おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【いなくなれ群青】動画を無料(映画)フル配信で視聴/

邦画

『いなくなれ群青』は、河野裕さんの人気小説「階段島シリーズ」の第一作目を原作とした劇場用映画です。

主演を現在もブレイク中の横浜流星さん、ヒロインをモデルとしても活躍する飯豊まりえさんが務め、その謎めいた物語は大きな反響を呼びました。

謎の孤島を舞台に描かれた青春ミステリーをご紹介していきます。

映画『いなくなれ群青』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『いなくなれ群青』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

横浜流星×飯豊まりえ『いなくなれ、群青』新映像・真辺編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事佐藤浩市

『U-NEXT』では、横浜流星が出演した作品を視聴いただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

『横浜流星』作品を視聴する ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

【 イチオシ映画 】

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品です。

TSUTAYA TV/DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ(2002年)

視聴 ▶

雲のむこう、約束の場所(2004年)

視聴 ▶

秒速5センチメートル(2007年)

視聴 ▶

星を追う子ども(2011年)

視聴 ▶

言の葉の庭(2013年)

視聴 ▶

君の名は。(2016年)

視聴 ▶

天気の子(2019年)

視聴 ▶

映画『いなくなれ群青』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・階段島

人口およそ2000人のとある孤島「階段島」。

高校生の七草は気づくとここに居た。

いつどうやってこの島にやって来たのかは記憶に無く、周りの人々も同じだった。

でも、その疑問にこだわらなければ穏やかな日常を送ることが出来、七草も普通に学校に通うなどここの暮らしに馴染むようになっていた。

そんな時、見た夢のせいで眠りから目が覚めた七草が海辺を散歩していると、ある女性と出会うのだった。

 

・再会

彼女は真辺由宇。

七草の幼馴染でさっき見た夢にも出てきた。

そんな彼女が何故かこの階段島に現れ、転校生として紹介されるのだった。

そして、この再会がこれまでの平穏な日常を一辺させることになる。

誰よりも真っすぐな真辺は、自分の置かれたこの状況に納得がいかず、島から脱け出そうと謎の解明に動き出し、七草も巻き込まれてしまう。

そして、明かされた真相は、七草たちにとって残酷な現実だった。

【 ネタバレ 】

・真辺由宇

「私たちはいつかまたどこかで出会う」

この言葉が頭に響くと高校生の七草は目を開け、どこか孤島のような場所にいた。

すると、後ろにいた女性は「ここは捨てられた人がやって来る島。脱け出すには失くしたものを見つけなければならない」と告げる。

何故、どうやってこの島に来たのか七草には記憶がない。

でも、この階段島の住人は皆同じで、そんなことを気にせず穏やかな暮らしを送っており、七草も自然と日常に解け込んでいた。

あの時、この島の事を教えてくれたのはクラスメイトの堀で、他にはゲーム好きな佐々岡、クラス委員長だが委員長と呼ばれるのを嫌がる水谷などが居た。

いつもと変わらない、いつもの日常が、穏やかに過ぎていくが、ある日の早朝、七草は幼い頃の夢で目が覚めてしまい、何となく海へ向かう。

そんな七草は、この島の秘密についてある仮説を持っていたが誰にも口にしたことはなく、そのことを頭に浮かべながら歩いていた。

すると、見覚えのある女性の姿を見つける。

それは、さっき夢で見たばかりの真辺由宇だった。

 

・階段島の謎

真辺由宇と七草は、幼馴染で同級生だった。

そんな彼女は転校生として紹介されると「やっぱり納得がいきません」と言い放つ。

真辺もこの島までの記憶がなく、自分が置かれているこの状況に納得がいかないようで、不満を露わにしていた。

この島に来たことを納得している人はいないと話す担任のトクメは、ここでの生活で納得を見つけるしかないと告げる。

それでも、言っている意味が分からないと口にする真辺に、七草は「ゆっくりと探せばいいじゃないか、僕は久しぶりに君と一緒に授業を受けたい」と声をかけるのだった。

すると、彼女は「じゃ一緒に探して。そして一緒にここを出ると約束して。」と答え、彼は静かに頷く。

だが、七草は真辺がこの島に来たことがどうしても赦せなかった。

その後、何としても階段島の謎を明かしたい真辺は、周囲の人を戸惑わせながらも積極的に動き、七草は彼女のそばでフォローする。

そんな彼は、この階段島で度々起こる不思議な事などを教えていた。

その一つが、突然、住人が居なくなってしまうという事だ。

でも、それはその人が自分の失くしてしまったものを見つけたからで、ここでは特に珍しいことではなく、周りも気にしていない。

その後、タクシーに乗って真辺を遺失物係のある灯台へ案内した七草は、失くしたものを見つけた人はここを訪れるのだと説明する。

すると、そこに島で唯一の郵便局の配達人である時任が現れた。

真辺の話を聞いた彼女は、外部とは一切接触できず連絡手段は手紙しかないと説明し、納得がいかないのなら魔女に手紙を出せばいいと告げるのだった。

 

・残された落書き

真辺が謎にこだわり奔走している一方で、学校では音楽祭への準備が進んでおり、そんな中、中等部に所属する豊川のバイオリンの弦が切れてしまい、その演奏に心を打たれていた佐々岡は、彼女の為に弦を手に入れようと必死に探し回る。

そんな時、魔女と繋がると言われる階段の入り口に落書きが見つかり、そこには「魔女はこの島に過去ばかりを閉じ込めた。未来はどこにある?」と、ピストルと星のマークと共に書かれていた。

その朝、遅刻した七草は犯人と疑われ、普段から授業に出ていないナドも同様に疑いをかけられるのだった。

この真犯人が魔女について何か知っていると考えた真辺は、真相の究明を急ぎ、ますますクラスメイトを巻き込んでいく。

しかし、犯人探しに興味のない七草は、後から合流すると告げて、堀と一緒に海辺へ向かった。

七草は「真辺は危険」という手紙を堀から貰っており、彼は理想へと一途過ぎる真辺の危うさを語るのだった。

その後、女子寮へ向かった七草は飛び出してきた真辺に出くわすと、水谷から彼女が豊川を泣かせたと聞かされ追いかけていく。

すると、真辺は泣かせたのではなく勝手に泣いたのだと告げ、弦が切れた時に彼女が残していった母親宛の手紙が、元の世界での演奏会の招待状だったと話す。

そして、このままでいいわけがないと魔女へと繋がる階段を登った真辺だったが、登りきることが出来ないまま気を失い、目覚めるとそこは階段ではなく違う場所で、翌日の朝になっていた。

その朝、2度目の落書き「君たちは鏡の中にいる。君たちは何だ?」が見つかり、ナドが犯人扱いされたと知った七草は、誰かを庇っているのではと聞くが、はぐらかされてしまう。

そんな中、真辺は豊川と会うと必ず元の世界へ戻すと告げるが、彼女からこの島にきてホッとしたと言われ戸惑うのだった。

一方、佐々岡は相変わらず弦探しに奔走していたが、水谷は豊川から自分自身で弦を切った事を打ち明けられ、彼女が人前での演奏の失敗を怖れていることを知る。

そして、そのことを伏せて佐々岡に無謀なことは止めたほうがいいと告げた水谷は、「委員長は周りから良い人と思われたいだけだ」と言われてしまう。

それでも彼女は、佐々岡の想いの籠った手紙を魔女へと繋がる階段前に置いていくのだった。

 

・落書きの真犯人

その頃、真辺からの伝言を聞き海へ向かった七草は、彼女に会うと中学生の頃の思い出話になり「何故、あの時笑ったの」と聞かれる。

すると、困ったように黙っていた七草は、次に会った時に教えてくれる約束だったと話す真辺に、そんな約束はしていないと答えるのだった。

そうしているうちに音楽祭当日を迎え、結局、弦を見つけられず途方に暮れていた佐々岡だが、時任から郵便を受け取ると、表情を一変させ郵便バイクに乗って学校へ急ぐ。

学校に着くと水谷から豊川の事情を知らされるが、そのまま弦を手に豊川の元へ向かう。

すると、そこで彼女自身から話を聞いた佐々岡は、誰にだって逃げたいことはあると励ますのだった。

一方、七草はナドからあの階段を使った人を見たことがないと聞き、郵便配達の時任すら登っていない事を怪しみ、魔女なのかと彼女に問いかけるが否定されてしまう。

その頃、佐々岡に励まされた豊川は一時中断するも、真辺のピアノに助けられ無事に演奏を終えていた。

しかし、その後、豊川は忽然と姿を消し、探し回っていた七草と真辺たちが灯台に辿り着くと、そこで出会った時任から「この島ではよくあること」と告げられるのだった。

そして、夜が明けると階段の入り口で落書きする七草の姿があった。

彼が落書きの真犯人で、七草は真辺との別れを決意し書き記していたのだった。

 

・真相

七草は最初からこの島の謎に気づいていた。

遺失物係の灯台の中に入ると、一台のピンク電話がありベルが鳴り響く。

電話を取った七草は、自分が失くしたものはないと語り始める。

この階段島のすべての住民は、人が成長していく上で捨てていった人格の一部で、七草は七草自身が捨てた「悲観的な自分」だった。

その捨てられた人格が人となり、今以上の幸せを掴むことはないが、決して不幸にならない平穏な暮らしを営んでいたのだ。

そう真辺も、真辺自身が捨てた「理想の強すぎる脆さ」だった。

七草は自分が元の世界に戻りたいのではなく、真辺がこの世界に来たことが赦せないと話し、これまでの落書きはこの島の秘密に関わることだと説明する。

そして、決定的な秘密を明かさない事を条件に、真辺を元の世界に戻してほしいと訴えた七草は、灯台を後にすると、真辺を連れてあの階段を登っていくのだった。

 

・結末

階段を登り続けると雲が濃くなり二人のまわりを包んでいく。

自分と真辺は正反対だから一緒にいてはいけないと告げた七草は、彼女一人で島を出ていくように促す。

すると、真辺は「一緒にいてはいけない人間なんていない」と話すが、彼は「二年前、君と離れることが出来るから笑ったんだ」と告げ、彼女の手を離す。

すると、真辺は「必ず、また会おう。約束だよ。」と残して、雲の中に消えていったのだった。

その後、階段島には穏やかな日常が戻り、佐々岡たちは七草を気遣って花火でもしようなどと声をかけてきた。

そんな彼等に気遣わなくても大丈夫と話す七草は、ナドに自分が落書き犯であったことを明かし、すべてではないが自分の思っていたことを伝える。

放課後、七草は真辺と再会した時のことを思い出しながら海辺を歩いていた。

彼女はここに来るまでの3か月間の記憶がないと話していたが、実は七草自身も同じだった。

彼は、再会した時の彼女の制服を見て、それが元の世界で七草が通っていた高校のものだと気づいており、すでに二人が再会していたのだと確信していた。

そして、七草が彼女を傷つけないために「悲観的な自分」を捨てたのだと悟るのだった。

そんな彼が顔をあげて前を見つめると、その先には真辺の姿があった。

驚きながら声をかける七草に、また会おうって約束したからと答えた彼女は「私だけじゃダメなの。一緒じゃなきゃ意味がない。」と告げる。

涙ながらに「私がこの島に来たのは、現実の自分たちに間違っていると証明したいから…」と言った真辺は、ありのままの七草が良いと手を差し出してくる。

すると、柔らかな笑みを浮かべた七草は、彼女の手を握り返すのだった。

【 登場人物紹介 】

・七草・・・横浜流星、奥田康太郎(子供時代)

・真辺由宇・・・飯豊まりえ、石山えこ(子供時代)

・堀・・・矢作穂香

・佐々岡・・・松岡広大

・水谷・・・松本妃代

・豊川・・・中村里帆

・ナド・・・黒羽麻璃央

・時任(郵便局員)・・・片山萌美

・トクメ先生・・・伊藤ゆみ

・野中(タクシー運転手)・・・君沢ユウキ

・ハル(管理人)・・・岩井拳士朗

【 主題歌 】

『僕らの出会った場所』 Salyu

Salyu「僕らの出会った場所」Music Video

https://twitter.com/TQ_4_GO/status/1239769767239512065

【 感想 】

・美しく柔らかい世界観は、ラノベを読み終えたような爽やかさを感じさせてくれる。

・主人公の二人だけでなく、キャスト全員の創り出した淡い世界に、綺麗な青春を感じさせてもらった。

・少し謎めいたところが想像力を膨らませてくれて、とても面白い作品だと思いました。

・澄んだ空気のような世界観に惹きこまれて余韻に浸っていると、ふと社会性の強いメッセージが込められていたことに気づきました。

・どうしても原作とのイメージの違いを感じてしまった。でも、この作品自体はとても好きになった。

・叙情的に語りかけてくる言葉がちょっと苦手だった。

・ありえないほど純粋な恋愛と謳っていたが、まさにその通りの内容で、若い方達にとっては忘れられない作品になると思った。

・綺麗な映像、音楽と演出、何より役者さんの演技が素晴らしく、とても心に残った作品。

・繊細な絵画を見ているような感覚にとらわれる瞬間があった。

・原作の独特な世界観がしっかりと描かれていて、良い印象しか残らなかった。

・難解という声も聞かれますが、中盤で説明するような台詞もあって、自分的にはわかりやすかった。

・原作を知らなくても楽しめる作品。沢山の人に観てもらいたい。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

大人気シリーズを原作とした本作品は、美しい映像と純粋な恋愛を堪能できる青春ストーリーが大きな魅力だと思われます。

きっと、この映画を観た方は、キャラクター達の心情に共感してくれるはずです。

また、独特な世界観で謎めいた部分に戸惑う人もいるかも知れませんが、そこが本作品の特徴とも言えるでしょう。

『いなくなれ群青』、この意味深なタイトルの何かを、あなたも感じてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました