ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

噓八百 無料動画配信(映画)フル視聴 9tsu Dailymotion Pandora

嘘八百 邦画

(c)2018「嘘八百」製作委員会

映画『嘘八百』予告編 2018年1月5日(金)公開

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『噓八百』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『噓八百』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  〇 933円 14日間 なし
  ✕ 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  〇 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  〇 800円〜 なし なし

映画『噓八百』の動画を無料でフル視聴する方法

2020年9月現在、映画『嘘八百』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのは『huluのみです。

映画『噓八百』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

きました、小池則夫と野田佐輔が繰り広げるドタバタコメディ第二弾「噓八百 京町ロワイヤル」。今回もきっと笑わせてくれますよ!

あらすじ

・始まり

堺の悪徳美術店「樋渡開花堂」をとっちめた小池と野田でしたが、その後も鳴かず飛ばずでぱっとしない生活を送っています。

則夫は京都で占い師である娘のいまりと古美術商の店を開きました。

ある日彼は高校の同級生である青山に、テレビ番組に出演してくれないかと頼まれます。

青山は現在テレビ局のプロデューサー。

昔のよしみでその依頼を承諾した則夫、しかし番組では腹の立つことばかり。

陶芸王子などと呼ばれいい気になっている牧野、彼に同行してきた「嵐山堂」社長の嵐山と鑑定家の億野の3人が佐輔が作った茶碗を鑑定。

なんと5000円の価値しかないなどと言い出します。

しかも千利休贋作事件もあったため、則夫は本物を出してもまた偽物で騙そうとしているだろうと疑われる始末でした。

そのやり取りがテレビで放映されてしまったので佐輔までもがその影響を受け、開催中だった個展のお客さんまで捕まえ損ない、それどころかオーナーに店を閉めるように指示されてしまいました。

そのすぐ後に嵐山堂の人間から報酬100万円で贋作制作依頼が来ます。

しかし佐輔はもう偽物は作らないと決心したため、「バチもんを止めた」と拒否しました。

一方則夫の店に橘志野という美しい女性が訪れます。

何やら頼みたいことがあるという彼女に事の次第を聞いてみると、認知症の母が、父の形見の茶碗を騙し取られてしまったというのです。

大事なものだから、それを見つけてほしいというのが彼女の願いでした。

それは一大事だと則夫は何とかしてやりたいという思いにかられました。

守ってやりたくなる儚げな様子の志野の願いを聞き入れます。

その茶碗は、かなりのお宝品である「はたかけ」という茶碗でした。

しかし、本物の「はたかけ」はずいぶん前から嵐山堂にあったことが発覚。

さらに志野に渡した茶碗をオークションで発見し、疑惑を抱いた彼。

彼女のことを調べると、実はクラブのホステスということが分かりました。

志野にそのことを問いただすと全てを認め、改めて仕事を依頼してきます。

本物の「はたかけ」を持つ嵐山堂は偽物を作り、海外へと売りさばいて荒稼ぎをしていました。

しかも番組のスタッフもグルで出される骨董品を難癖をつけ偽物鑑定を出していたのです。

そのやり方が気に入らない則夫は佐輔も巻き込んで志野と手を組むことを決心します。

さて、「はたかけ」は無事手に入るのか?

志野と手を組んで本当に大丈夫なのか??

以下、ネタバレをどうぞ!

ネタバレ

・事実

則夫はディレクターに扮して「お宝一期一会」という偽番組を企画、お茶会での「はたかけ」披露を提案。

嵐山堂は最初躊躇しますが、結局話に乗ってきます。

いざ、作戦実行。

茶室にはそうそうたるメンバーが訪れ、志野は「はたかけ」で茶をたてます。

するといくつも同じ茶碗が運ばれてきます。

事態を飲み込めず唖然とするメンバー。

すると則夫は「この作者の腕は本物だ!」と称賛、そしてVTRに偽の音声を流して嵐山堂の悪行を暴露。

この放送を全世界に流すと嵐山堂を脅します。

そんな中警察が到着して彼らを逮捕、しかし200万の賄賂を渡して解放されます。

その間に本物を持ってとんずらする則夫とその仲間たち。

無事ひと仕事終えた彼らは打ち上げの宴会を開きます。

そこへ偽警察の仲間が合流、みんなで200万を山分け。

そう、先ほどきた乗り込んできた警察も則夫の仲間だったのです。

志野から茶碗も受け取り、めでたしめでたしでした。

…が、打ち上げが終了して皆が寝静まったころ、志野が本物の茶碗を持って出ていきます。

彼女は裏切り、茶碗を持って高飛びするつもりだったのですが、お見通しだった則夫に呼び止められます。

手を組もうと誘う志野、しかし則夫は拒否。

彼女はそのまま立ち去りました。

実は、茶会には本物など出ておらず全てコピーでした。

つまり彼女が持って行ったのも偽物、そのことに気づいた志野は愕然。

見事勝利をおさめ、今度こそ本当のめでたしめでたしなのでした。

\ 本編をチェック! 

映画『嘘八百』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物

小池則夫 (中井貴一)

野田佐輔 (佐々木蔵之介)

橘志野  (広末涼子)

主題歌

クレイジーケンバンド 「門松」

Kadomatsu

Twitterでの反応

みさえ(@1960nana8)さん | Twitter
みさえ (@1960nana8)さんの最新ツイート

こんな人にオススメ

・コメディ映画の好きな人

・邦画が好きな人

・楽しい映画が好きな人

感想

感想はここから見れます
男性20代
男性20代

この作品は、「嘘八百」続編になります。第一作目から中井貴一さんと佐々木蔵之介さんの骨董コンビによる掛け合いコメディーが漫才の様でとても面白いです。今回は、佐々木蔵之介さんの出身地京都が舞台になっているので、彼の京都弁がとても綺麗に聞こえた気がします。
京都の風景も色んな場所が出てくるので、映画を見ながら京都を感じられます。中井貴一さんは、昨年の「記憶にございません」でもコメディー映画を演じられていましたが日本版チャップリンの様でとても演技力に味が出ていると思います。

お二人は、どんな映画にもその映画に合わせてくるというかぴったりあった演技が出来る俳優さんでありこれからも沢山の作品で私達を楽しませてくれるだろうなと期待しております。

男性40代
男性40代

1作目は千利休の贋作でてんやわんやと騙し騙されていろんな人を巻き込んでいくコメディーとして面白く期待の2作目。
京都で着物美女(広末涼子)がが出てきて困っていたら助けますよね!
中井貴一さんと佐々木蔵之介さんの絶妙なコンビの中に広末涼子さんが入ることで新しい化学反応と思いきや…
古美術店をはじめ、大御所の鑑定家や陶芸王子、さらにはローカルテレビ番組も巻き込んでてんやわんやの大騒動に!
綺麗な女性は信用できません。とは言ってもおじさんは騙されます。騙されることを知っていても気付いていても騙されちゃうんですよね。
もちろん見どころは仲間?の3人のやり取りです。
美術に関する知識が深くなくても楽しめて、悔しく悲しく騙されるわけでもなく笑いあり、人情あり、転々の展開もありと楽しく観れる映画でした。
1作目、2作目と関西が舞台となりましたが、いろんな地方を舞台としたり、世界へと更なる続編も期待できる作品だと思います。

女性40代
女性40代

ダブル主役を張るのは中井貴一さんに佐々木蔵之介さんですから安定した面白さというか、陶芸家と骨董屋と一般の視聴者には馴染みのない世界ながらも引き込まれていきます。

彼らのセリフのどこまでが台本通りなのでしょう。それさえも嘘八百な気がします。この世界って騙されるのは勉強が出来ていないから、おじさん二人で派手さがない所に入ってくる広末涼子さんの美しい事、こんなにも色気のある方だとは思ってもみませんでした。

歌手として売れていた可愛い女の子時代から大人になったものです。そんな彼女におじさん達は鼻の下を伸ばしすぎ、それさえも嘘で彼女の本当の姿を見切っていたというならかっこいいけれどそこは残念です。

だましだまされでどんでん返しがとことんあるストーリーが面白いと思います。とは言え、あまり考えずに軽く観れるので良かった。

女性60代
女性60代

中井貴一さんと佐々木蔵之介さんの掛け合いも面白さと、友近さんのさり気ないおかしさに大笑いした前回作品を視聴し、続編をとても楽しみにしていました。

前回の個性的なチームに、広末涼子が加わり、欺しだまされのはらはらどきどきに拍車がかかっています。コメディタッチの面白さと職人たちのスキルの高さに見応え十分な作品です。京言葉のはんなりしたやわらかさと、お茶会の和のテイストの演出が映画を盛り上げています。

京都の下町的な路地の雰囲気もいいし、豪邸が並ぶ街並みも素敵です。広末涼子さんの少し地味な和服姿はとても美しいです。陶芸王子として出演する山田裕貴さんは、イケメンで純粋な若者で、和服姿も披露しています。

茶道具は、単に高価な道楽ではなく、伝統のなかに人の思いが込められていることも改めて感じることができました。

女性20代
女性20代

2017年「嘘八百」は上映されました。

古物商の則夫と陶芸家の佐輔のコンビが、大手古美術商の樋渡と鑑定士の棚橋を騙すために頑張る姿が面白かったです。

則夫が鑑定の時にかけるメガネの音が心地良く、もっとメガネをかけるシーンが見たかったです。

佐輔は陶芸家らしく土を食べるところが面白かったです。

土にヌメヌメした舌滑りの良いものとかあるのか分かりませんが、隣で食べさされてすぐに吐き出している則夫が気の毒になりました。

そして佐輔の土を捏ねる姿が力強くカッコ良かったです。

形を作るまでに何回も体重を乗せて捏ね続け、形を作ってからも乾かしたり、焼いたり、色を付けたりと1つの器を作るのにとても時間がかかっているのだと改めて思いました。

博物館に足を運んで茶器をじっくり観察したくなりました。

まとめ

相変わらず二人のやり取りがテンポが良く小気味良い感じです。

こういう軽快な会話は良いですね。

そして今回の騙し合いもなかなかのものでした!

裏の裏をかくというのは、いつみてもスカッとするものです。

そして広末涼子さんの着物姿が美しい!日本女性ならこんな風に着物を着こなしてみたいと思わずにはいられません。大和撫子を絵に描いたような立ち振る舞いに、うっとりしました。

また、古き良き日本伝統の1つである陶芸や器についての情報が多々あり、非常に勉強になります。そういった方面に疎い人でも全然大丈夫です!むしろもっと知りたい、勉強してみようかな?と思わせてくれる作品。

西洋かぶれなラテやスムージーばかり飲んでないで、私もたまには立ててもらったお茶でも飲む機会を作ろうかな…?

コメント

タイトルとURLをコピーしました