おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【仮面ライダーアマゾンズ】動画を無料(映画 最後ノ審判)フル配信で視聴

邦画

出典先:東映映画チャンネル

4Cに追われていた生き残りのアマゾン(水沢 悠)、絶体絶命の危機であったが謎の子供達に助けられる。名字のない子供達に、、、

子供達に匿われた先は一見養護施設見えるがその正体は、

追うもの追われるもの、敷かれたレールに生き続けるのか、自分の心で考え道を見つけていくのか、アクションだけでなくそれぞれのキャラクター1人1人の選択肢が問われるそんなヒューマンドラマが隠されている今回のアマゾンズ最終作品の結末はいかに。

映画『仮面ライダーアマゾンズ』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『仮面ライダーアマゾンズ』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判 予告編

 
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

 

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』TSUTAYA TV/DISCASのみ視聴可能です。

映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』は、TSUTAYA TV/DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』のあらすじ(前回までの)

今回の仮面ライダーアマゾンズTHE MOVIE最後の審判はネット配信ドラマの続編、完結編になっておりますので初めて観られる方でも分かるように簡単に解説していきます。

今回のタイトルでもあるアマゾンとは人工生命体、製薬会社が開発した生命体であり、感情が高ぶってしまうと様々な怪物の姿に変身してしまいます

(アマゾンと言う名だけあり様々な爬虫類や動物に変身します。)

アマゾン達は遺伝子レベルで人肉を求めてしまい、人間を捕らえて食べてしまう性質を持ち合わせてしまいました。

そんなアマゾン達を駆除する目的で製薬会社は駆除斑を、日本政府は冒頭にも出てきましたC4と言う組織を作りアマゾンを駆除していきました。

キーマンである今回の主人公水澤悠、そして鷹山仁、正反対の道を進んで行く二人の仮面ライダーが登場しますが、水澤は苦しくもアマゾン細胞と人間のハイブリット、鷹山は何と自らアマゾン細胞を取り込んでしまいました。

水澤はアマゾンと共存する道を選び、鷹山はアマゾンを一掃する道を選び、そこにC4,

駆除斑が加わりそれぞれが絡み合っていきます。

そしてとうとうアマゾンは水澤、鷹山の二人になってしまいました、、、

映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』のあらすじ2(ここからは今回の作品に移ります)

冒頭

冒頭は水澤悠がC4から逃れるシーンから始まり、激しい銃撃にあいます、ここで登場するのがC4と共に行動していた義妹の水澤美月、美月は悠を助けようと悠の元へそれでもC4は銃撃を止めずに乱射してきます、そこで悠は仮面ライダーに変身し応戦しようとするも美月が足を撃ち抜かれてしまいます。美月の名前を叫ぶ悠、場面はスローモーションになり二人は後ろの川に転落してしまいます。

目覚めた先は養護施設

同じ服を着た子供達に助けられたようです、子供に名前を聞くと「名字はありません、ムクと言います。私達は親がいないんです。」異様な空気感を漂わせる少女、何故名字が無いのか、、、ムクと言う名前の意味は、、、

シーンは施設の子供達と園長との食事に移ります、食事前のお祈りが終わり園長より「旅立つ泉さんに祝福を、あなたは幸せを運ぶ天使です」泉「私は幸せを運ぶ天使です」と意味深な言葉が飛び交います。

里親が決まった様に見え翌日は車に乗って里親の家へ、、、

いないはずのアマゾンが!?

ムクを送り出したタイミングでアマゾンが二体襲撃にきます、何故いないはずのアマゾンが、しかもこのタイミングで襲撃してくるのか。

駆けつけた悠は仮面ライダーに変身し応戦、しかし2対1ボコボコにやられますが、何と園長が仮面ライダーに変身し応戦。

何とか勝利できるがアマゾンの死骸の中から番号の書かれた鉄の腕章が、、、一体何なのか。

泉の行方

悠は施設を出る事を決意し仲間と共に行動する事に、たまたま通りかかった際に泉の里親が泉の服を捨てているところを目撃する。

気になる悠は里親宅へ駆け寄る、そこで観たものは、そこにはあの鉄の腕章も、、、

そこからこの話は急展開します。施設の本当の目的、居ないはずのアマゾンの存在、鷹山の行方、生き残りの最終決戦へと続いていきます。

映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』の登場人物紹介

監督 石田 秀範  

出演者

藤田 富  (水澤 悠/仮面ライダーアマゾンオメガ)

谷口 賢志 (鷹山 仁/仮面ライダーアマゾンアルファ)

武田 玲奈 (水澤 美月)

籾木 芳仁 (札森 一郎)

東  亜優 (泉 七羽)    

宮原 華音 (高井 望)

三浦 孝太 (黒崎 武)

勝也    (三崎 一也)

俊藤 光利 (志藤 真)

田邊 和也 (副田 耕太)

神尾  佑 (橘 雄悟)

加藤 貴子 (水澤 令華)

藤木  孝 (天条 隆顕)

姜  暢雄 (御堂 英之助/仮面ライダーアマゾンネオアルファ)

国府田 聖那(ムク/リスアマゾン)

映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』の見どころ

男性30代
男性30代

全体的に仄暗い中での、食人存在アマゾンを通して人の業が強く感じられます。孤児院の子供達が食事をするシーンは、まるで強い宗教的な一面を強く押し出してきたかのような不気味さを醸し出し、不安ながらも見入る光景を見せてくれました。
一報仮面ライダーというよりは生物として徹底的に描かれているアマゾンの戦闘は派手さよりも生々しさを強く演出していて、登場する人物全てが確かに生きている者だという印象を強く与えてくれます。
その上で、決して面と向かっては伝えられない思いを秘めつつもどこまで人として、人と共に居られるかという複雑な感情も絡み合い、その宿命にどこか悲しささえ覚えます。
謎が明かされていく度に覚える驚愕さや命についての考え方、理性や本能について深く想い悩む事のできる濃厚な感情を思い起こさせられる映画です。

男性20代
男性20代

この映画の見どころは何個かあると思いますが、まずは新たなライダーの登場でしょう。仮面ライダーアマゾンネオアルファが新たに登場し、主人公たちを苦しめます。機械的な装甲を身にまとった独特なデザインと、チェーンソーを駆使した武器がとてもかっこいいです。

間違いなく、キッズ心をつかまれる存在だと思われます。もう一つは映画によりさらに過激さを増した作風といった所でしょうか。

グロテスクさ、戦闘シーンの派手さはさらに勢いを増していきます。Season1、2をはるかに超えていく演出となっており、目の離せないものに仕上がっていると思われます。登場する新キャラたちも独創性が高く、作品を大いに盛り上げてくれています。まさに完結編に相応しい完成度となっております。

 

映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』の感想

感想はここから見れます
男性30代
男性30代

これまでの平成仮面ライダーとは二味も違う映画となっています。
これまでの平成仮面ライダーシリーズの映画は子供をターゲットにしている為、雰囲気が明るいですが、本作は連続ドラマから大人向けとして作られており、暗い雰囲気で物語が進みます。
アクションシーンにもこだわっており、見応えのある作品だと思います。
しかし一つ苦言を呈すると、ストーリーがうまく纏まっていないと思います。本作をアマゾンズシリーズの最終章として語っているのにも関わらず、お互いが万全な状況で決着を付けず、ボロボロの状態で闘うのは見た後にモヤっとしました。
2人の決着に時間を割いて欲しい、或いはもう1シーズンで綺麗に完結して欲しいと感じました。
最後に今作で登場する新ライダーアマゾンネオアルファはデザインもかっこよく、スーツアクターもゼロワンをやっている縄田さんでアクションがカッコいいので是非大人ライダーファンに見てほしいです。

男性40代
男性40代

アマゾンと聞いて、昔の仮面ライダーアマゾンと同じと思ってはいけません。
このシリーズのアマゾンは、全くの別物です。
ダークなストーリー、グロい描写。姿こそ以前のアマゾンに少々似ていますが、中身は完全に人間です(前の主人公はジャングル育ちでしたから、少々人間離れしてましたから)。こういう覚悟の下で、別物として考えたときに、ダーク系、グロ系邦画が好きな人ははまると思います。
全編ほぼ笑い要素などはなく、「生き残る」というという事に必死になる各キャラクター達。だからこその必死のバトル。バトルは血しぶきが舞い、なかなかに迫力があります。
最後にはライバル同士の最終決戦。完全に大人向けの仮面ライダーとなりますので、TVの仮面ライダーを見てやんや言ってるお子様には見せないほうがよい内容でしょう。
子供には理解できない、大人の仮面ライダーです。

女性30代
女性30代

戦隊モノと言えば仮面ライダーシリーズですよね?40年以上仮面ライダーシリーズは続いているそうで、私の子供の頃は、日曜日の朝に戦隊モノが放映されていて朝ごはんを食べながら、よく見ていました。

しかし、劇場版の仮面ライダーを見たのは今回が初です。

様々な強敵に立ち向かう仮面ライダーの勇敢さとアクションシーンの過激さは見ている者を引き込みます。

ストーリー内で登場する仮面ライダーはアマゾンアルファ、アマゾンオメガなど複数おり、それぞれの特技や欠点も違うので、見ごたえがありますし、お互いに助け合うシーンは感動しました。

人類は果たしてアマゾンを絶滅させて平和を取り戻すことが出来るのか?しっかり注目してご覧ください!

男性40代
男性40代

仮面ライダーシリーズといえば、小さなお子さんから大人まで一回は必ず誰しもが見たことある戦隊モノの定番であると思います。

私も子供の頃よく見ていて、現実にはこんなライダーいないけどいたらかっこいいなぁと子供ながらに思っていました。

今回の劇場版でも登場してくるどのライダー達もとてもアクションシーンがかっこよく、敵のクオリティーも幼稚なものではなくて大人が見ても十分に楽しめる作品でした。人類とアマゾンの戦いは、熾烈なものになっていますが、本作はその最終局面を描いた作品であり、もし興味があるからはアマゾンズのドラマシリーズを最初にしっかり見てから本作を見た方が流れがつかみやすいはずです。

ぜひ激闘をご覧ください。

男性20代
男性20代

今回は、本作『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後の審判 』の見てよかった点をご紹介したいと思います。

仮面ライダーと言えば45年以上続く日本の戦隊モノを長らく支えている作品です。

本作は、ドラマ版で滅びたはずのアマゾン、映画版ではあることをきっかけにアマゾンが脅威になります。

人類は再度滅ぼすことが出来るのか?激闘の最終局面をぜひ貴方の目でご覧ください。

個人的には、各ライダーの特技が違うので、どれが一番好きかななどと一緒に話しながら見るとより一層盛り上がると思います。

アクションシーンは時に激しいものもあるので、仮面ライダーでもここまで過激なシーンもできるのだなぁと思ったシーンも多々ありましたので、戦隊モノって子供向けでしょとあなどってはいけません。

ぜひその点に注意してご覧ください!

女性20代
女性20代

マモルの存在が不思議でした。

マモルはアマゾンなのに最初から駆除班の一員として普通に仲間にとけこんでいるのです。

仲間たちもアマゾンと知っていながらマモルと普通に接しています。

チームだからや仲間が好きだからというだけで、いつ自分が覚醒してしまうか分からないのに一緒にいて、自分と同じアマゾンを駆除してしまうことが不思議でした。

マモルの年齢は分かりませんが、研究所の人たちが注射をしないからと、まるで幼い子供に接しているかのような態度に違和感がありました。

けれど、チームが大好きなマモルがいないと駆除班はバラバラになってしまう気がします。

仲間がお金のために仕事をしているからと真似をして五円玉を貯金したり、喧嘩をすると諫めたり、優しく笑うマモルはチームのマスコット的存在です。

早くマモルがチームと一緒にいられる日がくるといいなと思いました。

女性30代
女性30代

駆除班の仲の良さが素敵です。

それぞれがお金のために命をかけて危険なアマゾンの駆除という仕事をしているので、もっとサバサバした関係なのかと思いきやお互いをきちんと認め合っているのが良かったです。

狭い部屋に一緒に住んでいたり、寝るときは雑魚寝だったり、コタツに全員で足を入れていたりと仲が良いなと思わせてくれます。

お金のためにみんなが動くからと、マモルが五円玉でみんなを雇うのに笑えました。

その五円玉の穴に紐を通し、ネックレスとして首にかけているのが良いです。

マモルと再会した時、みんながそれぞれ五円玉を持ってマモルに見せます。

その時の班長が、ネックレスにした五円玉を手からぶら下げていて、ダウジングや催眠術のように揺れているのが真剣な良い場面なのに笑いそうになりました。

駆除班の平和な1日が見てみたいです。

女性20代
女性20代

第3生命体の悠が大きな家に飼い殺されていたのがかわいそうでした。

真っ白な壁に一人で食べる薬のご飯が日常だった悠が見ていて寂しくて辛かったです。

駆除班や同じアマゾンのマモルや仁と出会えて良かったと思いました。

考え方は違くても外の世界へ出て悠は変わったと思います。

守りたい者を守るという悠は、確かに駆除班や仁とは違った道でどっちつかずに感じてしまうけれど、静かに暮らしたいというアマゾンもいることを知り、まだ覚醒していないアマゾンを駆除したくないと思ってしまうのも頷けます。

悠はアマゾン寄りの考えになってしまったけれど、仁が悠にしたように、タンパク質をとれば良いことを教えてくれる人がいたら、アマゾンは人を食べなくても別の種族として生きていけるのではないかと思いました。

女性20代
女性20代

仁と七羽のアマゾンと人間の恋人関係が素敵です。

外ではカッコよくアマゾンを倒している仁が、家では七羽に甘えっぱなしのギャップが可愛いと思いました。

仁の七羽のことを呼ぶ時の声が甘く、ご飯を取りに行く動きがコミカルでおもしろいです。

七羽も仁のために料理を作ったり、怪我の治療したり、仁がいきなり連れてきた悠のことを面倒みたりと文句も言わずに甲斐甲斐しくお世話をしているのが凄いと思います。

仁をアマゾンだと認識しているのに怖がることもなくキスまでする七羽は、カッコよくて行動力があり魅力的です。

好きだから仁に言われたら断れないのか駆除班に盗聴器を仕掛けたり、研究所に捕まった仁を助けるために潜入したりと仁がアマゾンなのに大事に想っているのが伝わってきます。

二人がこれからも一緒にいられると良いなと思いました。

女性20代
女性20代

レストランに集まるアマゾンがかわいそうになりました。

アマゾンたちは人間によって作られ、食事がたまたま人間だっただけで、狩られる存在になってしまうのが悲しくなります。

人の肉を一度ても食べてしまうと病みつきになり、次々と襲いたくなる習性があるのですが、レストランに集まるアマゾンたちはまだ覚醒していないため、人間にまぎれてひっそりと暮らしていきたいという考えの方たちばかりだったのに驚きました。

そのレストランでは、人の肉をハンバーグに入れて提供するのですが、食べてしまうとゆっくりと覚醒していき、そのうち人を襲いたくなってしまうのではないかと思いました。

ひっそりと暮らしたいアマゾンたちとオーナーの考えがあっていないような気がします。

オーナーが人以外の食事を作れたら良かったのにと思いました。

そうすればアマゾンになるのも遅くなり共存できる道を探す時間があったのだと思います。

映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』のまとめ

様々な伏線が張り巡らされているので考察しながら見る楽しみ。

それぞれの「生き方」10か0の様な偏った生き方、人が作るレールを行く生き方、皆んなが平等に暮らせる生き方など、それぞれの生き方にも注目したいですね。

人の感情に触れる事で揺らぐ思考が垣間見られたりと、ドラマチックにもなっており終始目が離せません。

最後のそれぞれの心境の変化、結末も見所です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました