おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【えいがのおそ松さん】動画を無料(映画)フル配信で視聴/2021

アニメ映画

漫画家赤塚不二夫さんの代表作『おそ松くん』は、これまで何度もTVアニメ化されたお馴染みの人気作品です。

本作品『えいがのおそ松さん』は、大人になった6つ子が高校卒業間近の思い出の世界へ飛び、後悔していたことの解決を目指します。

果たして6人を待ち受ける後悔とは…。

それでは、『おそ松くん』と『おそ松さん』をつなぐ淡い思い出のストーリーをご紹介していきます。

映画『えいがのおそ松さん』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、『えいがのおそ松さん』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

「えいがのおそ松さん」本予告【2019年3月15日全国ロードショー】
66秒でわかる「えいがのおそ松さん」
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』です。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事佐藤浩市

『U-NEXT』では、映画『えいがのおそ松さん』を視聴いただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

『おそ松さん』シリーズをお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

【 イチオシ映画 】

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品です。

TSUTAYA TV/DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ(2002年)

視聴 ▶

雲のむこう、約束の場所(2004年)

視聴 ▶

秒速5センチメートル(2007年)

視聴 ▶

星を追う子ども(2011年)

視聴 ▶

言の葉の庭(2013年)

視聴 ▶

君の名は。(2016年)

視聴 ▶

天気の子(2019年)

視聴 ▶

映画『えいがのおそ松さん』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

赤塚高校の同窓会に訪れていた6つ子たちは、大人になり社会人として活躍する同級生たちを目の当たりにし、クズな自分たちとは対照的な姿に落ち込みヤケ酒を煽ってしまう。

突きつけられた現実に打ちひしがれ、そのまま深い眠りに落ちた6つ子たち。

だが、目が覚めるとそこは現実ではなく過去の世界だった。

彼等は「6人の中にこの時代に大きな後悔を残している者がいる」と、その後悔を解決するために18歳の6つ子たちの元へ向かう。

【 ネタバレ 】

・突きつけられた現実

繁華街のアジアンダイニングバー「バンブー」では赤塚高校の同窓会が開かれており、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松の松野家の6つ子も出席していた。

クラスのマドンナだったトト子は今も変わらず羨望の眼差しを受ける存在で、他の同級生たちも就職し、結婚した者までいた。

だが、6つ子は職に就くことが出来ずいまだに実家暮らしのニート状態で、同級生たちに馬鹿にされてしまう。

突きつけられた厳しい現実の差を目の当たりにした6人は、意気消沈し2次会に参加することなくその場を去ると、チビ太のおでん屋台で飲み明かすのだった。

一方、集まった同級生の中で唯一トト子だけが、高橋さんが同窓会に出席していないことに気づいており、その事を気にかけていた。

チビ太から高校に行っていない自分のまわりには、イヤミや6つ子のような「ろくでなし」しか居ないと言われてしまい、更に落ち込んだ6人は帰宅するとヤケ酒を煽る。

そして、高校の卒業アルバムを出してくると、高校時代にはろくな思い出が何一つないことや現状にすっかり満足してしまっていることを嘆くが、ふと、一松が卒業式前日のことを思い出すように語り始めた。

それは、動物園から象が逃げ出し追いかけられていたハタ坊が玉突き事故を巻き起こした挙句、吹っ飛ばされて飛行機にぶつかり墜落させたというもの。

でも、ロクな思い出のない高校生活なんて振り返りたくないと、6つ子はそのまま眠りに落ちてしまう。

そんな6人の様子を一匹の黒猫が見つめているのだった。

 

・思い出の世界

翌朝、目を覚ますと何だか様子がおかしい。

そして、黒猫が窓を叩いていることに気づくと、外では象に追いかけられたハタ坊が事故を巻き起こしており、吹っ飛ばされて飛行機を墜落させる。

その光景を目の当たりにした6つ子は、自分たちがタイムスリップしていることに気づき戸惑ってしまう。

とりあえず家から逃げ出すように飛び出した6人は、どうすれば現実に戻れるのかと考え始めるが街の様子に異変を感じる。

空を見上げるとブラックホールのようなものが広がっており、あらゆるものが吸い込まれていた。

しかも、まわりの人の顔をよく見ると、すべて「へのへのもへじ」になっており、驚くことしか出来なかった。

すると、そんな6つ子の前にあの黒猫が現れ、導かれるようについていくとデカパンの所で、表情に何の異変もない彼は、タイムスリップして来たのではなく「思い出の世界」に迷い込んだのだと告げるのだった。

 

・後悔

デカパンはこの世界に辿り着いたのは、6つ子の中にこの時代に後悔を残している者がいるからだと説明すると、それを解決しない限り現実には戻れないと言い切る。

更に、このまま何もしなければミジンコになってしまうと話す。

そして、注意点としてむやみやたらにこの時代の人と接触しないことと、思い出にあること以外は決してしてはいけないと告げるのだった。

現実に戻ってもロクな事はないと言いながらも、6人は後悔について探り始め、自分たちをこの時代の存在ではないと見抜いたダヨーンに話を聞くが、必要な情報は何も得られない。

そこで、変装して18歳当時の6つ子の様子を伺うことにするのだった。

 

・高校3年生の6つ子

優等生のフリをするチョロ松は、頭の悪さを露呈すると鞄にエロ本を隠し持っていたことがバレてしまう。

そんなチョロ松にトド松は甘えてばかりで、一松は八方美人ぶりを披露するも他の同級生には馴染めず、十四松はまわりに厳しい視線を向けて威嚇するだけで、おそ松はあいもかわらずただのお調子者だった。

残すはカラ松だけだが、とりあえずさえない自分たちを顧みて疲れた6つ子は一旦ベンチに座って休憩するが、そこであの黒猫を見つける。

そして、後をつけていくとそこには手紙を握りしめたまま途方に暮れているカラ松の姿があった。

でも、6つ子はそのカラ松に事情を聞くでもなく、それぞれ勝手に動いてしまう。

一松は当時の同級生たちから声を掛けられるとカラオケに行ってしまい、トド松もそれについていく。

カラ松は残った3人に事実を打ち明けようとするも、チョロ松と十四松は当時のトト子を見かけると追いかけていき、おそ松は現実での記憶使って競馬で一儲けしようといそいそと競馬場へ行ってしまった。

その後、6人が存在自体を忘れてしまっている為に透明人間となっていたイヤミから、おそ松とカラ松は事情を聞かされる。

どうやら、生まれた時から常に一緒だった6つ子の仲に亀裂が生じていたらしく、すっかり話もしなくなっていたとのことだった。

一方、現実の6人が必要以上にこの時代の人間と接したことにより、この世界の崩壊が早まっていた。

 

・手紙

夕暮れの公園にあらためて集合した6つ子は、高校時代の頃を振り返っていく。

入学当時の6人は仲良しだったが、6つ子であることを珍しがられると、次第にそれがイジメに変わっていき、互いに比較されることを嫌がった彼等は疎遠になり孤立していったのだ。

でも、現実の6つ子は仲良し兄弟に戻っており、話をしていく中で6人全員が後悔していたことに気づいたのだった。

そして、カラ松は「後悔を残しているのは多分俺だ」と話し始めると、当時の事をすべて打ち明けていく。

それは、卒業式前日に高橋という人から手紙を貰ったことから始まった。

宛先には松野君とだけ記されており、6人の誰に宛てられたのかわからないカラ松は手紙を読むことが出来ず、相談も出来ないまま卒業式当日に兄弟喧嘩すると、手紙を失くしてしまったと云うことだった。

すると、同窓会でのトト子の言葉を思い出した6つ子は、高橋が出席していなかった同級生の女子だと気づくも、顔や雰囲気などは誰も覚えていない。

それでも、女子から手紙を貰っていたことにハイテンションになった6人は、高橋が誰なのかを突きとめようと動き出す。

しかし、わかったのは高橋のぞみと云う名前と、彼女が6つ子のうち誰かに好意を寄せているらしいと云う証言だけで、他の情報は何も得られなかった。

そこで、6人は手紙を読もうと夜の自宅に忍び込むが、松造の6つ子の将来に期待する気持ちを知っただけで、揉めているうちに松代に泥棒と間違われ警察から逃げることになるのだった。

 

・6つ子と6つ子

卒業式当日、やはり6つ子は仲違いしたままで取っ組み合いの喧嘩を始めてしまい、その様子をあの黒猫が見つめていた。

そこに「黒歴史予防お兄さん 思春期バスターズ」という謎のヒーローに扮した現実の6つ子が現れ、喧嘩の仲裁をしつつ手紙を回収しようと試みる。

だが、結局は互いに取っ組み合いになり、正体がバレてしまうのだった。

すると、収まりかけていた世界の崩壊が加速し始め、その混乱に乗じて現実のおそ松が手紙を奪い取るが、そこには一文字も記されていなかった。

そう、ここは現実の6つ子の思い出の世界。

つまり、記憶に無いものは具現化されないのだった。

その事に気づき6つ子は絶望するが、崩壊は進んでおり、そこに現れた黒猫は身振り手振りで手紙について伝えると、高橋さんの自宅まで案内することも申し伝え、先導していく。

とりあえず事情を呑み込めないままの18歳の6つ子を引き連れて、6人は黒猫を追いかける。

崩壊していく街の中を駆け抜けていくうちに、18歳の6つ子は6人が大人の自分たちだということに気づくが、高橋さんに会っても無駄だと諦めかけてしまう。

それでも6人は、18歳の6つ子への説得を続けるのだった。

 

・結末

説得しながらも絶望により巨大化したチビ太をおでんで元に戻し、持て囃される(もてはやされる)ことに疲弊し凶暴化したトト子を宥めるなどしていく6人。

こうして高橋さんの自宅が近づくと、18歳の6つ子から将来はどうなっているのかと問いかけられる。

そんな彼等に6人は「ありのままの自分で良い」と伝え、無事に送り届けるのだった。

18歳の6つ子はさえないメガネ女子の高橋さんと対面すると、彼女の希望に応え全員で記念写真を撮影する。

その様子を見守っていた6人は、なんだかんだ言いながらも仲睦まじい姿を見て安堵した笑顔を見せると、現実に戻っていった。

あの黒猫は6人が現実に戻ると、高橋さんの姿になって歩き出すのだった。

そんな高橋さんが書いた手紙は、実は6つ子全員に宛てたもので、いつも明るく賑やかな6人との思い出と卒業後にこの街を離れることが綴られており、一人っ子の自分にとっては6人がとても羨ましく、その思い出の中に加えてほしいと結ばれていた。

一方、現実の黒猫は病室で眠り続ける高橋さんの姿に戻ると一筋の涙を流し、その傍らにはあの6つ子たちとの記念写真が飾られていたのだった。

【 登場人物紹介 】

・おそ松・・・櫻井孝宏

・カラ松・・・中村悠一

・チョロ松・・・神谷浩史

・一松・・・福山潤

・十四松・・・小野大輔

・トド松・・・入野自由

・トト子・・・遠藤綾

・イヤミ・・・鈴村健一

・チビ太・・・國立幸

・デカパン・・・上田燿司

・ダヨーン・・・飛田展男

・ハタ坊・・・斎藤桃子

・松造・・・井上和彦

・松代・・・くじら

・高橋のぞみ・・・佐藤利奈

【 主題歌 】

『Good Goodbye』 Dream Ami

Dream Ami / Good Goodbye

Tweet / Twitter

【 感想 】

・今では少なくなったギャグアニメの中で、懐かしさとジンワリと胸に染みる感動を与えてくれる作品だと思います。

・6つ子の過去の思い出というのが良く、とても面白かったです。

・どんな立場に置かれていても生きていることの素晴らしさを教えてくれた作品で、ギャグマンガとは思えないほどの尊さを感じさせられました。

・テレビシリーズや原作を知らなくても楽しめる作品だと思います。

・6人一緒に喜ぶシーンや喧嘩し合うシーンは微笑ましく、懐かしい日常を思い出しました。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

TVアニメシリーズにない劇場版ならではの物語である『えいがのおそ松さん』は、微笑ましく懐かしさを感じさせてくれる作品です。

誰にでもある遠い過去を振り返る様子が美しく描かれており、多くの方に感動を与えました。

まさに『おそ松くん』と『おそ松さん』を紡ぐ物語で、ジンワリと胸に染みてきます。

アニメや原作漫画を知らない方や、世代を問わず楽しめる作品なので、ご家族揃って観てもらいたい作品です。

あなたも淡く優しい世界観に包まれてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました