おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【菊とギロチン】動画を無料で(映画)フル配信・視聴する方法

菊とギロチン 邦画

© 2018 「菊とギロチン」合同製作舎

菊とギロチンは、2018年に作られた作品です。

映画『菊とギロチン』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『菊とギロチン』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

「菊とギロチン」予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『木竜麻生』出演の作品をお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「木竜麻生」出演の作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

「木竜麻生」出演作品 U-NEXT hulu
菊とギロチン 視聴 ▶ ×

映画『菊とギロチン』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

女力士を目指す花菊ともよは、今日も玉岩興行で稽古に励んでいた。ある日、道場の試合の為、村に宣伝に行った花菊は、ある男と出会う。その男は、吉田大次郎と言う。吉田大次郎は、ギロチン社の一員である。二人は、次第に打ち解けていき、そして、惹かれていく。同じく、玉岩興行で女力士をしている十勝川たまえもギロチン社である中濱鐵と打ち解けあい、惹かれていきます。

【 ネタバレ 】

女相撲

ギロチン社の吉田大次郎と中濱鐵は、女相撲の試合を見に行き、感動した。吉田大次郎と中濱鐵は、女相撲興行の夕飯時に乗り込み、自分達が感動した女相撲を取材し、花菊ともよと十勝川たまえをモデルに小説にしたいということを伝えます。そして、夕食の同席を求めます。しかし、玉岩興行のオーナーは夕食の同席を断ります。夕食の同席を断られてしまった吉田大次郎と中濱鐵でしたが、襖から、玉岩興行の夕食の様子を盗み見ていました。その最中、勝虎かつと十勝川たまえの喧嘩が勃発する。なぜ、喧嘩になってしまったのか?それは、十勝川たまえは女相撲興行の中で唯一男に体を売ってお金をかせいでいたからです。勝虎かつは、女相撲一本で勝負しない十勝川に嫌気が指していたのです。その場は、女相撲興行のオーナーの介入を受け、収まったのでした。

花菊と十勝川の過去

玉岩興行から帰ってきた吉田大次郎と中濱鐵は、雑談をしていた。その雑談中に十勝川たまえと十勝川たまえが現れる。二人は、吉田大次郎と中濱鐵を尾行して来たと話す。4人は、吉田大次郎と花菊ともよ、中濱鐵と十勝川たまえの二手に別れ、それぞれ雑談することとなった。花菊ともよは、吉田大次郎に自身の身分が百姓であることを話し、女相撲を志した理由は、自身が強くなりたいということを話します。花菊ともよが目指す理想は、男性と女性が平等になることなのです。その為には、自身が男性より強くならないといけないと吉田大次郎に話すのでした。十勝川たまえは、自身が朝鮮人であることと辛い過去を中濱鐵に話します。その話を聞いて、中濱鐵は十勝川たまえの悔しさを共有して、二人で海に向かって叫ぶのでした。

旅立ち

ある日、玉岩興行に在郷軍人分会の者が現れ、十勝川たまえを連れて行ってしまう。花菊ともよから、吉田大次郎と中濱鐵は話を聞くと十勝川たまえを助けに行きます。十勝川たまえを助け出す為、吉田大次郎と中濱鐵は必死に戦いますが、逆に捕まり、十勝川たまえが『天皇陛下万歳』ということによって事なきを得たのだった。吉田大次郎と中濱鐵と十勝川たまえは、在郷軍人分会達などから身を隠す為に花菊ともよと別れ、旅立つのだった。

好きな人の為に

吉田大次郎は、花菊ともよに再会する。しかし、吉田大次郎は、仲間もお金も失っていた。

十勝川ともよは、途中で別れ、中濱鐵は恐喝して金を巻き上げたところを警察に捕まり、お金は騙し取られてなくなっていた。手元に残っていたのは、仲間と作った爆弾だけだった。

そんなある日、花菊ともよはDV夫に見つかり連れ戻されそうになります。吉田大次郎は、DV夫から花菊ともよを取り戻す為に素手で何度も戦いを挑みます。ですが、すべて敗れてしまいます。そこで、吉田大次郎は爆弾を使い、DV夫を吹き飛ばし致命傷を与える。吉田大次郎は、DV夫に医者に連れて行くかわりに花菊ともよを解放することを約束させ、花菊ともよを救うのだった。

【 登場人物紹介 】

花菊ともよ (木竜麻生)

十勝川たまえ(韓英恵)

中濱鐵   (東出昌大)

古田大次郎 (寛一郎)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・大正時代の歴史が好きな方

・女相撲がすきな方

・歴史の勉強をしたい方

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

女性30代
女性30代

実際に女相撲というものがあったということに驚きです。男に虐げられきた女が強くなりたいと相撲の道に行くというのがいい話だなと思いましたし、女相撲とアナーキストという、確かにどっちもダイナミックで似ている場所がある二つを組み合わせると、こんなにおもしろい映画ができるのだなと思いました。

でも、思ったより内容が重かったし、そして長かったです。

だから見るとちょっと疲れちゃいます。

なので、余裕があるときに見るのがおすすめです。

すごくいいなと思ったのは相撲の部分がすごく本物っぽかったことと、練習シーンとかもあることです。

そして、アナーキストたちが、アナーキストらしく、爆弾とか使ったり、ちょっとヤバイ連中であることも魅力でした。

感想はここから見れます
女性40代
女性40代

昭和と平成にかけて世の中の人は大半が平々凡々と暮らしを全うしているように思えていました。

そこへコロナ戦争がやってきてマスクだ、消毒液だ、トイレットペーパーだと買いあさり出しました。

そしてメルカリという通販サイトなどで売買して稼ぐなど、引きこもって勝ちが出来ているのです。

この映画の監督等はそんな社会に対抗しているように思えます。

あの有名な不倫騒動で有名になった俳優の東出昌大さんも相手役で抜擢しています。

それに女相撲で強くなりたい女の子に新人女優の方も使って、賭けだなと思われました。

こんな時世に何かの風を吹かせて欲しものです。私は心が強くなりたいです。

映画の主人公のように世界を変えてまで相撲をして強くなるまではしなくてもいいのですが、違う意味を持っています。

私の心の中は。

全体的に和風で落ち着きました。

【 まとめ 】

菊とギロチンは、歴史の中で実在した女相撲とギロチン社という無政府主義者のテロリストを絡めた作品です。

本当の歴史の中で絡むことは一切ありませんが、二つとも何かからの自由という理想から生まれた物です。

絡むことがなかった二つの物をフィクションで絡めるという発想が面白いと思いました。

しかし、大正時代の歴史の事前知識がないとこの作品を理解するのは相当難しいです。

公式サイトに年表が載っていますのでそちらを見てからの視聴をおすすめします。

見どころは、終盤の吉田大次郎がDV夫に連れて行かれる花菊ともよを連れ戻す為に何度も立ち向かうシーンです。

作中で失敗続きだった彼が唯一目的を達成したシーンです。

彼の努力がようやく報われた気がして、心がすっきりしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました