おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【リンダリンダリンダ】動画を無料(映画)フル配信で視聴/

邦画

当時、日本映画界の若き天才と称された山下敦弘さんが監督の『リンダリンダリンダ』は、女子高生がブルーハーツを歌うという青春群像劇です。

映画プロデューサーの根岸洋之さんによるストーリー企画を基に制作された本作品は、モデルとしても活躍していた韓国の映画女優ペ・ドゥナさんを主要キャストに迎えた話題作として、映画雑誌の『映画芸術』では2005年の邦画ベストランキングで1位を獲得しました。

過ぎてゆく時間は、何よりもあたたかく、何よりもやさしい。

あの名曲の歌詞のような世界が、女子高生の青春と共に描かれています。

それでは、等身大の女子高生の物語を振り返っていきましょう。

映画『リンダ リンダ リンダ』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『リンダ リンダ リンダ』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

リンダリンダリンダ 予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』です。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事佐藤浩市

『U-NEXT』では、前田亜季が出演した『バトル・ロワイアル』を視聴いただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

『バトル・ロワイアル』を無料で視聴する ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

【 イチオシ映画 】

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品です。

TSUTAYA TV/DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ(2002年)

視聴 ▶

雲のむこう、約束の場所(2004年)

視聴 ▶

秒速5センチメートル(2007年)

視聴 ▶

星を追う子ども(2011年)

視聴 ▶

言の葉の庭(2013年)

視聴 ▶

君の名は。(2016年)

視聴 ▶

天気の子(2019年)

視聴 ▶

映画『リンダ リンダ リンダ』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・行き当たりばったり

とある地方の軽音楽部に所属する女子高生の3人は、途方に暮れていた。

5人組のガールズバンドとして文化祭に出演しようとしていたのだが、ギター担当の骨折をきっかけにボーカルまでバンドを離れてしまったからだ。

そんな時、ブルーハーツの『リンダリンダ』のカセットテープを見つける。

これならボーカルさえ見つかれば何とかなると思った3人は、次に目の前を通った人をボーカルにすると決めて正面を見つめていた。

すると、荷物を抱えながら階段を降りて来た女性が目の前を通り、バンドへ誘う。

まさに行き当たりばったりでボーカルが決まった。

 

・韓国人留学生

驚きながらも誘われるがまま仲間に引き入れられた彼女だが、何だか喋りがぎこちない。

そこで、話を聞いてみると彼女は、韓国からの留学生だった。

それでも、文化祭まで日にちもなく諦めきれない3人は、彼女をボーカルとして練習を始めるのだった。

【 ネタバレ 】

・ピンチ!

とある田舎町の芝崎高校。

軽音楽部に所属する山田響子、立花恵、白河望の3人は文化祭を目の前にトラブルに見舞われ、ピンチを迎えていた。

何故かというと、彼女たちは5人でガールズバンドを組み、オリジナルソングで文化祭最終日に演奏する為に練習していたのだが、ギターを担当する今村萠が指を骨折してしまったのだ。

更に、これからどうしようかと思っていたところ、ボーカルの丸本凛子がメンバーの断りもなく軽音部の男子に代役を頼み、その事で揉めるとバンドを辞めてしまったからだった。

この事で途方に暮れていた3人は、諦めずに残ったメンバーで演奏可能な曲を模索すると、軽音部の部室でブルーハーツの『リンダリンダ』の古いカセットテープを見つける。

そして、歌いながら盛り上がるとキーボード担当の恵がギターを担当し、この曲で文化祭に出ることを決めるのだが、肝心のボーカルがいない。

怪我をしている萌は歌声が綺麗で上手だが、ブルーハーツの曲には合っておらず、他のボーカルを探す事になった。

そこで、次に目の前を通った人を誘おうかと話していると、偶然、凛子がそこを通りかかり、彼女に対して意固地になっていた恵は、荷物を抱えながら前を歩いていく女性に声をかける。

彼女は韓国からの留学生のソンで、まだ日本語がぎこちなかったが、恵の勢いに押されるように誘いを受けてしまう。

でも、ソンのたどたどしさに不安を隠し切れない3人は、彼女に『リンダリンダ』を聞かせてみる。

すると、ソンは感動して涙を流し始め、その姿を目にした3人は、4人で文化祭に臨むことを決意するのだった。

 

・練習⁈

本格的に練習を始めた4人だが、笑っちゃうほど酷く、もっと練習する為に恵の元カレのツテで学校から離れたスタジオを確保し、その他にも夜の学校に忍び込んで練習を続ける。

ソンはカラオケボックスでも練習し、各個人もメンバーと合わせる以外にも練習に励み、少しずつ息を合わせていくのだった。

文化祭が始まると、彼女たちはバンド以外の事で振り回されてしまう。

クラスメートの大江が好きな響子は、クラスの模擬店で彼と一緒になると舞い上がり、練習の時間に遅れ、ソンは同級生の槇原からのラブレターを貰い告白されるなど、女子高生らしく文化祭を楽しむのだった。

そんな中、ソンは初めて出来た日本の友達の彼女たちとひとつの目標に向けて過ごす時間が、何よりも楽しいと感じていた。

一方、元ボーカルの凛子は、顧問の小山から「隠れて練習しなくてもいいからと恵に告げてくれ」と頼まれると、気まずさを感じながらも伝え、僅かながら関係修復の兆しを見せる。

こうして、泊まり込みの練習を続けるなどした4人は、文化祭最終日を迎えると、出番の時間ギリギリまでいつものスタジオで練習するのだった。

 

・再びピンチ!

ここの所、睡眠時間をけずって練習していた彼女たちは、あまりの睡眠不足からスタジオで眠り込んでしまう。

その頃、出番が間もなくだというのに姿を見せない4人を心配する萌は、恵の携帯を鳴らすが部室に置き忘れていた為、連絡が取れずに困り果てていた。

すると、大江からの着信に響子が気づき、ようやく目を覚ました4人は、今起きている事態の大きさを理解したのだった。

土砂降りの雨の中、慌てて学校へ向かう4人。

一方、学校では軽音楽部の他の部員たちが、彼女たちが到着するまでの時間稼ぎに必死になっていた。

留年生女子の花子の見事な演奏や萌の綺麗な歌声でどうにか繋いでいると、やっと4人が到着するのだった。

 

・結末

彼女たちに残された演奏時間は10分ほど。

舞台袖で待っていた凛子は、もう時間がないのは遅れたからだとキツイ言葉を吐くものの「頑張って」と声をかけて送り出す。

ステージに立ったソンは、初めて目にする大勢の観客に緊張するが、メンバーに促されると「パーランマウムです」と名乗り、メンバーを紹介する。

バンド名のパーランマウムとは韓国語で青い心という意味で、つまりはブルーハーツという事だった。

リズムを刻み始め、彼女たちの『リンダリンダ』が奏でられると、テンポアップと共に会場も盛り上がりを見せ、小山先生や仲間たちが見守るなか、ソン、響子、望、恵の4人の絆からなる即席ガールズバンドの演奏は感動のフィナーレを迎える。

そして、盛り上がったまま『終わらない歌』が続けて演奏されていくのだった。

【 登場人物紹介 】

・ソン・・・ペ・ドゥナ

・山田響子・・・前田亜季

・立花恵・・・香椎由宇

・白河望・・・関根史織

・今村萠・・・湯川潮音

・丸本凛子・・・三村恭代

・槙原裕作・・・松山ケンイチ

・大江一也・・・小林且弥

・阿部友次・・・小出恵介

・中島田花子・・・山崎優子

・小山先生・・・甲本雅裕

・ピエールさん・・・ピエール瀧

【 主題歌 】

・主題歌

『終わらない歌』 THE BLUE HEARTS

・挿入曲

『リンダリンダ』 THE BLUE HEARTS

『April Mirage』 Base Ball Bear

『SAYONARA-NOSTALGIA』 Base Ball Bear

https://twitter.com/ta2mix910remix/status/1291660965126082561

【 感想 】

・何だかもう一度高校生に戻ったようで、楽しかった高校時代の文化祭を思い出しました。

・女子高生のブルーハーツって、とても新鮮で良かった。

・一瞬、素人が作った映画なのかと思うほど奥行きのないアングルとテンポの悪さに戸惑いましたが、女優さんのピュアな感じをより際立たせるための演出なのだと、その良さに気づかされました。

・思っていたよりも地味で、もう少し彼女たちの心の葛藤の機微を表現してほしかった。

・良い意味で彼女たちのブルーハーツの方が、オリジナルに感じた。

・最近多く見られる感動モノのストーリーを期待していると、ガッカリするだろうなと思いました。

・必要以上に背伸びをしていない所が、自分達が歩んできた青春と重なってじんわりと沁みてきた。

・淡々と進んでいく展開なのだが、一つ一つの丁寧さを感じられた良い作品だと思う。

・「パーランマウム」という響きが、不思議と心地よく感じられた。

・初めてペ・ドゥナさんという存在を知りましたが、目線だけで語ることができる演技力は素晴らしいと思った。

・どこにでもある高校生の学校の話。なんで映画作品にしたのかがイマイチ理解できない。

・最後のライブシーンで彼女たちの『リンダリンダ』を耳にしたら、何故だか涙が溢れてきた。

・青春という一言を語り尽くしたような映画だった。

・映画とはいえ、ちょっと可愛らしすぎる女子高生だったかな…あそこまでリアルな雰囲気を感じさせてくれるなら、キャスティングにもリアルさを追求してほしかった。

・青春の始まりと終わり…しんみりと懐かしさの香りを辿ったような名作。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

地方の女子高生の青春を描いた本作品は、ドラマチックな演出というよりは懐かしさを醸し出したリアリティのある映画だと思います。

また、撮影のほぼすべてが群馬県で行われ、フィルム・コミッションの利点が最大限に発揮された作品だとも言われています。

現在、高校生の方は難しいかも知れませんが、それより上の世代の方には、きっと青春時代を思い出してもらえることでしょう。

それほど味わい深く、心に響く映画です。

この厳しい毎日の中、淡い思い出を辿ることが出来る『リンダリンダリンダ』を、おススメ致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました