人気コミックを実写化!!「るろうに剣心」の完結編 映画「るろうに剣心 伝説の最期編」を徹底解剖!!

邦画

ドラマ「ハゲタカ」や「龍馬伝」を制作した大友啓史監督がメガホンを握った「るろうに剣心」シリーズの完結編です。

2012年公開した「るろうに剣心」の興行収入は、30.1億円。

続く2014年公開「るろうに剣心 京都大火編」では、52.2億円。

そして、「るろうに剣心 伝説の最期編」では43.5億円とシリーズ累計125億円を突破した大人気映画となり、人々に多くの感動を与えました。

日本のみならず、イギリス、香港など世界100カ国以上を熱狂の渦に巻き込んだ「るろうに剣心」シリーズが2020年に最終章が公開予定です。

そこで、今回は「るろうに剣心 伝説の最期編」のあらすじや登場人物を紹介していきます。

映画「るろうに剣心 伝説の最期編」のあらすじ

前作「るろうに剣心 京都大火編」との2部作となっています。

まずは、 「るろうに剣心 京都大火編」のあらすじを軽くしていきます。

「るろうに剣心 京都大火編」

舞台は、幕末の動乱時代。

「人斬り抜刀斎」という異名を持つ主人公「緋村剣心」がいました。

その腕前と驚異の暗殺技術は、幕府の人々を震撼させたのでした。

それから10年後、明治時代となり平穏な時代が訪れました。

緋村剣心は、「不殺の誓い」を掲げ、もう2度人を殺さないことを誓い、穏やかな生活を送っていました。

そんな中、志々雄真実という男が国を支配しようと手練れを連れて京都に火を放つ計画を練っています。

志々雄真実は、剣心同様「陰の人斬り」として政府に使われていたが、明治政府に裏切られ体全身に大やけどを負いました。

そのことから、ひどく明治政府を恨み、復讐しようと企んでいたのです。

緋村剣心は、京都での志々雄真実らと戦うことになります。

交戦を続けていく中、相手勢力が弱いことや志々雄真実らがいないことに違和感を覚えます。

そして、志々雄真実の本当の狙いは東京で、京都に火を放つことは第1段階にすぎないことだと気づきました。

そんな中、緋村剣心の仲間である薫が拉致され、それを追っていくとそこには巨大な船がありました。

そこで、緋村剣心は志々雄真実と戦います。

人質にとられている薫を志々雄の仲間が海に投げ込み、それを追うようにして緋村剣心も海に飛び込むのでした。

ここまでが、「るろうに剣心 京都大火編」のあらすじです。

「るろうに剣心 伝説の最期編」

海に飛び込んだ数日後剣心は、目を覚ましました。

そこには、薫はいなく、剣術を教えてくれ師匠がいました。

師匠、比古清十郎は偶然剣心をみつけ助け出したのです。

剣心は、このままでは、志々雄との勝負に負けると感じていました。

だれも傷つけずに仲間を救うため、師匠に飛天御剣流の最終奥義を教えてほしいと願い出ました。

剣心がまだ生きている情報を入手した志々雄は、伊藤博文と会談をします。

そこで、伊藤博文に今までしてきた悪行の告白と剣心を見つけ出し処刑しろと要求しました。

要求に応じた政府は、剣心に指名手配にして探すことにしました。

そんな中、剣心は、遂に飛天御剣流の最終奥義を会得しました。

決戦の東京へ進んでいく道中、政府に見つかり捕まります。

そこで伊藤博文らと会い、処刑をするふりをし、処刑を見に来た志々雄らを倒す策を打つことにしました。

思惑通り、処刑場には志々雄の幹部の姿と志々雄が乗る巨大な船の姿が。

いまこそ、修行で会得した技術と、

心の中に住み着く抜刀斎に打ち勝つときがきました。

志々雄を倒し、みんなを救うことができるのか。

https://youtu.be/yCe3hg-z0E8

映画「るろうに剣心 伝説の最期編」の登場人物紹介

緋村剣心 – 佐藤健

神谷薫 – 武井咲

四乃森蒼紫 – 伊勢谷友介

相楽左之助 – 青木崇高

高荷恵 – 蒼井優

瀬田宗次郎 – 神木隆之介

伊藤博文 – 小澤征悦

巻町操 – 土屋太鳳

明神弥彦 – 大八木凱斗

佐渡島方治 – 滝藤賢一

悠久山安慈 – 丸山智己

駒形由美 – 高橋メアリージュン

翁(柏崎念至) – 田中泯

比古清十郎 – 福山雅治

斎藤一 – 江口洋介

志々雄真実 – 藤原竜也

映画「るろうに剣心 伝説の最期編」の感想、見どころ

女性
女性
前作に比べてアクションシーンが多くて、アクションを楽しみたい人にとってはとても満足できる作品になっていると思います。
ストーリーの初めに剣心が師匠の福山雅治に助けられ、もう一度剣術の奥義を伝授してもらうべくシーンでは、撮影中に福山雅治の剣が佐藤健の目に当たり右目が充血した事があったようで、まさかそのシーンを映画の中で実際に使うという監督のリアルさを追求しているのが分かります。
竹林の中での撮影は殺陣シーンをより引き立てように感じます。
中盤でも砂浜で戦うシーンでも足をとられて大変だったと言っていたくらい激しい殺陣で、アクション監督が当てる殺陣を指導しているからなのか、アクションも速いし結構リアルに見てすごいかったです。
クライマックスは、船上での志々雄たちとの殺陣シーンで、さきに宗次郎との殺陣のスピードや壁を走ったりする演技はすばらしかったし、志々雄との2人の戦いは1番の見どころだと思うし、現場がみんなおかしくなってると感じたと言ってるくらいなので、火の中のシーンの殺陣は圧巻でした。
最後に薫と紅葉を手に”せっしゃのそばにいてくださらぬか”のセリフと穏やかな顔が印象的で好きでした。
豪華キャストそれぞれのアクションがすごかったのでとても満足できる映画でした。

女性
女性
るろうに剣心の前編と後編にわたる映画の、後編になります。前作から引き続き志々雄の悪事を止めるべく、剣心や斎藤が奮起します。
また剣心に助けられたたくさんの人々も、少しでも力になりたい一心で剣心のもとに集まります。志々雄の狙う町が京都ではなく東京であるとわかった剣心は、己の剣を磨き、東京へ向かいます。
そこでは最新の兵器を用意した志々雄が、東京の町を破壊しようと攻撃の準備をしているのでした。大砲などは刀で戦う剣心らには一見とても不利で、緊張感はつのる一方でした。しかも剣心の刀は逆刃刀であり、ただでさえ人を斬ることはできないのでした。
しかし、志々雄も長くは戦えない身であり、戦いは一気に山場を迎えます。アクションは期待を裏切らない盛り上がりを見せます。また思いもよらない展開で人が斬られてゆきますが、剣心は守りたい人を最後まで守り切ることが出来るのか、見どころです。

男性
男性
原作の京都編を映画化した後編。原作とは大きく違う映画オリジナルな展開ではあるが、実写ならではの大迫力の殺陣や戦闘シーンなどは見ごたえ十分です。
剣心が飛天御剣流の師匠比古清十郎と再会し、九頭龍閃と奥義である天翔龍閃を習得。
九頭龍閃は原作のように同時に九つの斬撃を放つものではさすがになかったが、高速の連撃でとてもかっこよかったです。
原作もそうですが、志々雄がめちゃくちゃ強いです。剣心、左之助、蒼紫、斎藤一の4人を同時に相手にして、互角以上の戦いを繰り広げています。
まさに炎を統べる修羅という感じで、剣心の後任(影の人斬り)ですがあきらかに剣心より強いと思われます。
すこし残念だったのが、どうしても時間の尺もあった関係で、志々雄一派の十本刀の扱いがモブのようだったことです。宗次郎と剣心の戦い以外、ほとんど目立ちません。
ですが全体的には非常に完成度の高い作品だったと思います。

男性
男性
「るろうに剣心 伝説の最期編」は映画「るろうに剣心」3部作の最後の作品です。
2部と3部は二つで一つのストーリーなので、鑑賞するときは連続で見るべきだと思います。
2部での剣心は、志々雄に圧倒された状況なので気持ちがモヤモヤします。
が、3部では巻き返します。全キャラクターの魅力が満載でスカっとするでしょう。
剣心(佐藤健)は漫画版の印象とは若干違う感じがしますが、映画の「剣心」として、実写の世界観とマッチしています。
他のキャラクターでは、蒼紫(伊勢谷友介)、左之助(青木崇高)も同様ですが、原作を超えた良いキャストだと思います。
原作に忠実だと思ったのが宗次郎 (神木隆之介)と薫(武井咲)かな?
ストーリーを詰め込んでいるので、「十本刀」との対戦はじっくり見たいと思いましたが、テンポ良くストーリーが進み、無駄がありません。
アクションは、1部、2部同様、3部でも繰り返しで何回も見てしまいました。邦画では最高のアクションだと思います。
魅力あるキャスト、テンポの良いストーリー、見応えのあるアクション、世界観にあった音楽と日本映画で最高クラスの作品だと思います。

男性
男性
『京都大火編』に続き、原作でも一番人気のエピソード『志々雄真編』の実写映画化。最期と言いつつしっかり今年完結編が公開されますが。。。
そりゃあ楽しみですよ!なんてったって僕の地元でもロケが行われたんですからね!ワクワクが止まらない!(笑)とにかく谷垣健治さんが監督したアクションシーンが素晴らしすぎる。シリーズどれでも最高のNEO殺陣をキメてくれてますが、本作も何度も見返したくなるほどのクオリティ!もう拍手喝采を浴びせたい!しかし、前作と合わせて一本の映画として観ると、どうしても尺を持て余しているのも事実。
とりわけ、福山雅治演じるお師匠様との修行シーンが長く感じた。クライマックスの決戦が一対一じゃなく、多勢に無勢感が出てしまっているのも少し残念。それでも、志々雄役の藤原竜也は凄まじかったです!メイキング映像を見たことがあるのですが、全身に巻いた包帯が重くて、リハの時点で地獄のような光景でした。役者さんたちの魂も感じられる作品ですね。

女性
女性
るろうに剣心実写映画化の第三作目で、宿敵の志々雄真実との決着となる映画です。原作の漫画のファンですが、一作目も二作目も、キャストに違和感はありませんでした。むしろ、とてもハマり役の俳優さんばかりで、原作ファンも満足の実写化だと思います。
特に、志々雄真実役の藤原竜也さんは迫力もあって、狂気に満ちた演技は彼にしかできないなと思いました。
主役の佐藤健さんも、緋村剣心役に想像以上にハマっていたので満足です。漫画の実写映画は難しいと言われていますが、この映画に関しては、かなり良い仕上がりだと思いました。
この「伝説の最期編」では、志々雄真実との決着がついて、ひとつの区切りとなりますので、るろうに剣心を見たことが無い人は、第一作目と二作目も一緒に見ると面白いと思います。原作の漫画を読んだことがある人も、読んだことが無い人でもしっかり楽しめる内容です。

男性
男性
作品の序盤で、剣心が師匠である彦清十郎と再会し、「飛天御剣流 天翔ける龍の閃き」を会得します。
るろうに剣心では魅力的な技が多く、子供の頃に真似をした方も多いと思います。特に左之助の使う「二重の極み」は、海外の方にも人気で、本作品でも発動することを期待した方が多いと思いますが、残念ながら発動されず、少し残念ではありました。
また、るろうに剣心のキャラクターは、実際に存在した幕末の志士達をモデルに描かれていることが多く、例えば左之助の場合は、新選組十番隊組長の原田左之助。志々雄誠に関しては、新選組の前身である壬生浪士組の初代筆頭局長である芹沢鴨です。ちなみに志々雄の愛人である駒形由美は、由美かおるがモデルです。
こういった実際の歴史上の人物とリンクさせて楽しむことができるのも、るろうに剣心ならではの魅力です。また主人公である剣心にもモデルが存在し、幕末の四大人斬りである河上彦斎がモデルとなっています。剣心演じる佐藤健は、龍馬伝では岡田以蔵(四大人斬りの一人)を演じており、彼は人斬りを二人も演じています。そういう経験のおかげなのか、人斬りとしての気迫のようなものが、本作品で滲みでており、見どころの一つとなっています。
剣心達は志々雄を打ち破ることが出来るのか。剣士とは、正義とは何なのか。ぜひ作品をご覧になってください。

女性
女性
原作に思い入れが強いほど突っ込みどころが多いでしょうが、師匠対決のシーンが好きですね。志々雄戦に向けての、剣心が生きて帰ってこれるように願う気持ちを感じます。心情を察するシーンが少ない操ですが、蒼紫に生きるように告げる時には複雑な心境を考えさせられます。亡くなった人たちのことを思うと、ずっと憧れていた彼には生きていてほしいよね。
処刑の場面で斎藤が出てくると、なんだか予定調和感がすごいですよ。砂に足を取られるだろうに、大人数の戦いは見ごたえがあります。
戦艦での宗次郎との戦いでは、さらにスピード感のあるアクションがみられますよ。壁も走るのでお見逃しなく。
そして志々雄戦では4対1の戦いがやってきます。躍動感のあるスピードが乗ったバトルアクションなので見ごたえがありますよ。そして志々雄と由美の関係には、退廃的な美しさを感じます。彼らにはまだ、煉獄の先での戦いが待っているのですね。剣心が薫との未来を目指そうとするのと対照的で記憶に残ります。

男性
男性
週刊少年ジャンプの名作を映画化した良作。佐藤健さんが主演で原作通りに忠実に実写化されてます。
1番のみどころはもちろんアクションシーンで、佐藤さんの殺陣や動き、演技力は目を見張るものがあり素晴らしい迫力でとても良かったです。まだキャストも豪華で師匠の比古清十郎に福山雅治さんを据えるなど個人的にはバッチリの配役だったなと思います。
最強すぎて比古は剣心に修行だけつけてあまり出張りすぎる事はありませんが・・笑。
後はやはり神木くんですね。もともと線の細い感じでもっとおとなしい役ばかりやる俳優さんのイメージでしたがやはり子役出身ですし、この映画で高い演技力の幅を見せてくれました。瀬田宗次郎役でとてつもなく迫力のあるアクションシーンを見せてくれ一番良かったかもです。ギャップが更に良かったのかもしれませんが。優男だけど激しい剣技を持っているというのは神木くんにハマったのかもしれません。
全体を通してまとまったストーリー構成なのでスッキリ観やすいと思います。

女性
女性
「るろうに剣心」歴代3部作の最後を飾った本作は、剣心が彼の師匠である比古清十郎と再会するところから物語が始まります。
前作の最後、剣心がどうなるのかドキドキしながら終えた私としては、満身創痍の剣心が師匠のもとで傷を癒し、飛天御剣流の奥義伝授をお願いするという場面が、一番心に残っています。この比古清十郎はコミックでも謎めいた存在ではあるのですが、映画で彼の役を演じられるのが福山雅治さんと知った時には、キャラクターや出で立ちが役柄にピッタリで、原作以上の映画になるだろうと期待を持ちました。
心身共に傷を負った剣心が復活を果たした時、志々雄を止めるための闘いが始まります。アクションシーンが次から次へと繰り出され、見ている側も手に汗握る展開からは目が離せません。
剣心が前作で戦い敗れた宗次郎をも、意図も簡単に倒した時には、思わずガッツポーズが出るほどの感動でした。そして、志々雄に対峙する剣心は、長い長い闘いに幕を閉じるのですが、志々雄の最後は映像からも熱を感じるほどの迫力でした。

女性
女性
京都大火編の続きだったので、この映画をみるなら先に京都大火編をみた方が良いです。キャストの皆さんもとても豪華でした。アクションシーンはここ最近の映画中で、一番印象に残るくらいとても良かったです。
最後の展開が、悪役の藤原竜也演じる志々雄がとても強くて、4対1でも倒せなくて、最後は結局やけどのせいで、死ぬ、という結末にはどうもしっくりこない気がしました。
せっかくあんなに激しいアクションシーンが演出できるならば、刀で決着をつけてもらいたかった気もするが、原作通りに演出したのであれば、仕方ないかとも思いました。
ストーリーとしては、仲間と戦うシーンなどもあり、つい涙が溢れる場面もありますが、アクションシーンはとても良かったです。個人的には佐藤健さんと神木隆之介さんのアクションシーンがとても良かったです。

女性
女性
前作のラスト、剣心を担いでいく謎の男、を受けてのスタートです。謎の男は剣心の名付け親で師匠、比古清十郎です。剣心との出逢いの回想シーンがなかなかのスケールです。(劇場では効果音が特に大きかった…)
前半の見所はズバリ師弟対決です。竹林のシーンでは徹夜で悩んだ剣心の目が真っ赤ですが、画像加工ではなく佐藤健さんが目を負傷した為です。(福山雅治さんの証言では、監督『いや〜却っていい画が撮れたよ!』と言われ【なんて恐ろしい現場なんだ!】と健くんが心配になったそうです)
中盤の殺陣は蒼紫との闘いが見所です。奥義を伝授された剣心の強さと深い哀しみの中からの優しさが沁みます。
見所満載のなかのクライマックスは志々雄との4対1の驚異の殺陣ですね!メイキング見てると藤原竜也さんが「これ一発でやるのか〜きついね」と言うのを「いえいえっ、いくつかに分けて撮りますからっ!」と慌てるスタッフさん。
実は初見で全殺陣を覚えてしまった(!)藤原竜也さんにたじろいでいました。文字通り燃え上がる人生を生きた男に喝采を!全編を通して剣心の強さと優しさと哀しみが満たされた三部作でした!

男性
男性
高速アクション!!観る者を釘付けに!!

「るろうに剣心」シリーズは、なんと言っても高速アクションが見どころです。
佐藤健さん演じる剣心と福山雅治さん演じる比古清十郎の稽古場面や、日本一の剣術の称号がほしい伊勢谷友介さん演じる四乃森蒼紫と剣心の戦いなど、もの凄い速さで戦いが行われていきます。
イケメン俳優のアクションはとてもかっこよく絵になります。
剣心と比古清十郎の師弟関係
壮絶なアクションだけでなく、剣心と比古清十郎の人間模様に感動すること間違いなしです。
久しぶりの再会を果たし再び稽古に励む剣心。
剣心は、自分に今欠けているものが何か見いだせずにいました。
そこで師匠は、「己に欠けているものがわからない者は敵にかつことはできない。
仮に勝っても心の中に住む人斬り抜刀斎に打ち勝てない。
ならば師匠として引導をくれてやる。と言い、本気で剣心を殺しに行いきました。
そこで剣心は、死への恐怖を感じることになります。
死にたくないと強く思うこと、生きようとする意思が剣心に足りないものだと師匠が理解させたのです。
この死に物狂いの壮絶な稽古、そして最後、剣心が東京に旅立つときに一言「死ぬなよ。」とつぶやくシーンは、とても印象に残る良いシーンとなっています。

映画「るろうに剣心 伝説の最期編」のまとめ

いかがでしたでしょうか?

出演キャストが豪華すぎて、それだけでも満足といった感じでしょうか!

「るろうに剣心 伝説の最期編」は「るろうに剣心」第三弾の劇場版です。

最終章 The Beginning公開前に過去の作品を見てみてはいかがでしょうか!?

映画を見るには動画配信サービスを利用することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました