ドラマ『踊る大捜査線』を見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!全話(1話から最終回)DVDレンタル以外で料金比較して見る

ドラマ

出典先:FODプレミアム

ドラマ『踊る大捜査線』は1997年1月7日スタート1997年3月18日最終回の織田裕二主演のフジテレビ系テレビドラマです。

全11話で「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きているんだ!」
織田裕二さん演じる、青島俊作刑事の名ゼリフが話題になった名作ドラマシリーズ。

ドラマ『踊る大捜査線』を見逃した場合、見逃し配信のあり動画配信サイトを調べてみました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  〇 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  △ 500円 30日間 なし
  △ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命)

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

ドラマ『踊る大捜査線』を公式動画配信サイトで見逃し配信を無料で視聴する方法

2020年7月現在、ドラマ『踊る大捜査線』の見逃し配信が視聴できるのは『FODプレミアム』のみです。

ドラマ『踊る大捜査線』の見逃し配信フル動画は、『FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)』で無料で視聴することができます。

14日間無料トライアルを体験! /

FODプレミアム公式サイト

>> 作品の映像をチェック !!

4万本以上の作品が見放題対象となります。

一部レンタル対象作品もあり、ご覧いただくためにはポイントが必要となります。

『FODプレミアム』はどういった動画配信サービスなの!?

『FODプレミアム』とは、フジテレビが運営・提供している動画配信サービスです。

月額の料金は888円(税抜き)という低料金が特徴で、フジテレビのドラマ・バラエティ番組、さらに漫画や雑誌も読むことが可能です。

また、Amazon Payで登録すると2週間の無料トライアルを受けることができるので、実際にサービスを利用しながら加入を検討することができるのです。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

ドラマ『踊る大捜査線』の無料で見逃し配信を視聴する

>>フジテレビ系作品が数多くラインナップ!

『FODプレミアム』のおすすめポイント

・40,000本を超える動画が見放題!

現在放送している月9ドラマを最新話まで視聴可能

現在放送している木曜劇場を最新話まで視聴可能

高視聴率を記録した歴代の月9ドラマが豊富に取り揃えられている

高視聴率を記録した歴代の木曜劇場が多数ある

FODオリジナル作品が多数ある

・ドラマやアニメだけじゃない! バラエティ番組の数も最多です!

FODプレミアムでは、なんとバラエティ番組だけでも200本以上を取り揃えています。

しかも、フジテレビに限定されたものだけでなく、BSフジやフジテレビONE、さらにはFODオリジナルのバラエティ番組までもが配信の対象となっています。

・複数のデバイスで同時視聴可能!

FODプレミアムでは、なんと同時に5台までのデバイスで同時視聴が可能となっている優秀なサービスがあります!

NetflixやHuluと比較しても、最大級のマルチデバイスサービスです。

家族で動画を視聴する場合でも、最大5人(デバイス5台)で異なる動画を楽しむことができるのです。

・FODのポイントを有効活用できる!

FODプレミアムにはポイント制が備わっており、貯めたポイントを以下のように活用することができます!

・新作映画:500ポイント

・新作(人気)ドラマ:300ポイント

・人気漫画(1冊あたり):400ポイント

1ヶ月で最高1300ポイントが貯まるFODプレミアムサービスでは、新作映画であれば2本、新作人気ドラマなら4本、人気漫画なら3冊、無料で利用できるということになります!

・雑誌の読み放題サービスも充実!

FODプレミアムでは、約100種類もの男性・女性雑誌の読み放題サービスがあります。

実際、ドラマなどの動画視聴目的ではなく、この雑誌目的での加入者も多いです。

\ スマホがあればどこでも雑誌立ち読み /

FODプレミアム公式サイト

>>オリジナル作品も視聴できます!

※無料期間中に付与されるポイント分の漫画を無料で読むことができます!

『FODプレミアム』で配信している作品ラインナップ

*ドラマ

・探偵・由利麟太郎 (吉川晃司/志尊淳/木本武宏)

・絶対零度~未然犯罪潜入 (沢村一樹/横山裕/本田翼)

・10の秘密 (向井理/仲間由紀恵/仲里依紗)

・アライブ がん専門医のカルテ (松下奈緒/木村佳乃/清原翔)

・シャーロック (ディーン・フジオカ/岩田剛典/佐々木蔵之介)

・教場 (木村拓哉/工藤阿須加/川口春奈)

・モトカレマニア (新木優子/高良健吾/田中みな実)

・ルパンの娘 (深田恭子/瀬戸康史/小沢真珠)

・TWO WEEKS (三浦春馬/芳根京子/比嘉愛未)

・グッド・ドクター (山﨑賢人/上野樹里/藤木直人)

・コンフィデンスマンJP (長澤まさみ/東出昌大/小日向文世)

・CRISIS 公安機動捜査隊特捜班  (小栗旬/西島秀俊/田中哲司)

・リッチマン、プアウーマン  (小栗旬/石原さとみ/相武紗季)

・昼顔  (上戸彩/斎藤工/伊藤歩)

・Dr.コトー診療所  (吉岡秀隆/柴咲コウ/時任三郎)

・踊る大捜査線  (織田裕二/柳葉敏郎/深津絵里)

・HERO  (木村拓哉/松たか子/大塚寧々)

*アニメ

・ワンピース

・名探偵コナン

・鬼滅の刃

・キングダム

・かぐや様は告らせたい?

*バラエティ・お笑い番組

・しゃべくり007

・月曜から夜更かし

・ガキの使いやあらへんで

・あいのり

・テラスハウス

上記の作品はほんの一例です。

※2020年7月時点。最新の配信状況はFODプレミアム公式サイトをご参照ください。

\ 20,000本を超える動画が見放題! /

FODプレミアム公式サイト

>>最新作から、過去の名作ドラマまで豊富!!

『FODプレミアム』ユーザー様の感想

女性
女性
FODプレミアムを利用してみて良かったこと、いろいろあります。
まず良いなって思ったことですが
関東でしか放送されない作品がこれで視聴できるということです。
好きな漫画がフジテレビでドラマ化されると聞いてワクワクしていたら放送は関東ローカルのみということが結構あります。
しかしこの『FODプレミアム』ならばそういったローカル放送作品はもうラインナップに入っていますので、関東以外の地方住民にとっては救世主です。
テレビ視聴の隙間を埋めるという目的でもFODプレミアムを使うメリットは大きいかと思います。
『FODプレミアム』は当然ですが、好きな時間に好きな番組を見ることができます。
これってめちゃくちゃすごいことです。いつでもスマホがあれば視聴することができるのです。
隙間時間に暇つぶしに見るのもいいですし、もう一度見たいってのもできるのでお勧めです。
また地味で嬉しい機能がFODプレミアムは動画再生中の画面上で音量調節ができるということです。
すでにYouTubeでは当たり前になっている機能になりますが、なぜかFODプレミアムのようなVODではスマホやタブレット本体の音量調節ボタンでしか調節できないものが多いのです。
端末の向きやボタンの位置によっては押しにくいこともありますので画面上で調節できるのは便利です。

月9ドラマを最新話まで視聴可能 

FODプレミアム公式サイト

>>1000円以下で楽しめるサービス

『FODプレミアム』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『FODプレミアム』のサービスや登録方法についての記事

>>最大級のマルチデバイスサービスはFODプレミアム

ドラマ『踊る大捜査線』に出演している織田裕二さんや柳葉敏郎さんの他の作品は『FODプレミアム』で配信しています。

人気俳優・女優の作品多数! 

織田裕二や柳葉敏郎の作品をFODプレミアム公式サイトで視聴する

>>最新作から、過去の名作ドラマまで豊富!!

ドラマ『踊る大捜査線』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

『U-NEXT』をお勧めいたしますが、過去に全ての動画サービスを利用した事があるという方もいらっしゃるかもしれません。

その場合、動画サービスの無料お試し期間を利用して『ドラマ『踊る大捜査線』をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』を利用して、ドラマ『踊る大捜査線』DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でご自宅まで配送してくれるサービスとなっております。

・PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けされます。

・返却はポストに投函するだけですので手続きは簡単です。

・最短で翌日にお届けされます。

・初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

無料お試し登録の初回30日間を是非試してください。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

『U-NEXT』がお勧めな動画配信サービスですが『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』もご興味があれば検討してみてください。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』ユーザー様の感想

女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

\自宅に届くから レンタル手間なし! /

▼『TSUTAYA DISCAS』の無料お試しはこちら▼

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

ドラマ『踊る大捜査線』のあらすじ

とてもファンの多いドラマですね。

皆さん大好きなドラマシリーズの第一弾になります。

限りなく青島  限りなく室井  限りなく湾岸署

脚本 君塚良一

演出 本広克行  澤田鎌作

第1話  

IT関連の会社で営業をしていた青島俊作は、脱サラをして警察官になる。

そして、念願だった刑事課に配属になる。交番勤務でも楽しみながら頑張る青島の湾岸署の凶悪犯係のベテランたちも青島の持つまっすぐな気持ちに驚きながらも巻き込まれていく。

サラリーマンの時代にも沢山の矛盾の中で生きてきた青島は、本庁の室井の運転手に抜擢され、キャリア組の仕事を目の当たりにする。

室井の被害者の娘に対して、やさしさのかけらもない聴取を行い青島は非常に気にかかる。

第2話

和久に『カエル急便』の大きな荷物がとどいた。

忙しい仕事がひと段落つき、和久に荷物を開けようと皆にいわれ、箱の中には、とても 素敵なマッサージチェアが入っている。

周りに座ってみてといわれ照れながら座る和久。

とても座り心地のいい椅子と思ったが、お尻の下に固いものが当たるとはなし、周りが触っていると手りゅう弾のピンのようなものが抜ける。

椅子の周りを調べると腰のあたりのふたを開けるとそこには爆弾がそこに、室井からの電話が入り、和久が以前に取り調べた男が復讐のために送ってきたことが分かる。

青島もピンを戻そうと指を入れそのワイヤーが触れると爆発するといわれ動けなくなる。

警察官であるがゆえに沢山の恨みを受ける危険もおおい。青島はそんな刑事の生きざまを学ぶ。

第3話

女子中学生が被害者となるひったくり事件の捜査に必死に取り組む恩田すみれ。

女性に対しての犯罪は同性としてそして、自らもトラウマになっている事件を背負っており犯人を絶対に捕まえると意気込む。

ようやくたどり着いた犯人は建設省に幹部の子供であるがゆえに、室井には上司からの命令で見逃すようにいわれ、苦渋の思いで湾岸署に伝える。

それぞれの罪に対するおもい。

そんななか、室井が被害者の娘に尋問をした雪乃の見舞いに通い心が通じ雪乃は失声症から立ち上がる。

第4話

室井から捜査一課に応援に呼ばれた青島は、連続強盗傷害犯の捜査に加わる。

捜査一課の人間たちからは、露骨に邪魔にされる。バーで張り込みを続けるところに、湾岸署の仲間がやってくる。

隣の男がすみれのバッグに手を出したのを警察官として逮捕する。

その警察手帳を見せるところを入ってきた、犯人に見られ取り逃がしてしまう。

室井が青島を買って捜査一課の捜査に参加させたこと自体も周りから批判を受ける。

そんな青島に、室井は、再度青島に捜査に参加させる。

第5話

すみれは、後ろに立たれることと、火曜日は一人でいたくないトラウマをもたらした、野口に金曜日に襲われる。

仲間のケガに湾岸署の警察官たちは奮い立ち、犯人を捕まえると躍起になる。

その気持ちを逆なでするようにすみれの家でビデオを撮影し挑発する。

青島は、心も身体も傷つくがそんなすみれに、青島は自分で捕まえなければ乗り越えられないとおとり捜査に踏み切る。

第6話

麻薬の売人の捜査のため、青島は張り込み捜査を和久と二人で張り込みを行う。

その部屋には、青島が刑事になって間もなく室井の運転手として聴取をうけて、ふさぎ込む雪乃が住んでいた。

そんなところに、宅配便が届き事件が転がり始める。

第7話

雪乃は湾岸署で取り調べられるが、捜査一課から警視庁に移送を求められるが青島の機転により湾岸署に拘留される。

その間に何とか犯人逮捕に強行犯係は飛び出す。

本店との犯人検挙の争いとなる。

間に立たされる室井の立場と、それにこたえられるように総力と注ぐ湾岸署。

犯人の情報を和久の助けにより得ることとなり、犯人をおいつめる。

第8話

科学捜査として今後の活躍をパソコンと犯罪心理学などを結集したプロファイリングチームの投入を警視庁の命令として室井は引き受ける。

湾岸署との合同捜査で、刑事としてのプライドを大事にする和久はプロファイリングから外された犯人像に固執する。

青島はサラリーマン時代からパソコンの今後をしっかりと理解していとしてこのチームと行動を共にするように命じられる。

和久は有給休暇をとり自分の信念での捜査を続ける。

青島はそんな和久の足を使う捜査と、取り調べのテクニックをつかい捜査・取り調べを進める。

第9話

青島とすみれは殺人犯の愛人を湾岸署で保護するよう命じられる。

湾岸署は、愛人を保護したために報道陣だらけになってしまう。

青島はそんな報道陣の中に気にかかる影を見つけ、撮影をされる。

そんな中、湾岸署の人たちに暖かく支えられたおかげで雪乃は自ら警察官になることを目指すと誓う。

第10話

和久は長年追い続けた部下を殺された犯人を追い続けている。

青島は定年を前に和久が犯人逮捕につながらない焦りを感じ、無理をしている姿になんとしても捕まえたいと協力をする。

その事件を青島はぜひとも、本店でも捜査をしてほしいと室井に事件をつたえる。

本店からの協力が得られないことを知った青島は、本庁を信じる気持ちや、警察にはびこる縦割り官僚的な組織にうんざりする。

雪乃と真下は偶然電話ボックスを破壊する男を見かける。

エリート街道の真下は最後の現場だからと男に近づく・・・

第11話

真下が声をかけた男に撃たれ、重体となる。

それぞれの湾岸署の警察官たちに、悲しみと怒りがこみ上げる。

青島は本店が動いていてくれればと室井に対しても真下の命の重さを思い怒りが走る。

和久さんの願い、真下の命。青島はすみれとイメクラへ向かう。

 そこに頬に傷のある男を見つける。

警視庁の上層部の監視対処に置かれた青島は室井と一緒に犯人を捕まえるために、ルールを無視し犯人を追う。

官僚や縦割り社会の中で苦闘したふたり。

そしてその代償を払う結果がふたりに・・・

\名作作品を映像をチェック !!/

ドラマ『踊る大捜査線』の無料で見逃し配信を視聴する

>>独占タイトルが5,000本以上

ドラマ『踊る大捜査線』の登場人物紹介

青島俊作   (織田裕二)

室井慎次   (柳葉敏郎)

恩田すみれ  (深津絵里)

和久平八郎  (いかりや長介)

真下正義   (ユースケ・サンタマリア)

柏木雪乃   (水野美紀)

プロデューサー  (亀山千広) (東海林秀文)

ドラマ『踊る大捜査線』の主題歌

オープニングテーマ 

松本晃彦      『Rhythm And Police』

RHYTHM AND POLICE 踊る大捜査線

これこれ、これがなければ。

エンディングテーマ

織田裕二withマキシ・プリースト 『Love Somebody 』

【PV】織田裕二withマキシ・プリースト Love Somebody YouTube

ドラマ『踊る大捜査線』Twitterでの反応

 

ドラマ『踊る大捜査線』の感想

女性30代
女性30代

湾岸署のどのキャラクターも愛嬌があって、生き生きとしていたし、何よりも犯人逮捕にかけるすみれさんと青島さんの情熱がすてきでした。和久さんもとってもいい味を出して二人をつつみこんでいたし、真下さんのキャラも、雪乃さんとの関わり方によってとても生かされていたと思います。

スリーアミーゴスの3人もとてもおもしろくって、3人が話している時のBGMがまたぴったりで、今でも頭から離れません。

この作品は音楽もとても印象に残っています。

オープニングはもちろんですが、劇中のいいところで、あのテーマが流れると、本当に心が踊りました。せつないシーンで流れたオルゴール調のメロディに涙したこともあります。

また、室井さんの渋い感じも印象に残っていますが、あの室井さんのBGMもかなり重厚な感じで、彼のキャラクターのよさを引き出していたと思います。

男性40代
男性40代

踊る大捜査線のオープニングがシリアスで、え?ドラマと雰囲気が違っていた。

ゴルフが終わって副総監が自宅に入ろうとしたときに、誘拐された。誘拐された吉田副総監は、和久刑事の盟友であった。

盟友の吉田副総監が誘拐されても、現場を知り尽くしている青島は捜査に参加できずにいた。

その時別件でインターネットで仮想殺人のホームページの掲示板にコメントをして、待ち合わせ場所で逮捕するつもりでいたが、柏木巡査が刺されて男だと思っていた犯人が女だった。その時の衝撃は何度見ても背中がぞっとします。

その女(小泉今日子)が事件解決のヒントを言うとは想像できなかった。青島は懸命に追って、不審な動きをしている少年グループを追い詰めたが、腹部を刺されて殉職かと思いきや、捜査でずっと寝ていなかったのでただ寝ていただけで、何も知らない警察官は敬礼していた。

室井と恩田すみれは、青島の命が助かったことはうれしいが、敬礼している警察官をみると複雑だったと思います。

 

男性30代
男性30代

この作品を見たころは私はまだ9歳くらいでしたがとても熱中してみたのを覚えています。

その理由として一番は織田裕二の演じる役の熱さに感動を得たからです。

警察の事件現場で死に物狂いになりながら捜査に立ち向かう織田裕二の演技力はとても迫力がありました。

映画の中にはいくつもの名台詞があると私は思います。

一番はCMでもよく流れていた『レインボーブリッジ封鎖できません』このセリフは頭から離れません。

レインボーブリッジに警察車両がたくさん並び封鎖しているシーンはとても記憶にあります。

もう一つのセリフは『事件は会議室で起きているんじゃない!現場で起きているんだ!』このセリフからは必死に事件を解決しようとして動いている警察官とその警察官に指揮を出している幹部との熱いやり取り。その通りのセリフで会議室で話していても事件は解決されないというのがとても伝わってきました。

この映画が公開されてから23年たつ今でもこの作品はとても記憶にある人が多いと思います。

女性20代
女性20代

織田裕二さん、柳葉敏郎さん、深津絵里さんを知ったのは間違いなくこのドラマだったと思います。

一人一人が強烈で、バチバチなのに何となく仲がよさそうで、幼心に面白いドラマだなーと思って観ていたのを覚えています。

大人になってから観ると、キャリアと現場の断絶、その中でも正しい道を探そうとする二人の主人公、目の前の事件から人々を守ろうと必死に体を張る青島の素晴らしさなど、隅々までアツい人間ドラマが繰り広げられていて、本当に目まぐるしいのにやっぱり面白い。

そして内田有紀さんが可愛すぎてびっくりしました。

全体を通じて、現場とキャリア、どちらかの考え方が正しいと結論づけないところもかっこいいと思います。

織田裕二さんが言ったからこそ流行ったんだろうなと感じる青島のアツくてちょっとクサいセリフの数々も含めて、大好きな作品です。

女性30代
女性30代

「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きているんだ!」
織田裕二さん演じる、青島俊作刑事の名ゼリフです。

誰もが一度は聞いたことがあるセリフではないでしょうか。
このあとスピンオフ作品も含め、多数の映画が公開されることになる「踊る大捜査線シリーズ」の1作目で、取り上げるテーマ・ストーリー・キャスト・興行収入と、どれをとっても日本映画史に残る名作だと思います。
THE MOVIE3へとつながる、カリスマ犯罪者の日向真奈美(小泉今日子さん)の得体のしれない気持ち悪さ、難しい立場に立たされている室井管理官(柳葉敏郎さん)の葛藤など、シリアスにきっちり描いている部分と、スリーアミーゴズをはじめとする湾岸署の面々のちょっとくすっとしてしまう部分とのバランスも絶妙で、事件を扱っているにもかかわらず、楽しくみられる工夫がちりばめられているので、熱中してみることができます。

男性30代
男性30代

大人気ドラマの踊る大捜査線映画版1作目であり、今なお語り継がれる名作の一つでもあります。

出演者も豪華であり、小泉今日子さんが犯人役で出演されていて猟奇的な雰囲気が映画の魅力を引き出していたと思います。

ストーリーはお笑いの要素とシリアスな要素のバランスが良く、ドラマであった所轄の刑事、キャリア組の刑事の確執をうまく描いていて、みていてスッキリする映画になっていました。

織田裕二さんの演技もよくて、こういったすかしたキャラもうまくできるいい役者さんだと思います。

深津絵里さんの演技もよくかわいらしさが存分に出ていました。

踊るシリーズは今なお人気の映画となっていて、特にこの次の作品である踊る大捜査線2レインボーブリッジを封鎖せよは今も邦画映画で破られていない記録を残しています。

それはキャラとストリー性からなっているのだとこの映画を見て思いました。

女性20代
女性20代

『踊る大捜査線』シリーズの見所の1つとして、映画1本ごとで話が完結しているものの、1997年から2012年の最終作で、登場人物たちの成長過程がみられることが挙げられます。

そのため、最終作をみたあとに1作目をみると、登場人物たちの見た目が若く見えるのは当たり前ですが、性格や関係性などの目に見えない部分も若々しくみえます。

例えば、青島と室井の関係は、まだお互いに信頼仕切ってない部分があり、どこか冷たい感じがします。

また、真下と雪乃は結婚しておらず、真下が雪乃にアプローチしてる様子がみられます。

このことはメインの登場人物たちだけに限らず、脇役たちにもみられ、昇格してる脇役もいたりします。

一通り『踊る大捜査線』シリーズの視聴して、「この脇役最後まで出演してたな」と思ったら、その脇役に注目して1作目をみると楽しいです。

男性40代
男性40代

大好きなドラマでした。

これまでの警察ドラマにない組織内の壁や現場と本省の確執をうまく描きながらも、毎回少しずつ問題の明確化、課題解決に向けた希望を示してくれる新しい形の警察ドラマの形を作った作品であったのではないでしょうか。

どこかしら失望感の中にも仲間の大切さ、仕事に対する熱い思いや人間模様をうまく表現していたと思います。

主演の織田裕二さんのはまりやく、特徴を表すコートや仕草も印象的でしたし、深津絵里さんの演技も魅力的でした。

また、なによりもいかりや長介さんの味のある演技がドラマにいい影響力を与えたと思います。

ユースケサンタマリアさんや柳葉さんという大物俳優ばかりで、ひとりひとりにちゃんとストーリーを持たせたことで、後に様々な形でスピンアウトドラマも生まれました。

まさに、名作のドラマだったと思います。

女性30代
女性30代

とにかく出演キャストが役にぴったりで、それぞれのキャラクターが濃かったです。

シリアスなシーンもある内容でありながら、コメディな部分をたくさん入れているので、刑事ものとしては、珍しく子供でもハマる楽しい内容でした。

シリアスな事件の内容にコメディの部分もありますが、それ以外に恋愛や家族の話も織り交ぜていて、そこがとても親しみやすい作品だと思いました。

しかし、他の人の恋愛や家族の状況は変化するのに、なぜ青島とすみれさんはなかなか付き合わないんだろうとずっともどかしい状況でした。あと少しで気持ちが言えそうなのにというところで付き合っていない状況も、きっと同僚としての二人の魅力も引き出したかったのかなと勝手に解釈しています。

警察官のお堅いイメージがいい意味で、このドラマを通じて随分変わったと思います。

 

 

男性30代
男性30代

いつもまっすぐで組織のしがらみよりも自分が思う正義を貫く、自分の危険をかえりみない勢いで、正直な捜査をする青島刑事を観ているといつも清々しい気持ちになれました。

デスク域での細かいやりとりやカップラーメンが食事という捜査中の刑事らしい雰囲気があったりとちょいちょいとコミカルな場面があるところに好感がもてました。

今は亡きいかりや長介さんも後方から捜査を支援し青島に地味に助言や忠告をしたり足で稼ぐ昔ながらの刑事の姿がとても温かく思えました。青島の話にいつも耳を傾ける室井さんも表情はいつも無表情で人間味がなくて可笑しかったですが何げに現場のことを考えている優しい姿がとてもかっこよかったです。

また、そんな刑事達よりも一番面白かったのが署長を初めとしたおっさん三人衆のいつもテキトーでふざけた対応が箸休め的な雰囲気があって良かったです。

男性20代
男性20代

『踊る大捜査線』を見て、長きに渡ってフジテレビ系の作品の中で恐らく一番売れた作品はこのシリーズであると思います。

織田裕二さん演じる青島と湾岸署の所轄の仲間達のやり取り、友情がいいもので、かっこいいなぁと思うシーンも数え切れないほどありました。

また、所轄を守る青島と警察組織を守る室井の会話の部分はどの作品を見ても、引き締まるし感動的です。

今はもうお亡くなりになってしまいましたが、いかりや長介さん演じるベテラン刑事わくさんも彼しか演じることが出来ない味のある演技が特徴的でした。

全ての俳優陣、女優陣、プロデューサーが総力を上げて作り上げたこの作品、第一作を見てぜひ踊るシリーズをご堪能下さい。

私も恐らく5回以上は見ていると思います。それほど好きな作品で、織田裕二さんのLove Somebodyという曲も何百回も聞くくらいファンになりました!

ぜひご覧ください。

女性40代
女性40代

観ると元気が出る大好きなドラマです。ストーリーはもちろん、魅力的なキャラクターも盛り沢山で、心が熱くなるような明るい刑事ドラマでした。
さまざまな事件を通して主人公青島俊作を中心としたキャラクター達が被害者を守り、犯人を追い詰めるシーンは目が離せない程面白く、最後は気持ちが晴々スッキリするドラマでした。
私が特に印象に残っているのは青島俊作役を演じた織田裕二さんの演技が見事にハマっていたことです。明るく楽天的な青島が、ここぞという時に被害者や仲間を見捨てない姿がかっこよくて今でも私の憧れの人です。
そして亡きいかりや長介さんが演じた和久平八郎は本当に良いキャラクターでした。彼がいたからこそ青島が刑事として成長することが出来たんだと思います。

青島と和久のやりとりはもう見ることが出来ないけど、ずっと心に残る良いコンビです。
最後になりますが、踊る大捜査線は数々の名言を残しています。
「事件は会議室で起きているんじゃない。

現場で起きているんだ!」
は観ていなくても知ってる方が多いかもしれません。

でも実はまだまだたくさんあります。そのあたりも注目しながら観るとまた大きな感動があると思います。

男性40代
男性40代

これほど毎回が感動的な感じのストーリーが続くドラマは他にないというぐらいに、素晴らしかったと思います。
タイトルが『踊る大捜査線』ということと、織田裕二さん演じる青島がコミカルな役なので、コメディ感あふれる展開もありますが、最後は信念に忠実な青島が感動的にまとめるということが素晴らしかったと思います。
織田裕二さんは最近は控えめな演技が多いので、熱い演技が満載というのも魅力的なポイントだと思います。
そして、所轄とキャリア組みの本庁の対立を描いていて、本庁の代表ともいう感じの柳葉敏郎さん演じる室井とも、対立したりはしますが、信念を持っていて信じ合っているというのも良いと思います。
そして、共演者では最も重要なのがすみれを演じている深津絵里さんで、深津さんがいなかったら成立しなかったのではと思える程に、表情豊かな演技が最高だと思います。

男性30代
男性30代

巡査長は正義感が強くよく言えばピュアなキャラクターでした。

これを見ていた当初私は中学生でしたが、青島の「事件に大きいも小さいもない」と言う彼の言葉や正義感に強く惹かれました。

ただ今になって冷静になって思えば、事件に大小は必ずあります。当時はよくわからず見てしまいましたが、事件への取り組み方についてはもう少し上手な描き方があったのではと今では感じています。

ただその矛盾を差し引いても警察内の不合理にピュアな青島が純粋な気持ちでまっすぐに切り込んでいく、そんなまっすぐな警察を演じれた織田裕二の演技力は必見の価値があったと思います。

また、他の役者もそれぞれの大義の中で警察の職務を全うしているところが随所に描かれていていました。

さらに、ストーリー展開が早く、ダイナミックな交換も相まって視聴者を飽きさせない工夫が随所に凝らされていた作品sだったと感じています。

男性40代
男性40代

『踊る大捜査線』は今までに見たドラマの中でも、トップクラスといっても過言ではないほど、クオリティーの高い作品だと思いました。
なんといっても、織田裕二さん演じる青島をはじめとして、登場キャラクターの個性が立っていて見ごたえがあると思います。
青島は、それまでに織田さんが「お金がない」などで演じていた熱血キャラクターの集大成という感じがします。
そして、いかりや長介さんや深津絵里さん、そして柳葉敏郎さんがしっかりと脇を固めている感じが素晴らしいと思います。
まずは、いかりや長介さん演じるは「疲れるほど働くな」や「正しいことをしたければ、偉くなれ」という名言を数々残していて、味わい深い演技を披露しています。
そして、なんといってもこの作品に必要不可欠なのが深津絵里さんで、可愛らしいのはもちろんですが、ギャグなどを絡めた演技が絶品だと思います。

 

\ 本編映像をチェック !!/

ドラマ『踊る大捜査線』の無料で見逃し配信を視聴する

>>独占タイトルが5,000本以上

ドラマ『踊る大捜査線』のまとめ

織田裕二の魅力がぴったりとはまった作品。

その青島を必死に演じる織田裕二を素晴らしい味で支えた和久さん役のいかりや長介さんこの作品こそがスタートとなり踊る大走査線は実に沢山のサイドストーリーを含めた大作となる。

所轄と警視庁との確執などを描くドラマは沢山あったが、室井と青島のようなドラマ作りはその他の民間企業での歯がゆさも合わせ幅広いファンに愛される作品になっていった。

のちに、『スリーアミーゴス』と呼ばれるまでに所々で見せるコミカルな署長、副署長、課長の存在。

エリート街道の真下の存在感などそれぞれをのちのサイドストーリーとして数多くの特番が生まれた。

とても素晴らしい刑事ドラマになりました。

時代感を感じない名作です。

ぜひお試しください。

\ 観たい作品の公式フル動画を楽しむなら /

FODプレミアム公式サイト

動画配信サイトのオリジナルランキングTOP3

No.1 U-NEXT

月額料金 1,990円(税抜き)
無料期間 31日間
ポイント付与 ・初回登録時600pt付与 ・毎月1日1200pt付与

▼オススメポイント▼

・見放題作品数NO.1!

・31日間と無料期間が長いのにも関わらず、600ポイントがもらえる!

・最新作もいち早くラインナップされる!

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

・4デバイスまで同時視聴が可能!

▼詳しく知りたい方は▼

『U-NEXT』の記事はこちら

▼『U-NEXT』の無料お試しする▼

『U-NEXT』公式ページ

>>無料お試し期間の31日間で解約すれば料金は発生しません!

 

No.2  TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

月額料金 933円〜(3つのプランがあり選択)
無料期間 30日間
ポイント付与 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)

▼オススメポイント▼

・レンタルDVDだけではなく、動画配信サービスもある!

・『ジブリ作品』の視聴できるのは『TSUTAYA TV /DISCAS』だけ!

・低スペックのPCでもサクサク高画質で楽しむ事が出来る!

・旧作は借り放題!

・店舗に足を運ばなくても自宅にDVDやCDが届く!

▼詳しく知りたい方は▼

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

▼『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しする▼

『TSUTAYA TV /DISCAS』公式ページ

>>無料お試し登録の30日間を利用!

No.3 FODプレミアム

月額料金 888円
無料期間 14日間
ポイント付与 ・初回登録後100ポイント付与 ・8のつく日に400ポイント付与

▼オススメポイント▼

・40,000本を超える動画が見放題!

・ドラマやアニメだけじゃない! バラエティ番組の数も最多です!

・複数のデバイスで同時視聴可能!

・FODのポイントを有効活用できる!

・雑誌の読み放題サービスも充実!

▼詳しく知りたい方は▼

『FODプレミアム』の記事はこちら

▼『FODプレミアム』の無料お試しする▼

『FODプレミアム』公式ページ

>>14日間無料トライアルを体験!

コメント

タイトルとURLをコピーしました