おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【踊る大捜査線1 2 3 4】動画を無料(映画)フル配信で視聴/

邦画

大人気TVドラマの劇場版となる『踊る大捜査線 THE MOVIE』シリーズは、3作品の興行収入の合計が340億円を超えるメガヒット作品です。

また、映画のヒットに伴いオリジナルグッズやサウンドトラックも飛ぶように売れ、一大ムーブメントを巻き起こしました。

主演を務める織田裕二さんの劇中の決め台詞も大きな話題となり、パロディにされるほど多くの方に深い印象を残しています。

それでは、今も尚愛され続けている話題作をご紹介していきましょう。

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』です。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事佐藤浩市

『U-NEXT』では、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』を視聴いただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

『踊る大捜査線』をお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

【 イチオシ映画 】

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品です。

TSUTAYA TV/DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ(2002年)

視聴 ▶

雲のむこう、約束の場所(2004年)

視聴 ▶

秒速5センチメートル(2007年)

視聴 ▶

星を追う子ども(2011年)

視聴 ▶

言の葉の庭(2013年)

視聴 ▶

君の名は。(2016年)

視聴 ▶

天気の子(2019年)

視聴 ▶

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ・ネタバレ 】

『踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!』

・猟奇殺人事件

ある日、湾岸署管内の河川で胃の中にテディベアを入れられた遺体が発見される。

猟奇殺人事件として捜査を開始するが、本庁から室井慎次率いる捜査員が押しかけてきて、湾岸署に捜査本部が設置された。

すると、あまりに大掛かりな捜査体制に青島たち署員は疑問を抱くが、捜査には一切関わらせてもらえない。

何故なら、警視庁副総監が誘拐される事件が起きていたからだった。

・仮想殺人事件ファイル

その頃、湾岸署内では署員たちの領収書が盗まれるというおかしな事件も起きていた。

そんな中、管轄内の事件でありながら所轄に対して秘密裏に動く捜査本部に不満を抱いた青島は、独自に捜査を進め被害者が仮想殺人事件ファイルというサイトにアクセスしていたことを突きとめる。

そして、サイト開発者であるテディとの接触を試みるのだった。

一方、身代金の受け渡しとして誘拐犯との接触を図った室井だが、指定場所に捜査員を配置していたことがバレており、副総監の奪還に失敗してしまう。

また、テディが女性ということまで把握していた青島も、ショッピングモールで接触出来ず、逃げられていた。

・幼稚な犯人

とうとう誘拐犯から副総監殺害予告が出され、室井は公開捜査に切り替えると、湾岸署署員も検問にあたらせる。

そんな時、テディと名乗る女性が拳銃を手に現れ、自分を死刑台に連れていけと言い放つ。

何とか一人の警官の機転により彼女を逮捕するが、実はこの警官こそが領収書の窃盗犯だった。

こうして、湾岸署内のおかしな事件は解決するが、副総監誘拐事件は犯人の糸口さえ掴めないままで、捜査は手詰まりになっていた。

そこで、青島はかつて逮捕した犯罪IQが非常に高い危険犯罪者と面会し、その情報から誘拐犯がとても幼稚な発想を持った者だと認識するのだった。

・囚われた和久

独自に副総監の自宅付近の聞き込みを続けていた和久だが、声をかけたある少年に拉致され、ごみ処理場に囚われてしまう。

だが、何とか青島へ伝えようとした和久は、メッセージとしてゴルフのスモークボールを燃やすのだった。

一方、青島は幼稚な発想を持った者という観点から坂下という少年を割り出し、彼の周辺を探っていた。

すると、和久の残したメッセージに気づいた彼は、ゴミ処理場から助け出し坂下の自宅へ急ぐ。

そして、坂下を捕まえようとした青島は、彼の母親に刺されてしまう。

・3日間の終わり

坂下が犯行に及んだ動機は本当に幼稚なものだった。

彼は遊びで考えた誘拐計画実行の為にあのサイトで仲間を募っており、そこにいた副総監の子供の態度があまりにも偉そうだということだけで、副総監を攫ったのだ。

結局、刺された青島はすみれに病院へ運ばれ心配されるも致命傷ではなかった。

しかも、目覚めないのは連日の捜査からの睡眠不足によるもので、彼女に呆れられてしまうのだった。

その後、あの領収書盗難事件は湾岸署署長の指示で、ただ経費削減を図りたいだけだったことが判明した。

そして、いつものような日常が戻るのだった。

 

『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』

・忙しい湾岸署

お台場の港に停泊した豪華客船がシージャックされていた。

犯人のテログループに対してSATが出動し事態の収拾を図るが、失敗してしまう。

実は、警視庁本部と湾岸署合同のテロ対策訓練で、青島たちは犯人役として参加していたのだが、調子に乗ってSATに勝ってしまったのだ。

本庁きっての特殊部隊SATの面目は丸潰れとなり、悪い意味で目立ち過ぎた青島たちは、今まで以上に睨まれることになってしまう。

そんな時、湾岸署管内で蜘蛛の巣のように縛られた死体が発見される。

また、同時にスリ事件、女性噛みつき事件なども起こっており、湾岸署はてんやわんやになっていたのだった。

・事件は会議室で起きている

蜘蛛の巣事件は被害者が増えたことで本庁との合同捜査となり、室井を従えて女帝と呼ばれる沖田管理官がやって来る。

捜査の指揮を任された沖田は、青島たち湾岸署署員を捜査本部に加えず、馬鹿にするように見下した態度を見せる。

すると、憤慨した青島は室井に食って掛かるが、沖田は「事件は会議室で起きているのよ」と言い放つ。

それは、以前に青島が室井に言い放った言葉を全否定するものだった。

・監視されている日常

沖田の言葉を気にしないようにして青島は、スリと女性噛みつきの両事件の捜査を進めていく。

その頃、捜査本部では蜘蛛の巣事件の捜査が一向に進まず、人員不足を補う為に沖田は室井に口の堅い捜査員を湾岸署から選ぶように指示する。

そして、室井が連れてきたのが青島とスミレ。

二人はこっちの捜査で忙しいと文句を言うが、沖田は蜘蛛の巣事件の捜査に集中しろと命ずるのだった。

女性でありながらも捜査を取り仕切るキャリアの沖田に対し、事件に優劣をつけることに納得がいかず不満を見せるスミレだが、青島と共にある部屋に案内される。

そこは、監視カメラの映像を映し出す無数のモニターが設置された秘密の部屋で、まるで国民全部を監視しているようだった。

あまりの光景に驚き、プライバシーの侵害と憤る二人を横目に、事件解決の為と沖田は言い放って部屋を出ていく。

結局、納得のいかないまま青島とスミレは、止むを得ず監視カメラのチェックにあたるのだった。

・犯人との交渉

チェックにあたっていた二人は、それぞれにスリ事件と女性噛みつき事件の犯人を見つけ、指示も仰がず勝手に確保に向かうが、いずれも取り逃がしてしまう。

その事に激怒した沖田は、全責任を室井に押し付け監視カメラのチェックを命ずる。

すると、次のターゲットになりそうな女性に目をつけ、室井は青島とスミレにその女性の警護にあたらせる。

ある企業の秘書を勤めるその女性は第2の事件の目撃者で、脅迫状も届いていた。

どうやら、女性の狙われる理由には関連会社の大規模なリストラに深い繋がりがあるらしく、その会社のリストラ対象者に絞って本部は捜査を進めていく。

一方、警護中にスリ犯たちを確保したスミレは、彼等が父親のリストラによりスリを働くしかなかった家族だと知る。

その頃、捜査本部には蜘蛛の巣事件の犯人グループから連絡が入り、警察を挑発してきた。

対応した沖田が交渉にあたるも、その態度から犯人を怒らせ失敗してしまい、代わりにネゴシエーターとして青島の後輩だった真下が本庁から派遣される。

そして、交渉内容から犯人グループがリストラされた面々で構成されていることがわかるのだった。

・封鎖できないレインボーブリッジ

捜査本部は犯人の居場所を特定すると、レインボーブリッジの封鎖を指示するが、数々の利権が絡み封鎖できず、犯人グループを閉じ込めることが出来ない。

すると、沖田の指示で湾岸署署員が犯人グループを包囲するように配備される。

そんな中、青島は噛みつき犯に襲われている女性と遭遇し助けようとするが、逆に頭を殴られてしまう。

一方、警察の動きを察知した犯人グループは女の子を人質にとるという対抗手段に出ていた。

あまりにも予想外の動きに沖田は適切な指示を出せず、犯人確保の際に女の子を守ろうとしたスミレが刺され、瀕死の重傷を負ってしまう。

それだけではなく犯人グループには逃げられ、室井の機転による救急搬送の手配がなければスミレは死んでいたかも知れない状況だった。

・明と暗

冷静な判断を下せなくなった沖田の命令を誰も聞かなくなり、室井が変わって陣頭指揮を執る。

スミレのこともあり、一丸となった湾岸署署員。

青島が中心となり現場を奔走し、ようやく犯人グループを確保するのだった。

その後、この事件における捜査指揮の失敗の責任を負って、沖田はしばらくの間、表舞台から姿を消す事になり、犯人確保の功績を称えられた青島は表彰されることになった。

そして、本庁での表彰式当日、青島は出席しておらず、全快したスミレと共に犯人の証拠確保に駆け回っていた。

そんな青島を笑うように室井は秋田弁でエールを送るのだった。

 

『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』

・出世と引っ越しと盗難

湾岸署の刑事課強行犯係の警部補に出世した青島は、3日後の新湾岸署への移転に向けて引っ越し作業に追われていた。

そんな中でもバスジャックや銀行強盗と事件は頻発しており、青島とスミレが現場に急行するが、結局は両事件とも何の被害も見られなかった。

だが、新湾岸署の武器庫から拳銃3丁が盗まれていたことが判明、そして、その拳銃による殺人事件が起こってしまうのだった。

・犯人の解放

青島は本庁の鳥飼管理捜査官とコンビを組み、捜査にあたる。

一方、真下の後任で交渉課課長となった小池は、被害者が参加していたオンラインゲームから犯人との接触を図っていた。

すると、犯人はこれまで青島が逮捕してきた犯罪者9名の釈放を要求し、その要求に応じなければ拳銃で無差別殺人を実行すると脅しをかけてくるのだった。

その頃、この事件について本庁では対策会議が開かれており、室井は現場を信じて解決すべきと主張するが、政治的要素を重んじる他の者からの圧力で、なかなか捜査方針を定めることが出来ない。

そんな中、健康診断の結果を見た青島は、胸部に腫瘍が見つかったことで気力を失ってしまうのだった。

・和久の言葉

青島の健康診断の結果は誤診なのだが、署長たちは彼の暴走を抑えようとこの事を伝えないでいた。

相変わらず気力を失ったままの青島。

そこに新人刑事の和久伸次郎が現れ、和久が遺したノートを見せるのだった。

青島やスミレたちにとってかけがえのない恩人で、大きな存在だったベテラン刑事の和久平八郎。

彼は病で亡くなってしまい、伸次郎はその甥っ子だった。

和久のノートに綴られた言葉を読み返していた青島は、初心を思い出したように気力を取り戻し、再び捜査へ全力を注ぐことを誓う。

その頃、この事件の犯人がかつて猟奇殺人事件をおこした日向真奈美と繋がっているということが判明していた。

・犯人の目的

今回事件を起こしたのは彼女担当の心理カウンセラーだった。

真奈美は精神を病んでいると見られていた為、勾留中でありながら心理カウンセラーが付けられており、知らず知らずのうちに洗脳されてしまい、犯行に及んでいたのだ。

そして、その目的が日向真奈美の解放であることも判明する。

・解決

犯人を追い詰めた青島と鳥飼。

だが、鳥飼は犯人が仕掛けた爆弾で負傷し、青島とすみれたちも新湾岸署内に閉じ込められてしまう。

午前0時になると署内に毒ガスが撒かれるようになっており、犯人はあの犯罪者9名の釈放を急ぐように要求してくる。

本庁では、これ以上大事にしたくない者たちが9名の釈放に応じるように室井に迫るが、テロリストに屈するわけにはいかないと彼は頑なに拒み続ける。

それでも、タイムリミットは刻々と近づいており、追い詰められた青島は新湾岸署の電源をすべて切ることを提案する。

彼はシステムの電源自体をすべてシャットダウンすれば作動しないと考えており、他に手段の無かった室井はそれを受け入れ電源を切らせた。

すると、思った通りに毒ガスは撒かれず、これをきっかけに解放された青島たちの活躍で一気に事件は解決するのだった。

・真相と驚き

護送される真奈美と接触した青島は、すべての真相を聞き出す。

彼女は5年前から自殺する為の計画を立てており、心理カウンセラーを巻き込んでいたとのことだった。

この話を聞いた青島は、今後二度と同じような事は起こさせないと宣言する。

その後、健康診断の誤診を伝え聞いた青島は安心して、心機一転、新湾岸署での奮闘を心に期するが、そんな彼には驚きの事実が待っていた。

そして、それは新湾岸署のオープニングセレモニーで起こった。

なんと署長に赴任したのがあの真下で、青島とスミレは顔を見合わせて驚くのだった。

【 登場人物紹介 】

主要キャスト

・青島俊作・・・織田裕二

・室井慎次・・・柳葉敏郎

・恩田すみれ・・・深津絵里

・和久平八郎・・・いかりや長介(THE MOVIE 3のみライブラリ出演)

・柏木雪乃・・・水野美紀(~THE MOVIE2まで)

・真下正義・・・ユースケ・サンタマリア

・神田総一朗・・・北村総一朗

・秋山晴海・・・斉藤暁

・袴田健吾・・・小野武彦

・新城賢太郎・・・筧利夫(~THE MOVIE2まで)

・沖田仁美・・・真矢みき(THE MOVIE2、3)

・小池茂・・・小泉孝太郎(THE MOVIE2、3)

・一倉正和・・・小木茂光(THE MOVIE2、3)

『踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!』

・日向真奈美・・・小泉今日子

・坂下始・・・北山雅康

 

『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』

・増田喜一・・・岡村隆史

・江戸りつ子・・・小西真奈美

 

『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』

・和久伸次郎・・・伊藤淳史

・篠原夏美・・・内田有紀

・木島丈一郎・・・寺島進

・瀬川クミ・・・時東ぁみ

・クラッカー・・・岩井秀人

【 主題歌 】

『踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!』

『Love Somebody(Cinema version)』 織田裕二

『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』

『Love Somebody(Cinema Version Ⅱ)』 織田裕二

『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』

『Love Somebody(Cinema Version III)』 織田裕二

【 感想 】

・ここ最近のドラマ映画化とは違い、スケールの大きい傑作だった。

・小泉今日子さんの怪演がものすごく印象に残っている。

・久しぶりに観ても面白くて、あの青島の「事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きているんだ」はまさに名セリフだと思う。

・猟奇殺人、副総監誘拐、署内窃盗などいくつもの事件が同時に起きていくが、雑さがなく丁寧に描かれていたのが好印象でわかりやすかった。

・ドラマから変わらない劇中の音楽がとても良くて、コミカルな演出に笑わせてもらえた。

・様々な演出と工夫が見られ、最後まで見飽きることなく楽しませてもらえた作品です。

・わざとらしさやありえないと思う展開などは相変わらずでしたが、それが踊る大捜査線らしくてつい夢中になってしまった。

・もう内容もオチも知っているはずなのに、何度観てもワクワクしてしまう。

・いかりや長介さんの死がとても残念でしたが、その存在感を大切にしていると感じさせてもらい嬉しかった。

・相変わらずのスピード感と個性的なキャラクターは良かったけど、テレビのダイジェスト版みたいな感じになっていたのが、THE MOVIE 3では残念だった点。

・現在のコロナ禍だったら湾岸署の物語はどんなテーマになるのだろうと、つい考えてしまう。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

メガヒットを記録した『踊る大捜査線 THE MOVIE』シリーズは、今でも定期的に観たくなると飽きられない作品として愛され続けています。

ただ、3作目ではそれまでの2作品より興行収入が伸びず、亡くなったいかりや長介さんの存在感の大きさが際立ち、内容に関する疑問の声も多くなりました。

どうしても過去を邂逅する場面が多くなり、映画としての物足りなさを痛感したのだと思われます。

それでも、病死と設定された和久を惜しむように主人公青島役の織田裕二さんが台詞を噛みしめる場面はとても印象深いものでした。

様々な偏見を捨てて、このシリーズを一気に振り返ってみてはどうでしょうか?

きっと、心から楽しませてもらえるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました