おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【座頭市】動画を無料(映画)フル配信で視聴/

邦画

北野武作品では初の時代劇となった本作品『座頭市』は、ヴェネチア国際映画祭で監督賞にあたる銀獅子賞を受賞するなど海外で高い評価を受けた作品です。

あの名優、勝新太郎さんの代表作である座頭市シリーズをモチーフとしたオリジナル作品で、これまでにはない演出で、新たな時代劇の世界観を創り上げました。

大きな反響を呼んだ話題作をご紹介いたします。

映画『座頭市』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『座頭市』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、勝新太郎、ビートたけしが演じた“座頭市”に綾瀬はるかが挑戦した作品『ICHI』をお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

「ICHI」作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『座頭市』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・謎の男

一風変わった見た目の寡黙な男がある宿場町にやって来た。

この宿場町はここら辺を取り仕切るヤクザに支配されており、町民はヤクザに怯え苦しい生活を強いられていた。

その寡黙な男は、偶然知り合った野菜売りの百姓女と出会い、しばらくその家に厄介になる事になった。

 

・盲目の剣客

金髪という変わった風貌のその男は、盲目らしいが恐ろしく腕の立つ剣客だった。

そんな彼は賭場に通い、勝ち続けていたが、ある日芸者の姉妹に金を狙われてしまう。

しかし、それに気づいた彼は二人を諫めると、幼き頃に襲われた盗賊への復讐の為に旅していると聞かされる。

そして、その姉妹の仇敵がこの宿場町を仕切るヤクザだとわかると、やがて二人の為に剣を振るうことになるのだった。

【 ネタバレ 】

・市

とある峠道。

ヤクザ者が子供を使って一息ついている金髪頭の男から朱塗りの杖を奪い取ると、「市」と声をあげる。

その杖を手にしたヤクザ者が、これがなければ何も出来まいと口にしながら近づいた瞬間、その男は杖に仕込まれた刀を抜いて斬り殺すのだった。

その後も襲い掛かってきたヤクザ者を突き殺すと、残った連中は尻尾を巻いて逃げていく。

朱塗りの仕込み杖を手にした男は盲目らしく、居合の達人でもある彼は「座頭の市」とも呼ばれていた。

そんな彼は宿場町まで行くと、野菜を売りに来ていた百姓女のおうめと知り合いになり、しばらく世話になることになるのだった。

 

・用心棒

市は、おうめからこの宿場町がこの辺を牛耳るヤクザの銀蔵一家の支配下にあり、町民がやりたい放題の彼等の悪事によって苦しい生活を強いられていると聞かされる。

そんな市は按摩(あんま)さんと呼ばれ幾日か過ごしていくが、彼のことを知る者から夜道で狙われることもあった。

一方、大名の御前試合で敗れた浪人の服部源之助は、病の妻おしのを連れこの宿場町に流れ着いており、薬代を稼ぐために飲み屋で用心棒の仕事を探していた。

そして、その飲み屋に借金の取り立てにきた銀蔵一家の手下たちに絡むと、銀蔵から剣の腕を見込まれ雇われるのだった。

ある夜、飲み屋で飲んでいた市はそこに訪れた源之助と鉢合わせになり、ひょんなことから朱塗りの杖が仕込み刀だと知られてしまう。

すると、「ただの按摩じゃねえな」と源之助に絡まれ刀を抜き合うが、その場はお互いの力量を感じ取りながらも別れるのだった。

 

・復讐

翌日、賭場に出掛けた市は音を聞き分け勝ちまくると、そこで新吉という男に出会う。

二人は遊郭に繰り出し芸者の姉妹と共に過ごすが、金を狙って近づいてきたことに気づいた市は諫めるように話し始める。

姉のおきぬが使う三味線が仕込み刀である事を指摘した市は、妹のおせいが男だと見破り、二人の過去について話を聞いていく。

鳴門屋という米問屋の子供だった二人は、幼い頃に盗賊に襲われ家族全員が殺されてしまい、復讐を果たす為に旅を続けているとのことだった。

 

・結末

相変わらず復讐相手の手がかりを見つけようとしていたおきぬとおせいの姉弟は、飲み屋で扇屋を紹介してもらいお座敷に呼ばれるが、そこにいたお代官の無礼な態度におきぬが激怒し三味線のバチで殴ってしまう。

その頃、新吉と一緒に賭場にいた市はイカサマを見抜き、そこを仕切る銀蔵一家の手下たちを斬り殺して立ち去っていく。

その後、何とか逃げおおせたおきぬとおせいの姉弟は、市たちと合流するとおうめの家へ連れていってもらう。

おうめの甥っ子だった新吉はこの姉弟を匿うように話し、二人の事情を知ったおうめは「くちなわの親分」と耳にすると、くちなわとは蛇の事だと告げる。

そして、おうめの話などから銀蔵一家と手を組む扇屋が鳴門屋を襲った盗賊だと確信した姉弟は、扇屋へ乗り込もうとするのだった。

扇屋へ向かう途中飲み屋に立ち寄った二人は、店主からあの夜の騒ぎの事を聞かれると、おうめの家にいた事とそこに按摩も一緒だったと答えてしまう。

実は、この店主こそ「くちなわの親分」で、按摩が凄腕の剣客「座頭市」と既に知っていた。

その夜、彼はおうめの家へ手下たちを向かわせ、市もろとも焼き払うように命ずるのだった。

だが、市はそこにはおらず、おうめと新吉は逃げ出すが家は全焼してしまう。

一方、扇屋のお座敷にて銀蔵たちの相手をしていたおきぬとおせいの姉弟は、鳴門屋の子供だと素性がバレており、多くの手下に囲まれ窮地に陥っていた。

すると、そこに市が現れ姉弟を助けると、銀蔵一家を壊滅に追い込み、逃げる銀蔵を追っていくのだった。

追っていった先で待ち構えていたのは用心棒で元浪人の服部源之助。

間合いを詰め対峙した源之助は、相討ちながらも自分が斬られる場面を頭に浮かべてしまうが、それを振り払うように刀を抜く。

ほぼ同時に刀を抜いた市は相討ちになるが、僅かに早く源之助を斃すのだった。

後日、壊滅した銀蔵一家と閉められた扇屋を横目に、町民は活き活きしており平和な雰囲気に包まれていた。

しかし、その日の夜、静寂の闇の中、市は厳しい表情のままある者の元へ向かっていく。

次々と襲ってくる刺客を一蹴すると、そこには飲み屋の店主こと「くちなわの親分」の姿があり、彼は「盲蓋(めくら)のくせによく見破った」と告げる。

すると、市は静かに目を開け「盲蓋の方が見えることもある」と話し、くちなわの親分を斬り殺す。

そして、露わになった背中の蛇を碧眼(へきがん)で睨みつけるのだった。

市はこの碧眼を隠すように、ずっと盲目のフリをしていたのだ。

翌日、踊りながら祭りを心から楽しむ町民たち。

その頃、市は静かに町を去っていたのだった。

【 登場人物紹介 】

・ビートたけし・・・市

・浅野忠信・・・服部源之助

・夏川結衣・・・服部の妻おしの

・大楠道代・・・おうめ

・ガダルカナル・タカ・・・新吉

・大家由祐子・・・芸者姉妹の姉おきぬ

・橘大五郎・・・芸者姉妹の妹おせい、実は弟の清太郎

・岸部一徳・・・銀蔵一家親分、宗家の銀蔵

・石倉三郎・・・扇屋

・柄本明・・・ 飲み屋の主人、実はくちなわの親分

・樋浦勉・・・飲み屋の老人

・国枝量平・・・鳴門屋主人

・朝倉伸二・・・鳴門屋番頭平八

【 主題歌 】

『座頭市 オリジナル・サウンドトラック』 鈴木慶一

【 感想 】

・若い人でも見られる時代劇で面白かった。

・別物として見ればいいのでしょうけど、座頭市と言えば勝新太郎さんというイメージが強すぎて受け入れられなかった。

・殺陣のシーンは迫力があり見どころがあったが、ストーリーとしてはおざなりでここまで高い評価を受けたことが理解できない。

・海外の方にはウケる時代劇だと思いますが、日本人としては賛否両論のある作品だと感じた。

・スピード感、テンポの良さ、アクションが良く、とても楽しめた。

・色々感想はあると思いますが、最後のタップダンスシーンは新時代劇という感じで個人的には好きな作品になった。

・北野武作品ならではの虐殺シーンが印象に残り、アクション重視の方にはおススメしたい。

・盲目ではないという発想と、開眼シーンの演出には驚きしかなかった。

・何もかもが無茶苦茶に感じる時代劇なのですが、新たな時代劇の表現としてはアリだと思う。

・良くも悪くも新感覚で、観る方の好みがハッキリと別れる作品だと思います。

・座頭市としては懸念が残り、どうしても認められない。

・所々で見られるシュールな笑いと、とにかく斬りまくる痛快さは、北野武の個性全開だと感じた。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

主人公のモチーフ以外はすべてがオリジナルの本作品『座頭市』は、北野武さんにしか描くことが出来ない作品だと感じさせてくれます。

独特なストーリーとスピーディーなアクションシーン、そしてタップダンスを取り入れたラストシーンなどすべてが新感覚の時代劇です。

また、最後に明かされる真相は、誰にも予想出来ないでしょう。

新たな時代劇として、特に若い世代の方におススメです。

時代劇と云う固定観念に囚われず、映画そのものの面白さを味わってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました