おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【20世紀少年】動画を無料(映画 1 2 3章)フル配信で視聴

20世紀少年 邦画

©1999,2006 浦沢直樹 スタジオナッツ/小学館 ©2009 映画「20世紀少年」製作委員会

正式タイトル『本格冒険科学映画 20世紀少年』は、浦沢直樹さんによる漫画『20世紀少年』を原作として制作された劇場映画です。

第1章 『終わりの始まり』、第2章『最後の希望』、最終章『ぼくらの旗』からなる3部作は、最終興行収入が110億円を記録する大ヒット作品となりました。

第1章と最終章の脚本を手掛けた原作者の浦沢直樹さんが、別の『20世紀少年』と考えてもらえばと話すように、漫画を知らない方でも楽しめる内容となっております。

もちろん、原作漫画のファンの方々にも、味わい深さを感じる心地よさが残る作品だと思われます。

昭和感たっぷりの壮大な3部作をご紹介していきます。

映画『20世紀少年』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『20世紀少年』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画「20世紀少年-第1章-」予告編 (ver1:高画質版)
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』だけです。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、『20世紀少年』シリーズをお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

「20世紀少年」シリーズもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『20世紀少年』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

海ほたる刑務所の特別懲罰房で、収監されている漫画家だった男が、目の前の独房の男に話しかけると、彼は徐(おもむろ)に語りだすのだった。

・時代は昭和。

時代は昭和、高度経済成長期真っ只中の日本。

少年ケンヂと友人たちは、正義のヒーローを夢見て、秘密基地を作り仲間同士楽しく過ごし、この先の日本を想像して「よげんの書」なるものを、相談しながら好き勝手に書いていたのだった。

・時代は平成。

30年が経ち、時代は平成となり、すっかり大人となったケンヂたちの周りでは不可解な事件が起きる。

そんな中、ともだちと称する教祖が率いる謎の集団が世間を騒がせ、世界の各地で起きる奇妙な事件は、「よげんの書」に記されていた内容とそっくりだったのだ。

・人類滅亡のカギは、ケンジ?

よげんの書を作った時の事を思い出そうとするが、記憶が曖昧なケンヂ。

ある日、まわりから神様と呼ばれ、未来が見えるという老人から、人類滅亡のカギはケンジに関わっていると伝えられるのだった。

ケンヂと仲間たちは、よげんの書と似た事件を防ごうと動き出すが、教祖「ともだち」からテロリストと見なされ、信者たちから追われるようになってしまう。

・ともだちとは…。

身を潜めながらも、よげんの書の真実と「ともだち」の正体を暴こうとしていたケンヂたちは、身近な誰かだったと思うが、はっきりとしない。

そんな時、よげんの書で人類滅亡の日とされている2000年12月31日の東京に、原子力を動力とした巨大ロボットが出現するのだった。

その巨大ロボットが細菌をばら撒き、最後は爆発して東京は荒廃してしまう。

「血の大晦日」と言われるようになったこの日から、ケンヂたちは世界中からテロリストとして追われる身となるのだった。

【 ネタバレ 】

・ 第1章 終わりの始まり

・よげんの書

ロックスターを夢見ていたが、現在は行方不明となった姉の一人娘のカンナを育てながらコンビニを経営しているケンヂは、時折、少年時代の事を思い出す。

高度経済成長期の昭和で、正義のヒーローを夢見ながら遊んでいた仲の良かった友人たちの事は思いだせるが、何をして遊んでいたかなどは漠然としていて、記憶は曖昧だった。

そんな時、ケンヂの周囲では不可解な出来事が続き、仲間の一人であるドンキーが死んでしまう。

葬儀で集まった仲間たちは、タイムカプセルを開けて少年時代の事を話し、カプセルの中によげんの書がない事に気づくのだった。

ケンヂたちはあの頃、秘密基地を作って遊び、よげんの書というものを皆で話しながら好き勝手に書いていたのだ。

しかし、何故、よげんの書を書き始めたのか、誰がシンボルマークを考えたのかなど記憶が曖昧で、そこにいた他の誰かを、仲間たち全員が思い出せなかった。

・ともだち

世間では、「ともだち」と呼ばれる教祖を崇める謎の集団が話題となっていて、世界では奇妙な伝染病が流行り、大勢の人が亡くなっていた。

ある日、ケンヂはある老人から、人類滅亡に関わっていると告げられる。

その老人は、周囲から神様と呼ばれ、夢で未来を見通すことが出来ると言われていた。

あの「よげんの書」に記されていた事と酷似するように起きる世界中の事件。

ケンヂたちは謎の解明と、「ともだち」の正体を突き止めようと動き出すが、教祖ともだちがケンヂたちをテロリストと見なし、大勢の信者たちに追われるようになってしまうのだった。

・2000年12月31日

街中にあふれる信者から隠れるように活動を続けるケンヂたちだったが、よげんの書が人類滅亡としている2000年12月31日に、突然、東京に巨大ロボットが現れ、細菌を撒き散らしながら破壊行為を続け、惨劇が広がっていく。

ケンヂたちは、子供の頃に夢見ていた正義のヒーローのように、ロボットに立ち向かう。

誰かが操作していると考え捜索していると、ビルの屋上でリモコンを持ったお面の男をフクベエが見つけるが、揉み合ううちに一緒に落下してしまうのだった。

一方、ケンヂは、巨大に見えるが実はハリボテだったロボットの内部に入り込み、時限式のダイナマイトを仕掛ける。

すると、目の前に太陽の塔のようなものに乗った「ともだち」が姿を見せ、お面を外せと叫ぶケンヂの前でお面を外すが、ダイナマイトが爆発してしまう。

オッチョが正体を問いかけた通信に応えられないうちに爆発してしまったので、「ともだち」の正体は不明のままで、更に、ロボットの動力源が原子力だった為、東京全体が爆炎に包まれたのだった。

・第2章 最後の希望

・カンナ

「血の大晦日」と言われたあの悪夢の夜から15年が経ち、カンナは高校生になっていた。

あの夜の救世主とされた教祖「ともだち」とそれを崇める集団「友民党」は勢力を拡大し、カンナの育ての親だったケンヂは、テロリストの首謀者とされていた。

カンナは勇敢に戦ったケンヂが蔑まれていることに憤りを感じ、共に戦っていたユキジに何故戦わないのかと不満を漏らすのだった。

ある日、マフィアの取り締まりで誤認逮捕されるも釈放されたカンナは、若手刑事の蝶野に、血の大晦日の夜、ケンヂが皆を救おうとして戦った事実を語る。

その様子を見ていた警官は、蝶野のお守りに細工してロッカーに戻すのだった。

・ともだちランド

後日、ニューハーフから「ともだちランド」の事を聞いたカンナは、そのニューハーフの保護を蝶野に任すが、警官に殺されてしまう。

カンナは、すべてのカギを握る「ともだちランド」へ行く事を決心するのだった。

「ともだちランド」に到着したカンナとクラスメートの小泉響子は、潜伏していたケンヂの仲間のヨシツネと会って、ボーナスステージについての話を聞く。

そして、秘密を暴くためにボーナスステージへの進出を決めた二人は、バーチャルでタイムスリップした過去で、「ともだち」についての衝撃の事実を知る。

それは、ケンヂたちの同級生ヤマネと少年時代の「ともだち」が手にしていた、「しんよげんの書」がカギということだった。

・カンナの母キリコ

通常の生活に戻ったカンナと小泉は、新任教師として赴任していたサダキヨから、「ともだち」の真実につながるモンちゃんのメモを手に入れる。

そのメモを元に母キリコの行方を辿るカンナは、遺されたメッセージから、血の大晦日にばら撒かれた殺人ウィルスを母が開発した事を知るのだった。

・奇跡

「ともだち」が新宿でパレードをすることを知ったオッチョは、歌舞伎町の教会でカンナを救った後、彼の暗殺に向かうが、友民党の13番が先に「ともだち」を射殺。

その場で、「ともだち」に銃を向けていたオッチョは、容疑者とされてしまった。

後日、万博開会セレモニーにて、「ともだち」の葬儀が行なわれようとした時、かつてのイエス・キリストのように、「ともだち」は復活する。

そして、奇跡を目の当たりにした人々は、「ともだち」を崇めるのだった。

最終章 ぼくらの旗

・ともだちの国

あれから3年、「ともだち」は神と崇められ、一見すると世界中から支持されている様に見えたが、それとは裏腹に自身を崇拝しない者は虐げられていた。

ともだち暦3年とされる2017年、東京は周囲を高い壁で囲い、ともだち独自の国家が築き上げられ、その街の様子は、ケンヂたちが少年だった頃の昭和のようだった。

壁の外では、ウィルスのワクチンを奪い合う凄惨な状況が続き、オッチョは2年ぶりに壁の中への侵入を果たしていた。

その頃、「ともだち」は、8月20日の正午に未知のウィルスで、壁の外にいる者を全て抹殺すると公表するのだった。

・ワクチン

そんな中、カンナやかつてのケンヂの仲間たちは、それぞれに組織を創り上げ、徐々に勢力を広げていたが、依然ケンヂの行方はわからないままだった。

カンナは「氷の女王」と称され、過激な武装集団を率いており、カンナの後見人であるユキジの心配は尽きなかった。

そんな時、カンナの母親キリコが東村山に潜んでいることを突きとめたマルオは、再会したキリコからカンナの父親が「ともだち」であることを知るのだった。

そして、キリコは、8月20日に散布されると思われるウィルスに対するワクチンの開発に成功した。

一方、壁の外ではギターを携えた男が姿を現し、偽の通行手形で関所の通過に成功し、砦と呼ばれる役所へ向かう。

その男こそ、長年行方がわからなかったケンヂだった。

・氷の女王の声

その頃、カンナとオッチョは地球防衛軍の襲撃を受け、捕虜となったカンナは「ともだち」と対面するが、銃を向けた為、絶交と告げられて解放される。

カンナは、8月20日にワクチンのない未知のウィルスが散布されることを仲間に話し、唯一行き生き残る事が出来る場所である万博会場へ人々を集め、命を守ろうと行動を開始するのだった。

いよいよ運命の8月20日。

フェスと称して呼びかけた氷の女王ことカンナの声に応えるように、会場には大勢の人々が集まり、ケンヂの復活を期待して盛り上がるのだった。

・8月20日

討伐派たちがそれぞれに抵抗を見せる中、ウィルスを撒き散らす為に動き出した巨大ロボット1体に、ケンヂは侵入を果たし、オッチョのアシストもあって転倒させる。

そして、ともだちと対峙したケンヂ、オッチョ、ヨシツネの3人は、ついに、正体を知るのだった。

仮面の下の正体は、血の大晦日にビルから転落したはずのフクベエ。

しかし、ケンヂは、彼はフクベエではないと断言し、本当のフクベエは小学校の時に命を落としていたと話すのだった。

その時、話を遮るようにロボットを再起動しようとした「ともだち」を、かつての友民党党首、万丈目が撃ち抜く。

そんな万丈目は倒れてきたロボットの下敷きとなり、「ともだち」は命を落とすのだった。

一方、ケンヂが現れず、フェス会場には怒号が飛び交っていた。

すると、そこにケンヂが姿を見せ「ともだちは死んだ、人類の滅亡はなくなった」と宣言、そして彼の歌声が会場に響き渡るのだった。

・エピローグ

その夜、ケンヂは「ともだちランド」のバーチャルルームで過去にタイムスリップした。

そして、小学生時代のケンヂに万引きを謝罪させ、自身は中学生のお面の少年に全てを詫びるのだった。

「ともだち」であり「フクベエ」でもあったのは、突然亡くなったとされていた実験好きのカツマタ。

彼は、居場所が無くなってしまい、お面を被りフクベエに成り済ますしかなかったのだ。

大人のケンヂから謝罪されたカツマタは、お面を外して中学生時代のケンヂと打ち解け、彼の作ったメロディーに合わせた歌詞を呟き、それから、一緒に歌うのだった。

【 登場人物紹介 】

・ケンヂ/遠藤健児 ・・・ 唐沢寿明、田辺修斗、西山潤

・オッチョ/落合長治 ・・・ 豊川悦司、澤畠流星

・ユキジ/瀬戸口雪路 ・・・ 常盤貴子、松元環季

・カンナ/遠藤カンナ ・・・ 平愛梨、畠山彩奈

・ヨシツネ/皆本剛 ・・・ 香川照之、小倉史也

・マルオ/丸尾道浩 ・・・ 石塚英彦、安西壱哉

・カツマタ/勝俣忠信 ・・・ 神木隆之介、黒羽洸成

・フクベエ/服部哲也 ・・・ 佐々木蔵之介、上原陸

・モンちゃん/子門真明 ・・・ 宇梶剛士、矢野太一

・ヤマネ/山根昭夫 ・・・ 小日向文世、安彦統賀

・ドンキー/木戸三郎 ・・・ 生瀬勝久、吉井克斗

・ケロヨン/福田啓太郎 ・・・ 宮迫博之、森山拓哉

・コンチ/今野裕一 ・・・ 山寺宏一、清水歩輝

・サダキヨ/佐田清志 ・・・ ユースケ・サンタマリア、藤原薫

・ヤン坊、マー坊 ・・・ 佐野史郎

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・原作が好きな人

・独特な世界観が好きな人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます

 

【 まとめ 】

幼き頃を思い出す時、誰もが、良い頃は鮮明に覚えていても、嫌な事や悪い頃に関わる記憶は、曖昧になりがちだと思われます。

でも、一方でイジメや差別で心に傷を負った人には、その事しか記憶に残らないとも思われます。

どんなに時代が移ろい、子供だろうが大人だろうが、世間からはこのような状況は無くならない…。

大切なのは、思いやりと優しさだということを、この3部作では伝えたかったのではないかと感じました。

原作漫画を忠実に再現したかのようなキャスティングと、昭和の世界観を表現した映像が素晴らしく、テーマの重さを感じさせない演出には、感服いたしました。

原作も知らず、第1部と第2部を観ていない方でも、最終章を観れば何かを感じることが出来、ストーリーも楽しめると思います。

きっと、観終わった時には、あらためてシリーズを振り返りたくなるでしょう。

世代を問わずに楽しめる『20世紀少年 』、おススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました