おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ライアー×ライアー】動画を無料(映画)フル配信で視聴する方法/

ライアーライアー 邦画

(C)2021『ライアー×ライアー』製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社

映画『ライアー×ライアー』の作品情報

公開日 2021年2月19日
登場人物/声優 監督:耶雲哉治
原作:金田一蓮十郎
出演:松村北斗 / 森七菜 / 小関裕太 / 堀田真由 / 七五三掛龍也 / 板橋駿谷 / 竹井亮 / 相田翔子
映画『ライアー×ライアー』本予告(90秒)2021年2月19日(金)全国ロードショー!!

恋愛をしたことのない大学生の湊は、両親の再婚により、同じ年の血の繋がらない弟ができる。

自分とは違って、恋愛をたくさんしてきている弟に嫌悪感を抱く湊は、弟の透とは仲が良くない。

親友に頼まれて女子高生に変装をしていた湊は、偶然出会った透に告白されてしまった。

断ろうとしていた湊だったが、必死で、気持ちを伝えてくる透に、優越感を感じて、騙しての交際をすることにした。

しかし、透と変装した湊との恋はとても楽しいもので、家にいる透では見られない優しい一面だったり、笑顔が見られ、嬉しい湊。

このまま嘘の関係でもいいから続けようかと思ってしまうほどだった。

そんな時に幼馴染みから、変装をしていない姿の湊を好きだと言われてしまう。

偽らない自分を見てくれる幼馴染みに気持ちが傾く湊は、透に別れを告げる。

別れを告げられた透は落ち込み、元気をなくしてしまう。

もう一度、元気になってもらおうと変装をして、透のもとへと向かう湊。

透は湊の変装に気づいていないのか、もうひとつ抱える嘘が明らかになるとき、二人の運命はどうなっているのか。

映画『ライアー×ライアー』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

映画『ライアー×ライアー』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
2021年9月8日~

30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事佐藤浩市

スタジオ地図制作作品及び、細田守監督代表作品の紹介

『時をかける少女』(2006年)

2006年、マッドハウス制作。

細田守監督により再構築された、筒井康隆さんの小説が原作の作品。

1997年に実写映画された世界の20年後を舞台とした青春物語。

今年の4月には、スタジオ地図の創立10周年企画として4DX版が劇場公開された。

『サマーウォーズ』(2009年)

2009年、マッドハウス制作。

細田守監督が初めてインターネット上の仮想空間を描いた作品。

これからの世界を予見するようなキャッチコピーが話題となった。

ちなみに、ディザー版とポスター版がある。

「これは新しい戦争だ。」・・・ディザー版

「つながりこそが、ボクらの武器。」・・・ポスター版

『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)

2012年、スタジオ地図制作。

スタジオ地図制作として初めての作品。

細田守監督が初めて自ら脚本も手掛けた長編アニメーション作品で、興行収入42.2億円を記録し、大ヒットした。

異種族間の親子愛や疎外感を綴ったこの物語は、様々な世代と状況により捉え方が変わり、まさに人間の本質に迫った作品との声も多く聞かれました。

『バケモノの子』(2015年)

2015年、スタジオ地図制作。

スタジオ地図制作の第2弾作品。

今作品も脚本を細田守監督が手掛け、最終的な観客動員数が400万人を突破し大ヒット作品となりました。

異世界の生き物との家族の絆と友情を描き、今もなお愛され続けている作品です。

豪華キャスト陣と社会的メッセージ性の強さが話題となりました。

『未来のミライ』(2018年)

2018年、スタジオ地図制作。

スタジオ地図制作の第3弾となったこの作品は、海外での評価が高く、第91回アカデミー賞長編アニメ映画賞などにノミネートされた。

細田守監督にとって初めて時空間を題材としたオリジナル脚本となり、その演出からまるで絵本を見ているような作品と言われる事も多く、大人からの好評の声が多かったのも特徴的です。

細田守監督作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCA

細田守監督作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

スタジオジブリ作品

風の谷のナウシカ(1984年)

となりのトトロ(1988年)

魔女の宅急便(1989年)

耳をすませば(1995年)

もののけ姫(1997年)

千と千尋の神隠し(2001年)

猫の恩返し(2002年)

ハウルの動く城(2004年)

ゲド戦記(2006年)

崖の上のポニョ(2008年)

借りぐらしのアリエッティ(2010年)

ジブリ作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCAだけ

ジブリ作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ディズニー』作品

 

 

アナと雪の女王(2013年)

塔の上のラプンツェル(2010年)

トイストーリー1234

ファインディング・ニモ(2012年)

モアナと伝説の海(2016年)

TSUTAYA TV/DISCASでは多数のディズニー作品がお楽しみいただけます。

『ディズニー』作品をお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

映画『ライアー×ライアー』シリーズの過去作品・スピンオフ・関連作品

青くて痛くて脆い
ラストレター
天気の子

関連作品は、TSUTAYA TV/DISCASの無料期間を使えば無料で視聴することができます。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

映画『ライアー×ライアー』の感想やあらすじ・ネタバレ

女性30代
女性30代

sixtonesの松村北斗さん主演である事と、TrvisJapanの七五三掛龍也さんが出演されているので観に行かせていただきました。
まず出演者の方の感想としましては、松村北斗さんは非常に良かったです。同行した人はジャーニーズの方ではなく普通の俳優さんだと思って見ていました。それくらい松村さんの演技は他の俳優さんに劣ることのない演技力だったと思います。クールな演技とデレデレの演技のギャップがたまらなかったです。森菜々さんは全体的に、オーバーリアクションで感情移入がしづらく、共感しにくいヒロインでした。そして個人的には鳥丸を演じた小関裕太さんがとても良い人だったにもかかわらず、段々と悪意のある感じに豹変していくところが話のアクセントになっており、とても良かったと感じました。
引っ越しのシーンにばかり出てくる七五三掛くんも良かったです。
コメディタッチな恋愛映画でもあるので義理兄弟の恋愛という鳥丸が映画の中で言う、気持ち悪いという感覚も嫌悪感を抱かず見る事ができたと思います。
みんなが正体に気がついているなか、透だけがまったく気づかないというすごく不思議な展開ですが。。そこも面白かったのでいいのではないかと思います。

女性50代
女性50代

見たきっかけは、松村北斗さんと、七五三掛龍也さんが出演しているので、以前から見たいと思っていました。
森七菜さん扮する、みなとがギャルのみなに変装するところから始まり、松村北斗さん扮する透と出会ってしまってからの胸キュンストーリーでした。
松村さん七五三掛さんが、カッコイイです。
いつもテレビやステージでは見れない表情や仕草が見れたのはとても嬉しかったです。
映画ならではの、どアップ。
幸せでした。
森七菜さんは、メイクをしてもらっているシーンがとても可愛くて、ずっと見ていられました。もちろん、演技は上手すぎです。役として見れて、物語に溶け込んでいらっしゃいました。天才です。
予告では、最後の嘘みたいな感じで、バッドエンドを心配していました。内容は伏せなければいけないですが、終わったあとはとても納得して映画館を離れることが出来ました。
一番の見どころは、予告でもある、デートシーンです。特に水族館のシーンでは、胸キュン炸裂でございました。
水族館のシーンの中に、物語のキーになっていくアイテムがありまして、映画を見る前にグッズコーナーに寄ったのですが、映画を見て、納得しました。
アイテムも、松村さんも、森さんも、本当にカワイイです。松村さんのクールなイメージ、もちろん良い意味で破壊です。

女性40代
女性40代

ストーリーの構成が新鮮で、とてもよかったです。親の再婚により、姉弟となった湊と透。

湊がモデルとして変装したギャル姿に、そうとは知らず好きになってしまう透。

本当はお互い好きなのに、自分を偽っていることから、距離を縮めることができません。

透はもてるのに、一途にモデルとしてのみなに想いを寄せてくるのを知った湊は途方にくれます。

最初は透の女性関係を清算させようとしてみなとして交際したのですが、自分には見せない優しさに触れたりして、落ち込み、傷つきます。

また、いつみなと湊は同一人物だと打ち明けようかと悩むのですが、その時の透のショックを思うと、なかなか言い出せません。

感情の描写がとても細やかに伝わってきますね。

そうこうする内、透はみなの正体に気付いてしまいます。

そして、小さかった頃から、本当は湊が好きだったことを告白するのでした。

血はつながってないとはいえ、姉弟なので、幼かった透は結婚できないと思いこみ、その気持ちに蓋をしたまま、今まできたのでした。

結婚もできると分かったころには、2人の生き方があまりにも違っていたのです。

しかし、みなに会えたことで、その切なさにさよならでき、湊への想いを再確認できて、よかったですね。

女性30代
女性30代

義理の姉弟同士の恋ということで、偏見もあるのかもしれないけど、コメディタッチでおもしろかったです。

ライバルとなる烏丸くんも悪い奴かと思えば、悪ぶっているだけでよかったなあと思いました。

いい人から悪い人へ、そしてやっぱりいい人に変わる烏丸くんは注目すべきキャラクターだと思います。

湊の気持ちも、透の気持ちも見ているこっちは筒抜けで、もう何してんの、早く告白しろよって思うんだけど、そのもどかしさがまた切なくてすごくいいです。

湊が自分で言っていたけど、ほんと2人は他の人を巻き込んで恋をしていてそれは迷惑な話だったのかもしれないけど、だからこそ幸せになってほしいと思います。

ほんとはもっと早く思いを伝えていればッて感じの2人だけど、そのぶんこれからが楽しくなるのかなとほほえましい気持ちで見終わりました。

ヒロインの森七菜もかわいくていいです。

でも、まあギャルメイクをしてもそんな別人には見えないけどなあとは思いました。

そこはフィクションとして楽しめばいいと思います。とはいれ、2パターンの森七菜ちゃんを見れるのもこの映画の見どころの一つでしょう。

透役の松村北斗君もモテモテの役が板につくセクシーさだったし、いいキャスティングだなと思います。

笑えて、ちょっと切なくて、最後は幸せな気持ちになれる、とてもいい映画でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました