おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【天空の蜂】動画を無料(映画)フル配信・視聴する方法

邦画

©2015「天空の蜂」製作委員会

映画『天空の蜂』予告編

映画『天空の蜂』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『天空の蜂』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

U-NEXT動画配信サービスで視聴できます

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

映画『天空の蜂』に出演している江口洋介さんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・るろうに剣心

・るろうに剣心 京都大火編

・るろうに剣心 伝説の最期編

・人生の約束

・コンフィデンスマンJP

・コンフィデンスマンJP ロマンス編

\ 作品映像をチェック /

▼江口洋介の出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

 

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

映画『天空の蜂』は、TSUTAYA TV/DISCASで視聴可能です。

映画『天空の蜂』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『天空の蜂』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

映画『天空の蜂』のあらすじ

日本最大のヘリコプター「ビックB」がとうとう完成。

防衛庁へのビックB納品式典開催日は1995年8月8日で、それを設計した湯原は妻と一人息子を連れて錦重工業小牧工場を訪れます。

彼の息子である高彦はもう一人の少年と一緒に施設内を探検しています。

夢中になった二人は、ビックBに乗り込んでしまうと突然ビックBが動き出します。

ビックBはテロリストに乗っ取られ、遠隔操作されていたのでした。

もう一人の少年は飛び降りて事なきを得たのですが、高彦は降りられずそのまま連れ去られる形になってしまいました。

高彦を乗せたまま原発へと向かうビックB。

そんな時、犯行声明が発表され、「現在稼働、点検、建設中n原子力発電所を全て使用不可にし、その状況を全国ネットで放送すること」という要求でした。

さもなくば原子力発電所にビックBを墜落させるというのです。

ビックBは福井県まで飛び、そこにある原子力発電所『新陽』の上でホバリングをしています。

タイムリミットは燃料が切れる10時間後、しかもヘリコプターには爆弾が仕掛けられていることも発覚しました。

最悪の事態を考えながらも何とかしようと作戦を練ります。

そこへ湯原とは旧知の仲である三原が現れ、湯原が声を掛けましたが突き放す彼。

そんな時、犯人から「少年救出を許可。ただし救出法は前もって要提示」という声明が出されました。

三島が救出案を出し、それは前人未到の作戦でしたが皆の協力により、高彦は無事救出。

とりあえずは一安心です。

警察は犯人特定を急いでいました。

聞き込みによって若くして白血病で亡くなった元職員の友人で雑賀という男の存在が浮上します。

調べにより、彼は元自衛官でかつ数年前までビックBの制作に関わっていた佐竹と同一人物であることが判明。

佐竹の自宅へと乗り込みますが、彼は部屋を爆破、逃走しますが捕らえられ手錠をかけられそうになります。

しかし諦めずなおも逃げようとして、トラックに跳ねられ死亡。

彼が持っていたビックBのリモコンは大破していました。

一方湯原は死んだ佐竹から入手したリモコンを修理するうち、最初からヘリをついらくさせるつもりでいたことに気づきます。

それを皆に伝え、全員を避難させます。

そまた別の情報から三島も犯人の一人であることが発覚。

警察が三島を連行する際に湯原はヘリを止める方法を聞き出そうとします。

なかなか口を割らない彼を湯原は殴りつけ、それを止めに入った警察の拳銃を奪い取って三島に銃口を突きつけます。

三島はそのまま自分で湯原に引き金を引かせましたが、寸でのところで湯原が抵抗し弾はそれました、

湯原は制限時間までにビックBを止める方法を見いだせるのか?

また、ビックBに仕掛けられた爆弾は??

刻一刻迫るデッドライン、ハラハラドキドキですね!

ではネタバレ以下、結末を見ていきましょう!

映画『天空の蜂』のネタバレ

高彦が与えてくれたヒントにより、墜落開始直後ならマニュアル操作可能になることが分かった湯原。

つまりリモコンで原発への転落を防げるというのです。

彼は即ヘリに飛び乗り、リモコンで操作可能範囲であるビックBの真下で待機。

するとヘリが落ち始め、湯原は必死でリモコン操作。

しかしビックBに仕掛けられていた爆弾が爆発。

湯原のヘリはギリギリのところで巻き込まれずに済みました。

ビックBは近くの海へと落下していき、一件落着。

その後、パソコンに三島のメッセージが表示されました。

爆発物は少なく、新陽はヘリの墜落に耐えうる強度を持っているため例え落ちても大丈夫なこと等が記載されていました。

彼らは、国が言うままに原子力発電所を受け入れるのではなく、国民に原子炉の長所短所をしっかり把握し考えさせたかったのです。

しかし、刑事がネットを切断してしまったため、送信されることはありませんでした。

2011年3月13日。高彦はパイロットとなり、ヘリコプターで東日本大震災の被災者の救助を行っていました。

あれから随分老けた湯原に話しかけます。

そこで三島が獄中死したことを知りました。

「命を掛ける価値は、この国にあるのか?」と問う父に「ココニアル」と彼はモールス信号で答え、エンディングへと向かいます。

\ 本編をチェック! 

▼映画『天空の蜂』の動画を無料フル視聴する▼

映画『天空の蜂』の登場人物紹介

湯原一彰   ( 江口洋介)

雑賀勲       (綾野剛)

三島智弘   (木村聖哉)

映画『天空の蜂』の主題歌

秦基博    『Q&A』

秦 基博 / Q & A(映画『天空の蜂』主題歌)-Short Ver.-

映画『天空の蜂』Twitterでの反応

 

映画『天空の蜂』の感想

男性20代
男性20代

『天空の蜂』を見て、原子力発電所の危険性と停止を暗に訴えかけた作品で良かったなと思います。この原作自体は、東野圭吾さんが東日本大震災が起こるよりも相当前に書かれた作品であり、2011年大地震が起きてからは原子力発電所の放射能漏れ、廃棄物処理施設の建設など社会全体が原子力のあり方について考え直した時期でした。

この映画は、偶々ですがそういった社会問題にも重なると言っていい作品だったと思います。江口洋介さん、本木雅弘さん、綾野剛さんなど一流俳優陣の演技力には文句なしだし、ストーリーもさすが東野圭吾さんだなと思わせてくれる流れでした。東野作品がお好きな方はぜひともご覧頂ければ幸いです。

女性20代
女性20代

数年前に初めて観賞し、最近また観なおしました。
原発やテロに関する知識がない私は、物語序盤から中盤までは「よくわからない」という感想をもっていましたが、終盤で一気に逆転し、忘れられない映画となりました。
私がこの映画を観賞して衝撃を受けた点は以下の3つです。
まず衝撃を受けた点の1つめは、物語の終盤にわかる「新陽以外の全国の原発も停止していなかった」ということです。
江口洋介さん演じる湯原と同様に私も原発は停止したと信じて疑わず、終盤に本木雅弘さん演じる三島から「テレビで放送された映像は全てシュミレーション装置で、実際の原発は1台たりとも停止していない」という告白を聞いたときには非常に衝撃を受けました。
衝撃を受けた点の2つ目は、ラストでわかる犯人の真意です。
ビッグBが新陽を回避して海に墜落した後、とある部屋とモニターが映し出されます。
そこには「原発にヘリを墜落させるという目的は違わないが、一番安全で放射能被害を生む可能性が低いから新陽を選んだ」という内容のメッセージが書かれていました。
また、衝撃を受けた点の3つ目もこれに付随することで、犯人が伝えたかったメッセージが送信される直前に捜査官と思われる人物たちによって取り消されたことです。
これにより犯人の真意は誰にも伝わることなく、また、日本国民は皆、政府に騙されたまま元の生活に戻ることとなりました。
何を信じ、何に守られ、何を想像して生きていくのか、信じたものは本当に存在するのか、守ってくれていると信じて疑わないものは自分たちを本当に守ってくれているのか、そして思いを馳せ想像することに果して意味はあるのか、生きていくということすべてに疑問を投げかけられたような、本当に考えさせられる映画だと感じました。

男性20代
男性20代

今作では東野圭吾さん原作のスぺクタルミステリー映画でとにかく終始ハラハラドキドキしましたし、考えさせられた作品でもありました。

主人公の湯原が開発した新型ヘリコプターの「ビッグB」がとても大きくてカッコ良かったです。

そして江口洋介さん演じる湯原も1人のヘリ開発者として1人の父親として血汗流しながらもギリギリの状態で事件に挑む覚悟や姿勢が魅力的でした。

そして裏の主人公である湯原の旧友の三島もかなりの切れ者であり信念を最後まで突き通す姿は圧巻でした。

個人的に好きなシーンは湯原の息子の高彦がビッグBから転落した時に自衛隊の人が空中で高彦をキャッチしてそのままパラシュートで着地し救助するシーンが一番好きでこの作品の中で最も緊迫感があったシーンだと思います。

そして室伏刑事とその部下が犯人と思われる雑賀を突き止めるシーンで警察官の信念を垣間見た部分だなと思いました。

男性30代
男性30代

原作は原発の存在意義を問うことをテーマにしているように思いましたが、東日本大震災を日本国民が経験した後に映像化された本作においてはさらにその存在意義を考えさせられるような内容になっています。

ジャンル的にはクライムサスペンスなので、中盤から終盤にかけてのハラハラドキドキ感は観るものをひきつけます。

またさまざまな立場の人間の思いが表現されているところもこの作品の魅力かと思います。

そして見終わった後に改めて考えさせられます。

自分は便利さの中にも本当ならば考えていかなければいけないものをあえて考えようとしていないのではないかと。

「子どもは蜂に刺されてはじめて蜂の怖さを知る」とあるように、もともととても便利なものとして考えられていた原発が東日本大震災における事故によりその怖さを初めて痛感した日本人。

そんな社会をまさに風刺した作品でした。

震災、自然災害、コロナ、様々な状況に苦しむ今だからそあらためて見る意義がある作品のようにも思えました。

男性40代
男性40代

とても豪華な作品である。原作は東野圭吾。

主演は江口洋介演じる湯原一彰で、江口洋介の演技にとても惹かれる作品となっている。

他メインキャストは、仲間由紀恵、綾野剛といった個性派の役者が作り出すこの作品はみていてとてもワクワクしてくる作品となっている。

ストーリーとしては、最近良くありがちなテロを題材にした人間模様を描くという内容。

軍用の巨大ヘリコプター「CH-5XJ(ビッグB)がテロリス集団である天空の蜂により遠隔操作されるのだが、ビッグBのホバリング時間は最大8時間。

タイムリミット8時間の間に原発の発電タービンを停止させよという要求であった。

テロに対する意識の低い周りの人間との一進一退のやりとりは緊迫感があり大変みごたえのある作品である。

江口洋介、仲間由紀恵と演技派役者がそろった本作品は是非とも必見である。

女性20代
女性20代

テロリズムのどうしようもなさや、テロに走りたくなってしまう人の絶望感、いざ犯行を始めてしまった人の後に引けなさなどを、日本の規模の中でよくここまで描けたものだと感心しました。

綾野剛さん演じる犯人がとても悲しくて、ストーリー自体はまあまあ雑なのですが許せてしまう雰囲気があります。

子どもがヘリコプターに迷い込んでしまう序盤の展開は、セキュリティの甘さに少しガクッと来ますが、それも江口洋介さんはじめメインキャストの方々の熱演のおかげでそれほど気になりません。

原子力発電所がテロに使われたら…という、現実でも考える人はいそうな重大犯罪にまつわるサスペンスなので、観ながら現実世界に原発があることのリスクや恩恵のバランスについて考えさせられます。

東日本大震災の後に作られた映画なので、この怖さを忘れてはいけないというメッセージも強く感じました。

女性40代
女性40代

ちょうど原発の問題が大きくなってきた頃に公開されたということもあったので、凄くリアルに感じました。
本当にこういう強迫があって、原発を破壊するという話になったら怖いと思いました。
原発の上に軍事用に開発された巨大なヘリコプターをホバリングさせて、要求に応じない場合には墜落をさせて原発を破壊するというその発想もずば抜けていました。
巨大なヘリ、ビックビーの中に入ってそのまま犯人にジャックされてしまったので、まずは子どもたちの救出をしなければいけません。
高いところでやり取りをするというのが怖くて、映画なのに足がすくんでしまいました。
それだけリアルな感じが出ていたんだな、と思いました。
犯人が意外な人だったので、それもビックリしましたし、犯行のきっかけというのもなんだか悲しいなと思いました。
この作品は社会派の作品ではあったと思うので、新鮮に感じました。

男性30代
男性30代

本作は原子力発電所で巻き起こるテロを描いた作品になります。東野圭吾さんがすごいなぁと思ったのは、このストーリーを原子力発電の危険性があまり示されていなかった90年代にこの原作を書き上げていたことです。

2011年の福島第一原子力発電所の事故によって、多くの日本人が原子力について興味を持つようになりましたが、それまでは無関心の方が多かったのではないでしょうか?公開は2015年になっていますが地震が来る前にこの作品を見れたら意識や考え方が変わっていて地震に備えれたかもしれないなと後の祭りですが少し悔やむものです。

東野さんの作品はどの作品にも伝えたい意図が感じられます。彼が考えいること、本作を通じて伝えたいことは何なのか?しっかり考えながらご覧いただくととても価値がある視聴機会になること思います。

男性20代
男性20代

2015年に公開された本作は、東野圭吾さんの原作を実写化したものです。2011年東日本大震災の発生と津波によって甚大な被害を受けた福島第一原子力発電所。

当時、どの番組においても原子力発電の在り方や廃止について議論されていたことは皆さん記憶に新しい事でしょう。本作はその原子力発電所を舞台にしたストーリーとなっており、きっと本作を見ると東野圭吾さんがストーリーを通じて訴えたかった原子力発電の危険性をしっかりと理解できるはずです。

東野圭吾さんのミステリー×場所の設定には毎回完成度が高く、驚かされます。また、キャスト陣も江口洋介さんや仲間由紀恵さん、綾野剛さんなど一流俳優陣ばかりで本当にリアル感がすごいのでその点にも注目してご覧いただければと思います。

映画『天空の蜂』のまとめ

犯人の犯行動機である「原子炉への問題提議」はむしろこの作品を製作した理由でもあると思います。

もちろん発電所は必要、しかしそのリスクを知らないでは済まされないという思いでしょう。

火力発電所にも公害などの問題はあり、ノーリスクではいられない訳ですが…難しい問題ですね。

正直、この世にあるもの何かしらの犠牲を払って存在していると思います、原子力発電所に関わらず。

一旦事故が起これば大変なことになるのはチェルノブイリ原発の件でも重々承知しているつうもりですが…人間が発電所を必要とする限り、永遠のテーマだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました