おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説】動画を無料(映画)フル配信で視聴/

洋画

ジェットコースタームービーとしてお馴染みの人気シリーズ『インディ・ジョーンズ』。

その2作目となる本作品は、インドを舞台に冒険が繰り広げられていきます。

最後のトロッコのシーンはバラエティ番組などでパロディとして取り上げられるほど印象的で、これぞまさにインディ・ジョーンズといった内容となっております。

それでは、痛快なアドベンチャーの世界を覗いていきましょう。

映画『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

インディ・ジョーンズ | 公式予告編 | パラマウント・エンタテイメント 日本版
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』です。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事佐藤浩市

『U-NEXT』では、映画『インディ・ジョーンズ』を視聴いただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

『インディ・ジョーンズ』をお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

【 イチオシ映画 】

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品です。

TSUTAYA TV/DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ(2002年)

視聴 ▶

雲のむこう、約束の場所(2004年)

視聴 ▶

秒速5センチメートル(2007年)

視聴 ▶

星を追う子ども(2011年)

視聴 ▶

言の葉の庭(2013年)

視聴 ▶

君の名は。(2016年)

視聴 ▶

天気の子(2019年)

視聴 ▶

映画『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・インド

考古学者のインディアナ・ジョーンズ、通称インディ・ジョーンズは、上海のクラブ・オビワンでマフィアの頭目であるラオと清の初代皇帝の遺骨の取引をしていた。

だが、ラオは真っ当な取引をする気がなく脅しなど色々仕掛けたが、ことごとく失敗に終わっており、ついには強硬策に出て、応戦したインディとの激しい銃撃戦に発展してしまう。

その場を上手く逃れたインディは、チャーター機に乗り込み飛び立つも、その飛行機会社自体がラオの傘下で、燃料を抜かれてしまい不時着すら不可能で、低空状態から川へのダイブを余儀なくされるのだった。

こうして、流れ着いたのはインド北部のジャングル地帯にある寂れた村。

インディはそこである事を知るのだった。

 

・サンカラストーン

その村はシヴァ神を崇高しており、守護本尊であるシヴァリンガと村の子供たちを邪教徒たちに奪われ、災いが続いていた。

彼等はシヴァリンガの奪還と子供たちを救うように懇願してきたが、さすがのインディも断ろうとする。

しかし、その時、邪教徒から逃げてきたというボロボロになった少年が現れ、絵巻を握りながら「サンカラ…」と呟く。

それを聞いたインディは、奪われたシヴァリンガが考古学界では伝説のサンカラストーンだと気づき、仲間のショーティとラオの所から連れてきたウィリーと一緒に、邪教徒が根城にしている宮殿へと向かうのだった。

【 ネタバレ 】

・シヴァリンガ

世界を飛び回る冒険家で考古学者のインディアナ・ジョーンズ、通称インディ・ジョーンズは、ヌルハチと呼ばれる清の初代皇帝の遺骨について、上海マフィアの頭目であるラオ・チェとの取引に臨もうとしていた。

そもそもラオの依頼で手に入れたヌルハチだが、彼はまともに報酬を支払う気が無いらしく、これまでもラオの息子から襲撃を受けていた。

その時は返り討ちにしたが、今回も取引に応じるつもりはないようで、また銃を突きつけてくる。

インディは止むを得ずクラブ歌手のウィルヘルミーナ・ウィリー・スコット、通称ウィリーを利用して、ようやく報酬のダイヤを受け取るのだった。

しかし、祝杯を挙げると飲み物に毒が仕込まれており、ラオは「解毒剤はダイヤと引き換えだ」と告げてくる。

逆上したインディはラオの息子を殺害し、激怒したラオとの銃撃戦となると、解毒剤を拾ったウィリーを連れて助手のショーティの車で空港へと急ぐ。

そして、チャーターしてあった飛行機に乗り込むも、その飛行機自体がラオ傘下の航空会社のもので、彼等は不時着も出来ず、低空飛行になった機体から川へと飛び込むのだった。

辛うじて無事だったインディたちは、ある寒村へと辿り着く。

そこは、インド北部のジャングル地帯にある村でシヴァ神を崇拝していた。

だが、シヴァ神の性器を象ったシヴァリンガという村の守護本尊と子供たちを邪教徒に奪われており、村人は空からやって来たインディたちが神の導きだと崇めて、取り返すように嘆願してくる。

戸惑うインディは断ろうとするが、そこにボロボロになった少年が姿を見せる。

どうやら邪教徒から逃げ出してきたらしく、手には絵巻物があり「サンカラ…」と弱々しい声で呟くのだった。

インディは絵巻物に目を通し、彼の言葉からここに祀られていたのがサンカラストーンという考古学界では伝説の石だと確信する。

すっかり、冒険心に煽られたインディはショーティとウィリーを連れて、邪教徒の根城である宮殿を目指すのだった。

 

・儀式と洗脳

本当ならば無人であるはずのパンコット宮殿。

現在は新しいマハラジャとしてザリム・シンが即位しており、インディたちをチャター・ラルと名乗る宮殿の宰相が出迎える。

高名な考古学者としてインディを知っていた彼が歓待してくれるも、出された食事はグロテスクなものばかりで、あまりの食文化の違いにウィリーは疲れ果ててしまうのだった。

その夜、インディは暗殺者に襲われ、窮地に陥るもショーティの助けによりどうにか難を逃れる。

そして、ウィリーの身を案じて部屋へ駆け付けると、そこで隠し通路を見つけた。

入り口に書かれた「シヴァの足跡と辿れ」に従い、隠し通路を進むインディたち。

道中には沢山の罠と遺体があり、虫が溢れかえっていた。

開けた場所に辿り着くとそこは邪教徒の祭壇で、おぞましい儀式の最中だった。

そこでは邪神カーリーを崇めるサギー教司祭のモラ・ラムが、生贄の男性から心臓を抉りだし燃え盛る炎の中に捧げていた。

だが、不思議なことに心臓を抉り取られた男性は無傷で生きており、最後にどこからか奪ってきたシヴァリンガを祭壇に奉り(たてまつり)儀式は終えられた。

それを見ていたインディたちは、その祭壇で3つのシヴァリンガがある事に気づき、司祭たちがいなくなると祭壇に忍びこみ奪おうとするが、子供たちの悲鳴を聞きつける。

悲鳴の聞こえる方へ向かったインディだが捕まってしまい、彼を待っていたショーティとウィリーも捕らえられてしまうのだった。

檻に囚われたインディは、サンカラストーンは全部で5つあり、残りの2つを掘り起こす為に子供たちがカーリーの血と呼ばれる秘薬により洗脳され、労働を強いられていることを知る。

邪教徒つまりはサギー教を信仰する彼等は、サンカラストーンが5つ揃うことにより邪神カーリーが復活すると信じていたのだった。

 

・洗脳されたインディ

その後、司祭の前に引きずり出されたインディは抵抗虚しく秘薬を飲まされ洗脳化に落ち、ウィリーも生贄として捧げられそうになってしまう。

すると、洗脳されたふりして労働していたショーティがピッケルを使って鎖を断ち切り、インディの荷物を奪い返して駆け付ける。

二人を助け出そうと必死のショーティが暴れていると、偶然、松明がインディに押し当り、その熱さで洗脳が解けるのだった。

そして、正気に戻ったインディはウィリーを助けだして祭壇のサンカラストーンを奪うと、子供たちの救出へ向かい、看守を倒して子供たちを解放した。

だが、インディそっくりの呪いの人形を手にするザリム・シンの攻撃に遭い苦しんでしまう。

すると、ショーティがさっきと同じ要領で松明を使ってザリム・シンの洗脳を解き、ここからの脱出口を聞き出すのだった。

 

・結末

運搬用のトロッコに乗って逃げるインディたち。

しかし、途中で道を間違ってしまい、同じくトロッコに乗る追手に迫られ、激しいトロッコチェイスの果てに何とか躱す。

その後も司祭による大量の水攻撃に苦しめられたインディたちだが、何とか外に出て二手に分かれて逃げるも、吊り橋の真ん中あたりで行く手を阻まれてしまう。

すると、インディは吊り橋の紐を足に絡めてからショーティに中国語で合図を送り、吊り橋のロープを切る。

橋が落ちて追手はワニが待ち受ける川へ次々と落下していくが、紐を絡めたインディたちは宙づり状態ながらも無事だった。

そして、インディにしがみついた司祭はサンカラストーンを奪おうとするが、インディがシヴァに背いたと呪いを口にすると、呼応するように発熱したサンカラストーンは一つ、一つと川へ落ちていく。

司祭が掴み取ろうとして触れると火傷してしまい、そのスキにインディは彼を川へ突き落し、サンカラストーンの一つを掴み取るのだった。

インディが触れても熱くならず、それはサンカラストーンの意思で選んでいるという証でもあった。

そこに、正気に戻ったザリム・シンとイギリス軍が姿を現し、彼等は窮地から脱したのだった。

その後、村へと戻ってきたインディと子供たち。

サンカラストーンも村長に手渡され、村中が歓喜に包まれる。

また、不思議なことにサンカラストーンを祀ると、干乾びていた井戸に水も戻ってきた。

そして、もう一緒にいるのはコリゴリと話すウィリーを鞭で絡めて引き寄せたインディは、ショーティに邪魔されるのも構わずキスをして、村人たちから祝福されるのだった。

【 登場人物紹介 】

・インディアナ・ジョーンズ・・・ハリソン・フォード

・ウィルヘルミーナ・ウィリー・スコット・・・ケイト・キャプショー

・ショート・ラウンド・・・キー・ホイ・クァン

・モラ・ラム・・・アムリーシュ・プリー

・チャター・ラル・・・ロシャン・セス

・フィリップ・ブランバート・・・フィリップ・ストーン

・ラオ・チェ・・・ロイ・チャオ

・ウー・ハン・・・デヴィッド・ヴィップ

・カオ・カン・・・リック・ヤング

・チェン・・・チュア・カー・ジョー

・シャーマン・・・D・R・ナーナヤッカーラ

・マハラジャ ザリム・シン・・・ラジ・シン

【 主題歌 】

『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説 オリジナルサウンドトラック』 John Williams

【 感想 】

・さすがに今観ると合成の荒さなどが目立つが、それもまた味わい深く、子供の頃を思い出して楽しめました。

・どんなピンチに陥っても活路を見出すという、諦めない姿にスカッとさせられた。

・とにかく明るく楽しめる作品で、世代関係なくいつまでも愛される作品だと思う。

・娯楽作品として面白いだけではなく、感動する場面もあって見飽きることのない作品だった。

・後半にいくにつれてどんどんワクワクしてきて、遊園地のアトラクションのような楽しさを感じた。

・ちょっとグロテスク過ぎて変なトラウマになってしまった。

・あの生贄の儀式は、子供には見せたくないと思いました。

・気持ち悪さが印象に残り過ぎて、後半が楽しめなかった。

・最後のトロッコシーンは迫力があり、ワクワク感とドキドキが観終わってもしばらく止まなかった。

・まさにノンストップアクションと云った感じで、濁流、吊り橋、トロッコなど息を呑む展開がとっても面白かった。

・ちょっとしたアトラクション気分で、家族全員で楽しみたい作品。

・テンポが良く最後まで見飽きることのない数少ない作品のひとつだと思う。

・冒険心をくすぐるというのはこういった感じなのかと思いました。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

不朽の名作と云われるインディ・ジョーンズシリーズの中でも人気の高い『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』は、遊園地のアトラクションそのものという評判の多い作品です。

まさに手に汗握る痛快活劇と云った本作品は、最初から最後まで息の抜けない内容で、観終わった後もしばらくドキドキが静まらないことでしょう。

ちょっとグロテスクなシーンがありますが、どの世代でも楽しめる作品です。

ご家族揃ってこのスリルを味わってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました