おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【クローズZERO2】動画を無料(続編映画)フル配信で視聴/

邦画

『クローズZERO』は高橋ヒロシさんの人気漫画『クローズ』を基に、完全オリジナルストーリーで実写映画化した2部完結の人気作品です。

現在では主役級の俳優さんが数多く出演しており、1作目の公開から14年経った今も尚愛され続けています。

不良の巣窟である鈴蘭男子高等学校を舞台に、燃え尽きるまで熱く生きようとする男達の物語をご紹介していきます。

映画『クローズZERO1・2』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『クローズZERO1・2』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』です。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事佐藤浩市

『U-NEXT』では、『クローズZERO』作品を視聴いただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

『クローズZERO1・2』作品をお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

【 イチオシ映画 】

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品です。

TSUTAYA TV/DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ(2002年)

視聴 ▶

雲のむこう、約束の場所(2004年)

視聴 ▶

秒速5センチメートル(2007年)

視聴 ▶

星を追う子ども(2011年)

視聴 ▶

言の葉の庭(2013年)

視聴 ▶

君の名は。(2016年)

視聴 ▶

天気の子(2019年)

視聴 ▶

映画『クローズZERO1・2』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・クローズZERO

多くの猛者が集う県内随一の不良校である鈴蘭男子高等学校に転入してきた滝谷源治。

劉生会というヤクザの組長を父に持つ彼は、父が果たせなかった鈴蘭制覇を成し遂げて自分を認めさせようと考えていた。

そんな鈴蘭高校には数多くの派閥による覇権争いが激しく、これまでの歴史の中で番長としてまとめ上げた者はいない。

ここでの頂点を本気で目指す源治は頭角を現し始めるとG.P.Sを結成し、最大派閥である芹沢軍団とそれを率いる芹沢多摩雄と激しく争っていく。

だが、その一方で、下級生でありながら鈴蘭史上最強と謳われる一匹狼のリンダマンこと林田恵にも源治は勝負を挑むのだった。

 

・クローズZERO Ⅱ

ある日、かつて鈴蘭のトップ的存在だった川西昇が少年院から出所した。

彼は、殺しの軍団と称される鳳仙学園のトップ美藤真喜雄を刺殺した罪で服役していたのだった。

この事件をきっかけに敵対していた両校には休戦協定が結ばれていたのだが、川西の出所したことで綻びが生じることになる。

美藤の墓を参った川西は、現在の鳳仙学園幹部たちから復讐の標的とされ追われると、母校である鈴蘭高校に逃げ込んでいく。

そこで待ち受けた芹沢多摩雄と芹沢軍団は川西を庇うが、偶然現れた滝谷源治が挑発に乗り先に手を出してしまう。

こうして休戦協定が破られると、鈴蘭と鳳仙の全面抗争に発展していくのだった。

そして、この抗争にピリオドが打たれると、卒業を迎えた源治はリンダマンとの完全決着に挑む。

 

【 ネタバレ 】

・クローズZERO

・滝谷源治

県内随一の不良校である鈴蘭男子高等学校に編入してきた滝谷源治は、いまだかつて統べる者がいなかったこの学校の頂点(てっぺん)を獲る為だけにやって来た。

そんな彼は父親である劉生会滝谷組組長の英雄ですら果たせなかった鈴蘭制覇を成し遂げて、組を引き継ごうと考えていたのだった。

源治は、新学期初日にこの鈴蘭最大派閥のトップ芹沢多摩雄と出会うが、この時はまだ頂点を目指すにあたり、激しい闘いを繰り広げていく因縁の相手だとは知る由もなかった。

・芹沢多摩雄

各地から猛者が集う鈴蘭では数多くの派閥が激しい覇権争いを繰り広げており、その中でも芹沢率いる芹沢軍団は最大で、面倒くさいことが嫌いで一匹狼の源治は、最初から芹沢にタイマンを申し込む。

だが、軍団の中には旧知の辰川時生がおり、芹沢とやりたければ彼の弟子である2年のリンダマンを倒してからだと言われて一度は引き下がった。

だが、リンダマンは芹沢の弟子ではなく、どの派閥にも属さず覇権争いにも加わらない、鈴蘭最強と謳われる孤高の猛者だったのだ。

その事を知った源治は、編入初日に出会った矢崎組のチンピラ片桐の助言もあり、自分の組織結成を図ると、猛者どもを倒して傘下に収めていく。

・全面戦争

源治率いるG.P.S(GENJI.PERFECT.SEIHA)は、源治の知り合いの女性ルカが芹沢軍団の戸梶勇次に攫われたことをきっかけに、全面戦争を仕掛ける。

校内のあちこちで大乱闘が起きるなか、芹沢と源治はついに対峙した。

互いの意地をかけた激しい殴り合いの末、ボロボロになりながらも最後に立っていたのは源治。

僅差ながらも彼は芹沢との勝負を制したのだった。

こうして、鈴蘭制覇に近づいた源治はリンダマンとの最強を賭けた戦いに臨む。

・リンダマン

リンダマンこと林田恵は2年生ながらも別格や怪物と呼ばれており、喧嘩では負けたことのない鈴蘭史上最強の男と称され、あの芹沢でさえ一目置いていた。

真の頂点に立つ為にリンダマンに挑んだ源治だったが、成す術なく圧倒されて負けてしまう。

それでも、あきらめない源治は来る日も来る日も挑み続けるのだった。

 

・クローズZERO Ⅱ

・因縁と休戦協定

かつて鈴蘭のトップに限りなく近い存在だった川西昇は、当時敵対していた鳳仙学園のトップ美藤真喜雄を抗争の際に刺殺し、少年院に服役していた。

そして、出所した川西は美藤の墓を参るが、そこに現在の鳳仙幹部の一人である的場が仲間を引き連れ待ち伏せしていたのだった。

彼等の追い込みから必死に逃げる川西は、かつての母校鈴蘭へ向かう。

すると、そこにいたのは芹沢軍団で彼を庇うように追いかけてきた鳳仙の連中と揉めはじめるが、休戦協定が結ばれている為、双方とも先に手を出さないようにしていた。

実は、川西が美藤を刺殺した事件以降、両校の間には休戦協定が結ばれており、全面抗争は避けられていたのだった。

しかし、その最中、偶然現れた源治はその事を知らず、挑発されると簡単に手を出してしまう。

こうして、休戦協定が破られ鳳仙との全面戦争は避けられないものになった。

・殺しの軍団

鳴海大我をトップに幹部以外は全員がスキンヘッドの鳳仙学園は、周囲から殺しの軍団と恐れられている屈指の不良高校で、統率力は間違いなくナンバーワンだった。

鳴海は今回のことで本気で鈴蘭を潰しにかかる。

一方、休戦協定を破った張本人である源治はG.P.Sだけで鳳仙に対抗しようと考えていたが、この事を知った時生は芹沢と手を組むように提案する。

芹沢と源治の両方の友人である時生は、相変わらず仲の悪い二人の間を取り持とうとするが、溝は埋まらず話はまとまらなかった。

すると、宣戦布告ともいえる鳳仙の奇襲攻撃により筒本と戸梶がやられたのを皮切りに、その後もカラス狩りと称される鈴蘭への攻撃はエスカレートしていくのだった。

・G.P.Sの解散

統率力に勝る鳳仙に今のままでは鈴蘭に勝ち目がないのは一目瞭然で、源治を取り巻く伊崎たちはやきもきしてしまう。

そんな時、鈴蘭から鳳仙に転校したばかりの鷲尾が自分の手柄を先走り、鈴蘭の体育館に火を放つ。

すると、焼失する体育館を見て責任感の強い時生は自分でカタを着けようとするが、それを力づくで抑え込もうとした源治を寸での所で芹沢は止める。

頭の手術を終えたばかりの時生が見せた覚悟を目の当たりにして、源治はあらためて考え直すのだった。

・鈴蘭VS鳳仙

凰仙へ出向き鳴海に対して宣戦布告した源治は、校内放送で呼びかけるも人が集まらない。

その様子を確認するとG.P.S解散を宣言して彼はその場を後にすると、単身で鳳仙に乗り込んでいくのだった。

残された連中は、源治がこれ以上仲間の血を流すまいと覚悟していったことを悟り、気持ちを一つにする。

その頃、源治は殺しの軍団に一人で立ち向かっていた。

すると、鈴蘭軍団を引き連れた芹沢が現れ「ウチの大将に随分な事してくれるじゃねえか」と言い放つのだった。

凰仙のトップ鳴海は「屋上まで上がってこい、そこでタイマンだ」と言い残すと、鈴蘭の連中を蹴散らしながら先に屋上へ上がっていく。

激しい戦いが繰り広げられる中、源治も屋上を目指す。

屋上まであと一歩まで迫ると芹沢は源治を先に行かせ、凰仙の狂戦士と云われる漆原凌とタイマンを張り、最後は豪快な飛び蹴りで倒す。

一方、屋上で鳴海と激しい戦いを繰り広げていた源治は、なりふり構わない殴り合いの末フラフラになりながらも辛うじて勝利するのだった。

こうして、凰仙と鈴蘭の全面戦争は幕を閉じた。

・結末~卒業~

全面抗争を終えた源治と芹沢らも卒業の日を迎えた。

鈴蘭全員が注目するなか、源治はまだ一度も勝てていないリンダマンとの最後の勝負に挑む。

芹沢の応援を受けた源治は強烈なボディへのパンチで初めてリンダマンの膝をつかせると、勢いをつけて飛び掛かっていくのだった。

【 登場人物紹介 】

・シリーズ共通キャスト

G.P.S(GENJI.PERFECT.SEIHA)

・滝谷源治・・・小栗旬

・伊崎瞬・・・高岡蒼甫

・牧瀬隆史・・・高橋努

・田村忠太・・・鈴之助

芹沢軍団

・芹沢多摩雄・・・山田孝之

・辰川時生・・・桐谷健太

・戸梶勇次・・・遠藤要

・筒本将治・・・上地雄輔

・三上学・・・伊崎右典

・三上豪・・・伊崎央登

第24期生

・林田恵(通称リンダマン)・・・深水元基

・鷲尾郷太・・・波岡一喜

海老塚中トリオ

・桐島ヒロミ・・・大東俊介

・本城俊明・・・橋爪遼

・杉原誠・・・小柳友

 

・クローズZEROのみ登場

・阪東秀人・・・渡辺大

・千田ナオキ・・・武田航平

・山崎タツヤ・・・鈴木信二

 

・クローズZERO Ⅱから登場

第21期生

・川西昇・・・阿部進之介

鳳仙(ほうせん)学園

・鳴海大我・・・金子ノブアキ

・的場闘志・・・阿部亮平

・熊切力哉・・・大口兼悟

・芝山隼人・・・蕨野友也

・漆原凌・・・綾野剛

・美藤竜也・・・三浦春馬

・美藤真喜雄(回想故人)・・・山口祥行

【 主題歌 】

『クローズ ZERO』オリジナル・サウンドトラック

『クローズ ZERO2』オリジナル・サウンドトラック

https://twitter.com/haya0503/status/987536792130736128

【 感想 】

・現在では主役級の俳優達が勢揃いしており、見応えがあった。

・迫力のアクションシーンは圧巻だった。

・ベタな不良少年の喧嘩ストーリーだが、そこがツボにハマり最高に面白かった。

・とにかく抜群にカッコよく、スカッとする映画だった。

・個性豊かなキャラクターが印象的で、中でも山田孝之さんの存在感が際立っていた。

・喧嘩シーンに注目してしまいがちですが、脚本が面白くテンポの良さが時間を短く感じさせてくれた。

・公開当時は特に惹かれることのなかった作品でしたが、観直すと不思議と心を鷲掴みにされてしまった。

・もうここまでキャスティングされることはないと思うので、とても貴重な作品だと感じています。

・オリジナルストーリーですが、原作の雰囲気を感じられて、イメージを崩すことなく楽しめました。

・青臭い台詞もかなり多いのですが、それがカッコよく感じてしまうのは俳優さんたちの演技が素晴らしいからだとあらためて思わせてくれた。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

正統派不良漫画を実写映画化した『クローズZERO』は、原作のファンからも好評を得られた作品です。

特に中心となる二人を演じた小栗旬さんと山田孝之さんの存在感が圧巻で強く印象に残り、ド迫力の喧嘩シーンは大きな見所で、気持ちがスカッとすることは間違いないでしょう。

ベタなストーリー展開ですが、かえってそれが面白さに拍車をかけており、何度も観直したくなる程です。

ここまでの俳優さんが揃う事は恐らくないでしょうから、貴重な作品のひとつとしておススメ致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました