おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【HANA-BI】動画を無料(映画)フル配信で視聴/北野武 久石譲

邦画

由緒あるヴェネツィア国際映画祭にて最高賞の金獅子賞を獲得した本作品『HANA-BI』は、世界に北野武の名を知らしめた作品になります。

それだけではなく国内の映画賞も多数受賞し話題となりました。

「そのときに抱きとめてくれるひとがいますか」をキャッチコピーに、愛する妻との逃避行を背景に一人の刑事の人生の機微と生き様を描いています。

少ない台詞で、感情の揺さぶりを表現した人生の物語を覗いていきましょう。

映画『HANA-BI』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『HANA-BI』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『ビートたけし』出演の作品をお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

「ビートたけし」出演の作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『HANA-BI』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・西佳敬

優秀な刑事である西佳敬は、同僚や後輩から慕われる一方でぶちギレると何をしでかすかわからないと恐れられてもいた。

そんな彼は数か月前に愛娘を失い、妻の美幸もそのショックから体調を崩してしまう。

そして、担当医から妻の余命が幾ばくも無いことを告げられ絶望するのだった。

更に、自身の代わりに凶悪犯を張り込んでいた同僚の堀部が銃撃され、かろうじて命は取り留めたものの下半身不随となったことが知らされる。

自身の身代わりとなった責任を感じた西は、凶悪犯を部下と共に追い詰めるも一人を撃ち殺され、もう一人も重傷を負わされてしまう。

怒りに我を忘れた西は凶悪犯を射殺するが、既に絶命した凶悪犯に銃弾を浴びせ続けるのだった。

 

・対極

刑事として正義を貫いてきた西だったが、同僚と部下に悲劇を与えた凶悪犯に対して、復讐心に囚われ、行き過ぎてしまい刑事を辞めざるを得なかった。

一方、凶弾に倒れた堀部は車いす生活を余儀なくされ、刑事の職と妻さえも失ってしまう。

たった一人の凶悪犯によって、二人の人生は一変してしまったのだ。

堀部は去っていった妻に勧められて絵を描き始め、西はヤクザから借金しながらも余命僅かな妻の為に、夫婦二人の日々を一緒に過ごしていく。

しかし、返す当てのない借金は膨れ上がるばかりで、とうとう西は犯罪に手を染めてしまうのだった。

【 ネタバレ 】

・悲劇の連鎖

義理堅く同僚や後輩からの信望のある西佳敬は優秀な刑事だが、切れると何をするかわからない危うさも持ち合わせており、恐れられもしていた。

そんな西は愛する娘を亡くし、そのショックを引き摺った妻の美幸も体調を崩し入院してしまうのだった。

凶悪犯を追っていた西だが、妻の容態が気にかかり頭から離れない。

その様子に同僚の堀部が張り込みの代わりを申し出て、西は妻の元へ向かう。

すると、担当医から美幸は不治の病で、もう余命が幾ばくも無いと告げられるのだった。

愛娘を失っただけでなく妻の命も残り僅かと知り、絶望に暮れる西。

そんな時、張り込み中の堀部が撃たれたと報せが入る。

かろうじて命を取り留めた堀部だったが、下半身不随となってしまうのだった。

 

・復讐~転落

車いす生活を余儀なくされた堀部は警察を辞めざるを得なくなり、長年連れ添ってきた妻とも別れる事になってしまう。

そんな堀部に対し責任を強く感じていた西は、懸命な捜査で凶悪犯を駅構内に追い詰める。

部下の田中と中村を伴い捕らえようとした西だったが、抵抗する凶悪犯の凶弾に田中は命を落とし、中村も重傷を負ってしまう。

憤り一気に逆上した西は凶悪犯を射殺。

更に、何発もの銃弾を浴びせ続けるのだった。

その行動が過剰と判断された西は、懲戒免職の処分を受け警察を去っていく。

一方、刑事の職も家族も失くしてしまった堀部は、去り際に妻が残した言葉から絵を描き始めていた。

西は、そんな堀部に画材を買うなどして見舞うのだった。

刑事を辞めていた西だが、犠牲となった部下、田中の妻へも仕送りしていた。

そして、余命僅かな美幸に不自由を感じさせないように大切な日々を共に過ごしていたが、ヤクザからの借金が膨れ上がってしまう。

返す当てのない西は、銀行強盗を計画する。

入手した中古車にパトカーを模して改造し、警察官に扮した西は銀行へ押し入るのだった。

 

・最期の思い出~結末

とうとう犯罪に手を染めてしまった西は、銀行強盗で手に入れた金で、ヤクザへの借金を帳消しにする。

日に日に弱っていく美幸。

何もしてやれず、ただ傍にいる事だけしか出来ない西は、僅かばかりに残された時間で最期の思い出を作ろうと鎌倉へ旅行に連れていくのだった。

一方、銀行強盗事件から連絡が取れない事を不審に思っていた西のかつての部下である中村は、自身の部下永井を連れて西の行方を捜す。

自分に残された時間がない事は美幸もわかっていて、何とも言えない表情を時折見せる西の隣で、笑顔で二人一緒の時間を楽しんでいた。

その旅行中、銀行強盗が西の仕業と気づいたヤクザが姿を現し、金を要求してくる。

西は、ヤクザたちを全員射殺。

その後最期の旅を続けていた二人の元へ、中村たちがやって来るのだった。

中村たちは、銀行強盗事件の犯人として西を特定していた。

そんな中村が「ヤクザの死体、見ましたよ」と告げると、「ちょっと待ってくれ、もうちょっとだけ待ってくれ」と西は頼む。

最期の思い出として鎌倉の海を眺めに来ていた二人は、海辺で肩を寄せ合い青い海を見つめる。

すると美幸が「ありがとう…ごめんね」と口にする。

その一言を聞き、肩を強く抱き寄せる西。

そして、二発の銃声が響き渡るのだった。

【 登場人物紹介 】

・西佳敬・・・ビートたけし

・西美幸・・・岸本加世子

・堀部泰助・・・大杉漣

・中村靖・・・寺島進

・東条正次・・・白竜

・凶悪犯・・・薬師寺保栄

・田中・・・芦川誠

・ヤクザの幹部・・・西沢仁太

・スクラップ屋の親父・・・渡辺哲

・担当医・・・矢島健一

・取調べを受ける男・・・津田寛治

【 主題歌 】

『HANA-BI(サントラ)』 久石譲&ワンダーシティ・オーケストラ

Joe Hisaishi – Hana-Bi OST (Movie Soundtrack)
HANA-BI – 久石譲コンサート2006

【 Twitterでの反応 】

【 感想 】

男性40代
男性40代

観賞後、最初に思ったのは何故『HANA-BI』なんだろうということでした。

『HANA-BI』ではなく『HANABI』や『花火』など、色々な表記の仕方もあったのに、何故という疑問です。

観た方がそれぞれに感じることはあるでしょうが、自分は「咲く花」と「消え落ちる火」もしくは「堕ちる日」を模して、相反する人生の対極を表現したかったのだろうと考えました。

本作品では、主に二人の男の人生を描いています。

西は正義から悪へ、堀部は順風満帆な状況から波乱の状況へなど、いずれも対極な運命を辿っています。

絶望に絶望が重なっていった西が、最期に愛する人と共に人生を終わらせたことも、ある意味、不幸のどん底から解放されて幸せに散っていったようにも思えます。

そして、西には愛娘を失ってしまったけど最期まで寄り添ってくれる妻がいるのに対し、堀部は家族が去っていき、これから迎えるであろう最期に向けて傍には誰もいないと云う対極も描かれていると感じました。

全体としては、所々に北野武らしいユーモアも含まれていて面白さを感じる場面もあり、じっくりと味わえた作品だと思いました。

その後、残念ながら亡くなってしまった大杉漣さんの魅力を存分に感じさせてくれる貴重な作品のひとつだと感じています。

感想はここから見れます

 

【 まとめ 】

世界のキタノと称されるきっかけとなった本作品『HANA-BI』。

男の生き様を北野武ならではの世界観で表現し尽くした作品と言えるでしょう。

とにかく、台詞が少なく演じる方の雰囲気と音楽で情景を描いているのが印象的で、更に、最初から最後まで人の生き死になど、対極にあるものを超越するように流れるストーリーに注目してしまいます。

そして、キャッチフレーズの「そのときに抱きとめてくれるひとがいますか」というのが、最後にじんわりと沁みてきます。

まさに、唯一無二と云える北野ワールドが織りなす物語を堪能してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました