おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【GANTZ ガンツ】動画を無料(続編映画 実写)フル配信で視聴/

邦画

奥浩哉さんによる漫画を原作とした『GANTZ』は、前後編共に「12歳未満及び小学生は保護者の助言や指導が必要である」と定められたPG12指定を受けた全2部作のSFアクション映画です。

主演を嵐の二宮和也さんと松山ケンイチさんの二人が務め、大きな反響を呼んだ作品です。

それでは簡単なストーリーからご紹介していきます。

映画『GANTZ-ガンツ-』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『GANTZ-ガンツ-』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画 『GANTZ PERFECT ANSWER』 予告編
『GANTZ:O』本予告
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』です。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事佐藤浩市

『U-NEXT』では、映画『GANTZ-ガンツ-』を視聴いただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

『GANTZ-ガンツ-』をお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

【 イチオシ映画 】

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品です。

TSUTAYA TV/DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ(2002年)

視聴 ▶

雲のむこう、約束の場所(2004年)

視聴 ▶

秒速5センチメートル(2007年)

視聴 ▶

星を追う子ども(2011年)

視聴 ▶

言の葉の庭(2013年)

視聴 ▶

君の名は。(2016年)

視聴 ▶

天気の子(2019年)

視聴 ▶

映画『GANTZ-ガンツ-』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

ストーリー

PART1『GANTZ』

就活中の平凡な大学生の玄野計と正義感の強い加藤勝の二人。

ある日、幼馴染の二人は線路に落ちた酔っぱらいを助けようそして電車に惹かれ命を落とすが、気がつくと謎の黒い球体のある一室にいた。

GANTZというその球体に召喚された二人は、その日から異星人との闘いを強いられると、玄野は特殊能力を使いゲーム感覚で殺していくことに快感を覚え、加藤はいつ終わるかわからない戦いと殺し合いに頭を悩ませる。

そんな時、加藤が戦いの中で命を落としてしまうのだった。

 

PART2『GANTZ PERFECT ANSWER』

加藤を亡くし生と死を身近に感じた玄野は、100点を獲得して加藤を生き返らせようと考える。

その最中、過去に100点を取りGANTZを去っていた鮎川たちが戦士として戻り、心強い仲間たちと共に順調に得点を積み重ねていくが、メンバー周囲を嗅ぎまわる謎の男が現れ、死んだ加藤も不可解な復活を遂げる。

GANTZ自体に何か異変が起き始め、そして、次のターゲットが異星人ではなく、玄野に想いを寄せる人間の小島多恵に定められたのだった。

 

あらすじ

PART1『GANTZ』

・GANTZに召喚

どこにでもいる就活中の大学生の玄野計は、ある日駅のホームで線路に落ちた酔っぱらいを助けようとしている幼馴染の加藤を見かけるが、面倒に巻き込まれたくないと無視していた。

だが、電車が目の前に迫っており、止むを得ず加藤に近寄り手を伸ばすが、勢い余って二人共転落して轢かれるのだった。

目が覚めるとそこはマンションの一室らしく、得体の知れない黒い球体と他にも数人の姿が見えた。

どうなっているのかわからないままだが生きているのだと思い、加藤は助けてくれた礼を玄野に告げると、小学校時代にイジメられていた自分を助けてくれた時もヒーローだったと感慨深げに話す。

その時、突然、黒い球体から裸の女性が現れ、加藤は驚きながらも上着を脱いで貸した。

すると、今度は音楽と共に黒い球体に文字と絵が浮かび上がり、球体の両側が開くと、そこには名前の書かれたスーツケースがあった。

自分の名前のスーツケースを取り出し開けると、中には黒いボディスーツがあり、玄野や加藤など部屋にいた面々はそれに着替えていく。

だが、西丈一郎だけは二人が来た時からすでにスーツを纏っていたのだった。

そうしたら今度は全員が外に転送され、何が何だかわからずに皆はそのまま帰ろうとするが、西は「これは海外と提携しているテレビのリアリティショーで、黒い球の指令をクリアすれば大金が手に入る」と説明する。

今回の指令は「ねぎ星人を斃せ」とあり、大金を手に出来ると男たちは張り切って探し始め子供のねぎ星人を殺すが、大人のねぎ星人に殺されてしまう。

一方、子供のねぎ星人を殺すのを止めようとした加藤は大人のねぎ星人に襲われ、それを助けようとした玄野も窮地に追い込まれるが、西が殲滅して助けられるのだった。

辛うじて生き残ったメンバーはあの部屋に戻されると、そこで驚きの事実を知らされた。

この部屋にいる人間はすでに全員死んでいて、玄野と加藤も電車に轢かれた時に死んでおり、GANTZ(ガンツ)と云われるあの黒い球体に召喚されたとのこと。

そして、地球が異星人に狙われていて、GANTZの出す指令をクリアするごとにポイントを得ることが出来、100点集めれば「100点めにゅ~」で希望が叶えられ、解放されるという事だった。

・対極の感情と加藤の死

その後、毎晩のように召喚されると次々とGANTZミッションに駆り出され、玄野と加藤も様々な異星人との激しい戦いを繰り広げていく。

二人は何とか生き残っていたが、西をはじめに他のメンバーは死んでいった。

その中でゲームのようにポイントを稼いでいくことに快感を覚えた玄野は戦いの才能を覚醒させ、幼い弟と二人きりの加藤は殺すことや殺されることに嫌悪感を抱き、終わりの見えないこの戦いを早く終えたいと願っていた。

そんな加藤を見下して罵声を浴びせるようになった玄野は、彼が酷いDVをしていた父親を殺して少年院に入っていた過去を暴くなど罵り続ける。

こうして完全に対極な感情に惑わされた二人は、おこりんぼう星人のミッションで生死を分かつことになる。

加藤が千手観音の形をした敵にメッタ刺しにされ命を落とすと、玄野は「計ちゃんは俺のヒーロー」と言っていた加藤の言葉を胸に千手観音を撃破したのだった。

GANTZ部屋に戻ると、死亡者リストの中に加藤の写真と名前が追加されており、玄野は自分が生きていることに意味が見出せなくなってしまう。

そして、あの日のように電車に轢かれて死のうとするが、大学の同級生である小島多恵に励まされ考え直す。

あらためて気持ちを奮い立たせた玄野は、100点めにゅ~で加藤を生き返らせることを誓い、それまで加藤の弟に寄り添っていこうと決意するのだった。

 

PART2『GANTZ PERFECT ANSWER』

・異変

加藤亡き後、加藤の弟に寄り添い続けながら玄野はGANTZミッションで戦い続け、着実にポイントを稼いでいた。

そんな中、現実世界では異変が起き始めていた。

かつてのGANTZメンバーで100点獲得後に現実復帰していた女優の鮎川映莉子の元に小さなGANTZボールが届き、彼女は再びGANTZ世界に戻った。

だが、彼女にはかつての記憶がなく、指令に操られるように次々とターゲットを殺していくが、そのターゲットは異星人ではなく人間だった。

しかも、鮎川が殺した人間は3人とも彼女と同じく卒業したGANTZメンバーで、次が最後と下された指令は「こじまたえ 特徴・よわい 好きなもの・くろのくん」とあった。

一方、現実では行方不明事件が頻発しており、また奇妙な壊され方をした建造物もあり、刑事の重田が捜査に乗り出していた。

そんな彼は謎の黒服と接触すると、小さなGANTZボールを見つけるのだった。

その頃、新たに加入した鮎川らと共に着実にポイントを重ねていた玄野。

彼は、ようやく94点まで辿り着き、あともう少しで加藤を生き返らせることが出来ると思っていたら、突然、あの加藤が目の前に現れた。

驚いた玄野は、訝しながら「どうやって生き返った」と問いかけるが、加藤は答えず、ただGANTZボールの行方だけを尋ねて去っていくのだった。

・異変の原因

次のGANTZミッションは「黒服星人を斃せ」で、転送先は現実世界の電車の中。

一般人を巻き込む戦いになり、電車内には小島多恵とそれを追う鮎川、そして謎の黒服を追う重田の姿もあった。

黒服星人率いる黒服軍団との戦いは壮絶なものとなるが、多くの仲間と一般人を犠牲にして何とかすべてを退ける。

そして、GANTZ部屋に戻ると、今の戦いであの蘇った加藤に倒されGANTZボールを奪われたはずの鮎川の姿があり、あらゆる疑念を抱きはじめたメンバーは、100点獲得者の一人である鈴木が真偽を確かめる為に、まず加藤を生き返らせてみた。

すると、それは紛れもなく玄野たちが知る加藤で、異星人が擬態した偽物の加藤は鮎川を殺して暴れまわる。

このままでは何も打開できないと考えた玄野は、情報を得る為に自分よりもずっと前からGANTZで戦っていた西を生き返らせるのだった。

蘇った西は玄野の問いかけに、GANTZの電池切れだと告げる。

GANTZの中にはスキンヘッドの男がいて、その男からエネルギーを吸収しており、彼が死亡するとGANTZそのものが消滅してしまうと云うことらしい。

そして、焦ったGANTZが自身を守る為にGANTZボールを送り、人間を殺させてはこの部屋に転送してより守りを強固にしているとの事だった。

そこで、初めて玄野たちは気づく。

加藤に擬態していた異星人こそがラスボスで、それはあの千手観音だったのだ。

そこで、更に身を守ろうとしたGANTZから緊急ミッションが下される。

ターゲットは小島多恵で、倒した者には100点与えられるが、それ以外はすべて没収との事だった。

・結末

自分にとって大切な人をターゲットにされ、玄野は殺さないよう懸命に訴えるが変えることが出来ず、戸惑うメンバーと共に転送されてしまう。

玄野はすぐに多恵を見つけると彼女を連れて逃げ始める。

一方、生き返った加藤は弟と住んでいる自宅に転送されるが、すでに弟は千手観音が擬態した偽加藤に殺された後だった。

必死に逃げ続ける玄野と多恵。

玄野に賛同したメンバーの数人が共に戦ってくれていたが皆殺され、遅れて合流してきた加藤も偽加藤に殺されてしまう。

追い詰められた玄野が殺されそうになると、多恵が庇うように割って入りそのまま偽加藤に殺されるのだった。

ミッションが終了しGANTZ部屋に戻ると、先程殺されたメンバーたちも転送されてきており、全員揃うと再び緊急ミッションが発令された。

「誰でもいいからやっつけて下さい」。

つまり、この中に千手観音が紛れ込んでいると云うことで、皆が加藤に疑いの目を向けると、西がメンバーを次々と殺し始める。

残った玄野と加藤の二人は、西との戦いを繰り広げ、最後は玄野がトドメを刺すのだった。

殺された西はやはり千手観音の擬態で、GANTZには「満点めにゅ~」が表示された。

加藤には文字がバグって見え解読できなかったが、玄野にはすべて見えており、彼は加藤に別れを告げるとGANTZの中に入っていく。

「満点めにゅ~」の内容はあのスキンヘッドの男と代わることで、すべてを覚悟した玄野はもう誰もこのGANTZ部屋には呼ばないと決意したのだった。

こうして、すべてが現実世界に戻され、死んでいたメンバーたちも生き返っていたが、記憶の一部を失っていた。

加藤や多恵も同じで、GANTZのこと、そして玄野の存在自体が記憶から消されていたのだ。

ある都会のマンションの一室。

GANTZの黒い球体の中では玄野が眠っており、「みなさんどうかおしあわせに」と映し出されていたのだった。

【 登場人物紹介 】

・玄野計・・・二宮和也

・加藤勝・・・松山ケンイチ

・小島多恵・・・吉高由里子

・西丈一郎・・・本郷奏多

・岸本恵・・・夏菜

・鮎川映莉子・・・伊藤歩

・鈴木良一・・・田口トモロヲ

・重田正光・・・山田孝之

・北倉玲子・・・戸田菜穂

・加藤歩・・・千阪健介

・桜井弘・・・白石隼也

【 主題歌 】

・オリジナルサウンドトラック

『Sound of GANTZ』 川井憲次

【 感想 】

・原作を知らないとなかなか理解できないと感じましたが、CGアクションは臨場感たっぷりで迫力があった。

・異星人とはいえゲームのように簡単に、しかもグロテスクに殺すシーンが多いので、ちょっと好きになれませんでしたが、原作漫画の実写としての再現度は高いと思いました。

・ストーリーや展開に物足りなさと不満を感じてしまいましたが、キャスティングと見た目、そして迫力のあるアクションは最高で、実写映画としては満足出来ました。

・戦闘シーンのリアルさには驚かされました。

・主演二人よりも、ワキを固める役者さんたちの演技が個性的なキャラクターの特徴をしっかりと表現していて、とても印象に残りました。

・設定の奇抜さが漫画ものと云った感じで、SFアクションとしてただ純粋に楽しませてもらいました。

・原作の雰囲気台無しという書き込みを見ていたのですが、原作を知らずに観賞した自分にとっては、臨場感あふれるアクションとCGの素晴らしさ、そして音楽と一体となった迫力のある映像に魅了された面白い作品です。

・キャラクターのビジュアル再現度は最高でしたね。ちょっとストーリーに物足りなさを感じたけど、実写映画としては素晴らしいと思いました。

・残虐なシーンの多さとCGアクションが特徴なのだと思いますが、私はじっくりとしたストーリーに興味を惹かれたので、あらためて原作を読んでみたくなりました。

・二宮和也さん演じる玄野の平凡で影の薄い感じと、ガンツスーツ着用後のちょっと鼻につく感じとのギャップの表現がとても印象的で、こういったキャラクターものでもハマる俳優なのだと見直しました。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

奇抜な発想の漫画を原作とした実写映画『GANTZ』。

観賞された方には、壮大なストーリーとミッションを再現する為、あらゆる技術を駆使していると感じていただけると思います。

原作を知っている人の方がより深く物語に入り込めるのは間違いありませんが、何も知らない初見の方でも単純に楽しめるSFアクション作品です。

臨場感あふれるCGアクションには、誰もが目を奪われることでしょう。

ちょっとグロテスクなシーンが苦手の方にはおススメしませんが、ゲームのような世界観を味わうことが出来ます。

全2部作なので、なるべくなら一気に見てもらいたい作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました