おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【キッズ・リターン】動画を無料(続編映画)フル配信で視聴/

邦画

北野武監督作品の6作目となる『キッズ・リターン』は、1994年のバイク事故からの復帰作です。

この時、死に直面したことで少なからず影響を受けたとされ、これまでの5作品とは違う世界観を創り上げております。

1996年カンヌ国際映画祭監督週間に正式出品を果たした話題作は、ありふれた青春映画とは違い理想や栄光だけではなく現実の残酷さを如実に描く物語です。

落ちこぼれ高校生二人の青春の結末に刮目してください。

映画『キッズ・リターン』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『キッズ・リターン』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

『キッズ・リターン』予告編
映画『キッズ・リターン 再会の時』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、安藤 政信さんの出演作品をお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

安藤 政信』作品をお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『キッズ・リターン』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・マサルとシンジ

かつての悪友同士のマサルとシンジは偶然再会した。

現在無職のマサルと新便配達をしているシンジ。

そんな二人は馬鹿ばっかりやっていた高校時代を思い出し懐かしむのだった。

 

・ターニングポイント

何かに縛られることもなく思うがまま過ごしていた高校時代。

授業をサボって自転車に二人乗りして遊びまわり、街中で他校の生徒からカツアゲするなど好き勝手し放題だった。

そんなある日、マサルはカツアゲした相手が仕返しの為に連れてきたボクサーのパンチ一発で悶絶してしまう。

簡単に喧嘩でヤラレたことのなかった彼はプライドを傷つけられ、シンジを誘ってプロボクサーを目指す。

これが、二人の人生におけるターニングポイントとなるのだった。

【 ネタバレ 】

・出会いときっかけ

まわりが受験一色となるなか、マサルとシンジの落ちこぼれ同級生コンビは相変わらず馬鹿ばっかりやっていた。

授業をサボるのはほぼ毎日で、屋上で駄弁り(だべり)悪ふざけするだけでは飽き足らず、先生の車に傷をつけ、タバコや酒をやるのは当たり前のことだった。

マサルは気が荒く怖いもの知らずですぐに暴力を振るうが、シンジはどちらかというと控えめで暴力を振るうことは絶対になかった。

そんな正反対の二人にとっては、この悪さばかりのくだらない日常が青春そのものだった。

ある日、マサルは行きつけのラーメン屋でタバコと酒を注文してヤクザ連中に馬鹿にされるようにケチをつけられてしまう。

気の荒い彼は喧嘩を買うように詰め寄り一触即発となるが、そこに親分らしき男が仲裁に入ってきてその場をきっちりと治めた。

その組長のあまりの貫禄に感動していたマサル。

すると、以前カツアゲした相手の仲間という男に仕返しされてしまう。

腕っ節には自信のあったマサルだが、名も知れぬボクサーのパンチ一発で悶絶させられたことでプライドがズタズタになり、自分もボクサーを目指そうと決める。

そして、シンジも誘ってボクシングジムに入門するのだった。

 

・才能と転機

入門したボクシングジムにはあの因縁のボクサーが所属しており、揉めることもあったがマサルはシンジと共に練習に明け暮れる毎日を過ごしていった。

これまでの自堕落な生活とは違い、タバコも酒も止めて厳しく自制しており、彼等の人生では初めて一つのことに心血を注ぐ生活だった。

そんな中、スパーリングすることになった二人。

自信満々なマサルに対していつもどおり控えめなシンジという感じで始まったが、攻撃的なマサルのパンチを華麗に躱し、キレのあるカウンターを合わせてダウンを奪うなど、終わってみればシンジの圧勝だった。

今まで知る由もなかったシンジの才能を目の当たりにし、完全に自信を失くしたマサルは自分がプロで使おうと思っていたリングネーム「ダイナマイト・キッド」を託すと、ジムを辞め学校にも姿を見せなくなった。

その後、シンジは初めて知った自分の才能を信じてボクシングを続けていき、マサルはあの貫禄に憧れてヤクザの組長の元を訪ねたのだった。

 

・ヤクザとプロボクサー

シンジはプロボクサーとしてデビューを果たすも、マサルがいなくなったことで心にぽっかりと穴が開いていた。

そんな時、馴染みの喫茶店でマサルと偶然出会うが、言葉を交わすことなく別れてしまう。

彼は何となくその様子からマサルが極道の世界へ足を踏み入れたのだと察したのだった。

一方のマサルは、ボクサーとしての才能を開花させ、順調に勝ち星を重ねるシンジを気にかけながら、自身も裏の世界で下っ端からのし上がっていく。

そして、組の中でも子分を従えるまで出世すると、シンジの元を訪れた。

久しぶりに面と向かって言葉を交わし、マサルは自分が組長になって、シンジがチャンピオンになったら再会しようと告げる。

こうして、お互いがそれぞれの世界で上を目指そうと誓ったのだが、そう上手くはいかず、シンジはジムの先輩であるハヤシの存在が仇(あだ)となった。

不真面目でだらしのないハヤシは、シンジの人の良さにつけ込むように、自己流のボクシングを教え、飲みに連れていってはタバコまで勧めるなど節制を怠る生活に誘い込んでいった。

そんなハヤシに付き合わされるうちに減量がきつくなったシンジは、楽に減量ができると勧められた怪しい薬に手を出してしまう。

その結果、体調を整えることが出来ず惨敗を喫し、そのまま引退するのだった。

 

・結末

順風満帆に見えたマサルも組長が襲撃されことをきっかけに、その後の組を任された親分へ反抗的な態度が咎められ、上層部から制裁を加えられると極道から足を洗うことになった。

大きな挫折を味わい、それぞれの道を諦めざるを得なくなったマサルとシンジ。

そんな二人は、高校のグラウンドで偶然再会した。

以前のように自転車に二人乗りしながら走っていると、シンジが「俺たち、もう終わっちゃったのかな?」と問いかける。

すると、高校時代と変わらぬ笑顔で「ばかやろう、まだ始まっちゃいねぇよ」とマサルは答えるのだった。

【 登場人物紹介 】

・ミヤワキマサル・・・金子賢

・タカギシンジ・・・安藤政信

・ハヤシ・・・モロ師岡

・ジムの会長・・・山谷初男

・シゲさん・・・重久剛一

・ジムのトレーナー・・・倉崎青児

・イーグル飛鳥・・・吉田晃太郎

・ヤクザの組長・・・石橋凌

・組の若頭・・・寺島進

・担任の教師・・・森本レオ

・橋田先生・・・芦川誠

【 主題歌 】

・オリジナルサウンドトラック

『Kids Return』 久石譲&ワンダーシティ・オーケストラ

【 感想 】

・落ちこぼれが更生して夢を追いかけるけど挫折してしまうという結末が、ありふれた青春映画と違って斬新で印象に残った。

・決して人生は思ったようにはいかないという事がはっきりと示されていて、観る者の多くが共感できる作品だと思った。

・北野武作品には久石譲さんの音楽が欠かせないと実感した作品です。

・きっと一度観ただけでは感動が伝わってこないと思う。

・何度か観直すことによってジンワリと沁みてくるような作品。

・あのラストシーンは音楽共にいつまでも余韻が残り、青春映画の傑作だと思います。

・自分がやってきたことは必ずどこかで返ってくるといった残酷さが描かれていて、ご都合主義じゃない所がとても好きだった。

・最後の最後でまだ始まっていないなんて、他の監督作品だったら面白くなかったと思う。

・これまでの北野作品と違って、人生の機微を感じられた作品でした。

・冒頭からエンドロールまで久石譲さんの音楽が沁みてきて、より大きく感情が揺さぶられました。

・観終わった後の余韻の残り方がハンパない。

・「更生さえすればすべてが報われる」という嘘をつかない作品だと思った。

・開き直らなければやっていけないという人生の残酷さを如実に描いた作品で、ジワジワと刺さってきた。

・所々に見せる笑いが絶妙で、良い感じの息継ぎになっていると感じた。

・人生における様々な疑問について考えさせられた作品です。

・現実と理想、優しさと残酷さなど、バランスの良さを感じられた作品で、さすが北野武監督だと思いました。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

あのバイク事故からの復帰作となった『キッズ・リターン』は、公開当初から注目されていた作品です。

瀕死の状態から戻ってきた北野武さんがどのような世界観を創り上げたのかと話題になり、これまでの5作品とはやはり違うと多くの方に評されました。

ベストパートナーと言っても過言ではない久石譲さんの音楽と共に創り上げた映画は、まるで詩の世界に誘われた(いざなわれた)ような感覚にとらわれてしまいます。

ですが、ありふれた青春映画とは違い現実の厳しさをはっきりと知らしめており、ご都合主義のような嘘は一切ありません。

エンドロールまで味わい深い本作品の余韻に浸ってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました