おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ヴェノム】動画を無料(映画 吹き替え)フル配信で視聴/

邦画

スパイダーマンの宿敵として最強最悪のキャラクターを主人公とするスパイダーマンシリーズのスピンオフ作品『ヴェノム』。

マーベル・コミックではお馴染みのヴェノムを新たな視点で捉えた物語です。

正義感溢れるジャーナリストのエディ・ブロックが、とある財団の不正を暴こうとしたことから始まります。

それでは、グロテスクな見た目とは裏腹に、憎めない一面も見せるヴェノムが繰り広げていく痛快なアクションをご紹介していきましょう。

映画『ヴェノム』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ヴェノム』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『ヴェノム』予告
『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』予告2 2021年 全国ロードショー #ヴェノム #カーネイジ
『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』予告3 2021年 全国ロードショー #ヴェノム #カーネイジ
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』です。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事佐藤浩市

『U-NEXT』では、映画『ヴェノム』を視聴いただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

『ヴェノム』をお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

【 イチオシ映画 】

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品です。

TSUTAYA TV/DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ(2002年)

視聴 ▶

雲のむこう、約束の場所(2004年)

視聴 ▶

秒速5センチメートル(2007年)

視聴 ▶

星を追う子ども(2011年)

視聴 ▶

言の葉の庭(2013年)

視聴 ▶

君の名は。(2016年)

視聴 ▶

天気の子(2019年)

視聴 ▶

映画『ヴェノム』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・闇

慈善家として知られるカールトン・ドレイクが率いるライフ財団。

それについてある不穏な噂を耳にしたジャーナリストのエディ・ブロックは、その真相を突きとめようと動き出した。

しかし、ドレイクに直撃取材を試みると裏から根回しされエディは会社を解雇されてしまう。

彼が追及しようとしていたのは、ライフ財団で行われているという人体実験について。

あまりにも非人道的な行為に正義感溢れるエディは黙っていられなかったのだ。

そんな彼の元をライフ財団の科学者であるドーラが訪れ、「真実を報道してほしい」と嘆願してきたのだった。

 

・謎の生命体

ドレイクは環境破壊で地球はいずれ滅びると信じており、居住可能な惑星調査に乗り出していた。

ライフ財団の調査船はある奇妙なサンプルを回収し地球へ帰還しようとしていたが、途中で墜落してしまいサンプルの一つが行方不明になっていたのだ。

残る3つのサンプルは財団で秘密裏に回収しており、それを用いた人体実験を行っていたとの事。

そして、その奇妙なサンプルは謎の地球外生命体「シンビオート」だと、ドーラは説明するのだった。

 

・寄生

エディはドーラの手引きでライフ財団の実験施設に潜入する。

そこで、知り合いのマリアが被験者として捕まっていることを知り助け出そうとするが、すでに彼女の体内に巣食っていた液体タール状のシンビオートに寄生されてしまう。

身体の異変に気づきながらも必死に施設から逃げ出したエディ。

それ以後、頭の中で別の声が聞こえ、凶暴性が表面化し常に空腹感に襲われていく。

こうして身体を蝕まれ始めたエディは、シンビオートを取り返そうとやって来るライフ財団からの刺客をいとも簡単に蹴散らす。

そのシンビオートは「俺たちが一つになれば何でも出来る」と悪魔のように囁き、エディはその力に魅了されていく。

そして、グロテスクな容姿の彼はヴェノムと名乗るのだった。

【 ネタバレ 】

・シンビオート

慈善活動家として知られるカールトン・ドレイクをリーダーとするライフ財団は、いずれ環境破壊で地球は滅ぶと話す彼の指示で居住可能な惑星調査を行っており、彗星から調査船が帰還することになっていた。

だが、原因不明の事故により東マレーシア付近に墜落してしまい、財団は急いで救援チームを派遣する。

その調査船は彗星から謎の地球外生命体シンビオートのサンプルを4つ回収しており、派遣されたチームの最優先任務はそのサンプル回収だった。

現地に到着したチームは3つのシンビオートを回収するが一つが見当たらない。

でも、奇跡的に調査船の乗組員が1人生存しており、救助して緊急搬送する。

しかし、その乗組員から突然触手が生えると、伸びた触手は救急隊員を襲い始め、運転手まで襲い殺してしまう。

そして、救急車の屋根を突き破って姿を見せたのはシンビオートに侵された救急隊員だった。

 

・人体実験

サンフランシスコでは敏腕ジャーナリストのエディ・ブロックが、上司の指示でライフ財団代表のドレイクの取材を行っていた。

彼は取材前に婚約者で弁護士のアン・ウェイングのメールを盗み見ており、そこで知った信じられない内容について直接追及し始める。

その内容とはライフ財団が人体実験で死者を出しているというもので、その情報を突きつけて真相解明を迫るが、不機嫌になったドレイクから取材を中断されてしまう。

更に、この事が原因となり会社を解雇されると、同じくこの影響を受けて解雇されたアンから責められ、婚約まで解消されるのだった。

一方、シンビオートに寄生された救急隊員は、ある街に現れると露店を襲い、周囲の人々まで殺し老婆に侵食して姿を変え消えていった。

その後、職も恋人も失い落ちぶれたエディは自暴自棄な生活を送っており、ホームレスのマリアという親切な女性と知り合うが、先の見通しは立たないままで、もう6ヶ月が過ぎようとしていた。

そんな時、ドーラ・スカースという女性が彼を訪れ「真実を報道してほしい」と告げるのだった。

 

・潜入そして寄生

彼女はライフ財団の科学者で地球外生命体シンビオートの研究に携わっており、エディに知っている情報すべてを明かす。

その内容は、秘密裏に回収した三体の地球外生命体シンビオートの生態を探るべく人体実験を行っていて、無作為にホームレスを連れ去っては融合を試みるが、失敗続きで何人もの死者を出しているとの事だった。

あまりにも非人道的な行為に耐えられずドーラは人目を忍んで訪ねてきており、真相を暴くために力を貸してほしいと懇願してくる。

一度は断ろうとするも、正義感溢れるエディは手を貸すことを決め、実験施設への潜入を試みるのだった。

ドーラの誘導で潜入を果たした彼は、そこでシンビオートとの融合実験に失敗し死んでいく人を目の当たりにする。

こうして実験材料とされていく人々の中にマリアの姿を見つけ、苦しむ彼女を助けようとエディは飛び出していくが、意識が混乱しており逆に襲い掛かられてしまう。

すると、マリアの体内から離れたタール状のシンビオートがエディに寄生し侵食していく。

この騒ぎに気づき駆け付ける警備員たちから逃げだしたエディは、ドアや金網を蹴破るパワーに驚き戸惑いながらも実験施設を脱出するのだった。

 

・融合、ヴェノムへ

実験施設を後にしたエディは、手に入れた証拠でライフ財団を告発しようとアンの元を訪ねるが、会話は支離滅裂でレストランの水槽から勝手に生きたロブスターを食べるなど奇行を繰り返し、激怒させてしまう。

だが、エディ自身には自覚がなく、彼女は今の恋人である医者のダン・ルイスに彼の精密検査を申し出るのだった。

検査が始まるとエディはMRIから発せられる高音に苦しみだし、止むを得ず検査を一時中断してダンは休むように帰宅を促した。

その頃、今回の騒ぎにドーラが関連していることを突きとめたドレイクは、彼女を追求しエディの存在を吐かすとそのまま実験台にする。

そして、部下たちにエディのことを伝え、シンビオート奪還を命ずるのだった。

自宅に戻ったエディが頭の中に響く別の声に悩まされ苦しんでいると、財団からの刺客が突然押しかけてくる。

銃を向けられ窮地に追い込まれた彼だが、身体から触覚が伸びて彼等を一蹴すると部屋を飛び出していった。

戸惑っているエディだが、ガラスに写った自分の姿を見て驚愕してしまう。

黒い液体状のもので覆われたグロテスクな顔に怯えていると、頭の中で何かが話しかけてくる。

その声はシンビオートのもので肉体がなければ存在できないと明かすと、協力すれば力を貸してやると話し出し、「俺たちが一つになれば何でも出来る」と囁いてヴェノムと名乗るのだった。

その後、バイクで逃走するエディを刺客は執拗に追ってくる。

だが、彼との融合を果たしたヴェノムは彼等を一掃し、車の体当たりで傷を負わされるもあっという間に再生して刺客を斃していくのだった。

 

・新たなシンビオート

逃げ切ったエディは、あの悍ましい(おぞましい)黒い姿から戻るとヴェノムに声を掛ける。

最終的には自分も殺すのかという彼の問いかけに、ヴェノムは宿主として適合した肉体は殺さないと話し、エディ自身の死がそのままヴェノムの死だと告げる。

その頃、エディの検査結果を見ていたダンは驚きながらアンに彼を連れて来るように伝えており、ライフ財団ではドーラに寄生させていた最後のシンビオートが死んでしまい、ドレイクはエディそのものを連れてこいと強く命じていた。

かつての上司にライフ財団を告発してもらおうと考えたエディは、ビルに忍び込むが見つかってしまい警官隊に包囲されてしまう。

ヴェノムに姿を変え突破しようとしていると、エディを探していたアンが現れ、その姿に驚かきながらも、彼女はダンの元へ連れていく。

ダンから身体の状況を伝えられたエディとアン。

その原因が脳に寄生したヴェノムであると知ったダンは、エディに追い出すよう伝えるが体内のヴェノムが拒否して暴れ出す。

そこでMRIの高音が苦手だと気づいたアンは機転を利かし、MRI室に閉じ込めるとエディからヴェノムを引き剝がすことに成功するのだった。

こうしてヴェノムを閉じ込めたまま病院を後にしようとしたエディだったが、ドレイクの刺客に連れ去られてしまう。

そこにMRI室の通気口から脱出してきたヴェノムが現れ、その場にいたアンと再び遭遇するのだった。

一方、マレーシアから寄生を繰り返してきた灰色のシンビオートは、少女に姿を変えライフ財団の実験施設に現れ次々と警備員を倒すと、ドレイクに寄生していった。

 

・ライオットとヴェノム

連行されたエディはドレイクと対峙すると、ヴェノムの居場所を問われるが一切答えない。

すると、怒りを露わにしたドレイクは灰色のシンビオートに覆われていき、ライオットと名乗るとエディに用はないと始末するよう命じる。

処刑の為に外に連れ出されたエディは、殺される寸前に謎の人物に救われた。

それは、アンに寄生したヴェノム、シーヴェノムだった。

助けられたエディは、ヴェノムからライオットが自分たちシンビオートのリーダーで、地球侵略を企んでいることを知らされる。

本来はライオットと共に侵略する側のヴェノムだが、エディ自身を守りたいという気持ちと、彼を通して地球を見てきたことで考えが変わっており、侵略を阻む協力を申し出るのだった。

その頃、ドレイクとライオットは仲間のシンビオートを移住させるために、シャトルの発射準備を進めていた。

 

・結末

再びヴェノムと一体となったエディはドレイクたちのもとへ急ぐ。

そして、離陸のカウントダウンが始まりシャトルヘと向かう彼の前に姿を見せると、それを阻止しようと戦いを挑む。

だが、ドレイクと一体化したライオットはシンビオートの中でも優秀な戦士でもあり、かなり手強くヴェノムでは歯が立たず、劣勢を強いられてしまう。

そこへ駆け付けたアンは、MRIの高音に弱いことを思い出し、スピーカーを使って高周波の音を発する。

すると、ドレイクからライオットが引き剥がされ、ヴェノムもエディから引き離される。

それぞれが分離すると、エディが格闘の末ドレイクを海へ突き落すが、落下直前に再び融合したライオットに重傷を負わされてしまう。

ヴェノムはエディと再融合して回復させると、シャトルに乗り込んだライオットたちを追うが、発射されてしまい、何とか張り付いて燃料タンクの破壊を試みるのだった。

シャトルから燃料が撒き散らされると、引火して大爆発が起き、ライオットたちの企みを阻止することは出来たが、エディとヴェノムも巻き込まれてしまう。

すると、ヴェノムは別れを告げパラシュートに身体を擬態させてエディを救うが、自身は炎に包まれていった。

その後、辛うじて生還したエディはヴェノムがいなくなったことに喪失感を覚えていたが、ジャーナリストとして復職することを決め、一連のお礼と報告の為にアンの元を訪れる。

何となく復縁も期待しながらだったが、そこに「アンはお前に気はないから期待はするな」と覚えのある声が聞こえてくる。

気のせいかと思ったが、エディは何とも云えない高揚感を抱く。

そして、とある店で店主に絡むチンピラを見つけると、徐々に黒い液体を纏っていき何者だと口にするチンピラに向かい「俺たちはヴェノム」と告げ、頭を食いちぎるのだった。

翌日、次の記事の為刑務所に取材に訪れたエディは、連続殺人犯のクレタス・キャサディと面会する。

そのクレタスは「俺はいずれ、カーネイジになる」と不思議なことを呟くのだった。

【 登場人物紹介 】

・エディ・ブロック / ヴェノム・・・トム・ハーディ(吹替)エディ諏訪部順一/ヴェノム中村獅童

・アン・ウェイング / シーヴェノム・・・ミシェル・ウィリアムズ(吹替)中川翔子

・カールトン・ドレイク / ライオット・・・リズ・アーメッド(吹替)花輪英司

・ローランド・トリース・・・スコット・ヘイズ(吹替)志村知幸

・ダン・ルイス・・・リード・スコット(吹替)桐本拓哉

・ドーラ・スカース・・・ジェニー・スレイト(吹替)武田華

・マリア・・・メローラ・ウォルターズ(吹替)高乃麗

・チェン・・・ペギー・ルー(吹替)田村聖子

・クレタス・キャサディ・・・ウディ・ハレルソン(吹替)内田直哉

【 主題歌 】

・エンディング曲

『Venom – Music from the Motion Picture』 エミネム

Eminem – Venom

・エンディング曲

『Let’s Go (The Royal We)』 ラン・ザ・ジュエルズ

Run The Jewels – Let's Go (The Royal We) | From Marvel's Venom

・オリジナル・サウンド・トラック

『VENOM』 ルドウィグ・ゴランソン

Ludwig Göransson – Pedal To The Metal (Official Audio)

【 感想 】

・あのグロテスクで悍ましい(おぞましい)容姿の割には、何となく憎めない部分もあり魅力的なキャラクターだと思った。

・もっとハードで残虐性の強いストーリーを想像していたので、こんなにもユーモアに溢れていたことに驚きと面白さを感じました。

・スピード感あふれるハラハラした展開と爽快感を味わうことが出来て、新たなスパイダーマンシリーズとして続編を期待したくなった。

・ちょっとダラッとした展開が残念で、本格的にヴェノムが活躍する姿も中盤以降だったので興ざめした感が拭えません。

・設定やストーリーに粗さを感じましたが、アクションが痛快で何も考えずスカッとしたい時に観ると良い作品だと思います。

・ヴェノムのえげつない姿に最初は引いてしまったけど、観終わった頃にはとても愛おしく感じられた。

・単純にダークヒーローとしての活躍を期待させるキャラクターだと思った。

・派手なアクションシーンとCG合成の素晴らしさに感動しました。

・実写になることで、コミックのイメージを覆すのが、良い意味でのマーベルキャラクターの特徴だと思う。

・あの容姿と意外性のある性格?雰囲気なのかな?とにかくあのギャップ感に不思議とハマってしまった。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

本来悪役であるキャラクターをヒーローのように描くことが多いマーベル作品のひとつと言える『ヴェノム』は、グロテスクでえげつない容姿と所々に見せる憎めない一面とのギャップが人気となりました。

とにかくあの雰囲気が好評でダークヒーローとしては、最も印象に残るキャラクターと言っても過言ではないでしょう。

新たなスパイダーマンシリーズとして続編を望む声が多く、今後の活躍が期待されます。

エンドクレジットまで目が離せない本作品にご注目下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました