おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【検察側の罪人】動画を無料(続編映画)フル配信で視聴/金曜ロードショー

邦画

雫井脩介さんの人気小説を原作とした『検察側の罪人』は、ジャニーズ事務所の人気タレントである木村拓哉さんと二宮和也さんが初共演したということで大きな話題を呼びました。

原作小説が数々のミステリー作品ランキングで上位を記録するなど高い評価を得ており、劇場映画としても多くの期待を寄せられていました。

注目度の高い作品であるがゆえに、賛否両論の声も多くなりましたが、ミステリーファンの間では高評価が多かったようです。

現行の司法制度の問題点を鋭く捉えたストーリーをご紹介いたします。

映画『検察側の罪人』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『検察側の罪人』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『検察側の罪人』予告
映画『検察側の罪人』予告2
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』です。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事佐藤浩市

『U-NEXT』では、木村拓哉・二宮和也の出演作品を視聴いただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

木村拓哉・二宮和也の出演作品をお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

【 イチオシ映画 】

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品です。

TSUTAYA TV/DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ(2002年)

視聴 ▶

雲のむこう、約束の場所(2004年)

視聴 ▶

秒速5センチメートル(2007年)

視聴 ▶

星を追う子ども(2011年)

視聴 ▶

言の葉の庭(2013年)

視聴 ▶

君の名は。(2016年)

視聴 ▶

天気の子(2019年)

視聴 ▶

映画『検察側の罪人』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・憧れの検事

沖野啓一郎は研修時代の講義で「己の正義に固執しすぎた検事は正義を汚し、悪の側の存在となる」という言葉に感銘を受けていた。

その時の講師は最上毅検事。

5年の研修を終えた彼は、その最上のいる東京地検へ配属されるのだった。

 

・松倉重生との因縁

尊敬する最上と共に老夫婦刺殺事件を担当する事になった沖野は、最上の指示を受け、容疑者である松倉重生の取り調べを進めていく。

しかし、証拠が不十分で自供も取れず、起訴の難しい状況に追い込まれた沖野は捜査方針に疑問を感じ始める。

だが、最上は一貫して松倉が犯人だと主張し続けていた。

そんな最上に強い違和感を抱いた沖野は、最上と松倉の因縁を知り、予想外の結末に辿り着く事になるのだった。

【 ネタバレ 】

・沖野啓一郎と橘沙穂

検事となった沖野啓一郎は、最上検事が講師を務める講義を受けていた。

そんな最上は「自分の正義に固執すると犯罪者になってしまう」と告げ、真実を追求することこそが検事としてあるべき姿だと説くのだった。

この研修から5年。

東京地検に配属されていた沖野は、ようやく最上と共に事件を担当する事になる。

沖野の担当事務官を務めるのは橘沙穂。

彼女は、かつてキャバクラに潜入しペンネームで暴露本を執筆していた経歴があり、今回も法曹界の実態を明るみにする為に、国家試験に合格してまで潜り込んでいたのだった。

そんな沖野と橘は、闇社会で名の馳せる諏訪部の取り調べを担当することになるが、まだまだ経験の浅い沖野は諏訪部に弄ばれてしまう。

だが、橘に興味を持った諏訪部は自分の両親が第二次世界大戦中のインパール作戦の生き残りで、最上の祖父も同じだと語って去っていった。

実は、最上と諏訪部はその事が縁で深く繋がっていたのだった。

 

・老夫婦殺人事件

結局、力が及ばず諏訪部から調書を取れたかったことを最上に詫びる沖野。

そんな彼に気にするなと声をかけた最上は、沖野を連れて殺人事件の現場へ臨場し、検事の仕事を学ばせる。

被害者は小さな工場を営む都築という老夫婦で、金を貸していた者との諍いが原因で殺された可能性が高く、数名の関係者が容疑者として浮上する。

その中には松倉重生という名があり、警察の田名部管理官が異常な執着をみせるなか、最上の様子にも異変が見られ始めるのだった。

そんな最上は汚職の疑いのある政治家の丹野和樹と密会を繰り返し、検察の捜査状況を教えていた。

実は、この件も橘は密かに探っていたのだった。

その後、警察の事情聴取が進んでいくのだが、最上はその全員の聴取に立ち会う。

もちろん沖野や橘も一緒だったが、これは検事としては異例の事であり橘は違和感を抱き始めるのだった。

 

・松倉重生

ある容疑者の口から板前の弓岡嗣郎という男が被害者の都築から借金をしていたと判明するも、田名部管理官と最上の見解から松倉への疑いが強まる。

そんな中、最上から意見を求められた橘が二人の松倉に対する執着心を危惧すると、沖野は自身が疑問を感じていながらも声を荒げて否定してしまう。

結局、松倉を別件で逮捕し、老夫婦殺人事件の容疑者として追及していくことになり、沖野が担当検事となるのだった。

松倉は過去に2件の殺人事件で容疑者と見なされており、一件目は彼が未成年の時で、実兄が逮捕された後に自殺していた。

2件目は荒川で起きた女子学生殺人事件で、この事件は既に時効となっており、田名部はその時の捜査担当で最上も被害者と深い関りがあった。

当時、まだ大学生だった最上は、時効という壁に阻まれ松倉が訴求されなかった事を悔やみ続けていたのだった。

 

・自供と捏造

勤務先のリサイクルショップの商品を横領した罪で逮捕された松倉だったが、老夫婦殺害容疑で追及され続け、最上からの指示で沖野が過去の事件で揺さぶり始めると、取り調べの録画と録音を止めるように要求してくる。

すると、松倉は女子学生殺害を認め当時の状況を赤裸々に自供するが、老夫婦殺害については頑なに否定し続けるのだった。

その状況を聴いていた最上は怒りと憎しみを募らせるが、沖野と橘は松倉を犯人とする捜査方針への疑念を深めていく。

そして、有力な証拠を掴めない捜査本部は松倉の家宅捜索を執行し、同行した最上は壁に掛かっていた松倉の上着から競馬新聞を隠して持ち帰るのだった。

そんな時、窃盗で逮捕した男から弓岡が老夫婦を刺したと自慢げに吹聴していたとの証言を得て、松倉の犯行の可能性が薄くなり、捜査方針は弓岡へとシフトし始める。

その頃、殺された都築の息子であるヤクザの千鳥も弓岡の事を嗅ぎつけており、最上を呼び出すと「このまま捜査が進展しないのなら自分が制裁を下す」と告げていた。

一方、最上の旧知の友である丹野は、妻に嵌められ汚職の罪で訴求されることが確実となり、妻の汚職にまつわる証拠を最上に託し自ら命を絶ってしまう。

松倉へ自身の正義を貫こうと決意していた最上は、諏訪部と接触して拳銃と車などを手配し、警察と千鳥の部下の監視を掻い潜り、ラブホテルでバイトしていた弓岡を連れ出すのだった。

また、そんな最上の様子を目撃していた橘は、沖野に連絡して共にラブホテルへ辿り着くも、追跡を続けることが出来なかった。

そして、最上は祖父の別荘で弓岡を撃ち殺すと遺体を埋めて、弓岡が持っていた凶器の一部をあの競馬新聞で包み(くるみ)、証拠を捏造するのだった。

 

・結末

容疑者として追及するはずの弓岡の行方を掴めなくなり、ざわつく捜査本部では最上の行動について橘が言及すると、最上は橘の過去を暴露し、共に行動していた沖野も責めたてる。

その後、橘は辞職し検察を去ってしまうが、河川敷から松倉の筆跡が残る競馬新聞に包れた(くるまれた)凶器が発見されるのだった。

この証拠を基に再び松倉を訴求していく事になり、疑念が晴れない沖野は最上に反論するも否定されてしまう。

あまりにも松倉に固執する最上の姿を目の当たりにした沖野は、検察を辞めて橘と共に松倉の国選弁護人である小田島誠司を訪れるのだった。

二人は、自分たちが松倉の調書を担当していたと説明し、冤罪を晴らしたいと訴えて協力を申し出る。

そんな時、弓岡の犯行を証言する証人が出頭してきた。

彼は犯行時に周囲の監視を指示されていたのだが、その後弓岡が行方知らずになったことから命の危機を感じ、すべてを打ち明けに来たのだった。

この証言により釈放された松倉は、小田島弁護士と人権派弁護士の第一人者である白川も同席する冤罪を祝う宴を開いていた。

そんな松倉は、高圧的な聴取の謝罪をする為に橘を伴い訪れていた沖野に対して、暴言を吐きながら迫っていく。

すると、沖野を庇おうとした橘に怪我を負わせ立ち去っていくが、沖野の目の前で暴走車に跳ね飛ばされ、松倉は命を落としてしまう。

その暴走車は諏訪部が勝手に仕組んだものだったが、結果として最上の歪んだ正義の鉄槌は下されたのだった。

後日、最上から呼び出された沖野は、彼の祖父の別荘で対峙していた。

そこで、最上は丹野の遺した汚職の証拠を見せながら、改めて検事として共に戦おうと沖野を誘う。

だが、「自分の正義に固執した人間は必ず犯罪者になる」と語っていた最上自身が既に罪人だと沖野は言い放つ。

そして、自分は真実を追い求めると告げ、その場を後にするのだった。

【 登場人物紹介 】

・最上毅・・・木村拓哉

・沖野啓一郎・・・二宮和也

・橘沙穂・・・吉高由里子

・松倉重生・・・酒向芳

・丹野和樹・・・平岳大

・諏訪部利成・・・松重豊

・弓岡嗣郎・・・大倉孝二

・小田島誠司・・・八嶋智人

・千鳥・・・音尾琢真

・前川直之・・・大場泰正

・田名部管理官・・・阿南健治

【 主題歌 】

『検察側の罪人 オリジナルサウンドトラック』 富貴晴美、土屋玲子

『検察側の罪人~オープニング~』

検察側の罪人 ~オープニング~

【 感想 】

・豪華俳優陣が勢揃いですごかった。

・難しい法律用語などの台詞が多く、俳優さんの大変さを感じた。

・フィクションとはいえ検察官が殺人を犯してまで犯人を仕立て上げる設定はやりすぎだと思う。

・出演俳優陣の顔ぶれで期待していたが、ガッカリした。

・ストーリーが支離滅裂で、魅力がそがれていると感じた。

・ミステリー好きにはおススメな作品。

・全体的に迫力があって面白かった。

・設定が飛び過ぎていて、リアリティーを感じられない。

・最期までスッキリしない映画だった。

・原作のイメージと違いすぎで、何故、これで原作者が認めたのかが疑問。

・視聴者の思考を刺激する作品。

・二宮和也さんの好演が目を引く。

・もう少しシンプルな演出で、演者の魅力で表現した方がよかった。

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

最後は検事が殺人を犯してまで自分の正義を貫いてしまった『検察側の罪人』ですが、視聴者に考察を求めるような展開に批判的な声が多かったようです。

しかし、ミステリー好きな方には好評で出演者の演技を絶賛する声も多く、賛否両論別れる作品でもありました。

また、法曹界における疑惑を描く場面があり、社会的な視点から様々な方の意見と感想もあるようです。

あくまでフィクションなので小説を読むような感覚で観賞すると、より一層楽しむことが出来ると思われます。

独特な雰囲気を醸し出す世界観を、あなたも味わってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました