おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

ハンターハンター 動画を無料配信(アニメ1話~最終回)フル視聴 2021 

アニメ

HUNTER×HUNTERはハンター試験で出会ったゴンとキルアは様々な試練を経て仲間たちとともに成長していく姿を描いたアニメです。

アニメ『HUNTER×HUNTER』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、アニメ『HUNTER×HUNTER』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、『HUNTER×HUNTER』シリーズの作品、コミックをお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

HUNTER×HUNTER」作品をお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

アニメ『HUNTER×HUNTER』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ・ネタバレ 】

ハンター試験編

第1話 タビダチ×ナカマタチ

12歳になったゴンは育て親との約束通り幻の魚釣りに成功してハンター試験を受けに行くことになりました。

船に乗ることからハンター試験が始まっていたのです。

ひどい嵐になりゴン、クラビカ、レオリオの3人以外はすぐに倒れてしまったので失格となりましたが彼らのみ合格となったのです。

第2話 シケン×ノ×シケン

試験会場のある島に着いたゴンたちはドキドキ2択クイズをすることになったのです。

そのクイズは「大切な人が2人危険な目に遭ってしまったときにどちらを助ける?」というものでした。

そこには正解はありませんが、今後起こり得ることなのでしっかりと考えておく必要があると教えてくれました。

3人は沈黙することで正解となり試験場までの道を示してくれたのです。

その後ハンター試験のナビゲーターに適性試験をされ合格を手に入れたのです。

第3話 ライバル×ガ×サバイバル

ハンター試験のナビゲーターが試験会場にたどり着くのは1万人に一人と言われています。

ハンター試験に合格するのは至難の業だとクラビカとレオリオが言い合いをしていると試験会場にたどり着きます。

会場で番号札を渡されると何度も受けている35回受けたという16番(トンパ)の人から声をかけられ下剤入りのジュースを御馳走しようとするけどゴンたちにいとも簡単に見破られてしまいます。

2次試験会場までサトツについていける人のみ合格できるという404名の1次試験が始まったのです。

第4話 キボウ×ト×ヤボウ

1次試験開始から走り続けてデータによれば40km地点だと踏んでいたニコルはそれ以上走ることについていけなくなり脱落したのです。

サトツは60km過ぎたころにピッチを上げていったのです。

レオリオは一度くじけそうになったが負けん気の強さから頑張るのです。お金があれば友人が死ぬことはなかったことをクラビカに語り、クラビカは自分の野望を伝えたのです。

長く暗いトンネルをようやく抜けたと思ったら霧の濃い湿原地帯(詐欺師のねぐら)にたどり着きまだあだ道のりは続きます。

第5話 ヒソカ×ハ×ヒソカ

霧の濃い湿原地帯のなかハンター試験受験者たちはサトツについていきます。

けれど霧の濃さもありあらゆるモンスターが襲いかかってくるのです。

ゴンとキルアもモンスターに食べられてしまいますがトンパのジュースのおかげもあり吐き出されて助かったのです。

クラビカとレオリオはヒソカを亡き者にしようとする人たちとの戦いを眼にし

ココは逃げようとしたのですがレオリオはやはり何もしないのは駄目だと戦おうとします。

負けそうになった時にゴンは助けて自分もやられそうになったもののその力量を認められたのもあり1次試験合格となったのです。

第6話 イガイ×ナ×カダイ

2次試験では料理を作ることになります。

指定される食材は豚で2人が満腹になった時点で終了となったのです。

豚の種類は1種類となるけれどそれらは肉食なのでかなりの危険を伴うのです。

その豚は額が弱点であるとゴンのおかげで豚を取ることができたけれどみんな丸焼きで工夫も足りないので合格者ゼロとなってしまったのです。

それではいけないと会長がやってきて試験のやり直しが決まり、次の課題はゆで玉子となったのです。

第7話 ヒコウセン×ノ×ケッセン

美味しいものを発見したときの喜びを得たことでクリアした挑戦者たちは飛行船でつかの間の休息となります。

試験管のサトツとメンチとブハラは今回の参加者が粒ぞろいであることにワクワクしているようです。

キルアの両親が殺し屋をしているのもありハンター試験を受けることになったとゴンに話していると会長のネテロは2人にゲームを持ち掛けます。2人は懸命に攻撃しますがなかなか手にすることができませんが努力賞をもらうのです。

キルアはこれ以上すると殺してでもボールをつかみにいきそうになると考えていたがゴンは片手を使わせてやると頑張ったのです。

第8話 カイケツ×ハ×タスウケツ?

受験者42名を乗せた飛行船は3次試験会場にたどり着きます。

今回はトリックタワーの屋上で制限時間72時間以内にたどり着けば合格となるが普通に降りようとするとモンスターに食べられてしまいます。

抜け道を発見したゴンたちはタワーの中に入るとメンバーが5人そろうと多数決により進んでいきます。

その途中で囚人たちと戦うことになります。けれどトンパはあっさりと負けてしまいゴンたちは不利になってしまったのです。

第9話 シュウジン×ニ×ゴヨウジン

トリックタワーは囚人たちがいる場所でもあり彼らが勝利すると刑期が短くなることを約束されているのです。

2回戦はゴンとの戦いでローソクの長いほうを選択したが細工されたことにより燃える速度が速まり敗北かと思われたが俊敏に動くことで簡単に火を消したので勝利するのです。

3回戦でクラビカは19人殺して20人目になることが楽しみだと大口をたたく彼は幻影旅団の名前をかたると同時に仕留めたのです。彼がニセモノだとわかっていたが蜘蛛を見るだけで理性を失うことに仲間たちは驚いたのです。

第10話 ヒッカケ×ノ×キッカケ

4回戦でレオリオがやる気満々だったがクラビカとの戦いで参ったと言っていないことから勝負は終わっていないと言われてしまいます。

彼らは多数決の悪い部分によりうまく進みません。

そうこうしているうちにヒソカは一人で簡単に3次試験を通過していました。

3回戦で彼が死んでいるか気絶しているかの賭けをしたのです。そこでレオリオは賭けに勝ち時間は失ったものの2勝したのです。

第11話 ギャンブル×デ×トラブル

2勝1敗となったところでレルートは自分が女か男かどちらかを聞いてきた。

レオリオは男と答えて負けたけれどジャンケンには自身があると受けて立ってみたが彼女に気持ちを読まれていたので簡単に負けてしまい2勝2敗となります。

3勝目を賭けた勝負にはキルアが参加し大量殺人犯のジョネスの心臓を抜き取りあっという間に勝利しました。

けれどペネルティの50時間の間小部屋に過ごすことになるのです。

第12話 サイゴ×ノ×カクゴ

50時間を小部屋で過ごすことになったゴンたちはそれぞれの思うように過ごしていました。

体力温存しながら鍛えることも忘れていませんでした。

ゴンたちが50時間過ごしている間に次々と合格していき時間が過ぎるのを待っていたのです。

50時間から脱出したゴンたちは長く困難な道を選んで壁を壊して短時間で到着する道を使ってギリギリ合格したのです。

第13話 ゴンヨリ×ノ×タヨリ

ゴンはミトさんに3次試験合格するまでの道のりを手紙に書いて出したのです。

ハンター試験が始まるまでにレオリオトクラビカと友達となり3人で1次試験前の試験に合格できたこと、1次試験で出会ったキルアと出会って一番の仲良しなことも書かれていました。

3次試験で仲間と長く困難な道から短くて簡単な道へ穴をあけてやっとの思いで合格したことも報告したのです。

ミトさんはゴンの父にハンターに近づいていることをいうと満足?と聞くのです。

第14話 ターゲット×ニ×ヒット

3次試験を終えた24人は狩るものと狩られるものというくじを引いたのです。

その点数配分は相手のプレートを取れば3点、自分のプレートで3点、その他のプレートを取れば1点取得となり合計6点持っていれば合格の試験が実施されるというものでした。

ゴンはヒソカ(44)をひいたので彼の番号を奪うためにトレーニングをします。

それをみている人がいて彼も狩られる存在となっていたのです。

第15話 ダマシアイ×ノ×トリアイ

ゴンは自分の血に近寄ってくる蝶を使って怪我をしていたヒソカを探していました。

途中でプレートを取られてけがをした人を安全な場所に運んであげたりしてゴンの優しさが光ります。

レオリオとクラビカは手を組んでプレートを着々とゲットしていきます。

キルアは誰かに追われていたことに気付いて泳がせていた。

ゴンが狙うヒソカはレオリオとクラビカを狙っていたのです。

第16話 ハイボク×ト×ケツジョク

ヒソカはレオリカとクラビカを狙っていると知ったゴンはもし戦いになったらと考えて作戦を変更するのです。

レオリオとクラビカは無条件にプレートを渡して去ると2人のせいで欲情してしたけれど何とか鎮めたかのようにみられたが実はそうではありませんでした。

ゴンはヒソカに見つからないように気配を消してなんとか彼のプレートを奪うと彼を狩ろうと狙っていた敵に麻酔を打たれて動けなくなってしまいました。

ヒソカはその敵を狙っていたので彼を仕留めるとプレートを自分から奪ったゴンを褒めたたえて貸しだと預けられたのです。

そんな施しはいらないと攻撃しようとすると反対にやられてしまい倒れてしまいました。

第17話 アナ×デ×ワナ

ヒソカは今の君は僕に生かされているから力をつけるまでプレートを預けておくといいゴンから去っていくのです

そのころキルアはアモリ、イモリ、ウモリから簡単にプレートを奪うといらないと投げるとハンゾーが棚ぼただと喜んだけれどそれは番号違いだったのです。

ゴンとクラビカは6点分のプレートを手にしたがレオリオは彼らの助けを借りてポン酢のいる洞窟に入っていくともうすでに死んでいるバーボンの罠(毒蛇)のせいでレオリオは動けなくなってしまったのです。

第18話 タイセツ×ナ×メンセツ

バーボンはポンズのハチによりアナフィラキシーショックを起こして死んでしまったのです。

まさに「毒を持って毒を制する」なのです。

バーボンが血清を持っていると信じたゴンは多くの毒蛇の中に入り込むことで手にしてゴン・レオリオが助かるとポンズの催眠法により脱出するのです。

最終試験に挑む9名はそれぞれ会長と面接を行い最終試験のトーナメントが組まれたのです。

第19話 カナテイ×ガ×マケナイ

最終試験のトーナメントは今までの試験の結果によるもので決められていたのです。

1回戦はハンゾーとゴンの戦いです。ゴンは試合が始まるとすぐに手も足も出ない状態となっていても彼は全く降参しようとしないのです。

ハンゾーはゴンに足を切り落とすというと「それは嫌だ、参ったというのも嫌だ」というとゴンの頭に剣を突きつけるのです

父に会いに行くために自分はひかないと強い意志を示すとハンゾーは自分が負けたと認めたのでした。

1人だけが脱落すると決まっている最終試験は始まったばかりなのです。

第20話 フカカイ×ナ×テンカイ

ゴンは父を目の前にして崖から崩れて目が覚めてしまいます。

ゴンは丸一日眠っていたので最終試験は終了したのです。最終試験で不合格だったのはキルアだったのです。

試合中に誤算が生じたキルアは彼の兄がお前はハンターではなく向いているのは殺し屋だというとゴンと友達になりたいというとレオリオ達がもう友達だというとゴンを殺しに行くというとキルアは負けを認めたのです。

その後キルアはボドロとレオリオが戦っているときにふいに彼を殺してしまったので不合格となったことを告げたのです。

第21話 キョウダイ×ノ×モンダイ

ゴンはキルアの失格の理由が兄のイルミを許しませんでした。

キルアが失格になった理由に関して審議が行われていたのです。

人の合格に関しても問題はないのでハンターとして任命された7人が一番必要なことは自分のカードを守ることだというのです。

ゴンの父親は遺跡管理のマニュアルとして世界で取り上げられていると知ると誇らしく思いました。

キルアを連れ戻すためにイルミに場所を確認し、すぐにチケットを取り1秒でも早くキルアの元に行きたいと3人は急ぐのでした。

サトツがいうには本当のハンター試験はまだ終わっていないようです。

ゾルディック家編

第22話 キケン×ナ×バイケン

キルアの故郷のカドキア共和国にあるゾルディック家に向かいます。

脇にある守衛の門から入ろうとした挑戦者はいとも簡単に番犬に食べられてしまいます。

それをみていたゴンたちはためしの門から入ろうとしますが何枚もあり開けることは困難だったのです。

キルアの友人でゴンの姿をみた守衛は門の鍵を開けて番犬ミケの姿を眼にして戦うのはあきらめたのですが彼に会うまではあきらめないという気持ちに守衛は案内してくれることとなったのです。

第23話 バイニン×ノ×セキニン

ゴンの強い気持ちを知った守衛は正門を開けて入れば問題ないと3人は特訓をすることになったのです。

守衛の家にある食器・トイレの壁などはすべて重くなっているのもあり彼らは鍛えられてやっとの思いで門を開けることができたのです。

屋敷に近くに来た時に執事見習いに行く手を阻まれますがゴンの強い気持ちに負けてキルアを助けてあげてというとともにキルアの母に痛めつけられてしまいます。

第24話 ゾルディック×ノ×カゾク

ゴンたちはキルアの母から来てくれてありがとうけれど帰るように伝えるのです。

キルアはゴンと友達になる前に執事見習いに遊び相手をしてほしいと言ったが断われたことを思い出します。

キルアは独房に好きで入っていたが祖父にそれを見破られてその後父と楽しく話をするのです。

父はキルアに友達にあって仲間を裏切らないというと家を出ることを許されたのです。

第25話 ミエナイ×ト×アエナイ

キルアが執事室につくとゴンたちが来たらすぐに知らせるように言うとあらかじめ母からの指示通りに再会させないようにゲームを持ちかけます。

彼らとのゲームに勝利するとゴンたちはキルアと再会し彼らと旅をすることになるのです。

ゴンはこの旅でハンターの特権を使っていないことに驚きます。

その理由を聞くとキルア、クラビカ、レオリオは9月1日に再会すると約束したのです。

ゴンとキルアの旅が始まったのです。

第26話 アレカラ×ト×ソレカラ

ミトさんにハンター試験に合格したことを報告する手紙を書いていたのです。

けどハンターになれても実力ではないようにも思っていたようでした。

キルアは根っからの殺し屋だと兄に言われたことから最終試験の相手を一人殺してしまったことでハンターになれなかったこと、その後キルアの家を訪れて再会したことを手紙に記したのです。

ゴンにはほかにも片付けたいことがあることがありそれはヒソカに貸しがありそれを返すためにキルアと旅をすることになったと報告するのです。

天空格闘技場編

第27話 トウギジョウ×ニ×トウジョウ

キルアとゴンは資金集めのために天空格闘技場にやってきたのです。

制限時間3分以内に勝利してすぐに50階へ入場したのです。1階のファイトマネーはジュース1本分となり50階のファイトマネーは50万で階が上がるごとに金額が上がることに驚きを感じたゴンたちだったのです。

50階から一気に100階以上に勝ち進んでいったのです。

ズシと戦ったときに兄と戦ったときに感じた燃をカンジタキルアはその念のことを知りたいのでズシの師匠に話を聞くことになったのです。

第28話 ネン×ト×ネン

ズシの師匠に燃のことを教えてもらったキヌアだったがそれは意志の強さと違うものがあるのではないかと考えていたのです。

ズシは師匠が本当のことを話していないことに気付くと門下生でない人に教えるわけにはいかないと話したのです。

ゴンとキヌアはついに200階クラスにたどり着いた2人は今まで感じたことのない殺気を感じたのです。

そこにはヒソカがいてこのままでは良くないとズシの師匠は本当の念を習得するために再度ウイングのところに行ったのです。

第29話 カクセイ×ト×カノウセイ

ズシの師匠のオーラを一気に送ることで念能力を発動させたのです。

時間が迫るなかで念の基本的な要素「四大行」の中の「纏」の修業をしたのです。

「纏」を手に入れたゴンとキヌアは200階クラスでの受付をします。

ヒソカにはまだ戦う気がなく勝ち進めば戦うことになるだろうと告げるのです。

ゴンは明日早速戦うことになったのです。今回は勝てないかもしれないがやってみたいと手にした「纏」を磨きたい気持ちで満たされていたのです。

第30話 ゲキトウ×ト×カットウ

「纏」をまとったゴンと初めに戦ったのは念を使って駒を自由に操るキドだったのです。

戦い始めてすぐに駒の位置に翻弄されてしまいます。けれど駒の位置を把握すると今度は相手を翻弄させるほどにゴンは戦うことを楽しんでいたようです。

大怪我を負ってしまったゴンにキルアやズシの師匠に戦うことを止まられたのでした。

師匠はゴンやキルアに念を教えたことに少しの後悔とともに喜びにも似た気持ちになったのです。

第31話 インネン×ト×シュウネン

全治4か月のケガを1か月が過ぎゴンのけがはすっかり良くなっていたので試合を観に行こうとしていると師匠の目に触れて止められます。

けど彼はゴンとキルアの持つ静かな念を感じていたのです。

ゴンは師匠との約束をしっかりと守って試合をみることもあきらめたのです。

キルアはヒソカの対戦相手のカストロがどんな相手なのかを観に行くとうまく気配を消せなかったので彼にすぐにばれてしまいます。

カストロはドッペルゲンガー使いで戦いの途中でヒソカの右手を切ってしまったのです。

第32話 ドッキリ×ナ×ショウリ

カストロの攻撃によりヒソカは手を奪われたが手品により彼の集中力をなくさせることで結局両手を失うことになっても念の力によりまるでくっついたように見せて精神的にも彼を追い込むことで圧倒的な力で勝利するのです

試合のあとマチの見事な施術により両手を元の状態に戻したヒソカは幻影旅団の1人と偽っていたことが明らかとなったのです。

第33話 ケイハク×ナ×キョウハク

ヒソカの試合を見たキルアはゴンにもっと強くするために鍛えることにしたのです。

前回の彼の試合を見直すことで彼が絶と隠の見極め方を教わるのです。

ズシとゴンとキルアの3人は部屋で学んだことの復習していました。

汚い手を使って勝利しようと考えていたリールベルト、サダソ、ギドはズシとゴンを脅そうとしていたがそれをキルアが許すことはなくサダソに去るように言うのです。

第34話 ジツリョク×デ×セツジョク

キルアは姑息な手段を使って戦おうとするサダソ、リールベルト、ギドを脅すことで彼らは去ることと正々堂々と戦うことを違うのです。

6月になりゴンはギドと再度戦うことになり今度ズシに手を出せば許さないというと勝利するのです。リールベルトとキルアの試合では彼の発した電流を返す状態にして勝利し、ゴンは電流を使わせる前に勝利したのです。

第35話 セイカク×ナ×ゴウカク

「纏」能力の最後の力の「発」を操る訓練を始めた3人は自分のオーラが何に属しているかを確認していきます。

キルアのオーラは変化形でズンとゴンは強化系のオーラを磨くことになり卒業をすることができゴンは裏ハンター試験に合格したのです。そこでクラビカも念を取得していることを知ったのです。

ゴンとヒソカの試合が始まり手数の多い攻撃も彼に聞いていないことを知るとゴンは違う手を使いついに彼の頬に一発を決めます。

第36話 オオキナカリ×ト×チイサナケリ

ヒソカはゴンとの戦いを楽しんでいるようでした。

彼に一発決められたことで強化系は単純で一途であることをすぐに見破られてしまったのです。

「僕を失望させるな」というとヒソカの激しい攻撃が始まったのです。

ゴンはヒソカの動きを眼で追うことはできても反撃できずにいたすきにオーラをつけられていたのです。それにより圧倒的に彼に負けてしまったのですが今度はルールなしの真剣勝負をしたいものだと一言を残して去っていったのです。

第37話 ジン×ト×ゴン

ヒソカのそんざいは遠い存在だけど届かない距離ではないと実感したゴンはキルアとともに故郷に帰ったのです。

ハンターライセンスをミトさんにみせるとすぐに島を案内したのです。

ゴンは父の情報収集しようと考えていたがルキアはまだ何をすべきなのかを考えていなかったのでやることを探す旅をすることにしたのです。

ミトさんはハンターの父のことを話したのです。その時にもらった箱を念で開けるとカセットテープとリングは入っていたのです。

第38話 オヤジ×ノ×ヘンジ

念によって封印された箱の中に入っていたテープに父親の声を耳にしたのです。

俺に会いたければ来ればいいテープを止めると「纏」能力によりデータが削除されるようになっていたらしい。

残された箱の中に入っていたゲームを探すとかなりの額がかかるので手に入れる方法はないかとキルアの兄に連絡するとその手段を2つ手に入れることができたのです。

その1つの方法はレオリオとクラビカの約束の場所に行くことだったのです。

幻影旅団編

第39話 ネガイ×ト×チカイ

強化系、変化形、具現化系、放出系、操作系、特質系に「発」は分類されます。

ちなみにゴンは強化系、キルアは変化形で2人はくじら島を離れたころにクラビカはあっせん場にはついたものの「纏」を手にしていなかったのでそれを取得してから出直してくるようにいうのです。

ミズケンの指導により具現化系を取得したクラビカの強い殺意をすれ違ったセンリツは感じていたのです。

オークションが始まるまでに1か月あるがクラビカも探していた「緋の目」もありその目を取り換えいて幻影旅団編を地獄へ突き落すと決意します。

第40話 ノウリョクシャ×ハ×キョウリョクシャ?

クラビカの決意とともにオークションまでにその品をみつけることが仕事となるがそれをみつける前に実力を確認したいと襲いかかってきてここからまず出るように命令されます。

クラビカは集められた人の中に襲いかかってきた人を突き止めることに成功し

バショウもまたもう一人の侵入者を特定しヴェーゼの能力により屋敷の前の番犬の指示を解くことに成功します。

ゴンとキルアはオークション会場にゲームの情報を得るためにオークション会場に向かいます。

第41話 ゴウケツ×ノ×シュウケツ

オークション会場にたどり着いたゴンとキルアはゲームの情報をえるために調べるとそのゲームは前回調べた時よりも上がっていたのです。

依頼された品物を手にした4人は正式に採用されてオークション会場に向かいます。

そのころ幻影旅団も団長のクロロを招集したのです。オークション会場に集められた物を奪って邪魔するものはすべて殺すように指示するのです。

第42話 マモル×ト×セメル

9月1日の朝にゴンとキルアはマーケットにいたのです。

レオリオと再会したゴンは彼のおかげで安く携帯を購入できたのです。

ゴンたちがオークションでゲットしたいのは伝説のゲームのみでキルアの兄も何としてもゲットしたいと大金を持ちオークション会場に向かったのです。

資金に尽きたゴンたちは腕相撲で資金を地道に集めていたのです。

幻影旅団の1人と腕相撲をしたときに辛くも勝利したことをすぐにキルアに見透かされたのです。

オークション会場の監視任務に就いているクラビカはセンリツとの話に共感しあっていました。

第43話 ショウゲキ×ノサンゲキ

オークション地下競売場で挨拶が始まったと思うと幻影旅団のダブルマシンガンにより完全に制圧されてしまいます。

クラビカ達はオークション会場にいた人はいなくなっていたのです。幻影旅団が金庫に入ったときには品物もすっかりなくなっていたのです。

話によればフクロウが金庫をみにきてすぐに金庫の中身がなくなっていたようです。

第44話 ゲキセン×ノ×フクセン

幻影旅団のウボォーギンが暴れることで警備と客が殺されてしまったことをみかねた陰獣たちが壊滅に乗り出したけど彼らは簡単に返り討ちにあってしまいます。

ウボォーキンの刺青を目にしたクラビカは正気を失い彼を攻撃しにいこうとするとセンリツの音楽によりいったん落ち着いたのもあり戦略を思いつきます。

第45話 コウソク×ト×ヤクソク

クラピカ達がウボォーキンをとらえるとオークションの品物のありかを訪ねても彼は拷問もびくともしていないようでした。

ウボォーキンは競売品が無事だというと用はないと解放されることとなります。クラビカの怒りは収まらない様子でした。そこにヒソカからメールが来たのです。

ヒソカが幻影旅団に属したのはクロロを倒す機会をうかがうためでクラビカに組まないかと誘いをかけます。

第46話 オウモノ×ト×マツモノ

仲間の変装によりウボォーキンは助け出されますがクラビカを自分がやっつけると息巻いていたのです。構成員の情報を調べていた時に幻影旅団も調べていて向かっていた。

クラビカはボスを安全な場所に避難させると彼を待つことにします。

そのころレオリオ達は腕相撲で稼ぐよりもいい方法があると誘いがあり無差別な賞金制というのもあり参加しようとしたときに鬼ごっこ(幻影旅団)に参加したのです。

クラビカのことが気になってゴンが電話をしたがそれには出ずにウボォーキンと広いところで対戦することになったのです。

第47話 セイヤク×ト×セイヤク

ウボォーギンはクラピカに死に場所はどこがいいかと尋ねます。荒野がいいというと復讐なのかと尋ねられると記憶にないという答えに対して死で償うように言うと攻撃を開始します。

彼がまだ手を抜いているのではないかというと本気でぶつかってくると陰で攻撃できることも確認すると同時にウボォーギンを確保したのです。

クラビカは火の目になったときに変化形となりすべての能力を引き出すことができることを話すと鎖の力により彼の能力を使うことができなくなってしまい仲間の居場所を尋ねても答えることがなく彼の命が力尽きてしまったのです。

第48話 メキキ×ノ×キキメ

幻影旅団のことを折っているゴン達はハンターライセンスを使うことにします。

骨董市でオーラのある商品を高く買ってもらってオークションに出品してゲームを手にしようと考えていることに手伝いをさせてほしいというゼパイルに骨董の知識を教えてもらいます。

第49話 ツイセキ×デ×ブンセキ

幻影旅団の仲間たちは獲物が引っかかるのを待っていることをキルアは確認し真っ向から勝負することに慎重に対応することにするのです。

陰獣たちの息の根を止めた幻影旅団のことは殺し屋に任せるがそのままではいけないとクラビカ達も参加することとなります。

幻影旅団の仲間たちを尾行していたゴンとキルアは彼らに見つかってしまいクラビカの居場所を聞かれておとなしく彼らに捕まりアジトに連れていかれたのです。

第50話 ナカマ×ト×カタナ

ゴンとキルアは幻影旅団のアジトに着くとそこにはヒソカもいたのですがお互いに知らぬふりをしました。ノブナガはゴンと腕相撲をしながらクラビカのことを尋ねるがその時点では彼らは知らなかったのもあり解放されるかに思えたが監禁されることとなったのです。

幻影旅団はなんとしてもクラピカをみつけようと必死になっています。

監禁されたゴンとキルアは横貫きを思い出して脱獄して彼らもクラピカを探すことにしたのです。

第51話 ヒジョウ×ノ×センジョウ

クラピカが幻影旅団の抹殺の殺し屋に参加することになりました。

オークションに参加したいと考えているボス(お嬢様)はクロロの誘いにより会場に入ることができ参加することとなります。彼女はお礼にクロロを占うと涙を流して幻影旅団に派手のやろうと条件を付けてオークション会場で暴れ始めました。クロロはこの場をウボォーギンの弔い合戦としたのです。

第52話 シュウゲキ×ト×ショウゲキ

ゴンとキルアが乗る電車が緊急停止しました。そのころオークション会場では幻影旅団の襲撃が近づいているようです。幻影旅団の仲間がクラピカを躍起になって探していることを聞くと1人がオークション会場内にいることを察知し入ろうとしたときにボスから連絡があり彼女のところに戻ることになったのです。クラビカが去ると同時にゼノとシルバはクロロが待つ部屋に入り死闘を繰り広げます。

第53話 フェイク×デ×サイク

ゼノとシルバは依頼人が死によりクロロとの戦いをやめます。ゼノとシルバは快楽殺人者ではないので依頼人がなくなれば終了となるのです。表向きは幻影旅団の仲間が全滅したとみせかけられていたのです。オークション会場では「火の眼」を出品されていたので29億で落札するとボスの元に向かいます。

ゴンとキルアはレオリオの元に帰るとクラピカの連絡を待っていると幻影旅団が全滅したと事にいいようのないむなしさに襲われていたのです。

第54話 ウラナイ×ガアタラナイ?

クラピカは幻影旅団を追うことがなくなったことに自分の力は彼らを仕留めるためだけにしか使えずにそれ以外に使おうとすると「セイヤクとセイヤク」のもと自身の心臓が止まるように設定していることをゴンたちに話します。

そのころ幻影旅団はお宝も手に入れたのでここから去ろうというとそれに反対した仲間たちに占いの結果を伝えることでここから去るべきかを考えます。

話し終えたクラビカ達は幻影旅団の死はフェイクで彼らが生きていることを知ります。

ヒソカの占いには自分が裏切り者であることが記されていてそれを彼らが知ることとなりざわつきます。

第55話 ナカマ×ト×イカサマ

ヒソカの占いに書かれている内容は彼により書き換えられていたが幻影旅団の仲間たちは信じることとなりアジトを動かないことになります。彼らはそれぞれ自分の占いの内容を再確認し話し合いをしているときにヒソカはクロロを仕留めるのは自分だと確信し静かに興奮していました。

クラピカの念の刃が刺さっている秘密の話をして自分がいい仲間を持ったことを確認したのです。

幻影旅団はアジトの場所を知っているゴンたちをかく乱するための細工をして特定できないようにしたのです。

第56話 サイアイ×ト×サイアク

ボスの娘がなぜオークションに来ていたのかを再確認すると「火の眼」を収集していることを確認すると居場所を特定して彼女のボディガードをしているクラピカはそこにいると確認すると幻影旅団達は向かいます。彼らを追うクラピカ達はそれに気づいてその速さにも負けずに必死で追っていく途中でゴンとキルアは賞金を懸けている人がいないと知って残念がる2人を再度捕まってしまいます。2人が捕まったのはクラピカのことを守るためだったのです。

第57話 センテ×ト×オキテ

幻影旅団のハクノダの能力によりクラピカの存在がばれてしまいました。彼らの捕まったゴンとキルアは約束の7時の停電のすきに逃げ出そうとするが失敗したもののその一瞬のすきにクロロはクラピカにさらわれてしまいました。けれどクロロは人質にする価値はないとのことだったのです。

クラピカは一人で来るように指示されるがクロロはきっとみんな来るだろうと考えていたのです。

けれどその道は阻止されることとなりヒソカはクロロを殺すのは自分だと考えているのでイルミに助けを求めるのです。

第58話 ヒキギワ×ノ×ヒキガネ

クロロはクラピカの弱点が分かっていたが頭をとっても蜘蛛は動くことを知っているのでこの交渉は理不尽なものだとわかって苦しんでいたのです。

蜘蛛がもめていると最終的に蜘蛛がやられることだと確認するとゴン・キルアとクロロは交換条件にて解放されたのです。ヒソカがクロロと戦うつもりだったがクラピカに鎖を撃たれているので念を使えないと聞くと戦力を奪われてしまい去っていったのです。

同じように鎖を撃たれていたハクノダは仲間の前で亡くなってしまったがゴンとキルアに感謝していたというフィンクスに助けられたような気持ちとなりました。

G.I編 (グリードアイランド編)

第59話 セリ×ト×アセリ

ゴンとキルアの狙うグリードアイランドはどんな刺激にも負けずにクリアするのはかなりの難でオークションでは落札することができませんでした。そこで彼らはプレイヤーとして選考試験に参加するために必死に訓練するのです。フィンクスとフェイタンはプレイヤー試験などを受けずにGIを奪い先にゲームの中に入っていきました。

第60話 キマリ×ト×ハジマリ

ゴンとキルアがプレイヤー試験を前に訓練している間にクラピカとセンリツとともに去っていきました。審査当日彼らは第一関門突破したのです。その報告後レオリオが医者になるためにしばしの別れとなります。

ゴンはリングを持っていたのもあり1番にゲームに入るとブックとゲインを手にして説明を聞くと父からのメッセージでゲームを楽しむように言われたのです。

第61話 カンユウ×ト×シンユウ

ゲームの中に入ってすぐにキルアに賭けられたスペルを賭けられたのです。

ゲームでカードを得る方法はスペルの中で選んでクリアしていくしか方法はないと聞くと仲間にならないかと勧誘を受けます。ゴンは俺ではゲームを楽しめないと事に怒っていたがキルアとともにゲームができることを誇りに思っていたのです。

第62話 ゲンジツ?×ト×ゲンセキ

ジャイケンをして2人は初めてのスペルを獲得するとすぐに奪われてしまいます。

スペルカードは4種類ありそれを収集するために仲間になった人たちはその内容を把握することになります。

幻影旅団はこのゲームは仮想空間で行われているものではなく現実世界のものだとわかりゲームをコンプリートすることを考えます。

ゴンとキルアは病気の子供を助けるために全財産と身ぐるみを剥がされてしまいます。その後様々な怪物と戦います。その姿をみていた彼女はなんかもったいないと考えたビスケは彼らを鍛えていくことにします。

第63話 シショウ×ハ×ヒジョウ

ビスケは見かけと違いゴンたちの師匠の師匠で彼らを鍛えることになります。

まずは彼らを狙っていた賞金首ハンターを倒す訓練が終わるとまず街に出てスコップを買って山のトンネルを彫り、座って眠り揺れると石が落ちてくるのでそれを回避するなどの鍛錬の日々が続いたのです。

第64話 キョウカ×ト×キョウカツ

山のトンネルをどんどん彫っていきそれが終わると怪物と戦いカードをゲットする訓練を進めていきます。

その訓練が終わると「堅」を維持するための訓練を始めていきます。はじめはゆっくりのこぶしを受けるのも刺激となり2分間でもかなり体力を奪うものでした。その後「流」を学ぶと最終段階を迎えるころみんなで手を組んでゲームをクリアしようと集まっていた仲間の一人にボマーが現われて仲間たちに時限爆弾を組み込んでいるといい混乱させます。

第65話 ジャンケン×ト×ジャンケン

幻影旅団の仲間たちはやはりこのゲームは仮想空間ではなく現実社会で行われていることが分かり島に上陸します。そこにゲームを作った一人に行く手を阻まれます。訓練をしていたゴンとキルアは着実に念を強化していきます。

キルアは再度ハンター試験を受けるために一度ゲームを離れます。その後も訓練を続けて必殺技取得のためにゴンは精進するのです。

そこにアベンガネがボマーの実態について話して助けを求めに来ました。彼は自分の念の能力を使って時限爆弾の回避はできましたがそのほかの人たちは解放されることはありませんでした。

第66話 コウリャク×ト×サクリャク

キルアは再びハンター試験に臨んで簡単に合格してゴン達の元に戻ってゲームに戻ってクロロも参加していることを知ったのです。

クロロの念は外されていないことを知ると本物ではないのだろうと考えた3人はゲームのカードを次々と集めていきます。そんなときに他のプレイヤーがカードを交換してほしいと交渉を持ちかけられますが何事もなくゲームを進めていきます。

第67話 15×ト×15

ゴンたちは指定ポケットカードもいくつかゲットしてゲームが佳境に近づいてくるとゲンスルー組がゴールに近づいていることを知るとそれに対策するための話し合いを始めました。

共同戦線にて戦うことになったゴンたちは情報交換をして彼らのカードを手に入れるためにソウフラビへ向かいます。

エリサと14人のハンターでイベント発生の条件だったらしく海賊たちの元に向かいます。

第68話 カイゾク×ト×スイソク

海賊たちに街から出て行ってもらうように相談に向かった彼らは対戦すると相手はとても強かったので再び対戦相手を探すためにクロロに協力を求めることにします。クロロの名を借りていたのはヒソカだったのです。ヒソカはクロロの徐念師を探していることをキルアは気づいたが幻影旅団の存在を隠されていたために彼が味方か同化が不明となったのです。

第69話 タイケツ×デ×ネッケツ

ヒソカの他に仲間を集めたゴンたちは再チャレンジに臨みます。

相撲対決で不戦勝となったが次の試合では8人対8人のドッジボールの試合をすることになりました。試合の前にゲームを作った一人でゴンがその息子だと知ると手を抜くことはないと宣言されるのです。ゲームが現実社会で行われていると知るとゴンはかなり驚きますが必死で戦います。

第70話 コンジョウ×ト×ユウジョウ

ドッジボールでは劣勢でゴンが今回は足の踏ん張りは聞かなかったけど次は必ず取ると決めます。

3対3となっているけれど圧倒的に不利な状態となったがゴンには必ず何としても勝つというと圧倒的にオーラの量が増えて本体以外を倒して次に本体を倒すために相当の量の念によりぶつけたボールによりレイザーを1人になるまで追い込みます。

第71話 カケヒキ×ト×トリヒキ

ゴンとキルア・ヒソカの力を合わせることでレイザーを追い込んでいきます。その鋭いボールもなんとか止めると彼らの力を分析していきます。その力が最大と思っていたらそうではないことにレイザーは驚きながらも負けを認めて街から出ていくことを約束します。レイザーはゴンの父のことを話してくれたのです。ゲンスルー達から駆け引きを持ち込まれるが今の状態ではとうてい勝てそうにないので3週間の間に策を考えることになったのです。

第72話 チェイス×デ×チャンス

幻影旅団と合流したヒソカは徐念者をみつけてクロロの念を外すために動き始めます。ツェズゲラ達はゲンスルー達のカードを奪うと時間稼ぎをしていきます。その間にゴンはレベル5の修業を重ねていきます。ゲンスルー達も自分の身が危ういと知ると手荒い方法でカードを集めていき対抗していきます。バッテラはもうゲームのことはどうでもいい状態となっていたのでツェズゲラの時間稼ぎが無駄になってしまうかもしれません。

第73話 キョウキ×ト×ショウキ

バッテラは恋人がなくなったことから意気消沈していました。ツェズゲラたちはその話を聞いていたころゲンスルー達はゴンたちのカードを手に入れようと攻撃を仕掛けてきます。彼はゴンの力を侮っているようで自分の能力をなかなか使ってきませんでした。ビスケは元の姿はとてもたくましく相手を一撃で倒したのです。キルアも同様に簡単に相手を倒したのです。

第74話 ショウシャ×ト×ハイシャ

ゴンはゲンスルーが努力や自身がいかに愚かなものなのかを実感させてやるというと彼は攻撃をやめませんでした。彼が本気で戦いに挑んできたのでゴンの左手が吹き飛ばされても彼はまだ動けるとのどを奪われながらも勝利します。カードの枚数が集まったのでゲームが最終章となったのです。

第75話 ジンノトモ×ト×シンノトモ

ゲームも最終章となりプレイヤー全員によるクイズ大会が始まりました。ゲームの最高得点者はゴンだったのです。すると支配者からの招待を受けるともう一つのゲームが始まるのです。GIはゴンの父と11日で作ったことを聞いてゲームには手がかりはありませんでしたがゴンとキルアは指定された先に向かったのです。

第76話 サイカイ×ト×リカイ

ジンにあったらまずキルアに紹介すると決めてニックに向かった先にいたのはジンではなくキメラアントに襲われそうになったのを助けてくれたのです。その人はカイでジンのおかげでハンターになれたという人だったのです。

今までのことはジンの筋書き通りなのだと考えたのでジンの居場所を教えようかというとゴンは自分で探すというと彼はそういうと思ったとうれしそうでもありました。

キメラアント編

第77話 ファン×ト×シュツゲン

カイトはキメラアントの調査のためにゴンたちと話している途中に彼の仲間と合流します。

仲間の1人は発見場所にもうすでに向かっていたのです。

ゴンの姿をみながら彼の資質を確信するカイトたちはキメラアントのいる場所に向かうのです。

キメラアントの繁殖方法には特徴があり気に入った種を絶滅するまで食べつくされてしまうことも確認します。キメラアントの女王は強い王を生むためにあらゆるものを食したのです。

そこでついに彼女は人間を栄養価の高いために食してしまったのです。

第78話 キュウソク×ナ×ゾウショク

第1種隔離に指定されているキメラアントはついに人間を襲い始めたのです。

まずは情報の流通の少ない場所が襲われることとなりますがジャイロが支配する街では彼らが襲いかかってきた際に早めに対処することを元に対策していたのですが彼らも進化しているようでした。

女王は出産の準備のために1日50体の人間が必要だといい彼女は今度こそ王を生むことを確認していたのです。

第79話 NG×ナ×NGL

ゴンたちはNGLにキメラアントを探しに出かけたのです。彼らよりも先に向かっているハンターもいることを確認するとそこに急ぐのです。

キメラアントの兵士たちはそれぞれ自己主張が強くなり統制が取れていないようでしたが女王を求める絶対数を狩ろうとしていたのです。

NGLには金属などがあると入国は認められずに巨大生物は確認されていないと聞いたがカリムはここにいることを感じていたのです。

その予想通りに個性を持ったキメラアントの戦士たちは人間達を無作為に襲おうとしていたのです。

第80話 ゴクアク×ト×サイアク

NGLの影のドンのジャイロは人に迷惑をかけるなという教えを守っていたがその言葉は「人間に迷惑をかけるな」と理解すると悪をはびこらせるために国を作ったらしい。

人間の中には強いものと知っている戦士もいたがやみくもに人間に攻撃するものもいました。

そんな中ハンターの1人が捕まってしまったことをカイシ達が知るとキメラアントの基地に向かうことになります。

第81話 タタカイ×ノ×カイシ

キメラアントの戦士がいうレアものはハンターの1人で他の人間の100人分だと知ると彼らは女王様に献上するために必死になります。

カイトたちは人の姿を消した集落でキメラアントの戦士をみつけてまず手始めに戦いを挑みます。

ゴンとキルアを鍛えるにはいい場所だと知ると立ち向かっていくことを決めるのです。

第82話 カイト×ノ×スロット

カイトたちはNGLの麻薬工場に足を踏みいれていたのです。そこには麻薬だけではなく武器などを製造していた工場なのです。女王が悪人を捕食したことで凶暴さを増したキメラアントが生まれていたため決死のバトルが始まったのです。その戦いでは強化系・変化形の能力が鍛えられることになったのです。

第83話 カンカ×シテ×シンカ

カイトたちが戦っている間に念能力を身に着けたキメラアントに生まれたのです。そのきっかけはゴンの攻撃を受けたからだと確認したので攻撃してもらうことにした。

レアものを食べたいと彼らを狙うキメラアントの戦士は人間の特質を多く持っているがアリの特質が減っていると確信に戦っていき勝利していきます。カイトは彼らの成長を確認し誇らしく思っていたが正体不明の嫌な予感に包まれていました。

第84話 サダメ×ノ×ノザメ

カイトたちは遮ろうとする戦士たちを制圧すると女王に一歩近づいていきます。

レアものを狙って森へと誘い込まれるがそれもカイトたちは制圧し道を進んでいきます。

その頃、女王直属の護衛団の一人(ネフェルピトー)が生まれてすぐに隠れていたハンターを見つけ出して脳に問いかけて情報を得て自身も念能力者であると分かるともう彼はいらないというと去っていったのです。

第85話 ヒカリ×ト×カゲ

カイトは何度もゴンとキルアに覚悟を託していて敵を知って自分を知っていくことで強くなっていくと確認すると同時にネフェルキトーの殺気を感じると同時に彼の肩腕が切れてしまったのです。

その殺気を感じたキルアはゴンを連れてその場を離れたのです。そこにネテロが条件を突きつけてそれをクリアしてから参戦するように言うと去っていったのです。

第86話 キカイ×ト×サイカイ

ゴンとキルアの条件をクリアするためにパームにナックルとシュートと戦うことを確認します。

勝つ確率を上げていくための特訓を始めていきます。ネテロの条件は1か月の場合は1年でもクリアすることが難しいことを知ると寝ている時間も惜しまずに鍛えていきます。

メテルキトはネテロよりも強いのではないかと心配になっている頃に2人目の護衛団(シャウアプフ)が誕生したのです。

第87話 ケットウ×シテ×トウソウ

ゴンとキルアの特訓の日々を経て割符を奪うためにナックルに立ち向かうことになります。

ナックルはその姿と違い優しい男でいつでも相手になるので来いと言ってくれたのです。

その頃、キメラメント軍も統制を整えるように思案している様子でした。ネテロ達は援軍が来る前に仕留めておきたいと考えていたけれど一抹の不安もあったのです。

第88話 ジャンケン×ト×ジャクテン

ナックルの元に何度も挑むがまだ勝つことは難しいようです。シュートは圧倒的な強さがあるものの気の弱さがあったのです。

その頃、キメラアント軍人たちを会長の元に送ることで彼は感を取り戻してきていたと同時にまだ王が生まれていないことを確認したのです。ここでようやく3人目の護衛団(モントゥトゥユピー)が生まれたのです。

第89話 ヤサシサ×ト×ツヨサ

ナックルはゴンの技に2つの弱点があることを指摘します。それは攻撃の際のリスクの高さについてと実践が少ないことでオーラの動きがばれてしまうことも指摘してきたのです。そのやさしさに答えるように真剣勝負をしたゴンは限界を感じながらも相子でのパンチを出そうとしたときに力尽きてしまいます。

勝負は明日に持ち越されます。キルアはビスケに「いつかゴンを置き去りにする」と忠告したのです。

第90話 リソク×ト×ジュバク

ゴンとナックル、キルアとシュートの最終対決に臨んだのです。ゴンは目で追わずに感じることで戦いに臨みます。ナックルはオーラという借金を貸して時間が立つごとに利息が課されていき借金が膨れ上がっていくので勝てる要素はないと言ってきたのです。

シュートはキルアの変化を感じたが攻撃の手をゆるめませんでした。いつも逃げていた自分を悟ったキルアはこのままではいけないと戦います。

第91話 キョウシャ×ト×ジャクシ

ゴンとキルアが戦っているその時にキメラアントの王が生まれたのです。

女王は深い傷を負ったので助けてほしいと願うがもう必要ないと彼女を捨ててしまったのです。

コルトはネテロ達に女王を助けてほしいと願うのです。ゴンとキルアはナックルとシュートに負けてしまい弱いことがこんなに苦しいことなのだと思い知ったのです。そんな姿をみたキルアは一定期間彼を守ることを誓うのです。

第92話 ケヒトルノネガイ×ト×フタツノチカイ

ネテロ達は女王の命を救うために力を尽くすというと手術が始まったのです。

女王は王のことを心配していて自身はもう長くないというと力尽きたのです。けれどそのあとにすぐに新しい命が生まれたのです。

かなりへこんでいたゴンは元気を取り戻して移動中に訓練を始めたのです。

キメラアントの兵たちは自分たちの求める地を求めて旅立ったころ王たちは東コルドー共和国に侵入していたのです。

第93話 パーム×ト×デート

東コルドー共和国に侵入したキメラアントの王は念能力者のオーラを食べることでその力を取り入れてより強くなっている姿をみてネフェルピトーは頼もしく感じていたのです。

ゴンとキルアはパームのいる街に戻ると彼女との約束を取り付けるのです。

ナックルとシュートからカイトはキメラアントに操られている状態だけど無事だと告げるとゴンは手放しで喜んでいました。念能力を使えないゴンのことを1か月間守ると決めたキルアはかわいく変身したパームとゴンのデートを見守っていると森の中でラモットと遭遇します。

第94話 トモダチ×ト×タビダチ

30日間念の使えないゴンを守るとキルアだったが潜在意識の弱さのために苦戦している様子でした。ラモットはそんなキルアに対して容赦のない攻撃をしていたのです。兄の逃げろという頭の声から解放されたキルアは無敵な存在となったのです。

ゴンはパームとのデートの時に彼女と一緒に過ごすのはもっと自分が強くなってからというと彼女は独占できないことに必要に追いかけられるのですがノブに「かけがえのない存在」と言われるとすぐにゴンの存在無くなってしまい彼はふられてしまったようです。

第95話 ウラミ×ト×スゴミ

ヂートゥはナックルとモラウと対戦することになります。彼はスピードがあるので勝算はあるけれど逃げられてしまいます。

深い傷を負ったカイトは操られた状態でゴンはそんな体にしてしまい申し訳ないと謝り敵を自分がやっつけることを約束したのです。

ゴンたちは東ゴルドー共和国に向かい10日間戦うこととなります。約束の30日が過ぎて念能力の戻ったゴンはモラフに今の自分をみせるのです。

キメルアント達との最終決戦の準備が整ったのです。

第97話 ゲキトウ×デ×ゲキメツ

幻影旅団が故郷流星街に帰るとキメラアントの娘の1人サザンが女王として君臨して彼女のサソリの針により従順に従わせて能力を持たないものはそのまま無残な姿にされていたのです。

サザン達はゴミの山の中に巣を作って自分は母と違う存在であるといいこの国を支配していることに誇りを持っていました。それを許さない幻影旅団との激闘が始まったのです。

第98話 センニュウ×ト×センベツ

ゴンとキルアは東ゴルドー共和国へ侵入して村の人々が消えていることから選別がすでに始まっていることを確認したのです。

「国民大会の真の目的」を知り操られている人達を選別することで発覚が早くなるという危険を含むことからゴンに我慢強く潜伏しキルアが動くことを決断します。

話をしながら歩いているとキメラは何かの気配を感じたものの別れて行動することになります。

潜伏すると決めたゴンだったがメレオロンにその行動は監視されていて刺客に襲いかかられてしまいます。

第99話 コンビネーション×ト×エボリューション

ゴンに梟とコウモリのキメラアントに襲われていてしまいます。攻撃とサポートの戦略に気付く攻撃をオーラで覆うことで攻撃を防御しながらコンビネーションの強さを崩して彼らを倒します。

キメラは慎重に絶対に見つからないようにしながら操り人形にされないために人々を逃がしていきます。

ナックルとシュートも動き始めることにします。モラウは副会長の動きによりキメラアントの討伐にずれが生じていることにイラついていたのです。けれどゴンたちの動きにより王たちが動き出したことを知ったのです。

第100話 ツイセキ×ニハ×ツイゲキ

ナックルとシュートはヂートゥを待ち伏せていたけれどキメラアントの仲間の助けにより遠ざかっていったのです。

キルアは報道により住人たちを逃がすべく動いているとキメラアント達は彼を攻撃してきたのです。中でもノミの銃弾の攻撃により彼の居場所を特定しそれが罠であることを察知しタコの吸盤により魚たちの餌になることから逃れたのです。

メレオロンはゴンに攻撃しないことを信じてほしいというと彼の本気さを信じることにしたのです。

第101話 イカルゴ×ト×イカズチ

タコの吸盤で助けられたキルアはイカルゴに仲間のことを聞こうとして彼の心意気を認めて結果的に彼を助けたのです。

けれどその時にキルアはオロソ兄弟によるダーツの攻撃を受けて死ぬかもしれないところで出し惜しみをせずに能力を使うことにし彼らを倒したけれど出血のひどさに自分が死ぬのではないかと感じたその時にイカルゴが助けてくれたのです。

メレオロンはゴンが自分のいうことを信じたことに不思議な気持ちでしたが裏切るようであれば戦うのみの言葉に怖さも感じていたのです。

第102話 ノウリョク×ト×タイキョク

メレオロンの能力は透明になるだけでなく第2の力を教えるとパートナーになると約束します。

彼の目的は王を倒すことが目的だと話すと第3の能力をともに使うことを約束するのです。

パーフェクトプランは諸刃の剣であることを聞いたゴンは仲間に紹介するとナックルに連絡したのです。

王は将棋や囲碁を学んで相手の呼吸を読みことで自分を成長させることだと思い学びを深めていたのです。

選別までの6日前に軍備の勝負することにしたのです。

第103話 ツミ×ト×ヨミ

将棋、囲碁の名人に勝利した王は軍備の世界王者と対戦することになります。

盲目の少女コムギは見た目におっとりとした少女だったのですがゲームが始まるとその集中すると簡単に勝利することは難しいようでした。

能力を増大させたヂートゥはモウラに対戦することになりその場から消えます。彼は制限時間の8時間の間にどう対策していくかを考えていきます。

王はコムギとの対戦に苦戦していたので彼は苛立っていたのです。

第104話 マヨイ×ト×トマドイ

ノブは宮殿に向かって進んでいたのです。

モラウはヂートゥとの根競べをしながら時間の経過を楽しんでいるようでした。

王とコムギとの軍備は続いていて苛立ちながらも楽しんでいる自分の姿について考えていたのです。

ノブとモラウはフラッタを捕まえると対策を練っていました。彼の姿が消えたことでどこにいるのかもレオルが彼の能力を使って特定しようとしていました。

第105話 カクゴ×ト×カクセイ

王とコムギの戦いが再開されました。今回のゲームで負けたら何かを賭けようと誘うと彼女は命を賭けることにします。自分が負けた時はゴミなのでそれを献上するのはいかがなものかと考えていることを知ると王は自分の腕を切り落としてからゲームを始めようと持ちかけかけます。

けれど彼女は王の傷の治療を始めるまでは軍備を始めないという本気を知るとゲームを再開させます。

現在の宮殿内には3人の人間と11人のキメラアントがいるだけでその周りにも警備のものはいませんでした。

それを把握しているわけではないノブは静かに確実に宮殿に侵入しようとしていたのです。

第106話 ノブ×ト×モラウ

ネフェルピトーは王の腕の治療をしている間にノブは宮殿内に侵入しました。彼の能力を使って出口を一つずつ設置していきました。階段の近くですごいオーラを感じて命の危機を感じた彼が撤退しようとします。ときに長官が求める肉が入荷します。その中にパームも侵入して任務を遂行するように行動します。

ノブはネフェルピトーのオーラを感じて足がすくんでしまいリタイアしたのです。

レオルにみつかったモラウは彼と戦うことになりました。

第107話 リターン×ト×リタイア

レオルは他の人の能力を使うことができ渦を使うことでモラウの体の自由を奪ったつもりでしたが彼は弱点を3ついうと能力を奪うことをやめて戦うことにします。

モラウは室内の二酸化酸素濃度を増やすことで優位に思っていたレオルを簡単に負かせてしまったのです。

侵入したパームもまたすごいオーラに近づくことができませんでした。

キルアはイカルゴのおかげで目を覚ましすぐに任務を果たすべく合流場所に向かうのです。

第108話 コムギ×ノ×グンギ

王とコムギの軍備は続いていたのです。

ゴンとナックルはパームのことを心配していたのです。ネフェルピトーはモラウの存在を把握していてすぐにでも戦いたいようでしたが今は動けないことにジレンマを感じていました。

コムギとの対戦途中で強くなることを自覚すると書き留めるための時間を与えて護衛3人の前で自分は王自身の力を覚醒させます。コムギの部屋に向かうと彼女を鳥が襲っている姿をみると彼女を助けるとまた不思議な気持ちになっていたのです。

第109話 コウシンカイシ×デ×コウドウカイシ

選別前日は静かな朝だったのです。ノブが宮殿に入り込めたのはなぜなのかを考えた時にネフェルピトーが王の治療を始めることでオーラが消えていたのだと確信したのです。

選別のために人々は宮殿に向かっていたのです。シャウアプフは催眠香にて人々は洗脳されていると心が折れたノブの偵察でわかり選別当日を前にそれぞれ緊張していたのです。

第110話 コンワク×ト×オモワク

選別の日を前に王もまた自分がなんのために生まれたのかを考えていたのです。

サイ型はノブの香を元にその痕跡を追っていったのです。ネフェルピトーのオーラでガードをしていたけれど王の動きを止めるようなことをするなと言われてしまいます。

ゴンたちは王の自傷行為はなぜ行われたのかを考える前に選別の時間は迫っていたのです。

第111話 トツニュウ×シテ×シンニュウ

護衛軍2匹が殺意を感じたネフェルピトーが宮殿の念を解き臨戦態勢になったときと同時にゴンたちは突入したのです。

ネテオは46歳の時に感謝の正拳突き10000万回を続けて祈る時間が増えてきていたのです。

50を過ぎたころにはその念を取得したのです。それから60年経った現在まさに宮殿を攻撃しようして居た状態をピトーはみていたのです。

第112話 カイブツ×ト×カイブツ

午前0時階段下にゴン達が侵入するとモンドゥトゥユッピーが階段のところに座っていてこれ以上の侵入を阻止しようといます。

ゼノとネテロの攻撃は不運にも王とともにいたコムギにもあたってしまっていたのです。

彼女を抱きかかえる王の姿に彼らは立ち止まることしかできずにピトーもその姿をみて涙を流してしまったのです。

第113話 ムシ×ダケド×カシ

ユピーの一撃によるゴンたちは分散されたが彼らが多くの眼を持つ彼らを攻撃したのです。

ナックル、シュートは追い込まれれば追い込まれるほどに実力を発していたのです。モラウは王のもとに向かおうとしたときにシャウウフと遭遇したのです。

ゴンとキルアは王の居場所を探していました。王、ネテオ、ゼオの姿をみた時にゴンの闘志に火が付いたのです。

第114話 ムンダン×ト×ゴサン

それぞれの場所でそれぞれの戦いが始まっていました。キルアはゴンをみつけると今まさにゼロとネテロは王を龍で連れ去ったのです。

シャアプフはモラウの精神状態を測ると

モントゥトゥユピーは圧倒的な強さでシュートに攻撃を重ねていたのです。彼はまだやれると信じていていたが限界を感じていたころナックルは姿を現すことで立ち向かうことにしたのです。

第115話 ギム×ト×ギモン

イカルゴたちはパームを助けるために侵入し成功しますがウェルフィンに怪しまれてしまいます。

シュートが限界に達しているときにメレオロンは任務を遂行するためにゴンたちを探したのです。その時に裏切り者を確認するために動いていたウェルフィンも自分はこのままでいいのかを考えていたのです。

そのころゴンとキルアはコムギの治療をするネフェルピトーの元に近づいていたのです。

第116話 フクシュウ×ト×シュウフク

ナックルはモントゥトゥユピーからシュートを助けるために彼に攻撃をしていきます。

シャウアプフはさなぎとなりモラウとの戦いに備えているときにゴンとキルアはコムギを必死に治そうとしているネフェルピトーに遭遇します。ゴンはカイトにしたことを許すことはありませんでしたが彼は元に戻ることはないというキルアの言葉にようやくゴンは1時間待つことにしたのです。

第117話 ブジョク×ニハ×セツジョク

ゴンが叫んだ声に反応してメレオロンがキルアのそばにやってきてナックルとシュートを助けてほしいと願います。

ユピーの使命は王の護衛だったのでそれを守るためだったので屈辱を受けたままではいけないとナックルは再度戦いに臨もうとします。

プフはモラウをさなぎの中からみつめていたのです。ユピーは王の護衛におけるストレスにより冷静と情熱により凶暴化したのです。

第118話 イツワリ×ノ×イカリ

ユピーが偽りの怒りで暴れることでナックルのことをおびき出そうとしていたのです。その頃イカルゴはパームの伝言を確認すると脱出方法を模索します。

偽りの怒りで爆発しようとする行為はナックルをはめるための罠の予定でしたがキルア一撃により死にかけた彼を助け8発のパンチを撃つことができました。

ユピーは不思議な気持ちとなりキルアをみた時にその攻撃の主が彼であると察知したのです。

第119話 ツヨ×イカ×ヨワ×イカ

ユピーをみているキルアはこれからすることはただの八つ当たりだというと人が変わったような攻撃し反撃する余裕を与えずにパンチを与え続けたのです。

けれど彼はそれを楽しもうと反撃した瞬間メレオロンとともに消えてその場を立ち去ったのです。

イカルゴはプロブーダを閉じ込めることに失敗したものの自分でやらなければいけないと必死に催眠ガスが満ちるのを待つと彼の息の根を止めようとしますがそれはできずにいる時モラウもまた攻撃するか否かを迷っていたのです。

第120話 ニセモノ×ト×ホンモノ

プフがサナギになってから悩み続けているとモラウは彼を逃がすことになります。その結果自分の姿を分散させたプフは現状がどうなっているのかを確認します。ユピーはモラウの煙によりたくさんのナックルの攻撃をかわしていたが最終的に本物の攻撃により大爆発が起こります。

シュートはノブにより病院に運ばれ危険な状態から脱することとなります。

第121話 ハイボク×ト×メイボク

コムギを治すまでピトーとプフに動かないようにゴンは指示します。

モラウの疲労が限界となってきた時に怒りを進化に変えたユピーは彼を傷つけたのです。

その瞬間にメレオロンが彼を隠したのですが出血の多さにすぐにみつかってしまいナックルに交換条件を持ちかけそれに答えたユピーは紳士にも思えるくらいでした。

ノブは傷ついたモラウとともに「強いな」と言い残して去っていったのです。

第122話 タテマエ×ト×ナマエ

決戦の地に着いた王とネテロは戦う前に生かすべく人間がいることを知ったと話します。そこでネテオは彼を早めに倒しておいたほうが良いと知るのです。プフ、ユピーともにそれぞれの変化を認めて急いで王の元へと向かったのです。

王はネテロに話をしようといったときに自分の名前を知りたくはないかと聞き王に戦うように持ちかけたのです。

第123話 ムカデ×ト×オモイデ

王とネテロが最後の戦いを始めようとしていた時にとどめを刺すことができなかったイカルゴはウェルフィンの攻撃によりムカデを頭に植え付けると彼の殺意により頭の痛みが増していたのです。けれどウェルフィンは自分の弱さを正直に話すことで蟲は消えていったのです。彼は自分にももう嘘をつくこともなくパールの居場所を話すとイカルゴは彼女の元に走っていきました。

第124話 ケッカイ×ト×カクセイ

キルアの充電が完了すると何とも言えない念を感じたのです。それは姿を敵に帰られたパームだったのです。

彼女は自分の髪の武装によりキルアよりも強くなっていたのです。

キルアはゴンがパームのことばかり考えていたことを告げると彼を助けることはもうパームにしかできないと泣き崩れるのです。プフはピトーとともに実験を重ねて一号と呼ばれる兵士となった彼女だったのですがキルアのおかげでアリの手下にはならないと自分を取り戻すことができたのです。

第125話 ブツノヨミ×ト×ブノキワミ

プフがナックルの挑発を受けて彼が動いたことで10分時間短縮されることになり王の居場所も確認したピトーはコムギを治した後でゴンを倒さなければならないと確信したのです。

王がネテロは自分の名前を知っていることで戦うことを決意します。彼は彼と出会えたことでこれまですべてに感謝するのです。

第126話 ゼロ×トローズ

王はネテロの鍛錬による姿に称賛していました。攻撃を受けても彼は無傷で軍備を元にネテロの呼吸の流れを探っていたのです。やってみせることですぐに彼を追い込めると攻撃を続けることで足を失い戦闘を続けることで彼は片手も失ってしまったが祈れなくなったわけではないというと渾身の攻撃を受けたけれど王は無事だったのです。

白旗をあげたかにみえたネテロは王の名を告げると自身の心臓を止めて爆破したのです。

第127話 デキイ×ト×ケツイ

ネテロが心臓を止めることで恐るべき殺傷能力でミニチュアローズを開花させたのです。

ユピーとプフが王のもとに向かっていると爆煙を目にしてことの重大さに気付いたものの急いで向かっていったのです。

王のためにゴンを殺さなければならないと決めたがそれに気づいているゴンはコムギを人質としカイトを治すためにピトーを2人で彼の元に向かいます。

第128話 ムジョウノヨロコビ×ト×ムショウノアイ

王は自分の名前をメルエルと告げるとミニチュアローズにより王とともに爆死したように思えたのですが彼には息があったのでプフとユピーは自身を食べてもらうことで彼を蘇生させたのです。

王は記憶をなくした状態だったのもありプフはコムギの命を奪おうと考えていたのですが、ナックルたちが待っているところで彼を攻撃しそれと同時に王が生きていることを察したのです。

第129話 ヒョウテキ×ト×モクテキ

王はユピーとプフを自分の体の中に入ったのだからまさに嘘はないように進言します。

けれどプフは王に気付かれる前にコムギを消そうと宮殿を探索し見つけると彼女をとらえるべくキルアが背負った彼女に攻撃しようとします。

王はプフが苦戦しているのを知ると加戦するというと自分の考えがばれてはいけないと断り選別のための人々をみせたのです。けれど彼はそうではないというと気づかれないために必死にコムギとの思い出を隠すのです。

第130話 マホウ×デ×ツボウ

キルア達は王が戻ってきたことを確認します。プフはキルアをパームの話を聞くとそれを利用とするというとピトーに自分が無事だと嘘の電話をしたのです。

ゴンはピトーをカイトの元に連れていくと彼はもう死んでいると告げてもとには戻せないことも話しました。

それを知ったゴンは涙いっぱいにして自分がカイトを殺したのだと自覚したのです。

第131話 イカリ×ト×ヒカリ

ピトーが自分を治している姿とへたり込んでいるゴンの姿をみたパールは権勢が逆転したとプフに言われるとキルアはすぐにゴンの元に向かうのです。

ピトーはカイトを治してくれないと分かるとゴンは豹変し強制的に成長するとゴンの攻撃をうけて崩れて落ちて意識の中で殺されるのが自分でよかったと思うのです。

ゴンは持っているすべての力を使ってピトーをたたきつけたその姿をキルアはみていたのです。

第132話 センコウ×ト×ハツドウ

王が宮殿に入ると何かが足りないと感じていたのです。

選別の決行を実施しようとするその時に王はピトーの存在に気付くとコムギの存在に勘づく前にハンター軍の能力者を片付けようと考えたのです。王の念の強さにてナックルとメレオロンは簡単に捕まってしまいます。

王とユピー・プフの対決にて負ければ自分たちの秘密を話すことを約束するのです。

第133話 セイゾン×ノ×キゲン

王は勝負という言葉を敏感に何かを感じていました。

プフは散布が終了する前に手を打とうとイカルゴとウェルフィンは手を組むことになります。

ウェルフィンはユピーを倒すとそれをみたプフはかなり焦ってしまい勝負をやめようと提案します。

パームは数時間のうちに王は死ぬのだと悟った自分たちは残酷だけど交渉することにします。

第134話 ヒトコト×ハ×ソノヒト

人間はアリよりも残酷であることをパームは知っているようでした。

プフは自分の秘密をなかなか話そうとしませんでした。ミニチュアローズで幸運にも生き延びたとしても時間がかからずに細胞からも攻撃することをまだ彼らは知らなかったのです。

王は話そうとしないプフと彼のオーラを恐れるメレオロンによりコムギのことを思い出します。

第135話 コノヒ×ト×コノシュンカン

人類の存亡をかける戦いは終わったことをパームに告げると自分の時間がないのでコムギとの時間を過ごしたいという願いを聞いてあげることにしたのです。

コムギを起こすと軍備を始めるとお互いにこの瞬間のために生まれてきたことを確認したのです。

この戦いが終わり平和を取り戻したことと会長がなくなってもそれに対する報道もなくすべて終了したのです。

第136話 キキョウ×ト×ホンミョウ

王の死とともに人類対キメラアントの戦いは終了したのです。

キメラアントの生き残りたちはそれぞれの場所に戻っていきます。その1人のレイラはチャットの思い出母と再会できたのです。

女王の最後に生んだ子供はレイラではなく自分はカイトであるというのです。

キルアはゴンを助けるのは自分であると決めていたのです。

選挙編

第137話 ジュウニシン×デ×ギロン

ハンター一二支はネテロの後任を決めるために集まりました。

副会長のパリストンがやりましょうといい始めるけれどくじ引きをすることになります。ジンはネテロの意思を尊重する形で動くことにしたのです。

投票場にはヒソカがきて戦うための点数をつけていたのです。ヒソカはイルミよりゴンが死にかけていることとキルアは直談判していることを聞かされます。

第138話 オネダリ×ト×オネガイ

ネテロ会長の後継者を決める選挙は難航していたのです。

アルカを助けられるのはキルアだけでゴンを助けられるのはアルカしかいないというのです。

アルカは3つのお願いを聞くと1つのお願いを聞いてくれることが分かっていていたのです。

第139話 アルカ×ト×ナニカ

アルカは4回お願いを断るとそれに関わる人が殺されてしまうというのです。

キルアは彼の願いを3つ聞くことでゴンを治してほしいとお願いするのです。

後継者選挙は依然として混戦していました。

第140話 サンセン×ト×カイセン

ゴンもアルカも自分が助けるとキルアが決めたのです。

キルアとアルカが敷地を出ようとしたときに4人の執事もついていくことを承諾させるのです。

ゴンの元に向かう際にゴンのためだけの病院を用意することとモラウは約束をします。

レオリオはジンのところに何故行ってあげないのか聞くと友人がいるので大丈夫というと怒りがマックスとなりつい彼を殴ってしまったのです。

第141話 テジナシ×ト×シツジ

ハンター教会の会長後見人の総選挙ではまだまだ混戦していてレオリオはなんと3位になっていたのです。

キルア達がゴンのところに向かう車中でイルミから電話があり家族は殺さないよというとすぐに攻撃してきたのです。

キルアとアルカはゴンの元に急ぐとヒソカは執事に行かせないと邪魔をするのです。

第142話 ハリ×ト×カリ

ゴンを助けるためにキルアとアルカは急いでいるときにヒソカは執事の邪魔をして一人を殺してしまったのです。

キルア達は飛行船で病院に向かうことにします

拡散のために7機の飛行船は狙われることとなるけれどイルミが念を飛ばして人を操り死ぬまで動くことにより彼らの動きを止めようとするのです。

第143話 ツミ×ト×ツメ

第13代ハンター教会の総選挙は迷走していました。結局上位8位による再選挙となったのです。

ツボネはキルアの母を通じて彼らの居場所を簡単に確認することで病院への道のりを阻止するのです。

選挙の行方は上位4位による再選挙が決まったのです。

第144話 ケッサイ×ト×カッサイ

選挙が4人に絞られるとジンの考えをチードルは聞くとパリストンが

X日が次のハンター試験で彼はそれまで勝きも負ける気もないことを彼女に告げるのです。第13代会長が決まるまでここから出られないと報告されたのです。

レオリオは会長になったらまずはゴンを助けると言ったのです。現在1位のパリストンは余裕のようでしたがアリストン体制を崩壊させると消えたのです。

ついにキルアとアルカはゴンのいる病室に着くと彼女が起きるまで待つことにしたのです。

第145話 カンパイ×ト×サイカイ

8回目の結果はレオリオ1位となりパリストン2位となったのです。

キルアは3回お願いを聞くとナニカにゴンを治すようにお願いするとすごいパワーにより驚かされます。イルミはその力が最高にほしいものだと確認したのです

選挙会場での話し合いがなされていたときにゴンが助かったことを知るとレオリオが会長になる意味がなくなったのです。

第146話 カイチョウ×ト×カイジョ

元気になったゴンがレオリオのところに行くとやっとの思いでジンに会えるとカイトのことを必死に報告したのです。

ハンター教会の会長は最終的にパリストンとなったが辞退することでチードルが会長となったのです。

キルアはアルカとナニカを好きになることで開放し彼自身も解放されたのです。

第147話 スクイ×ト×ミライ

カイトはコアラの懺悔を静かに聞いていて繰り返してはいけないとずっと反省していたのです。話が終わるとこれから自分のもとで安心して生きるように話したのです。

ゴンはカイトに再会すると何があったのかを聞いてきたのです。その後これから先もずっと仲間だと言ってくれたのです。話を終えた彼らはジンの元に帰るように言うと喜んでジンの元に向かうと1枚の紙がおかれていたのです。

彼はその紙を手にゴンの居場所に向かうのです。

第148話 コレマデとコレカラ

「捕まえてみろよ。お前もハンターなんだろう」という言葉を胸に今までのことのことを思い出しながらゴンは走ってゴンの元に向かっていきます。すごい木の頂上には大きな変な鳥が歌っていました。

ジンはいつでも自分の欲しいものは目の前にない何かを求めて旅していると教えてくれたのです。

「道草を楽しめ」のジンの言葉は勇気をくれます。

【 登場人物紹介 】

ゴン=フリークス   (潘 めぐみ)

キルア=ゾルディック (猪瀬 茉莉也)

カイト        (池田 秀一)

レオリオ       (藤原 啓治)

クラピカ       (沢城 みゆき)

ヒソカ        (浪川 大輔)

【ネットでの反応 】

口コミ1:最初から観始めてやはり最初のメンバーが好きだと再確認しました。

裏表一体も大好きなんだけど4人の過去が出てくるところなんかも好きでずっとみてしまいます。

口コミ2:ハンター試験編が一番面白いように思います。ゴン以外の人もそれぞれの能力の個性もみていて楽しいです。特にネテロ会長の体に触れることができるなんて感動です。

口コミ3:グリードアイランド編を観て原作をつい読み直してしまいました。やっぱり面白いしゲームの中と外の世界も楽しめるなんて最高です。

【 まとめ 】

HUNTER×HUNTERは父親ジンの姿を探しながらも情に厚いゴンがキルア・レオリオ・クラピカとともにハンター試験を乗り越えていくつもの場面で助け合い・鍛えあいながらそれぞれが成長していくアクションアニメでもあり青春アニメですあります。

友情を確かめたくなったら一緒に動画視聴しませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました