おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ラスト サムライ】動画を無料(映画 吹き替え)フル配信で視聴/

邦画

トム・クルーズさん主演のアメリカ映画『ラスト サムライ』は、明治時代の侍の姿を描く物語で渡辺謙さんを始めとする多くの日本人俳優が出演し大きな話題を呼びました。

親日派で知られるトム・クルーズさんが制作にも携わった本作品は、多くの方に感動を与え、今も尚愛され続けています。

史実とは異なる為、細かな設定では違和感を抱く方もおられるでしょうが、純粋に日本の美しさと侍の魂を感じさせてくれる映画です。

それでは侍の遺志を継いだアメリカ人の生き様を覗いていきましょう。

『映画 聲の形』は、大今良時(おおいまよしとき)さんによる漫画『聲の形』を原作としたアニメーション作品で、聴覚障害を持つ少女と彼女をいじめたことにより孤独となった少年の物語を描き、大きな反響を呼びました。

また小規模の公開であったにもかかわらず、最終的な累計動員数が177万人を突破し、興行収入も23億円を記録しています。

いじめや差別を通して人間の持つ残酷さと優しさについて、あらためて向き合うことが出来る本作品をご紹介していきます。

映画『ラスト サムライ』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ラスト サムライ』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』です。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事佐藤浩市

『U-NEXT』では、トム・クルーズの出演作品を視聴いただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

トム・クルーズの出演作品をお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

【 イチオシ映画 】

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品です。

TSUTAYA TV/DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ(2002年)

視聴 ▶

雲のむこう、約束の場所(2004年)

視聴 ▶

秒速5センチメートル(2007年)

視聴 ▶

星を追う子ども(2011年)

視聴 ▶

言の葉の庭(2013年)

視聴 ▶

君の名は。(2016年)

視聴 ▶

天気の子(2019年)

視聴 ▶

映画『ラスト サムライ』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・新時代明治

明治という新しい時代を迎え、新政府は西洋文化を急速に浸透させようとしていた。

戦においても同じで、刀を捨て、銃を主体とした軍隊の整備が目下の課題となり、大臣で実業家でもあった大村はアメリカ軍との繋がりを頼りに経験豊富な軍人を教授職として招聘するのだった。

 

・反乱軍との戦い

南北戦争の英雄とされるネイサン・オールグレン大尉はゼブロン・ガント軍曹と共に来日すると、明治天皇との謁見を経て軍隊の訓練を指揮するが、元農民が主体の為、すぐには使い物にならない。

すると、不平士族の領袖(りょうしゅう)である勝元盛次率いる反乱軍に鉄道を襲撃され、新政府軍が出撃し戦となった。

だが、充分な訓練が積まれておらず未統率の新政府軍は反乱軍に圧倒され、ガント軍曹は戦死しオールグレン大尉も捕らわれてしまうのだった。

 

・侍の生き様

傷つきながら捕虜として連行される際、オールグレンは敗れた新政府軍の幹部が切腹する様を目の当たりにする。

反乱軍の住む村へ連れていかれた彼は、優しく介抱してくれる村人たちに感謝しながらも戸惑いを隠せない。

そんな日々を過ごしていくうちにオールグレンは、武士として生きる彼等に魅せられていく。

その様子を見ていた勝元も彼を拒絶せず、武士道について説き伝えるのだった。

【 ネタバレ 】

・英雄の苦しみ

日本は明治維新後、新政府による近代化が進められ西洋文化が急速に浸透しつつあり、武士たちは強い反発心を抱いていた。

銃を主体とした西洋式軍隊の整備を急ぐ新政府は、アメリカから軍の教授職として南北戦争の英雄と称されるネイサン・オールグレン大尉を招くのだった。

そんなオールグレンは、先住民族であるインディアンとの戦いにおいて上官の命令に従ったとはいえ、罪もない無抵抗の人間まで撃ち殺した事への罪の意識に苛まれており、その悪夢を振り払うように酒に溺れる日々を送っていた。

そして、銃火器メーカーのウインチェスター社に勤務していたものの、英雄と煽てられ広告塔として利用されている事に納得がいかず、巨額な報酬の日本からの誘いを直ぐに引き受けたのだった。

 

・武士との出会い

僚友のゼブロン・ガント軍曹と共に来日したオールグレンは、明治天皇との謁見を終えるとすぐに軍隊の訓練の指揮を執る。

だが、ほとんどが農民上がりの為、戦力にはなっておらず、銃の扱い方を指導するだけでも苦労してしまう。

そんな中、新政府が建設していた鉄道が反乱軍に襲撃されると、軍隊に出撃命令が下されるが、オールグレンはまだ実戦が出来る状態ではないと拒む。

しかし、大臣の大村は出撃を強行し、止むを得ず戦場に向かうが新政府軍は敗れ、オールグレンは反乱軍に捕虜として連行されるのだった。

反乱軍を率いる勝元の屋敷に連れられたオールグレンは、丁重に介抱され戸惑いを見せる。

村では蛮人と罵られていたが、次第に優しく迎えられるようになり、村人たちの生活に馴染み始めると、彼自身の気持ちも変化していくのだった。

 

・侍

勝元とオールグレンは大将と捕虜の関係だけではなく、国をも越えて互いを理解し始めていた。

勝元は自ら英語を学び、オールグレンは武士道を極めようと志す。

侍に憧れたオールグレンは積極的に剣術の稽古に励み、ついには勝元に次ぐリーダーである氏尾との勝負で引き分けに持ち込むのだった。

すると、これを機に侍たちのオールグレンに対する見る目が変わり、更に打ち解けていく。

だが、彼の世話係である勝元の妹たかだけは心を許さなかった。

何故なら、たかの夫である広太郎を先の戦で殺したのがオールグレンだったからだ。

その事は彼自身も気がかりで片言の日本語でたかに詫びると、「主人は侍としての本懐を遂げた」と彼女は答え、許すように「あなたもすべきことをしただけです」と告げるのだった。

こうして本当の村人のように溶け込んだオールグレンが村の祭りに参加していると、大村が仕向けた間諜(かんちょう)が襲撃してくる。

勝元たちと共に戦い間諜を退けたオールグレンは、村人に侍の一員として認められるのだった。

 

・決戦

年が明け春になる頃、あれだけ罪の苦しみに苛まれていたオールグレンはすっかり気持ちが穏やかになり、悪夢にうなされることもなくなっていた。

そんな時、桜の花を見ながら武士道について説いていた勝元は天皇に呼ばれ東京へ向かうと告げ、オールグレンも同行することになる。

政府に帰還した彼は、大村から不平士族討伐軍の指揮官就任をオファーされるが、それを断りアメリカに帰国することを決めた。

すると、大村から刺客を仕向けられ取り囲まれるが、彼等を一蹴する。

一方、元老院の一員として呼ばれた勝元だったが、廃刀令に従う気はなく、天皇にお伺いを立てるも返答してもらえず、すっかり骨抜きとなった様子に落胆しその場を後にするのだった。

その後、監禁拘留された勝元の元へオールグレンが現れ彼を解放しようとすると、そこに侍たちも駆け付ける。

何とか脱出を果たすも、この時の交戦で勝元の息子信忠は命を落としてしまうのだった。

無念を引き摺りながら彼等と共に村に戻ったオールグレンは、反乱軍の一員として政府に立ち向かう事を決意する。

すると、たかは亡き夫広太郎の朱色の鎧を纏うように告げ、彼は勝元から託された刀を手に政府軍との決戦に臨むのだった。

 

・ラストサムライ

近代兵器を手に入れ軍が統率されたこともあり、必ず油断からスキが生じると睨んだオールグレンは、敵をおびき寄せてからの接近戦を提唱し勝元も賛同する。

最初の一戦は大勢の犠牲を出しながらも辛うじて勝利するが、2連隊を投入してくる政府軍に対抗できず、瀕死の勝元とオールグレンの二人だけが傷つきながらも生き残った。

すると、最期を悟った勝元は侍としての名誉の死を望み、オールグレンの力を借りると「見事だ」と遺して本懐を遂げた。

そして、政府軍の兵士たちは最後の侍に敬意を表し、跪いて頭を下げるのだった。

 

・結末

最期の最後まで武士道を貫き通した勝元。

それを傍で見届けたオールグレンは、天皇と謁見すると勝元の遺した刀を授け「武士道を貫き、天皇に仕えた人間がいたことをお忘れなきように」と伝える。

勝元の刀を手にした天皇は彼からの教えを思い出すと、目覚めたように魂の宿る真の国家を目指すことを決意し、勝元の生き様を聞かせて欲しいとオールグレンに告げた。

そして、淡き瞳の色の侍が帰った先は、たかの待つあの村だった。

【 登場人物紹介 】

・ネイサン・オールグレン大尉・・・トム・クルーズ

・勝元盛次・・・渡辺謙

・氏尾・・・真田広之

・たか・・・小雪

・信忠・・・小山田真

・サイモン・グレアム・・・ティモシー・スポール

・ゼブロン・ガント軍曹・・・ビリー・コノリー

・大村松江・・・原田眞人

・飛源・・・池松壮亮

・明治天皇・・・中村七之助

・ベンジャミン・バグリー大佐・・・トニー・ゴールドウィン

・寡黙なサムライ(ボブ)・・・福本清三

【 主題歌 】

『オリジナル・サウンドトラック ラスト サムライ』 ハンス・ジマー

【 感想 】

・人としてあるべき姿を描いた作品だと感じた。

・何度観ても感動する。

・霧の中から現れてくるシーンが強く印象に残った。

・戦のシーンは圧巻で、身震いがした。

・気高く美しい散り際に男の美学を感じさせてもらった。

・細かな設定はともかく侍に対する敬意を感じることが出来た。

・テンポが良く2時間半があっという間だった。

・トム・クルーズ、渡辺謙、この二人の存在感がずば抜けていた。

・日本を舞台としたアメリカ映画としてこれからも語り継がれて欲しい作品。

・迫力のある映像と色調、そしてメリハリのあるストーリー展開、すべてにおいて秀逸な作品。

・この作品を心から楽しめる人間でありたいと思わせてくれた作品です。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

文字通り最後の侍の生き様を描いた『ラスト サムライ』は、男の美学に拘り抜いた作品だと感じさせてくれます。

一方、慎ましやかな女性の美しさも描いており、色々な視点から日本の美しさを捉えた作品とも言えるでしょう。

キャスト全員が素晴らしい演技を見せてくれますが、中でもトム・クルーズさんと渡辺謙さんの存在感が際立っており、いつまでも余韻と感動が胸に残ります。

美しい色彩で描かれた奥行きのある物語を、是非ご堪能下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました