おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【僕だけがいない街】動画を無料(映画)フル配信で視聴/

邦画

劇場用映画『僕だけがいない街』は三部けいさんによる人気SFサスペンス漫画を原作としており、映画に先立ちTVアニメが放送され、そして本作品が公開されると、その後、配信ドラマと続いて制作された大人気作品です。

それぞれが原作と違う結末を迎えるため、様々な意見や感想が多く寄せられるなど、大きな反響も呼びました。

何度も時を超え、ある事件の真相を明らかにしていくサスペンスミステリーをご紹介していきます。

映画『僕だけがいない街』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『僕だけがいない街』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画 『僕だけがいない街』予告編【HD】2016年3月19日公開
映画『僕だけがいない街』特報
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』です。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事佐藤浩市

『U-NEXT』では、藤原竜也の出演作品を視聴いただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

藤原竜也の出演作品を視聴する ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

【 イチオシ映画 】

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品です。

TSUTAYA TV/DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ(2002年)

視聴 ▶

雲のむこう、約束の場所(2004年)

視聴 ▶

秒速5センチメートル(2007年)

視聴 ▶

星を追う子ども(2011年)

視聴 ▶

言の葉の庭(2013年)

視聴 ▶

君の名は。(2016年)

視聴 ▶

天気の子(2019年)

視聴 ▶

映画『僕だけがいない街』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・リバイバル

2006年、売れていない漫画家の藤沼悟は今日も編集から原稿にダメ出しを食らって、気落ちしながらピザ屋のバイトをしていた。

すると、またあれがやって来た。

リバイバルだ。

自分の周囲で起きる何か不幸な事を解決しない限り、同じ時間が繰り返される。

今日は、小学生が車に轢かれてしまうようだ。

悟は何とか小学生を違う道へと案内して、気を失いながら運転しているトラックの運転手へ呼びかけ続けたが、自分が事故ってしまう。

気がつくとバイト仲間の片桐愛梨の姿があり、トラックの運転手が心臓発作を起こしてあの時すでに死んでいたことを話してきた。

そして、何故、小学生が危ないってわかったのと聞いてくるのだった。

 

・母親殺しの犯人

愛梨から母親の佐知子が来ていると教えられワザワザと思いながら帰宅すると、本当に北海道から駆け付けてくれていた。

そんな佐知子と一緒に出掛けていると、またリバイバルがやって来た。

悟は子供の頃から、このリバイバルを何度も繰り返しており、佐知子に何か周りに違和感がないかと告げ、二人で周囲の様子に気を配り始める。

そして、佐知子が小さな子を連れている男に目をつけ携帯でその二人を追っていると、男は子供の手を離し一人で駐車場へ向かっていく。

すると、時間が通常に戻り、動き出すのだった。

帰宅した悟が昼間の違和感について尋ねると、佐知子はひとつの誘拐事件が未遂に終わったと答えた。

詳しく聞こうとする悟に気のせいよと話した佐知子だったが、その男に見覚えがあるらしくその事を伏せたまま「覚えているかい」と話を続ける。

それは悟が小学生の頃に起きた18年前の小学生連続誘拐殺人事件のことで、母は「あんたも危なかったんだよ」と話すのだった。

翌日、出かけていた悟が帰宅すると佐知子が刺殺されており、急いで救急車を呼んだ悟だが犯人らしき姿を見かけ追いかけていくと、罠に嵌ってしまう。

そして、母親殺しの犯人として追われ、逃げ場が無くなり追い詰められた悟に、再びリバイバルが起きるのだった。

【 ネタバレ 】

・18年前の事件

2006年、一度は雑誌に連載したもののすぐに廃刊となり、それっきり売れないままの漫画家である藤沼悟はピザ屋のアルバイトをしながら連載を目指していた。

今日も担当編集から原稿のダメ出しを食らった悟は、ピザの配達中にいつもの不思議な感覚に囚われる。

何故だか、突然、時間が逆戻りし繰り返されるのだ。

自分の周囲に起こる危険を回避しない限りこれは繰り返され、悟は幼い頃からリバイバルと呼んでいた。

彼はこの能力のせいで必要以上に他人と関わらないように生きてきたのだった。

この時のリバイバルは、道を渡る小学生が事故に遭遇するという事で、悟は未然に事故を防ぐが、自分が車に衝突してしまう。

奇跡的に無傷だった彼の傍にはバイト仲間の片桐愛梨の姿があり、何故小学生を救うことが出来たのかと不思議がっていた。

帰宅した悟を待っていたのは、自分を心配して北海道から上京していた母親の佐知子だった。

翌日、二人で買い物に出かけると再びリバイバルが起こり、悟は佐知子に周囲の違和感を探してと告げる。

そして、佐知子が小さい子を連れていた男に気づき、携帯にその様子を収めていたことで未然に誘拐事件を防ぐのだった。

だが、彼女はその男に見覚えがあり、その事を悟に伏せたまま18年前の事件を覚えているかと尋ねてきた。

はっきりと覚えていなかった悟は、昭和事件史という本で当時の事を調べ、少しずつ思い出していく。

北海道の石狩で起きた小学生の連続誘拐殺人事件は、すでに白鳥潤が犯人として逮捕されており死刑が確定していた。

しかし、潤と仲が良かった悟は信じられず、他に真犯人がいると佐知子に訴え続けていたのだ。

その当時、悟の主張を認めていなかった佐知子だが、昼間見た男こそがあの事件の真犯人だと気づき、今も真相究明に動いている元同僚に連絡するのだった。

その夜、佐知子はアパートまでつけてきたある男に刺殺されてしまう。

帰宅した悟は救急車を呼ぶが、わざと追わせるように仕向けた犯人の罠に嵌り、母親の殺害犯として追われることになる。

そして、追い詰められ逃げ道の無くなった悟が佐知子が殺される前に戻りたいと強く念じると、リバイバルが起こり、気づくとそこは18年前の1988年だった。

 

・雛月加代

小学生時代に戻ってしまった悟は、これから起こる連続誘拐殺人を防ぐことで未来の佐知子を助けることが出来ると考え、自分の身の回りで最初の犠牲者となったクラスメイトの雛月加代を救おうとする。

普段から遅刻しがちで周りと馴染もうとしない加代と仲良くなりたい悟は、彼女をしきりに気にかける。

そんな時、親友の小林賢也から彼女が文集に載せた作文を読んでみろと言われて目を通す。

「私だけがいない街」。

こう題された加代の作文には、彼女の苦しい胸の内を表すような内容が綴られており、悟は彼女を一人にしないと決意するのだった。

ある日、悟は公園で加代に友達になろうと声をかけ、「バカなの」と冷めたように言われてしまう。

そんな加代は悟は偽物だよねと話し始めると、皆に好かれようと本当の姿を見せていないと告げるのだった。

悟はそれを認めると「口に出していればそれが真実になると信じている」と話し、3月2日の自分の誕生会に誘う。

加代は私もそう思うと答えると、戸惑いながらも招待状を受け取り「したっけ」と帰っていくのだった。

彼女が死んだのは3月2日。

そこさえ乗り切れば助けられると信じていた悟は、加代の母親とその恋人からのネグレクトに気づき、担任の八代学に相談するが児童相談所がなかなか動いてくれないと知らされる。

それでも、何とかしようと必死に動いた悟だが、結局、加代を救うことが出来ず再びリバイバルするのだった。

 

・変わりつつある未来

現代に戻ってきた悟が警察に追われていると、そこに駆け付けた愛梨に助けられ彼女が居候している叔母の家に匿ってもらう。

そこで、昭和事件史を目にした悟は加代が殺された日付が3月3日になっていることに気づき、わずかだが未来が変わった事を知る。

その後、バイト先であるピザ屋の高橋店長に家で悟を匿っている事を知られた愛梨は、やむを得ず河川敷で一時的にやり過ごそうと考え、自分の携帯を渡して家へ戻った。

そんな時、悟が受け取った愛梨の携帯に、母親佐知子の携帯から「悟です。その場を動かないで。」とメッセージが届き、危ぶんだ悟が彼女の家へ向かうと火事になっていた。

慌てて火の中に突っ込んで愛梨を救い出そうとしていると高橋店長が現れ、ここは任せて逃げろと告げるのだった。

愛梨の家を後にした悟は佐知子が残したメモの連絡先へ電話し、佐知子の報道局時代の元同僚だと話す澤田真の元へ向かう。

彼は、現在も18年前の事件の真相を追っており、佐知子がその真犯人に気づいたと話していたと告げる。

この事実を知った悟は病院を抜け出した愛梨からの連絡を受けると、待ち合わせ場所へ急ぐが警察に囲まれ捕まってしまう。

しかし、その時再びリバイバルが起こり、加代が亡くなる前日の3月2日に戻るのだった。

 

・真相の究明

今度こそ加代を助けて未来を変えようとする悟は、賢也の手も借りて秘密基地と称した廃バスの使われていないアイスホッケーの倉庫に加代を匿うが、翌日、彼女から夜に謎の男が現れたと聞かされる。

その男が置いていった荷物の内容から、悟は彼が一連の誘拐殺人の真犯人と睨み、最終手段の自宅へ加代を連れていくのだった。

事情の説明を求める佐知子に、悟は「途中で投げ出さなかったらこうなった」と話す。

すると、よくやったと彼女は褒めながら加代や賢也にもカレーを食べていくように促して、八代に連絡を入れた。

こうして、翌日、ネグレクトから救い出された加代は保護され児童保護施設へと向かい、悟は加代の命を守る事に成功したのだった。

しかし、いつまでたってもリバイバルしない。

悟は真犯人を明かさない限りこのリバイバルは終わらないと思い、再び手掛かりを掴もうと奔走する。

そんな時、自宅に澤田が訪れてきて事件の話になると、悟は堪らず真犯人は別にいると主張し、澤田も同じ意見だと口にする。

そして、加代の話題になり、悟が八代から児童相談所がすぐに動くのは難しいと聞かされていたことを話すと、澤田はこっちの知っている事情と違うと答える。

そこで、八代が真犯人なのではと思い始めた悟は彼の動向に注目し、アイスホッケーの試合会場でも彼が狙いを定めたと思われるクラスメイトの美里から目を離さないようにしていた。

すると、美里がトイレに立つと何故か白鳥食品の軽トラックが立ち去っていき、攫われたと思った悟は追いかけ、声をかけてきた八代の車に乗り込むのだった。

その車内で怪しい雰囲気を感じた悟は、一連の事件の状況を話していく。

すると、特に表情も変えず聞いていた八代はすべてを認め、「小学生ながらに計画を先回りするとは」と感心しながら人気のない橋までやって来た。

車を降りた八代は事件について語り、そして、悟を抱え上げると橋から突き落とすのだった。

 

・結末

どうしようもない状況に諦めかけるが落下中にまたもリバイバルが起き、気がついたら悟は病院のベッドの上にいた。

ここは2006年で、最初の事故の直後だった。

ベッドの傍に居たのは愛梨ではなく加代で、お腹の大きい彼女は笑顔で賢也たちも後からくると話す。

その幸せそうな姿に安堵した悟は「大人になれたんだな」と思わず口にしてしまう。

その後、帰宅し佐知子の姿を見て未来を変えられたと確認すると、八代について調べを始める。

弁護士となった賢也から、八代が西園学と名を変え市会議員をしていると教えられると、彼が真犯人だと告げ、あの未遂に終わった誘拐事件の場所へと急ぐ。

そこで、18年ぶりの再会を果たした二人は場所を変え、事件について話し始める。

これまでの18年間も同じように誘拐殺人を繰り返してきた八代は、友人が少なく家庭環境にも恵まれない子供たちを孤独から解放してきたと話すが、悟はあんたに未来を奪う権利はないと怒りを露わにする。

そんな八代は、もうすべて終わりとナイフを取り出し自分の首を切りつけようとするが、悟が飛び掛かり二人は揉み合いになってしまう。

すると、ナイフが悟の首を切りつけ、そこに警察官を引き連れた賢也が駆け付けるのだった。

そして、八代は逮捕されるが、悟はそのまま命を落としてしまった。

それから10年後。

悟のお墓には佐知子と沢山の友人が訪れており、加代は娘を連れていて「あの時、救い出してくれてありがとう」と笑顔で告げる。

一方、愛梨は悟が描いていた漫画を読んでいた。

そこには「僕が守りたいものそれは君だよ、きみたちだ。たとえ僕だけがいない街でも笑っていて欲しい。」と、笑顔の仲間達が集うページがあった。

ゆっくりとかみしめるように本を閉じると、愛梨はカメラを構えファインダーを覗きこむのだった。

【 登場人物紹介 】

・藤沼悟・・・藤原竜也、中川翼(少年期)

・片桐愛梨・・・有村架純

・雛月加代・・・鈴木梨央、森カンナ(成人期)

・八代学(西園学)・・・及川光博

・藤沼佐知子・・・石田ゆり子

・小林賢也・・・福士誠治、木村聖哉(少年期)

・白鳥潤・・・林遣都

・雛月明美 – 安藤玉恵

・澤田真・・・杉本哲太

・須藤・・・淵上泰史

・高橋店長・・・高橋努

【 主題歌 】

『Hear 〜信じあえた証〜』 栞菜智世

栞菜智世(かんなちせ) – Hear ~信じあえた証~

https://twitter.com/jyona3warren/status/1347988065285926912
https://twitter.com/nonno5163/status/965235574146662400
https://twitter.com/koizy4/status/1390811524172713984

【 感想 】

・幼少期を演じていた子役たちの演技が素晴らしく、どんどんと物語の世界に惹きこまれていった。

・何故だかわからないが、この映画がきっかけで映画鑑賞が趣味になりました。

・原作ファンの自分からすると納得のいかない期待外れの映画だった。

・原作もアニメも知っていましたが、これはこれですごく面白く良いラストだったと思います。

・作品について何も知らなかった私にとっては、とても感動的でいつまでも余韻が続く映画でした。

・大味なつくりですぐに真犯人もわかりましたが、最後まで堪能させてもらいました。

・初見で観賞したら面白くて、原作、アニメ、ドラマと全部観たくなった。

・最後にタイトルの意味が分かると、ちょっと切なくなった。個人的にはこの幕引きの方が好きです。

・ちょっと展開が荒すぎてタイムリープの魅力が半減したと思う。

・ご都合主義で繰り返すリバイバルに呆れそうになったが「これが漫画で映画なんだ」と思い直すと、やっぱり面白いと感じてしまい、制作側のワナにハマった気がします。

・意図的なのでしょうが、ゆったりとした雰囲気で進んでいくサスペンスに自分は合わなかったと感じた。

・原作と比べると物足りなさを感じてしまうが、このラストは感動的で良かったと思います。

・先生は正義じゃなきゃという感じのセリフがグッと来た。

・原作と違うという方がいますが、私はとても味わい深く、心にささる作品だと思いました。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

まだ原作が完結しないうちに公開された劇場用映画『僕だけがいない街』は、オリジナルのラストシーンが心に残ると言われており、ほぼ原作通りに進んでいく序盤から、ラストに向けて大きく展開していくのが見どころの一つです。

また、初見の方は素直に楽しみ、すべてを知っている方は違いを楽しむというのが、この作品の味わい深さでもあるでしょう。

幼少期の子役をはじめとしたキャストの演技が素晴らしく、物語に惹きこんでくれます。

絶望の中でこそ見出せる希望を感じて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました