おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【フードラック!食運】動画を無料(映画)フル配信で視聴

邦画

『フード・ラック!食運』は、食通で肉に強いこだわりを持つ寺門ジモンさんの初監督作品です。

特に焼肉への情熱が凄すぎて、ジモンさんの著書を読んだ松竹の担当者が感激して、映画制作を持ち掛けた事から、このプロジェクトは始まったとされています。

ドキュメントではなく、ジモンさん自身が推敲(すいこう)を重ねたオリジナル脚本による内容となっており、独特な世界観が広がっていきます。

誰もが焼肉を食べたくなるエンターテインメントへご案内いたします。

映画『フード・ラック!食運』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『フード・ラック!食運』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『フード・ラック!食運』予告編 11月20日(金)ロードショー
映画『フード・ラック!食運』特報 11月20日(金)ロードショー
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』です。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、EXILE NAOTOの出演作品を視聴いただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

EXILE NAOTOの出演作品をお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『フード・ラック!食運』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・フリーライター

18年前、下町で人気を博していた焼肉店「根岸苑」。

女手一つで切り盛りする佐藤安江は、夫に先立たれていたが一人息子の良人と慎ましくも幸せな日々を送っていた。

良人は心の籠った安江の手料理が何よりも好きだった。

しかし、根岸苑はある事がきっかけで店を閉めなければならなくなってしまう。

月日が流れ、フリーライターとなっていた良人は実家を出たきりで安江とは疎遠となっていた。

そんな時、新しい情報サイトを立ち上げるというネクスト・エイジの社長の新生英二から呼び出しを受ける。

そこでは、本物のグルメだけを集めて特集するとの事。

ライターとして実績の乏しい良人は、編集者の竹中静香を伴い、覆面調査を始めるのだった。

 

・焼肉への拘り

焼肉店の覆面調査を続ける良人と静香は、人気グルメ評論家の古山達也と出会う。

古山が絶賛する焼肉を美味しくないと一刀両断する良人。

彼はうだつの上がらないライターだが、生まれながらの食運と焼肉への強い拘りをもっており、古山と激しい口論を繰り広げる。

古山のただ流行る為だけの持論を耳にして嫌気がさしてきた良人は、この企画の話を断ると静香に告げるのだった。

 

・閉店の理由

良人は、安江が倒れ末期のがんで闘病中だったことを知る。

そして、安江が倒れた時に付き添ってくれた豊川忠義に会う為に、彼の経営する焼肉店「スタミナ亭」を訪ねるが、安江を見舞わないことを強く非難されるのだった。

一方、幻の人気店であった根岸苑の存在と閉店への経緯を知った静香は、覆面調査中に訪れたスタミナ亭で良人と偶然再会するが、非難された彼は飛び出していってしまう。

そこで、静香は豊川から根岸苑閉店の本当の理由を知らされるのだった。

幻の名店であり、良人と安江の旧家であった根岸苑。

その閉店への経緯には驚くべき真相が隠されていた。

【 ネタバレ 】

・本物だけのグルメサイト

女手一つながらも下町で人気を博し、今では幻の名店とされていた焼肉店「根岸苑」だったが、閉店へと追い込まれてしまった。

そこの一人息子の佐藤良人も、今では大人となり目立った実績はないがフリーライターとして活動していた。

だが、実家を飛び出していた彼は、母の安江とはすっかり疎遠となっていたのだった。

そんな良人にネクスト・エイジの社長である新生英二は、新たに立ち上げるグルメサイトの記事を依頼する。

本物しか取り上げないこのグルメサイト。

良人はネクスト・エイジの編集者、竹中静香と共に、覆面調査を開始するのだった。

 

・食運を持つ男

焼肉に強い拘りを持つ良人は、静香を伴い人気店の「焼肉・粋」へ向かう。

そこは、大人気グルメ評論家の古山達也が絶賛する店だが、一口食べた良人は美味しくないと断言する。

良人は食に対する審美眼に卓越し、類い稀なる食運の持ち主で誰よりも良い食材と出会うことが出来ていた。

そんな良人が発した一言にたまたま店に来ていた古山は反論し、二人は激しい口論を繰り広げていくのだった。

古山は、飲食店が流行る為だけの仕組みを自慢げに語り続ける。

そんな彼の持論を耳にしていくうちに良人は、世間一般に本物のグルメ情報を提供する事に限界を感じ始め、嫌気がさしたようにこの企画を辞退すると静香に告げるのだった。

 

・幻の名店、焼肉「根岸苑」

ネクスト・エイジの記事執筆を断った良人は、母の安江が倒れたとの報せを聞き、更に、末期がんに侵されて闘病中だったことも知るのだった。

一方、かつて下町で幻の名店と評された焼肉「根岸苑」の存在を知った静香は、店の事を調べ、古山の心無い批評記事が原因で閉店に追い込まれていたことを知る。

そんな中、一人で覆面調査を続ける彼女は「焼肉スタミナ亭」で、偶然、良人と再会するのだった。

母が倒れて緊急入院した際に付き添ってくれた店主の豊川忠義を訪れた良人。

しかし、母を見舞わなかった事を豊川に厳しく責めたてられ、店を飛び出してしまう。

残された静香は、豊川から根岸苑が閉店に追い込まれた本当の理由を聞かされる。

それは、店で提供していたぬか漬けが、何者かに洗剤を混入されたことにより食中毒を起こしてしまったという事だった。

静香がかつて根岸苑のあった場所へ向かうと、そこには良人の姿があった。

自身の実家であった根岸苑。

その店の中を見回していると、ツギハギだらけのぬか漬けの壺と、幼き頃に自分が描いた母の手料理の絵を見つける。

彼は愛情たっぷりの母の手料理が、何よりも大好きだった。

それを思い出して静香と一緒に母と所縁のある店を巡り、良人は母の料理への情熱と真心に気づかされるのだった。

そして、その誠実さに触れ、見つめなおした良人は、再び記事の執筆を始める。

しかし、良人の書いた記事が原因で、紹介したパン屋は閉店を余儀なくされてしまう。

更に追い討ちをかけるように、根岸苑を閉店に追い込んだとされる古山の記事を編集していたのが新生だったことを知るのだった。

 

・真実~償い

自分が書いた記事によって、パン屋を自身と同じ境遇に追い込んでしまった事を悔いる良人は、記事を執筆出来なくなってしまう。

そんな時、静香は完全取材拒否の老舗焼肉店「川崎苑」へ連れていく。

そこで出された千切りキャベツを目にした良人は、母と切り方に似ていることに気づき、そこの店主の滝沢二郎が亡き父の修行仲間だったことを知る。

そして、この千切りキャベツが、店の女将である小百合と母が共同で開発したものだとも知るのだった。

静香が川崎苑に連れてきたのは、安江を見舞った時に小百合と出会ったからだったのだ。

あらためて母の想いを知った良人だが、記事を書く事が出来ない。

何故なら、根岸苑の食中毒を起こしたのは良人自身だからだった。

古山に記事による悪評に負けず、客足が戻ってきた根岸苑は以前の様に忙しい毎日を取り戻していた。

しかし、忙しさに追われる母から構われなくなった良人は、ぬか漬けの壺に洗剤を混入させ、食中毒をおこしてしまう。

その事を知った安江は良人を責めることはなかった。

気持ちのやりようがなかった良人は、ぬか漬けの壺を割って家を飛び出したのだった。

良人の打ち明ける話を聞いた静香は、彼を励ます。

そして、母への償いの気持ちから、あのぬか漬けの味を再現しようと決めた良人は、母所縁の人達からぬかを取り寄せるなど行動を起こす。

良人は懸命にぬか漬け作りに励むも、上手くいかない。

そんな中、川崎苑に静香と一緒に食事に行った良人の前に古山が姿を現す。

二人が食べている川崎苑の裏メニューにケチをつける古山。

更に古いやり方で営業を続けている事にも嫌味を言い始め、その言動に良人は反論するのだった。

そのやり取りを見ていた滝沢は良人の言葉に胸を打たれ、ずっと拒否していた取材を受けると告げる。

そんな古山は、あれだけコケにしていた裏メニューを食すると言葉を失い、悔しそうな表情で黙って店を後にするのだった。

 

・結末

難航するぬか漬けの再現。

苦悩する良人に、小百合は「あなたはぬか漬けづくりの答えを口にしていた」と話す。

それを聞き、思い出すように再び没頭していると、母が危険な状態だと連絡が入る。

急いで駆けつけ、泣きながら謝り続ける良人の願いもむなしく、危篤状態の母は亡くなってしまうのだった。

母の葬儀を終えた良人は、本当に美味しいものを多くの人に届けた母と同じように、自分も本当に美味しいものを本当の言葉で伝える使命を全うしたいと静香に告げる。

すると、静香は安江が残したボイスレコーダーを手渡す。

実は、病床の安江から頼まれ言葉を収めていたのだった。

そこには、良人への生まれてきてくれた事への感謝と、これからも美味しいものに恵まれてほしいとの願いの言葉が遺されていた。

母の想いを良人はしっかりと受け止めるのだった。

その後、良人は母が残したあのツギハギだらけのぬか漬けの壺の底から一本のキュウリを見つける。

そのキュウリから母の味をかみしめた良人は、涙ながらにぬか漬けを蘇らせるのだった。

ぬか漬けを食べた静香は、美味しいと笑顔を見せる。

その姿を見て母の食への想いと愛情をあらためて感じるのだった。

そして、ブランド肉や価格に関係なくどんな肉にも調理する人の心が籠められており、神の肉になり得るものには、料理人の神の技となる技術があるからだと、良人は綴るのだった。

【 登場人物紹介 】

・佐藤良人・・・EXILE NAOTO

(少年期・・・斎藤汰鷹)

・竹中静香・・・土屋太鳳

・新生英二・・・石黒賢

・古山達也・・・松尾諭

・山田智洋・・・寺脇康文

・滝沢二郎・・・白竜

・滝沢小百合・・・東ちづる

・西田貴博・・・矢柴俊博

・的場涼子・・・筧美和子

・豊川忠義・・・大和田伸也

・石原雄司・・・竜雷太

・佐藤安江・・・りょう

【 主題歌 】

『ヨクワラエ』 ケツメイシ

ケツメイシ / 「ヨクワラエ」ミュージックビデオ

【 感想 】

女性30代
女性30代

・キャスティングに寺門ジモンの人脈が感じられた。

・寺門ジモンの初監督作品でかなりハードルを下げていたので、良い映画だった。

・とにかく焼肉が食べたくなる映画。

・意表を突かれた良い作品。

・こだわりが強すぎて理屈っぽい映画だった。

・想像していたより素敵な人の絆の物語に仕上がっていた。

・どう纏める(まとめる)のか楽しみだったけど、心が温まり、なかなか良かった。

・ズバリ、食欲をそそる映画。

・映画的な面白さは特に何もなかった。

・ただの焼肉映画なのに、親子の愛情に訴えるのはズルい気がする。

感想はここから見れます

 

【 まとめ 】

とにかく、寺門ジモン監督の肉に対する愛情が溢れている映画です。

また、主演を務めたEXILE NAOTOさんを筆頭に、人脈で繋がった役者陣がとても豪華なのが印象に残ります。

きっと趣味へのこだわりで制作した映画でストーリーには期待していない方達が多いと思われますが、その考えを覆す濃密な内容に誰もが驚かれることでしょう。

確かな裏付けによる美味しそうな映像に食欲が触発され、感動的なストーリーに胸を打たれてしまうと云う、何とも不思議な映画です。

新たなジャンルを開発した本作品『フード・ラック!食運』、ご覧になってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました