おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【聲の形】動画を無料(アニメ実写映画)フル配信で視聴/

アニメ映画

『映画 聲の形』は、大今良時(おおいまよしとき)さんによる漫画『聲の形』を原作としたアニメーション作品で、聴覚障害を持つ少女と彼女をいじめたことにより孤独となった少年の物語を描き、大きな反響を呼びました。

また小規模の公開であったにもかかわらず、最終的な累計動員数が177万人を突破し、興行収入も23億円を記録しています。

いじめや差別を通して人間の持つ残酷さと優しさについて、あらためて向き合うことが出来る本作品をご紹介していきます。

映画『聲の形』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『聲の形』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『聲の形』 本予告
映画『聲の形』 ロングPV
映画「聲の形」公開記念特番 ~映画「聲の形」ができるまで~ ロングバージョン
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』です。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事佐藤浩市

『U-NEXT』では、吉野北人の出演作品を視聴いただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

松岡茉優の出演作品をお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

【 イチオシ映画 】

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品です。

TSUTAYA TV/DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ(2002年)

視聴 ▶

雲のむこう、約束の場所(2004年)

視聴 ▶

秒速5センチメートル(2007年)

視聴 ▶

星を追う子ども(2011年)

視聴 ▶

言の葉の庭(2013年)

視聴 ▶

君の名は。(2016年)

視聴 ▶

天気の子(2019年)

視聴 ▶

映画『聲の形』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・孤立

退屈な毎日に飽き飽きしていた小学6年生の石田将也。

そんな彼のクラスに転校してきた西宮硝子は生まれつき聴覚に障害があり、筆談でのコミュニケーションをお願いしていた。

最初は物珍しそうに硝子に接していたクラスメイトだが、次第に鬱陶しくなり始めると、将也が中心となったイジメに発展していく。

ある日、将也は背後から無理やり硝子の補聴器を取り上げ、血が流れるほど耳を傷つけてしまう。

すると、やり過ぎだとクラスメイトから白い目を向けられ、硝子の補聴器が何度も故障、紛失した事が大きな問題となると、学級会ですべての責任を負わされるのだった。

その後、いじめの中心であった将也はクラスで孤立するようになる。

そんな状況にも硝子だけは彼のことを気にかけていたが、投げやりになっていた将也は彼女につっかかり、とうとう二人は取っ組み合いの喧嘩をしてしまう。

その後、硝子は転校して学校を去っていったのだった。

 

・再会

中学生になっても孤立したままの将也は、すべて自分がしたことが跳ね返ってきたのだと孤独を受け入れ、人間不信に陥った彼には周囲の人の顔がバツ印に見えるようになっていた。

その後、高校3年生となった将也は、あの弁償した補聴器代170万円を母親の枕元に置くと、その足で硝子の参加している手話サークルへと向かう。

彼は、アルバイトでお金を貯めて母親へ返済したら自殺しようと考えており、死ぬ前に硝子に謝ろうと決めて手話も勉強していたのだ。

しかし、再会した硝子に伝えた将也の言葉は謝罪ではなく、「友達になってほしい」だった。

【 ネタバレ 】

・出会い~忘れられぬ存在

すべてにケリをつけて自殺しようと高架橋の欄干に立った石田将也だったが、結局、飛び降りることが出来なかった。

そんな将也にとって忘れることが出来ない西宮硝子との出会いは小学6年生の時だった。

転校生としてやってきた硝子は生まれつき耳が不自由で、話す事が出来なかった。

自己紹介の時から筆談ノートでの会話を望む彼女に、クラスメイトは興味津々で接していたが次第に鬱陶しさを感じ無視し始める。

最初から特別扱いされている硝子のことが気に入らなかった将也は、隣の植野直花に煽られるとイジメの先頭に立つのだった。

どんどんエスカレートしていくイジメ。

ある日、硝子のしている補聴器を後ろの席から将也が強引に取り上げると、彼女は右耳から血を流してしまう。

耳がちぎれそうになるほどの状況に、周りはやり過ぎだと将也を責め、その後、何度も硝子の補聴器が無くなり壊れたことが大きな問題になると、学級会で担任教師から名指しされ、クラスメイトも将也にすべての責任を押し付けるのだった。

すると、一転してイジメの標的となった将也は孤立していき、最後まで歩み寄ろうしてくれた硝子とさえ取っ組み合いになってしまう。

その後、和解する事も出来ず、硝子は転校していったのだった。

 

・孤独と決意

中学、そして高校になっても孤立したままの将也。

すべては自分がしてきたことの報いと受け入れていた彼は、すっかり人間不信に陥っており周囲の人の顔にはバツ印が貼りつき、声を聞かないように意識していた。

そんな将也には決意していた事があった。

補聴器代の170万円を何も言わずに弁償してくれた母親への返済と、硝子に筆談ノートを返して謝罪する事だった。

そして、すべての身辺整理を終えたら自ら命を絶とうと考えており、その予定の日がやってきた。

将也は、アルバイトと家具などを売って工面したお金を母親の枕元に置くと、硝子のいる手話サークルへと向かった。

 

・再会と出会い

手話サークルで硝子を見つけた将也は、すっかり髪型が変わった彼女に少し戸惑いを見せるも、手話で話しかける。

その様子に驚いている彼女に、いつかこの筆談ノートを返そうと手話を勉強していたと説明した将也は、思わぬ言葉を伝えてしまう。

「友達になってもらえるかな…」。

あまりのことに取り乱しながらも、将也はあの頃硝子が話していたことがわかったと伝え、毎週火曜日に鯉の餌やりに橋の上に通っている事を知るのだった。

翌朝、頑張ってお金を返したことを母親に褒められる将也だが、死のうとしていたことを見透かされており、もう自殺しないと約束させられる。

そして、後日、自転車置き場で絡まれていたクラスメイトの永束友宏を助けたことがきっかけで仲良くなり始め、もう一度硝子を訪ねた時に彼女の妹の結絃と出会い、その後親交を深めていくのだった。

そんな硝子は小学校時代に真っ先に手話を覚えようとしてくれた佐原みよこに会いたがっており、将也は同じクラスにいるかつてのクラスメイトの川井みきに勇気を振り絞って問いかける。

そうして、硝子と佐原との再会を果たしたことで、川井だけでなくクラスメイトの真柴智とも接するようになっていくのだった。

 

・伝わらない想いと絶望

ある日の学校帰りに偶然にも、小学生時代の同級生である植野直花に出会った将也は、硝子と友達になった事を「いじめっ子がいじめられっ子と友達?ゴッコでしょ…」と呆れられバカにされてしまう。

それを見ていた硝子は何を話していたのかを知りたがるが、また小学生時代のように彼女が傷ついてしまうのを怖れた将也は「何でもない」と誤魔化す。

だが、自分自身だけが将也のことを知らないのがイヤな硝子は、何かを吹っ切るように今まで補聴器を隠す為におろしていた髪をアップにし、将也と会うと手話ではなく普通に話しかけてみる。

当然、何を言っているのかは伝わらないが、堪らなくなった硝子は思い切って「好き」と大きな声で話すが、月と勘違いされ伝わらなかった。

実は、硝子はずっと将也のことが好きで、想いを募らせ続けていたのだった。

自分なりに覚悟して告白したのに上手く伝えられず落ち込んだ硝子は、結弦に慰められるがすぐには立ち直れない。

その事を知らない将也は、餌やりにも顔を出さずメールで誘ってもお腹が痛いと来てもらえない事に、自分が避けられていると感じてしまう。

すると、結弦が皆で遊びに行くとか理由をつけて誘ってみればと言い出すので、将也は旧友や永束たちと遊園地に行く事になる。

だが、何故かそこに植野の姿があり、結弦は何だか訝しがるのだった。

そんな植野は、硝子が現れなければ、あんなことが起きて将也が孤立するようなことはなかったと思っており、硝子を観覧車に誘うと将也の身に起きた不幸を明かし、その気持ちをぶつけるように彼女を責めたてた。

このことがきっかけとなり、小学校時代のいじめ問題が再浮上してくると、それぞれを責め立てる将也と旧友やクラスメイトとの亀裂が生じ始め、再び、彼は周囲の人との距離を遠ざけるようになっていくのだった。

それでも、将也は硝子と結弦との親交は変わらず続けており、ひょんなことから二人の母親の誕生日に招かれる。

そこで、硝子の母親と気まずそうに対面した将也だが、ぎこちなさを残しながらも少しずつ距離を縮め始め、硝子たち家族と花火大会を見に行く事になった。

あの遊園地の日から、何となく不自然さを残していた将也と硝子。

結弦が母親と焼きそばを買いに行くと、彼女は疲れたといって先に家へ帰ってしまう。

その時、結弦からカメラを取ってくるように頼まれた将也が彼女の後を追うように家へ着くと、ベランダから硝子が飛び降りようとしていたのだった。

慌てながら「硝子!」と叫びながらベランダへ急いだ将也は、かろうじて落下する硝子の腕をつかみ取る。

彼女は自分のせいで将也が不幸になり、自分が傍に居る限りまた不幸にしてしまうと絶望を抱えていたのだ。

しかし、硝子に生きていて欲しいと思う将也は、必死になって彼女を引き上げたが、その反動で自分自身が落下してしまう。

川に落ちた将也は、そのまま意識を失い病院へ運ばれるのだった。

 

・結末

辛うじて一命を取り留めた将也だが、まだ意識は戻らない。

結弦と母親は、将也の母に土下座して謝罪するなど大きな心の傷を抱え、硝子自身も罪の重さを感じ自分を責め続け、毎日のように病院へ来ていた植野からも責め続けられていた。

そんな中、将也の見舞いに訪れた永束に励まされるように、今自分に出来ることをしようと旧友たちの元を回り、頭を下げ続けていくのだった。

すると、ある夜硝子は将也が苦しんだ末にいなくなってしまう夢を見て、いつもの橋の所まで泣きながらやって来た。

一方、意識不明だった将也も硝子が悲しんでいる夢を見て、目覚めると彼女を探して橋に向かった。

何かに導かれるように再会した二人。

硝子は、このまま自分が生きていたら将也の幸せをまた奪ってしまうと胸の内を明かす。

その言葉を聞いた将也は、今までしてきた事をきちんと謝罪していなかったと頭を下げると「君に生きるのを手伝ってほしい」と涙ながらに硝子への正直な気持ちを伝えるのだった。

その後、無事退院した将也は、硝子と一緒に学校の文化祭に参加する。

そうして二人で校内を回っていると、以前のように皆がバツ印を貼り付けているように見え、将也は怯えてしまう。

その事を正直に打ち明けると、硝子が守るように先導していき自分のクラスへ辿り着く。

すると、ずっと心配し続けていた永束の気持ちに触れ、川井と真柴の優しい気持ちにも気づき、和解し始める。

そこに植野も姿を見せ、元に戻ったように馴染んでいくと、落下した将也を引き上げたのが仲違いしたままの旧友だと知らされるのだった。

こうして、再び集った仲間たちに将也は文化祭を一緒に回ってほしいとお願いする。

そして、校内を回り始めると自然に周囲を見渡すようになり、あの貼りついていたバツ印が剥がれ声もしっかりと聞けるようになっていった。

そんな将也が、仲間や硝子の顔を見ながらもう一度見回すと、そこには普通の景色が広がり、目から涙が溢れ、自然と笑顔になっていくのだった。

【 登場人物紹介 】

・石田将也・・・入野自由、松岡茉優(小学生時代)

・西宮硝子・・・早見沙織

・西宮結絃・・・悠木碧

・永束友宏・・・小野賢章

・植野直花・・・金子有希

・佐原みよこ・・・石川由依

・川井みき・・・潘めぐみ

・真柴智・・・豊永利行

・島田一旗・・・西谷亮、小島幸子(小学生時代)

・広瀬啓祐・・・増元拓也、武田華(小学生時代)

【 主題歌 】

・主題歌

『恋をしたのは』 aiko

aiko- 『恋をしたのは』music video

・劇中使用曲

『MY GENERATION』 The Who

『怪獣のバラード』 作詞 岡田冨美子/作曲 東海林修

『Invention No.1 C Dur, BWV 772』 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

https://twitter.com/huntarsukonbu/status/1159426081008472064

【 感想 】

いくつになってもありがちな差別とイジメ。

良くない事だとわかっていながら同調する周囲と、自分の保身の為に新たな標的を作るという悪循環は、本当にいつまで経っても絶える事のない人間の醜い本性だと思います。

その核心を突くような場面を赤裸々に描いているのに、抽象的に表現する事で心苦しさと重苦しさを上手く緩和していたと感じました。

また、人間とは表面上に見える綺麗ごとばかりではなく、醜さも持ち合わせているというのをはっきりと提言し、それに順応していく難しさも含めて伝えてくれた作品だとも思います。

本作品の内容については賛否両論あるようですが、私個人としてはアニメーション作品だからこそ描くことが出来た世界観で、子供から大人まで世代を問わずこの作品を観ていただき、あらためて差別、いじめ、孤独、優しさ、命の尊さなどとしっかり向き合うきっかけにして欲しいと感じました。

そして、色々な観点から人間というものを再確認できるこの稀有な作品が、皆の心に届くことを願っております。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

漫画誌の読切り掲載当時から大きな反響を呼んだ『聲の形』は、賛否両論の多いなかリメイクなどを繰り返して本誌への連載が決まった特殊な作品でした。

今回のアニメーション作品としての映画化も、制作側の苦労と伝えるべきメッセージに拘った姿勢が感じ取られます。

きっと誰もが経験しているような残酷さを赤裸々に描き、数少ない優しさに救われた人の気持ちまでを繊細に表現している事に驚き、感心してしまいます。

柔らかで色鮮やかな映像とは裏腹に、心構えしていても遠慮なく突き刺さってくるメッセージと感動がとても印象的な作品です。

必ず大きな感動と心の財産を与えてもらえる本作品『映画 聲の形』、おススメ致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました