おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【子猫物語】動画を無料(映画)フル配信で視聴/主題歌 ゲーム

邦画

本作品『子猫物語』は、ムツゴロウの愛称で知られる畑正憲さんが、脚本、監督を務めた子猫が主人公の物語です。

まるでドキュメントのように出演キャストは子猫のチャトランと子犬のプー助のみで、この2匹の物語をナレーションと詩の語りで最後まで案内していく内容になっています。

可愛らしい映像と共に動物が生きていく厳しい環境も描かれており、心惹かれる成長物語が綴られています。

愛しさ溢れるハートフルストーリーをご案内していきましょう。

映画『子猫物語』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『子猫物語』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画予告編 子猫物語
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、詩の朗読してた『小泉今日子』の出演作品をお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

「小泉今日子」出演の作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『子猫物語』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・誕生~冒険の始まり

春の北海道。

長い冬が終わり新しい生命が息づき始め、牛小屋では7匹の子猫が誕生し、その中に茶色の虎柄をした雄猫が1匹いた。

チャトランと名付けられるその子猫と6匹の兄弟たちは、朝になると一斉に牛小屋から這い出てくるのだった。

母親や兄弟たちと過ごすなか、チャトランはパグの子犬プー助と親友になっていた。

そうして3か月程過ぎた頃、チャトランはプー助とかくれんぼしているうちに、川岸の木箱の中に隠れるがそのまま流されてしまう。

必死にチャトランを追いかけるプー助。

これが2匹の冒険の始まりだった。

 

・動物との出会い~厳しい環境

チャトランを追いかけるプー助は、チャトランの乗った木箱を狙うクマに果敢にも飛びついていくが抑え込まれてしまう。

その間にもチャトランはどんどん流されていく。

かろうじてクマから逃れたプー助は茂みに身を隠すも、チャトランとはぐれてしまうのだった。

チャトランはどうにか木箱から脱け出し陸地に上がっていた。

そして、空腹のチャトランは食べ物を探して森に入っていくが、棘で足を怪我したり、誤って毒キノコを食べて調子悪くなったりしてしまう。

そんな中、子ギツネや馬など様々な動物に出会っていく。

一方、川の流れが行きつく沼地で木箱を見つけたプー助だが、そこにはチャトランの姿が無く、森に入って捜し続ける。

プー助も色々な動物と出会いながらチャトランとの再会を果たすが、自然界の厳しい環境の中、2匹にはまだまだ試練が待ち受けていたのだった。

【 ネタバレ 】

・チャトランとプー助

厳しい寒さの冬が終わり、新たな命が息吹く春がやって来た北海道。

とある牧場の牛小屋では、7匹の子猫が生まれていた。

その中に、茶虎の子猫が1匹。

後にチャトランと名付けられるのだった。

母猫と6匹の兄弟と過ごすチャトラン。

生まれた牛小屋の外には沢山の動物がいて、犬、アヒル、鶏、蛇など、蛇は襲ってくることもあったが母猫が退治してくれていた。

そんなある日、チャトラン親子は川へ向かって散歩していたが、わんぱくなチャトランは誤って桟橋から川へ落ちてしまう。

すると、母猫が川へ飛び込みチャトランを誘導して岸辺へと辿り着かせる。

こうして少しずつ成長していくチャトランが3か月程過ぎる頃には、バグの子犬プー助という親友が出来ていたのだった。

 

・2匹の冒険

仲良しの2匹にはカブトムシやカニなど他の生き物や目に映る動くものすべてが魅力的で、時には痛い目を見ることもあったが、楽しい毎日を過ごしていた。

2匹がいつものようにかくれんぼをしていると、川岸にあった木箱に隠れたチャトランはちょっとした拍子にそのまま川に流されてしまった。

懸命に追いかけるプー助。

すると、チャトランのいる木箱にクマが近寄っていく。

果敢にクマに飛び掛かるプー助だったが、難なくクマに取り抑えられてしまう。

その後、プー助は何とかクマから逃れ茂みに身を潜めるも、チャトランは流されていき2匹は逸れて(はぐれて)しまうのだった。

 

・チャトラン~プー助との再会

チャトランを追っていったプー助は、沼地で木箱を見つけるが姿は無く、森の方へ捜しに向かう。

その頃、どうにか木箱から脱出して陸にあがっていたチャトランは、お腹を空かして森の中をうろつくが食べ物を見つけられず、足に棘が刺さってしまうなど上手くいかないでいた。

そんな時、キノコを見つけて食べるが、それが毒キノコでふらついてしまうのだった。

しばらくして見晴らしのいい草原に辿り着いたチャトランがキツネを見かけて追いかけると、獲物を砂地に埋めて去っていった。

空腹に耐えかねていたチャトランは、ちゃっかりと自分のものにするのだった。

その後、馬の背に乗せてもらったり小鹿と遊ぶなどしていると、チャトランは迷子の子豚に出会い、母豚と兄弟の元へ送り届け、一緒にお乳を飲ませてもらう。

なおも旅するチャトランは、尻尾で魚を釣り上げるもアライグマに横取りされるなど、様々な動物たちと出会っていくのだった。

一方、チャトランを捜して森に入っていたプー助はキツネに行方を尋ねるも遊びに夢中になるなどしていたが、必死にチャトランの元へ向かっていた。

そして、草原の木に登っていたチャトランは掛けてくるプー助を見つけ、2匹は再会を果たすのだった。

 

・冒険の終わり

牛のいる農場へやってきたチャトランとプー助。

2匹は缶から滴るミルクにありついていたが、気づくとチャトランが牛の群れに囲まれてしまっていた。

その中でも母牛のそばにいる生まれたての仔牛はカラスの標的で、駆け付けたプー助が追い払うもその仔牛は命を落とす。

更に群がるカラスを追い立てて、プー助は何処かへ行ってしまうのだった。

その夜、どことなく寂しそうにお腹を空かせていたチャトランは、フクロウから魚を分けてもらい今まで出会った動物たちを思い出しながら眠りに落ちていた。

次の日、ウミネコの巣に近づいたチャトランは母鳥の反撃に遭い岸壁から海に落ちてしまう。

何とか浜辺まで辿り着き小さな番小屋で休んでいるとクマが現れ、襲われそうになる所を箪笥の引き出しに隠れて難を逃れる。

そして、番小屋を出たチャトランは苦手な蛇に出くわし木の上へ逃げるが、執拗に追いかけてくる蛇から更に逃げようとした時に枝が折れて、穴の中に落ちてしまうのだった。

穴は想像以上に深く、チャトランは這い上がれないでいた。

そこに現れたプー助。

最初は枝を咥えてくるが届かず落っこちるだけ、次にロープを見つけてきて穴に垂らし、端っこを咥えたチャトランをプー助が引き上げようとするも、中々上手くいかない。

何度も失敗したがチャトランは這い上がって来ることが出来、プー助と共に喜ぶように走り去っていくのだった。

 

・結末

冒険の旅を終えてから季節は流れ、すっかり秋になっていた。

ある日、雌の美しい白猫と出会ったチャトランはすっかり仲良くなり楽しそうだが、プー助はつまらなさそう…。

そんな日々を過ごし、冬を目の前にプー助はチャトランたちの元を去っていくのだった。

厳しい北海道の冬。

チャトランと白猫は木の穴の中で身を寄り添い寒さを凌いでいた。

そんな中、チャトランと白猫の間に子猫が産まれる。

チャトランそっくりの子猫たちは、見守られながら順調に育っていき春が近づいてくるのだった。

雪も解け新たな命が芽吹くなか、チャトランは子猫たちを連れて散歩に出ると、そこに家族を連れたプー助が戻ってきた。

春の優しい日差しで輝く草原を、チャトランとプー助の家族たちが楽しそうに遊んでいるのだった。

【 登場人物紹介 】

・チャトラン(子猫)

・プー助(パグの子犬)

・詩の朗読・・・小泉今日子

・ナレーション・・・露木茂

【 主題歌 】

・主題歌

『子猫物語』  吉永敬子

・キャンペーンソング

『猫舌ごころも恋のうち』  うしろゆびさされ組

【 感想 】

女性50代
女性50代

当時の動物ブームを思い出します。

まさにムツゴロウ王国全盛期で、しょっちゅう見ていた番組と多種多様な動物たちが同じ環境で生活していたのが目に浮かんできました。

子猫の可愛らしさと成長していく姿が印象に残り、危なげなシーンでは思わず声を出して心配するほどでした。

猫ブームが続く現在でも受け入れられる作品だと思いますが、少し残酷なシーンもあり、その辺は当時だからこそ撮影できたのだとも感じています。

かなり珍しい演出で進んでいくので飽きる方もおられるのかなと思いつつ、共感してくれる人も多くいてほしいと願う作品でした。

感想はここから見れます

 

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

【 まとめ 】

畑正憲さんと云ってもピンとこない方の方が多いかも知れませんが、ムツゴロウさんと云えばほとんどの方が分かるでしょう。

動物研究家と思っている人が多いでしょうが、本職は作家で脚本家の畑正憲さんが初めて監督と脚本の両方を手掛けた『子猫物語』は、ドキュメントでありドキュメントにあらずの物語です。

キャストは動物だけでナレーションにより展開していき、時折、子供の成長を謳った谷川俊太郎の詩をシーンに合わせて朗読していくと云うこんな作品はおそらく他には見られないことでしょう。

動物好きな方には必見で、興味のない方でも愛しさと儚さを味わえます。

多忙な現代を生きるすべての方に、ぜひ癒しを感じてもらいたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました