おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ホタル】動画を無料(映画)フル配信で視聴/

邦画

『冬の華』、『鉄道員』など数々の名作を生みだしてきた降旗康男監督と主演高倉健さんのコンビによる映画『ホタル』は、東映創立50周年記念として制作された作品です。

美しい日本の四季を舞台に、時代に翻弄されながらも直向きに生きてきた夫婦の姿を描く本作品は多くの感動を呼び、日本アカデミー賞では13部門にノミネートされるなど高い評価を受けました。

日韓が抱える過去の痛みと、新たな時代に語り継がれるべき感動の物語をご紹介していきます。

映画『ホタル』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ホタル』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

ホタル【予告編】
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、高倉健さんの出演作品をお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

『高倉健』作品をお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『ホタル』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・現代

鹿児島県の桜島を望む知覧の町で養殖業を営む山岡秀治。

彼は、肝臓を患い人工透析を続ける妻の知子を見守りながら、静かな日々を過ごしていた。

そして、元号が昭和から平成に変わったある日、山岡の元にかつての戦友である藤枝洋二が雪山で自殺したとの報せが届く。

あの激しい戦時下を共に過ごした仲間の訃報に、彼はショックを受けるのだった。

 

・特攻隊時代

数日後、藤枝の孫の真実が山岡の元を訪ねてきた。

彼女から藤枝の遺品であるノートを見せてもらった山岡。

そこには、手紙の下書きと思われる文章が綴られており、山岡からの手紙で生きろと励まされていたことや、激動の昭和が終わりを告げ自分の生きる意味はなくなったと感じていると記されてあった。

そして、山岡はあの戦時下での特攻隊時代を振り返るのだった。

【 ネタバレ 】

・戦友の死

鹿児島県の知覧町で養殖業を営む山岡秀治は妻の知子と静かに暮らしており、子供のいない二人は漁船のとも丸を我が子のように大事にしていた。

元々、沖合業だった山岡だが、知子が肝臓を患い人工透析が必要な身である為、カンパチの養殖に携わるようになったのだ。

そんなある日、昭和が終わりを告げ平成となった頃、青森に住む戦友の藤枝洋二が亡くなったとの報せが届く。

しかも、雪山で自殺したらしく、悲しみのショックから山岡は落胆してしまう。

山岡と藤枝は、太平洋戦争時の特攻隊の仲間で、命を顧みない必死の攻撃隊の生き残りだった。

 

・消えぬ悲しみ

あの苦しい戦時下を生き抜いてきた仲間の死のショックは簡単に癒えるものではなく、山岡は毎年青森からリンゴを送ってきてくれていた藤枝へ想いを馳せていた。

そんな時、藤枝の孫の真実がこの知覧の町まで訪ねてきた。

真美は彼の遺品のノートを携えており、山岡はノートに目を通す。

すると、そこには手紙の下書きらしきものがあり、リンゴのお礼に山岡が返してくれる手紙に「生きろ」と励まされていたことや、激動の昭和が幕を閉じたことで、役目を終えた今の自分に生きる意味がないとも綴られていた。

山岡は、あらためて戦時下の特攻隊時代を思い出すように振り返るのだった。

 

・託された想い

こうして数日が経ち、山岡はかつて特攻隊員から知覧の母と慕われていた、富屋食堂の店主である山本富子から頼みごとをされる。

それは、山岡の上官だった金山文隆少尉の遺品を故郷に届けてほしいとの事だった。

特攻により命を落とした彼の本名はキム・ソンジェと云い、故郷韓国のお面飾りのついた財布を遺族に返して欲しいと言われ、山岡は断れなかった。

何故なら、山岡は金山から遺言を託されていたからだった。

それでも、彼は少し躊躇って(ためらって)もいた。

どうしても知子の身体が気がかりだったからだ。

だが、そんな折、担当の医者から彼女の余命が長くても一年半だと聞かされ、山岡は最後の思い出作りにと考え、知子を伴い韓国へ向かう事を決意する。

でも、本当はそれだけではなく、彼女を金山の遺族に会わせたいという気持ちもあったからだ。

実は、知子は金山の許嫁で、彼の戦死を知り後を追おうとしたが、山岡が止めてこれまで一緒に生きてきたのだった。

 

・伝えた想い

二人は海を渡り韓国の地に降り立った。

そして、金山の生家を探し当て訪ねるが、遺族たちは嫌悪感を露わにしながら「なぜ韓国人である自分の子供が死んで、日本人のオマエが生き残っている!」と罵ってきた。

すると、山岡は静かに金山から託された遺言を語り始める。

本来、必死の特攻隊員が遺言を残すことはない。

もし、残したとしてもすべて軍によって検閲される為、本当の言葉が伝わることはほぼ無かった。

当時の金山も同じことを口にしていたが、特攻を前に山岡に口頭で想いを残していたのだ。

「自分は大日本帝国の為に出撃するのではなく、恋人の知子や朝鮮にいる家族、そして朝鮮民族の誇りの為に戦う」。

これが託された言葉で、山岡はそのすべてをようやく伝えたのだった。

金山からの言葉を聞いた遺族は罵倒するのを止め、母親らしき女性が遺品を受け取る。

そして、山岡夫婦がその場を後にすると、還ってきた金山を追悼するように朝鮮民謡のアリランが流れてくるのだった。

 

・結末

帰りながら山岡がこれまで遺言を伏せてきたことを詫びると、知子は「ありがとう」と泣きながら寄り添ってきた。

そして、その夜、二人は夜空を舞うホタルを見つめながら、金山への想いを馳せるのだった。

それから、年月が流れ21世紀のある日、太平洋を望む海辺には年老いた山岡の姿があった。

彼は、すべての役目を終えたとも丸が炎に包まれていくのを、一人静かに見届けるのだった。

【 登場人物紹介 】

・山岡秀治・・・高倉健、高杉瑞穂(戦時中)

・山岡知子・・・田中裕子、笛木夕子(戦時中)

・藤枝洋二・・・井川比佐志、今井淑未(戦時中)

・金山文隆、キム・ソンジェ・・・小澤征悦

・藤枝真実・・・水橋貴己

・山本富子・・・奈良岡朋子

・緒形成文・・・小林稔侍

・竹本・・・夏八木勲

・鉄男・・・原田龍二

・山崎・・・石橋蓮司

・中嶋・・・中井貴一

・大塚久子・・・小林綾子

・鈴木・・・田中哲司

【 主題歌 】

『ホタル オリジナル・サウンドトラック』

【 感想 】

・高倉健さん演じる特攻隊の生き残り一人の生き様から、戦争によって翻弄された人の苦悩が伝わってきた。

・決して無くすことの出来ない戦争の悲惨さと、特攻隊員の悲哀が感じられ胸をうたれました。

・立ち振る舞いやちょっとした表情の違いだけで、語らずとも伝えてくる高倉健さんの素晴らしさをあらためて実感しました。

・亡くなった若者たちの命の尊さと、戦争がもたらす悲劇を伝えていく為に、後世に残ってほしい作品だと思う。

・この作品を観て、目を背けたくなるような悲しい歴史だけど、知らなければならないと思い直させてもらった。

・俳優、監督、スタッフと一流どころが揃っており、とても見応えのある作品だったが、若干偏った思想が色濃く反映されているようにも感じられた。

・方言の雑さが目立ち、序盤から違和感だらけで物語に集中できなかった。

・様々なテーマを詰め込み過ぎた感じがして、焦点が定まらない映画になっていたと感じた。

・時代が移ろう中で忘れてはいけない想いと、反戦への祈りをあらためて感じさせられた作品。

・韓国の反日感情を赤裸々に描いており、朝鮮民族の特攻隊員というエピソードを織り込んでいたのが斬新で印象に残っている。

・「人が人にできることは、そういうことだけ…」という台詞など、心に残る言葉が多かった。

・命の尊さをホタルに託していたところが、平和を願う静かな想いを感じさせてくれた。

・頼られた時にその人としっかりと向き合える人間でありたいと思わせてくれた作品だった。

・高倉健さんのファンである自分にとっては、まわりがどう評価しても大好きな作品です。

・語り継がれていかなければならない多くの事が詰まった作品で、たくさんの方に観てもらいたいと思う。

・父親や祖父からの説教が蘇ってくるように感じられた不思議な作品だった。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

朝鮮出身の特攻隊員を描いた数少ない映画の本作品は、史実が基になっている貴重な作品のひとつです。

太平洋戦争における朝鮮との関係がしっかりと伝わってきて、その隊員の複雑な心情も丁寧に描かれています。

主演を務めた高倉健さんにまつわるエピソードがいくつかあり、健さんの拘りと心遣いが表れた作品だとも言えるでしょう。

これからも継がれていかなければならないメッセージが籠められており、多くの方の目に留まってほしい作品です。

命の尊さを描く、映画『ホタル』おススメ致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました