おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【キングスマン ゴールデンサークル】動画を無料(映画 吹き替え)フル配信で視聴

洋画

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」予告A

映画『キングスマン:ゴールデン・サークルの動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『キングスマン:ゴールデン・サークルの動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

U-NEXT動画配信サービスで視聴できます

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』に出演しているタロン・エガートンさんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・ロケットマン

・フッド・ビギニンズ

・戦場からのラブレター

 

\ 作品映像をチェック /

▼タロン・エガートンの出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

 

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

映画キングスマン:ゴールデン・サークルは、TSUTAYA TV/DISCASで視聴可能です。

出典先:『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

映画『キングスマン:ゴールデン・サークルは、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『キングスマン:ゴールデン・サークルあらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』のあらすじ

・事件の始まり

キングスマン本部前でエグシーは、元キングスマン候補生のチャーリーとそのメンバーたちに襲われる。

エグシーはチャーリーを撃退し、そのメンバーをも倒し無事に基地へ戻る。

基地に戻ったエグシーは急いで恋人ティルデ(スウェーデン王女)と共に友達のパーティーに参加する。

翌日、キングスマン本部でエグシーはチャーリーが犯罪組織に加わっていることを聞かされる。

その日の夕方、エグシーはティルデの実家に居た。

時を同じくして、犯罪組織のミサイル攻撃によりエグシー以外のキングスマン・エージェントが殺害される。

エグシーの自宅も攻撃され、留守番をしていた友達も巻き込まれ死亡する。

・最終手順

キングスマンで生き残ったのは、エグシーと戦略担当のマーリンの2人だけだった。

このような事態が発生したときの「最終手順」を実行するため、2人は指令が保管されている金庫へ向かった。

金庫の中に保管されていたのは一本のスコッチ酒、そのラベル名は“ステイツマン“生産元”ケンタッキー州“と明記されていた。

2人はケンタッキーに「最終手順」指示があることを確信し向かう。

2人はステイツマン酒造所に侵入し酒蔵を探っているとエージェント・テキータが現れ、格闘のすえ彼に捉えられてしまう。

2人の身元は、ステイツマン戦略担当のジンジャーによって、敵でないことが証明された。

隣の部屋にヴァレンタインの凶弾に倒れたはずのハリーが、彼は頭部を負傷し治療をうけたが、その後遺症でキングスマン時代の記憶を失っていた。

キングスマンの「最終手順」は、ステイツマンのリーダー・シャンパンに会うことでした。

・クララ

2人は、ステイツマンと協力して、チャーリーの行方を突き止め敵討ちを誓う。

エグシーは、チャーリーの情報を探り元カノ・クララとSNSでつながっていることを突き止めていた。

クララがロックフェスティバルに現れることを知り、エグシーとステイツマンのシニア・エージェントのウィスキーは現地へ向かう。

エグシーは、クララに接触し体内へ発信機を埋め込んた。

ステイツマン本部に戻ったエグシーは、ハリーが以前可愛がっていた同種の子犬を使い、記憶を呼び戻すことができた。

・ゴールデンサークルの要求と解毒剤

ゴールデンサークルのボス・ポピーは、テレビ中継で麻薬を合法化するようアメリカ大統領に要求する。

それを受け入れなければ、薬物に仕込んだ毒物で世界の数億人を殺害すると警告するのでした。

ステイツマン本部では、クララとチャーリーの会話を盗聴しイタリアのゴールデンサークル研究所に解毒剤があることを知る。

エグシー、ハリー、ウィスキーは解毒剤を手に入れるためイタリアへ向かう。

エグシーとウィスキーは研究所から解毒剤のアンプルを手に入れるが、その直後に、敵から攻撃を受けている最中にアンプルを破壊してしまう。

ハリーはウィスキーが二重スパイと感じ狙撃する。

エグシーは研究所に戻り解毒剤を入手しようとするが、研究所はチャーリーによって爆破されてしまう。

マーリンとジンジャーは、ポピーのアジトがカンボジア奥地にあることを突き止める。

ステイツマン本部に戻ったエグシーにティルデから連絡がはいり、彼女が毒物に侵されていることを知る。

エグシー、ハリーそして、マーリンはポピーのアジトがあるカンボジアへ向かった。

間もなく重傷から回復したウィスキーは、エグシーたちを追ってカンボジアに向かう。

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』のネタバレ

・キングスマンの壊滅

チャーリーの右腕義手に仕組まれたロボット端末で、キングスマンの情報をハッキングされ、彼らはミサイル攻撃をうける。

運良くエグシーは恋人ティルデ王女の実家で両親と初の顔合わせの真最中、戦略担当のマーリンは、エージェントでないため自宅住所が登録されてなかった。

・ハリーが生きていた

ヴァレンタインの凶弾に倒れたハリーだったが、その現場に駆けつけたテキーラとジンジャーに応急処置をほどこされ一命をとりとめる。

治療は順調だったが、逆境性健忘症となってしまう。

エグシーはハリーの記憶を呼び戻すことができた。

その方法は、ハリーが何よりも愛おしかった今は亡き愛犬との出会いを再現することだった。

・ティルデが毒物に

ティルデが毒物に侵された原因は、エグシー自身の行動にあった。

任務のためクララの体内に発信機を埋め込むには、彼女と寝る必要性にせまられティルデに許しを請うが、当然のことながら認めてもらいなかった。

その悲しみからティルデは薬物に手を出してしまった。

・カントリーロード

エグシーはジャングルに仕掛けられた地雷に足を掛けてしまう。

その状況にマーリンは、凍結剤で起爆を遅らせた一瞬でエグシーと入れ替わり、マーリンが好きな曲“カントリーロード”を熱唱。

歌い終わると、敵兵を道連れに地雷の起爆をするのでした。

・ウィスキーの妨害

ウィスキーがなぜ組織を裏切るのか?その理由は、薬物中毒者によって恋人とお腹の子供を失ったことが原因でした。

そんな彼は、この世界から薬物中毒者を一掃したいと思っての行動でした。

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』の登場人物

・ゲイリー・“エグジー”・アンウィン:ガラハッド   タロン・エガートン/(木村昴)

・ハリー・ハート / ガラハッド            コリン・ファース/(森田順平)

・ポピー・アダムズ                ジュリアン・ムーア/(田中敦子)

・マーリン                    マーク・ストロング/(加藤亮夫)

・ジンジャー                   ハル・ベリー(本田貴子)

・テキーラ                    チャニング・テイタム/(中村悠一)

・シャンパン                   ジェフ・ブリッジス/(菅生隆之)

・ウイスキー                   ペドロ・パスカル/(宮内敦士)

・チャーリー・ヘスケス              エドワード・ホルクロフト/(櫻井トオル)

・ティルデ王女                  ハンナ・アルストロム/(佐古真弓)

・クララ                     ポピー・デルヴィーニュ/(木下紗華)

・アメリカ合衆国大統領              ブルース・グリーンウッド/(志賀麻登佳)

・フォックス首席補佐官              エミリー・ワトソン/(野沢由香里)

・ロキシー・モートン/ランスロット        ソフィー・クックソン/(下山田綾華)

・アーサー                                 マイケル・ガンボン/(長克巳)

・エルトン・ジョン                エルトン・ジョン/(岩崎ひろし)

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』のテーマ曲

キングスマン ゴールデン・サークル サウンドトラックより  『Eggsy Is Back』

映画『キングスマン ゴールデン・サークル』 テーマ曲

挿入歌

・Let’s go crazy

・don’t leave me this way

・Rainning in my heart

・Annie’s Song

・Take Me Home, Country Roads

・Saturday night’s alright (for fighting)

・Word Up

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』のTwitterでの反応

https://twitter.com/zxun72/status/1292298714556461056

 

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』はこんな人におすすめ

・アクションが好きな方

・スパイものが好きな方

・ちょっとグロテスクが好きな方

・リズムよく物語が展開するのが好きな方

・エルトン・ジョンが好きな方

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』の感想

男性20代
男性20代

約2~3年前のイギリス映画で、前作の正統的な続編となっています。

コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、タロン・エガートンなどのキャストが登場し、高い演技力と存在感で作品の魅力をさらに引き上げていました。

前作同様に、バイオレンスやグロテスクな部分がありつつも爽快感のある感じに仕上がっており、多くの人気を獲得した印象です。

BGMのクオリティは最高で常にテンションが上がりますし、イギリスらしいブラックジョークも健在で魅力にあふれています。

全体的な話のテンポも非常に勢いがあり、どんどん見進められる形になっているのがかなり心地よかったです。

作中通してアクションシーンも迫力があり、見ていて緊張感が伝わってくるようでした。

アクション映画が好きな方はもちろん、海外の映画マニアには必ず見てほしい作品になっています。

女性30代
女性30代

前作も見ましたが今回も期待を裏切らない出来でした。

スパイアクションの名の通り、英国紳士のスパイが時に紳士的に、時にはちょっとコミカルにアクションをして楽しませてくれます。

また今回は前作で死んだと思っていたコリンファースも再登場してくれるので、私のように前作から見ている人には嬉しいサプライズがありました。

とにかく二人のスーツ姿が格好良くて、それを見ているだけで惚れ惚れとしてしまいます。

やっぱり英国のスパイはスーツでビシッと決めていてほしいです。

ストーリー自体はテンポよく進んでいくので一瞬たりとも目が離せません。

アクションもたっぷりあります。

ただ一部が見てすぐわかるようなCGとかが使われているのでそれがちょっと残念かなと思ってしまいます。

CGはもうちょっと頑張って欲しかったです。

でもそれを蹴散らすくらいに爽快なアクションがみれる作品となっているので大満足です。

女性20代
女性20代

あの英国紳士によるスパイアクションが、さらにパワーアップして帰ってきた、と言える作品です。

見ている側のアドレナリンがどばどばと溢れ出るような戦闘シーンが目白押しで、終始ドキドキしてしまいます。冒頭の派手なカーアクションから、衝撃的な展開へと繋がっていくところも、キングスマンならではのスピード感があって楽しめます。

前作では新人スパイだったエグジーが、今回独り立ちして立派に任務にあたっている姿には、まるで親のように感慨深くなりました。

エグジー、マーリン、そしてハリー三人の絆もしっかり描かれていて、キングスマンファンにとっては嬉しい限りでした。

また、今作の敵であるポピーはかなり強烈なキャラであり、彼女のアジト・ポピーランドのインパクトはいまだに忘れられません。

さらに、エルトン・ジョンが本人役として登場し、活躍しているところも見どころです。

コミカルな要素を取り入れつつ、勢いの衰えないストーリー展開が、笑いと興奮を引き立ててくれます。

1作目とあわせて、この爽快なスパイムービーをぜひ楽しんで欲しいです。

女性50代
女性50代

賛否両論って言葉がぴったりくる映画です。

ブラックコメディですね。面白いは面白いんですが、ふと我に返るとひえぇえええって展開がでてくる。

わははははっと思わず笑ってしまったものの、後になってあれってじつはああなんじゃないのとぞっとする。

続編だから前作があるはずだけど、みたいようなみたくないような。

けっこうなりゆきまかせっぽい展開の映画は好きなのですが、これは度を越してるといえる。

ついてけない感じだけど、こういうものなんだろうなぁ。

ただ、いわゆるアメリカンスタイルのセットはマニアック。

これみるだけでもよいなぁと思う。赤を基調としたロックンロール的な感じ。

でてくる人もそうだったかな。

ネタバレをさけますが、昔トラがぐるぐるまわって液状になるっていうのがあって、古き良き時代のお約束の再現ってとればよいのかな?

期待せずにみたらよいのかもしれない。

女性30代
女性30代

第一弾の「キングスマン シークレットサービス」が面白かったので、第二弾も鑑賞しました。
アクションは第一弾よりのパワーアップしたものの、続編故かストーリーとしての魅力はややダウンした気がします。
ボーン監督はキャラクターを容赦なく殺してしまうことで有名ですが、今回はその大鉈が悪いほうに振られてしまった感じがします。
かなり人気のあるキャラクターを殺して、第三段のストーリーが心配になってしまうほどでした。
肉体美で有名なチャニング・テイタムを起用したのに、スケジュールの都合なのかあまり出番がなかったのも残念でした。
逆に、魅力的だったのは女性陣。
敵役として出演したジュリアン・ムーア(ポピー役)も、アメリカのエージェント『ステイツマン』の技術スタッフとして登場したハル・ベリー(ジンジャー役)も。

その美しい姿と、魅力的なキャラクターづくりを披露してくれました。

男性30代
男性30代

コミカルでシニカルでちょっとエグい、”紳士的な”スタイリッシュ・スパイアクション第2弾です。
メインタイトルでもある「キングスマン」とはどこの国にも属さない諜報機関のこと。

彼らは解決困難な事件を専門に扱い、国を跨いで暗躍する最強のスパイ組織です。
主人公・エグジーがキングスマンのメンバーとなって一年後、彼らは謎の組織から大規模な攻撃を受けてしまいます。

その中には前作で死亡したと思われた元キングスマン候補生チャーリーの姿が…。
事件の背後に巨大麻薬組織ゴールデン・サークルの存在が判明、痛手を負ったエグジー達はアメリカの諜報機関「ステイツマン」に協力を仰ぎ、世界の危機に立ち向かうことになります。
『キングスマン』シリーズの魅力の一つに、その設定の奇抜さが挙げられます。

彼らのユニフォームは超一流店で仕立てた防弾仕様の高級スーツ、通信装置やカメラ等が組み込まれたハイテク眼鏡をかけ、様々な機能の仕込まれた高級傘や腕時計等々を使いこなす姿には少年心のトキメキを感じずにはいられません。

そして何より「紳士たるもの」を矜持とした立ち居振舞い…これこそまさに英国紳士。00ナンバーもビックリです。
本作で初登場のステイツマンも負けてはいません。

誰がどう見ても絵に描いたようなカウボーイスタイル、レーザー投げ縄に野球ボール爆弾…とこれまた悪ふざけ全開です。
さらには敵のゴールデン・サークルも70年代かぶれのサイケな秘密基地に頭のネジが数十本は吹き飛んでいる凶悪でイカれた女ボス等々…見た目だけでも濃すぎます。
加えて、アクションシーンの気合いの入りっぷりもたまりません。

冒頭の襲撃シーンからいきなりクライマックス並の激しいバトルが始まり、スパイガジェットやド派手な殺陣を駆使したアクションの連発です。
下ネタやバイオレンスも盛り込みつつ、非常に”紳士的に”まとめられた娯楽アクションの良作です。

女性20代
女性20代

世界各国にキングスマンがいることに驚きました。

また、どんなに優秀なキングスマンでもスパイがいることに驚きでした。

上手に隠していて私もハリーがスパイを撃った時には完全に回復していなくて頭のお菓子な行動をしていると思っていました。

真実を知った時には本当に驚きました。

戦闘シーンやアクションシーンが最高ですが笑いも混ぜながらのストーリーだったので映画として最高でした。

前作も良かったのですが続けてここまで面白いのは珍しいです。

古風なイギリス紳士があそこまで優秀で素敵な身のこなしをできるのが素敵でした。

ハリーが本当に好きで前作あっけもなく死んだことや今作で復活してくれたことが嬉しかったです。

もやもやしながらハリーを心配していましたが最後まで信じてよかったです。

ハリーと主人公のコンビは名コンビだと感じます。

女性20代
女性20代

一番感動したシーンはカントリーロードを歌っているところです。

最初は役に立たなさそうなぐらいの立ち位置にいたのですがどんどん自分に自信を持ち始めて最後には立派に戦っているところが素敵でした。残念な人を亡くしてしまいましたが素敵なシーンでした。

また、恋人を毒から守るために立ち向かっていく主人公が素敵です。

最初はすれ違いが起きてしまいどうなることかと思いましたが命を懸けてまで大切にしてくれる姿やかつての仲間を倒していく姿がアクション映画としてよい場面でした。

また、記憶を失っていたハリーが少しずつ思い出してくれたり涙が流れそうな場面もあったので良かったです。

見方を撃ったと思った時には本当にひやひやとしましたがハリーの目には迷いがなかったことに感動しました。

復活してすぐにスーツを着たときにはやっぱりスーツが一番似合っていて紳士だと思いました。

女性20代
女性20代

超爽快に人をぶっ殺すで有名になった「キングスマン」待望の第二弾です!
今回も爽快でしたね。
アクションシーンが前回よりも激しくて、なんとなくゲームの中のアクションみたいな動きが目立ちました。
悪役のジュリアンムーアがとてもゴージャス。笑顔でニコニコしながら部下に殺させ、人間ミンチ肉でハンバーガー作り、部下に提供。サイコパス中のサイコパスでしかありません。怖かったです。
みんなの助手、マーリンのことをみんな好き!!ってなる瞬間が多かった作品ですね。
そしてあの人も復活です。
チャニングテイタム演じるテキーラの活躍は今後に期待ですね!
ハルベリーもかっこよかったですね、優等生感が強くて最後にはドシっとした面持ちで、彼女も今後のさらなる活躍に期待です。
ハリーとエグジーの共闘シーンがやっとみられました!
かっこよかったし、息ぴったりで超良かったです!

男性30代
男性30代

前作キングスマンと合わせて2作品で完成する手に汗握るワクワクドキドキのエンターテイメント作品です。
タロン・エガートン演じる主役のエグジーは前作ではストリート出身の「なんでもあり」だけれども「誠実さ」を感じさせるキャラクターでした。

しかし前作のあと、数年間のキングスマンとしての実績を積んだエグジーからは青臭さが削がれ、キングスマンとしての自信と愛に溢れた筋の通った正義感を感じさせるキャラクターとして観客を物語に引き込んでくれます。
また前作のファン誰もが待ち望んでいたコリン・ファース演じるハリーのカムバック。

前作での最強のキングスマンとしての活躍を頭に思い浮かべながら期待感を引き伸ばす展開にドキドキさせられます。
前作でキングスマン=イギリスというイメージを持った観客たちにアメリカチームの存在はあまりにも意外で、だがしかし妙に納得させてしまうのはストーリー展開の上手さでしょうか。
チャニング・テイタムもハルベリーも本当に魅力的な役者で見た目だけでもアメリカチームのこれまでの活動が想像できてしまいます。
前作も今作もコミカルな見せ方はしていますが、薬物問題や感染症の問題など2020年のコロナ禍でも改めて深く考えさせられるテーマが取り扱われています。
3作目のキングスマン・ファーストエージェントにも自ずと多大な期待をしてしまいます。
個人的にはキングスマンの無双っぷりに期待です!

男性20代
男性20代

まず最初からとても激しいカーチェイスのシーンから始まり、まさかのアイツが敵になっていたのかとびっくりしました。
エグジー役の方もとても役にハマっていてキングスマンと言ったらゲイリーと言わんばかりのハマりっぷりでした。
その後最大の敵となるドラッグカルテルの組織が発覚しカルテルの攻撃から難を逃れたマーリンとエグジーが別のエージェント組織と接触し記憶がなくなっていたハリーとも再開し、カルテルとの決戦だというところでまさかの協力していた仲間組織の一人が裏切り者だという波乱な展開になってしまいました。
なにはともあれ敵を倒し良い終わり方ではありました。
エルトン・ジョンが出てきたときは本当に笑ってしまいました。まさか出演しているとは。
次回作の伏線としては、マーリンがハリーとエグジーをかばい亡くなってしまった所に誰が来るのか、また最後のシーンでテキーラがスーツになっていたところが気になるところです。

女性30代
女性30代

スパイ映画「キングスマン」の2作目です。

1作目でキングスマンのスパイとなった主人公エグジーの活躍が楽しめます。敵役もキングスマンの元スパイ候補と、麻薬密売組織の女ボスがタッグを組んでいてパワーアップしています。
キングスマンというタイトルなのに、映画が始まってまもなくしてキングスマンが壊滅状態に陥るシナリオがショックで、個人的には1作目の方がおすすめです。
エグジーの元指導教官マーリンが、エグジーをかばうシーンは必見です。マーリンが美声で歌うカントリーロードは素晴らしかったです。
エグジーとエグジーの師匠であるハリーの共闘は見ていてスカっとするカッコイイシーンです。

コリンフォース演じるハリーが渋くて、かっこいいです。またスパイのアイテムも面白いものばかりです。

仲間だと思っていた人が敵になったり、エグジーがスパイを辞めるなど意外なエンディングがあったり、若干どんでん返し系の要素もある気がします。

1作目を超える2作目はないという事を念頭に見れば、エキサイティングな作品だと思います。

男性30代
男性30代

映画としては、前作の続編でありイギリスとアメリカの秘密結社のコラボを描くストーリーになっています。

内容としては相変わらず無茶苦茶で、爽快感のある殺人シーンが面白く好きです。

グロいシーンが多いので、耐性がない方にはオススメはできませんが、スカッとした映画が見たいという方にはオススメしたい映画です。

主役であるタロン・エジャトンさんの演技は前作よりもよくなっていて安心してみれました。

アクションシーンが多い映画で、迫力のある演技でありこの映画を大成させたのは彼の演技力のたまものだと思います。

ほかにも、今回の映画では女性のキャラクターが活躍していてハンナ・アルストロムさんが演じるキャラがパンチがきいていてよかったです。カウボーイのロープアクションが個人的に好きであり、前回の傘を使ったアクションよりも空中技がおおく面白かったです。

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』のまとめ

出演者が豪華です!

何と言ってもエルトン・ジョンが本名で出演し、そしてコンサートと同様の衣装で曲を歌うところは、ちょっとしたパロディーです。

ストーリーは007の真面目路線から少し外れていて、痛快でテンポが速く、前作を観てなくても楽しめます。

敵味方で死亡するシーンが多数あるのですが、そのシーンに重みを持たせず描かれていること、殺害シーンがちょっとグロテスクに描かれているのが印象的でした。

主要な登場人物が薬物中毒者になるのですが、そのキッカケは他人からすれば取るに足らない事かもしれないです。

そんなメッセージ性も感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました