おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【信長協奏曲】動画を無料で(映画)フル配信・視聴する方法

信長協奏曲 邦画

©石井あゆみ/小学館 ©2016 フジテレビジョン 小学館 東宝 FNS27社

従来の歴史ものと比べ、あまり歴史を知らない人でも見やすく、現代の歴史を知らないサブローが主人公のため、難しい言葉も一緒に学べる作品。

映画『信長協奏曲』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『信長協奏曲』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

小栗旬が信長に!映画「信長協奏曲」予告編 #Nobunaga Concerto #movie
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『小栗旬』出演の作品をお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「小栗旬」出演の作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

小栗旬」出演の作品 U-NEXT hulu
信長協奏曲 視聴 ▶ ×

映画『信長協奏曲』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・信長が死ぬ?!

「いつか、俺が見てきた平和な世の中をつくる。

それが、俺が信長になった理由(わけ)なのかなー、って。」

ある日、戦国時代にタイムスリップした、平成の高校生・サブロー(小栗旬)。

歴史を知らない、普通の高校生が出会ったのは、

顔が自分と瓜二つの織田信長(小栗旬)!

病弱な信長に頼まれ、サブローは『織田信長』として、生きることになってしまう。

最初は戦に逃げ腰だったが、様々な経験を経て、立派に信長として成長したサブロー。

ついに、安土城を完成させる。

そこに、サブローと同じように平成からタイムスリップしてきた松永弾正久秀(古田新太)が現れる。

松永は、サブローが平成から持参してきた歴史の教科書を渡し、衝撃の事実を伝える。

「お前はもうすぐ死ぬ・・・。」

・天下統一を阻む敵たち

『織田信長』として、自分がもうすぐ死ぬことを知ったサブロー。

天下統一をし、平和な世の中をつくることを願っていた矢先の事実に、

サブローはショックを受けてしまう。

そんな中、本願寺が上杉謙信と手を組み、

さらに毛利や雑賀衆(さいかしゅう)も織田を討とうとしていると言う話を聞く。

だが、敵は外部だけではなかった。

実は、内部にも松永や羽柴秀吉(山田孝之)。

そして、本物の織田信長・・・今は織田信長として生きているサブローの家臣として生きている、明智光秀(小栗旬)も、信長の命を狙っていた。

特に、明智は、自分が信長だった頃と違い、家臣や妻の帰蝶(柴咲コウ)が

サブローと親しくなっているのを見て、嫉妬に燃えていた。

サブローが太陽なら、自分は月だと思っていた・・・。 

・祝言の約束

そんな中、信長の妹・市(水原希子)が、信長と帰蝶が祝言を挙げていないことを知る。

早速、市が帰蝶と、サブローにその話をしに行くと、

「これから戦が始まるのに、そんな暇ない。」

と、冷たく言い放つ。

本当は、自分の死が近いことを知ったサブローは、祝言の後に残された帰蝶の悲しみを

思い、祝言を断ったのだ。

そして、ついに、本願寺との戦が始まった。

この戦で命を落とすかもしれないと覚悟したが、なんとか生き延びた。

激しい戦を戦い抜いたサブローは、運命を変え、生きる覚悟を決める。

身体を負傷しながら、帰蝶の元に戻ったサブローは、こう言った。

「挙げよっか、結婚式。もう絶対、死ぬなんて思わない。」

【 ネタバレ 】

・本能寺の変

サブローと帰蝶は、祝言を挙げることにした。場所は京都・・・本能寺。

そう、史実では信長が亡くなった場所とされていた。

ついに、サブローは信長として死んでしまうのか・・・。

そんな中、光秀が謀反を起こした。

しかしそれは、秀吉から、サブローを殺さないと、

大阪から本能寺に向かっている帰蝶や、市を殺すと脅しての行為だった。

燃え盛る本能寺の中、その話をサブローに伝えた。

そして、ずっとお前が羨ましかった、死ぬな、と告げ、サブローを逃した。

燃え盛る本能寺に一人残った光秀。そこに秀吉が現れる。

光秀(本物の信長)は、初陣の際に、秀吉の家族を含む、村の者を、

自分の手柄のために、村中に火をつけ、焼き尽くした。

秀吉は、ずっとそのことを恨んでいた。

本当の目的は、光秀を自分の手で殺すことだったのだ。

さらに、顔が瓜二つであるサブローを、逆賊の光秀として殺し、天下を取ることだった。

光秀がサブローを殺さないでくれ、と必死の懇願も空しく、無残に殺された。

そう、本能寺の変で信長が死ぬ、とされていた史実は、

本物の信長・・・光秀が亡くなったことだったのだ。

・山崎の戦い

これにより、歴史は変わった。

秀吉の手下に追われていた帰蝶を、サブローが助け出し、そう告げた。

サブローの命は救われたと思っていた。

だが、秀吉のふれこみにより、信長の家臣たちには、「光秀が信長を討った」という話が伝わっていた。

サブローは光秀として、再び命を狙われることになった。

そう。「秀吉が光秀を討つ」という、史実もあったのだ・・・。

やはり、歴史は変わらないのか。

サブローは覚悟を決め、秀吉と戦うことにした。

帰蝶にこう言い残し、最期の別れを果たした。

決して悲しいだけではなく、敢えて笑顔で別れようとする二人がとても微笑ましい。

ここはぜひ、映画を観てほしい。

「歴史は変わらなくても、未来は繋がる。帰蝶とこの時代で出会えてよかった。」

サブローは秀吉の元へ向かった。そして・・・首を切られた。

・帰蝶からのメッセージ

気が付くと、サブローは平成の森林の中にいた。

なぜかわからないが、現代に戻ってきたのだ。

そして、帰蝶が戦国時代の大阪で会った「河童(現代からタイムスリップしてきた緑のズボンを履いた外国人)」から、サブローに手紙が届いた。

その中には、SDカードが入っており、PCで再生してみると、

帰蝶が現れた。

「うつけ。元気にしておるか。

・・・お主の想いは、歴史をつくったぞ。

・・・たとえ時代は離れても、この指輪があればわらわとお主はつながっておる。

・・・ありがとうな。

わらわと、皆と同じ時代を共に生きてくれて、出会ってくれて、ありがとう。」

帰蝶のメッセージを見たサブローは、涙し、もう一度、そのメッセージを見た。

サブローがタイムスリップから戻ってきた場所から、もう一度歩き出した。

「殿!」

後ろから声がしたと思い、振り向いたが、誰もいない。

だが、サブローは未来を信じて、一歩ずつ、歩き出す。

【 登場人物紹介 】

サブロー  小栗旬)

帰蝶    (柴咲コウ)

池田恒興  (向井理)

前田利家  (藤ヶ谷太輔)

市     (水原希子)

松永弾正久秀(古田新太

徳川家康  (濱田岳)

柴田勝家  (髙嶋政宏)

羽柴秀吉  (山田孝之

【 Twitterでの反応 】

https://twitter.com/Atarum7/status/693599922755469312

【 こんな人におすすめ 】

・歴史系の作品が好きな人

・ドラマを見ていた人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます

 

【 まとめ 】

ドラマを観ていなかった方でも楽しめるのではないかと思う映画で、信長としての歴史が最後まで描かれるので、一回映画を観てこの話に至るまで、何があったのか、ドラマを見てみるのもよいだろう。

その他の魅力として、歴史的な合戦を、圧倒的スケールで描いていて、迫力満点なのはもちろん。

帰蝶との恋愛模様も、見ていて微笑ましい。

普段はケンカばかりしている二人だが、本当はお互いを想い合っている姿が感動する。

また、キャラクターも魅力的だ。サブローの明るくて、周囲の人々を大切にする温かいところや、他のキャラクターも、素敵なキャラクターが多いし、敵は敵で、抱えている思いなどがあり、どのキャラクターにも魅力を感じる。

ぜひ、この作品を一度、観てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました