが、同じ手は通用しないことは百も承知のカイジ、磁石作戦は変更しており玉の不正は見つからずゲーム続行。

運営のフロアの仕掛けもビルを傾斜させることで攻略。

カイジは外れ穴が詰まっていることに気づき勝利を確信、しかし金が底をつきます。

利根川が助け舟を出し当たりに玉が入ると思いきや、一条の穴から風を出すという奥の手によって弾かれてしまいます。

絶体絶命の危機を救ったのは意外にも裕美で、カイジは沼の攻略に成功。

一条は負け、地下労働へと転落。

カイジと利根川はラストゲームのため山奥へと向かいますが、何と金が燃えてしまいます。

地下の仲間は解放できましたが二人は再びスッカラカンに。

利根川は昔カイジから盗んだ金を彼に返し、カイジはその金で仲間との打ち上げに喜んで参加。

しかし実は燃えたのは偽札で、利根川は利益を独り占めしたのです。

カイジはそれには気づくことなく、打ち上げ終了後帰宅するシーンで作品は幕を閉じました。

\ 本編をチェック! 

▼映画『カイジ2人生奪回ゲーム』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』の登場人物紹介

伊藤カイジ  (藤原竜也)

石田裕美   (吉高由里子)

一条聖也   (伊勢谷友介)

坂崎孝太郎  (生瀬勝久)

利根川幸雄  (香川照之)

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』Twitterでの反応

 

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』はこんな人におすすめ

・カイジが好きな人。

・人生をかけたゲームがすきな人。

・漫画の実写化に興味がある人。

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』の感想

男性20代
男性20代

今作ではカイジが再び帝愛の仕掛けたゲームに命を懸けて挑む内容で主に3つのゲームが登場しますが、正直「チンチロリン」と「姫と奴隷」という2つのゲームはかなり単調かなと個人的に思いました。

しかし「姫と奴隷」は心理戦を重きに置いている作品なのでかなり緊迫したシーンの連続でもし自分がそうなっていたらそうなんだろうと何回も思うような帝愛の負け組には容赦ない感じがかなり分かるゲームでした。

そして本命のゲームである「パチンコ沼」では3段階に構成されており1つ目は「針の森」で2つ目は何層にもなっている穴のサークルで3つ目は最後のサークルの3つの穴に球が1つでも入れば勝ちというゲームなのですが、これがまた1つ目や2つ目の関門は突破出来るのですが、第3関門の3つの穴のサークルでは入りそうで入らないという際々な緊張感と「あぁー」と思わず言ってしまう様な構成が見事だと思いました。

男性20代
男性20代

『カイジ2~人生奪回ゲーム~』は2011年の11月に公開しました。

2009年の『カイジ 人生逆転ゲーム』で藤原竜也さんのファンになり、それから藤原竜也さんが出演している作品は欠かさず観ています。

藤原竜也さんの演技はとても魅力的で、観ている人を引き込みます。

この映画は藤原竜也さん以外にも、伊勢谷友介さんや吉高由里子さんや生瀬勝久さんなどとても豪華な俳優さんが出演されています。

前作以上に展開が激しく変わり、全く飽きずに楽しく観れました。

カイジの醍醐味であるドキドキ感や緊迫感がこの映画ではさらに増していてとても面白かったです。

前作に引き続き、利根川役の香川照之さんが出演されていて嬉しかったです。

ストーリーの進むテンポが良く、とても観やすかったです。ラストのシーンにはとても驚きました。ぜひおすすめする映画です。

女性50代
女性50代

私がこの映画を観に行ったのは藤原竜也のファンだという不純な動機だったのですが、実は前作を見ていなかったために観るかどうか悩みました。

でも藤原竜也見たさに思いきって行ってみたところ、当たりでした!前作を観ていなくてもこの作品だけで充分面白く、コロコロと騙し、騙される展開が見所です。

ライオンの賭けをするシーンでは、主人公が死ぬわけはないだろうと思いつつもハラハラしますし、どうやってこの場面を切り抜けるのかと、全くわかりめせんでした。

巨大パチンコマシーンの攻略もパチンコ好きには面白くて、でも大胆な攻略方が次から次へと考えられていて飽きさせませんね。

吉高由里子ちゃんの役柄もとっても鍵になっていて、そしてこの役柄は彼女しか適任はいない!とおもいます。

ちょっと無表情、でも無表情のなかにいろんな思いを語っている感じが切なくて、この映画の大事なスパイスになっていると思います。

結局前作も後からテレビで見たんですが、ファイナルゲームとともに三作みるのがやはりオススメです。

男性30代
男性30代

前作で利根川との人生を賭けたゲームに勝利して見事借金を完済したカイジでしたが、いつのまにやらまた地下労働に逆戻りしています。

詳しいことは映画で語られていませんが、何やってんのよカイジ!ってところから物語は始まります。

それでも今作では自分のためだけではなく、仲間の自由をのために一攫千金のゲームに挑むカイジの成長を感じられます。

そんなカイジが挑むのは当たれば10臆越えのモンスターパチンコ台、通称“沼”です!その裏カジノを仕切る敵役の伊勢谷友介演じる一条はカイジと同じくブレーメンロードを渡り切った男、一条です。

伊勢谷友介のギラギラした感じがマッチしていてとても魅力的な役でした。

前作の難敵、利根川を仲間に加えてパチンコ台に挑みますが、騙し騙されの展開は前作に引き続き見所満載です。

前作よりもより単純にギャンブル映画の色合いが強くなっているかと思いますので楽に見られるかなと個人的には思います。

そして藤原竜也のオーバーな演技はもはやこの映画の魅力のひとつと言っていいかと思います。

吉高由里子がヒロイン役で出てきますが、意外とキーとなる大事な役どころですがラブロマンスは全くと言ってよいほど無いです。

それがまた潔くて良いです。

もうダメだというところから何度も這い上がっていくストーリー展開にハラハラしながら最後の最後まで楽しむことの出来る映画となっております。

女性30代
女性30代

パチンコ沼編の映画化です。

原作の長い話を2時間ほどにまとめているので、端折られている場所はありましたが、パチンコ沼の恐ろしさはよく出ていました。

最初に沼を打っている男性の鬼気迫る表情とか周りの盛り上がりとかを見ると、ギャンブルって怖いなと思います。

普通に考えると、絶対に当たらないパチンコをどのように攻略するのか、みごたえがありました。最初の作戦の失敗とかも含めておもしろかったです。

また、本作では最初に地下チンチロリン編をちよっとだけやってます。本音を言うともっと長くやって欲しかったけど、班長の鬼畜ぶり、負けた時の慌てぶりが見れてよかったです。

キャスト陣も前回から引き続きの藤原竜也、松尾スズキ、香川照之らもよかったし、坂崎役の生瀬勝久さんも坂崎そのものでよかったです。

石田の娘はあんまりいらないと思いましたが、全体的になかなかおもしろかったです。

男性20代
男性20代

限定じゃんけんからEカードまで、尺が足りず走り走りだった1とは逆に、今回はほぼ沼に絞った分じっくりと展開していました。

原作の引き延ばしと丁度マッチした感じで個人的にはとても見やすかったです。

原作の緊張感は残ったままで、内容を知っているはずなのに終始どきどきしながら見ていました。

俳優の演技としては相変わらず藤原竜也がオーバーでとてもいい味を出しています。

一条も私のイメージ通りで最後のシーンなんてもう胸がスカッとしてしまいました。映画オリジナルの香川の利根川と吉高由里子がいい味を出していました。

特に香川に関しては天才的に役にはまっていたと思います。

吉高由里子も初々しくてかわいらしかったし、原作を知っていてもキャストの演技で十分に楽しめると思います。

一つだけ悲しかった点は沼に絞った結果大好きなチンチロシーンのボリュームが少なかった事くらいです…。

男性40代
男性40代

1に引き続き、またもや抱えた借金のために地下帝国で労働していた主人公カイジが、彼を取り巻く仲間たちの力を得ながらテイアイに立ち向かい、新たな敵イチジョウに勝利するストーリーに興奮を覚えました。

他人を蹴落としてでも勝つことに価値を置くイチジョウに対して、地下帝国の労働者たち、うち場で知り合ったサカザキ、1では敵だったはずのトネガワ、自分たちを裏切り続けてきたヒロミまでも味方につけ戦うカイジの姿が対比的に描かれ、金や名誉よりも人や仲間の大切さを改めて感じさせてくれました。

無一文同然になっても地下から解放された仲間たちとの祝杯を喜ぶカイジの姿がそれを象徴していると思います。

トネガワに騙されて手にした大金をまたもや奪われる結末も1のそれと同様にシリーズの魅力になっていると思います。

「世の中の不平、不満、不平等など全てをねじ伏せて勝つ」というカイジの言葉に心を奮い立たせられます。

女性30代
女性30代

一度は多額の借金を返済したものの、自堕落な生活を続け再び借金地獄に陥った伊藤カイジを藤原竜也が演じています。

原作でも人気のシーンである、地下帝国でのキンキンに冷えているビールを飲むシーンは思わずつられて飲みたくなってしまいます。

今作は当たれば10億円以上を稼げると言われている一条聖也(伊勢谷祐介)が経営するモンスターパチンコ『沼』に挑むことになります。

沼の情報を提供してくれた坂崎(生瀬勝久)・前作、命を賭けて戦った利根川(香川照之)・エスポワール内でカイジと友好関係にあった石田の娘、裕美(吉高由里子)たちとの協力関係やそれぞれの葛藤なども描かれていて、映画のクライマックまでハラハラと緊張感を楽しめる作品です。

原作者、福本伸行が今作のため新たに考えたというオリジナルゲーム『姫と奴隷』も見どころのひとつです。

女性30代
女性30代

カイジの実写映画化第2弾。

前回よりもドキドキ・ハラハラがパワーアップしているように感じました。

主演の藤原竜也はもちろん、香川照之や伊勢谷友介など演技派俳優が出演しているので、原作を知らなくても映画の世界に入り込むことができます。

今回の舞台は地下カジノになっており、そこにある「沼」と呼ばれる壁一面を覆うほどの巨大パチンコに、カイジ達が挑んでいくというストーリーになっています。

イカサマを崩すためのあっと驚くような仕掛け、ギャンブラー達の心理戦、お金だけではなく命をも賭けた白熱のクライマックスシーンは必見です。

ギャンブルをテーマにした映画ですが、「パチンコ玉が一つでも穴に入ったら勝ち」というシンプルなルールなので、ギャンブルがわからない女性でもわかりやすいと思います。

主人公のカイジが典型的なダメ人間なのに、優しくて仲間思いなところがどこか憎めなく、応援したくなる映画です。

男性30代
男性30代

カイジはシリーズ1から見ることをオススメします。

いわゆるギャンブルによって人生を逆転させるようなシナリオになっていますが、そこにたくさんの物語があります。

もちろんそう簡単にはいかないので命をかけるような場面や、負け続けてむしろ負債を増やしてしまうシーンもあり、ドキドキしながら見ることができます。

そしてこのシリーズ2は1で登場した敵と手を組んだりもします。

また、勝てば人生逆転なのに、勝てないようになっているというカラクリが人生を物語っているように思えます。

そんないわゆる理不尽に立ち向かい、最終的には人生を逆転させるのですが、どうやって逆転するかはぜひ映画をみてください。

そして頼りになる味方の重要性も感じることができますし、信じすぎても良くないということを教えてくれるような映画です。

本当にオススメも映画です。

女性30代
女性30代

カイジはシリーズ1から見ることをオススメします。

いわゆるギャンブルによって人生を逆転させるようなシナリオになっていますが、そこにたくさんの物語があります。

もちろんそう簡単にはいかないので命をかけるような場面や、負け続けてむしろ負債を増やしてしまうシーンもあり、ドキドキしながら見ることができます。

そしてこのシリーズ2は1で登場した敵と手を組んだりもします。

また、勝てば人生逆転なのに、勝てないようになっているというカラクリが人生を物語っているように思えます。

そんないわゆる理不尽に立ち向かい、最終的には人生を逆転させるのですが、どうやって逆転するかはぜひ映画をみてください。

そして頼りになる味方の重要性も感じることができますし、信じすぎても良くないということを教えてくれるような映画です。

本当にオススメも映画です。

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』のまとめ

ここまで「知らぬが仏」という言葉がぴったりくるシーンがあるでしょうか。

あぶく銭はすぐ消えるという良い例です。

藤原竜也さんの演技はさすが、目の色を変えるとか狂気的なシーンは彼の右に出る者はいないと私は思っています!

前作のような戦慄のゲームや駆け引きもあまりないので、物足りなさを感じる方もいるようです。

確かにもっと駆け引きがあれば頭脳プレイの面白さもスリルやドキドキ感も加わり、更に良かったのではないかと思わないでもないですが、これはこれで面白いし藤原竜也さんの絶叫シーンはそれだけで価値があると思っている私は満足でした。

他人を蹴落としてでも這い上がろうとする一条と、仲間のために必死で戦うカイジ。

もっとクソ男かと思っていたのに意外といい奴は面を出してきましたね。

もちろんクズな面も随所に現れますが、好みとしては徹底的にクソ男を極めて欲しかった感じもします。

大人気漫画ゆえ期待値が高く、特に漫画ファンの方はもっと!という思いが強いのかもしれませんが、原作を未読の私にとっては問題なしでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました