おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【HOMIE KEI チカーノになった日本人】動画を無料(映画)フル配信で視聴

HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~ 邦画

©「HOMIE KEI~チカーノになった日本人~」

いくつかのTV番組でその壮絶な人生を紹介されたKEI。

『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』は、彼への取材をもとに、壮絶な過去を過ごしたアメリカ刑務所と、そこで出会ったチカーノと呼ばれる在米メキシコ人によるギャングについて語られた映画。

KEIの半生を映す、このドキュメンタリーは仲間と家族について描かれ、そして、人との繋がりをあらためて問いかけているような作品です。

現代社会へ一石を投じるドキュメンタリー作品を、ご紹介していきましょう。

映画『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

【最新】ドキュメンタリー映画『HOMIE KEI〜チカーノになった日本人〜』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

マンガもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

育児放棄から不良少年、そしてヤクザになったKEIは、FBIの囮(おとり)捜査に嵌り(はまり)アメリカの刑務所に収監されてしまう。

やがてKEIは、そこで繰り広げられるサバイバルな生活の中で、チカーノと呼ばれる刑務所内最恐ギャングと出会い、心を通わせるようになる。

そして、決してよその人間を受け入れる事のなかった彼等と、仲間として、家族として強い絆で結ばれていく。

帰国後、どこにも居場所がない子供たちのために慈善事業を始めたKEI。

壮絶な半生を送ってきた彼が抱く想いとは、果たして何なのか…。

【 ネタバレ 】

・KEI

子供の日に、家族の為のイベントを無償で主宰する一人の男がいた、彼はKEI。

彼の人生は想像がつかないほど壮絶で、ドラマチックだった。

・人生は99%の運

両親から物心をつく時にはすでに育児放棄をされていたKEIは、親戚中を渡り歩く生活を送っていた。

そんな彼は、不良になり暴走族、そして少年ヤクザとなり、生死が絡むような大きな事件を起こしていく。

しかし、死ぬことはなかった…運に恵まれていたのだった。

あらゆる悪事に手を染めていたKEIは、覚せい剤の新たな売買ルートの先駆者となり、国内だけでなく海外からもマークされるようになっていた。

・FBIによる逮捕

KEIは、覚せい剤の取引を控え、滞在先のホテルの一室で異変に気付くも、FBIの囮捜査により拘束されてしまう。

裁判では、彼を弁護する側が5年を求め、起訴する側が8年を訴える中、日本人のヤクザを嫌う中国人裁判官により10年を求刑されるのだった。

・レベル5のアメリカ刑務所

刑を言い渡されたKEIは、カリフォルニア州サンペドロにある連邦刑務所に収監される。

そこは、レベル1~5まであるアメリカの刑務所では、最も罪の重いものが収監されるレベル5の刑務所だった。

最初の3年間を独居房で過ごしたKEIの環境は過酷だった。

そこは、売られたケンカを買わずに無抵抗でいると、ずっと俯いて(うつむいて)過ごす事になってしまう世界で、彼は一人で抵抗していたのだ。

そんな日々が8年も続いていくのだが、そこでKEIは人生を変える出会いを果たすことになる。

・チカーノとホーミー

刑務所の中は、あらゆる人種の坩堝(るつぼ)。

彼等受刑者たちは、それぞれでギャンググループを形成していた。

その中でも、最大、最恐だったのが在米メキシコ人(チカーノ)で構成されたギャンググループ。

彼等はメンバー同士をホーミーと呼び合っていた。

ホーミーとは、互いを認め合った仲間や友人、そして家族そのものを指していたのだ。

ある日、KEIは食堂でチカーノと座っていた席のことで揉める。

その相手が、ビッグホーミーと呼ばれるチカーノギャングのボス、ウェロだった。

野球場への呼び出しに応じたKEIに、ウェロは、なぜ一人でいるのかと尋ねる。

KEIが「日本人は俺一人、行きたい場所が無い限り一人で生き続ける」と答えると、ウェロは軽く励ますような言葉を残して、その場を去っていった。

その夜、KEIは独房から部屋を変えられる。

そこは、ウェロのいる部屋だった。

・チカーノギャングとなる。

突然、ビッグホーミーと同室となったKEIは、ウェロのグループと一緒に過ごすようになっていく。

最初はチカーノたちに反発されてしまうが、半年ほど経つと受け入れられるようになり、独学で英語を覚えたKEIは、いつしかホーミーとなっていた。

メキシコ人というのは、仲間として認めると異人種でも受け入れる傾向があり、そして、仲間と家族をとても大切にする。

そんな彼等と心を通わせたKEIの価値観は一変するのだった。

・人生の転機

2001年、刑務所を出所したKEIは日本へ帰国、実に8年ぶりの祖国だった。

チカーノの心に触れ、価値観が変わったKEIは誰に対してもフラットに接するようになっていた。

息子の卒業式に参加し、所属していた組織とケジメをつけた彼は、子供の頃から面倒をかけた刑事に会う為、警視庁を訪れる。

KEIは、「今まで散々悪事を働き社会に迷惑をかけてきたのだから、これからの人生を社会に奉仕しろ」と言われるのだった。

帰国後、チカーノ文化の普及活動で全国を飛び回っていたKEIは、社会奉仕活動にも力を入れ始めていた。

「グッドファミリー」という団体を設立して、不良少年と少女の更生や、児童虐待についてのカウンセリングなど、全てを無償で行っていた。

なかでも、うつ病の人への対応が大変であったが、あきらめることなく根気強く接するのだった。

そして、自ら借金を背負いながらも、共感してくれる人達の寄付や支援で「グッドファミリーパーク」を作り、行き場のない子供たちが過ごす場所を提供するようになっていた。

・ホーミーとの再会

KEIは無性にホーミーたちに逢いたがっていたが、自身の過去が壁となっていた。

カリフォルニアの州法では、指の欠損した者などには入国が認められていない。

そこで、彼は指の義手を身に着け、長袖の衣服で入れ墨を隠すなどして入国を果たし、KEIにとってはかけがえのない特別な存在が居るサンディエゴへ向かうのだった。

そこに居たのは、刑務所時代に仲の良かった友人とその母親。

彼女は、その友人が他の刑務所へ移送されても、KEIの為に面会に訪れてくれ、母の知らない彼にとっては、初めて母親を感じさせてくれた存在だったのだ。

そして、KEIの来訪を歓迎するパーティーが開催され、ホーミーたちや他の刑務所仲間が集い、そこでは、敵対するチカーノ同士もKEIを歓迎し、共にパーティーを楽しむのだった。

・家族

帰国したKEIの実母は亡くなっていた。

彼にとって実母は、ただ自分を産んだ人でしかなく、一緒に生活する時間が少しでもあったのなら、その存在意義は変わっていたのかもしれない。

ホーミーという家族のような仲間を得たKEIだが、本当の家族というものを知らない。

だから、彼の妻は、自分が家族とは何かを教えると話すのだった。

・悪行の痕跡は消えない。

子供の日、多くの家族が水辺で楽しんでいる。

「ホーミーマリン倶楽部」

KEIが無償で主宰する、毎年子供の日に催されるイベント。

「何故、ここまで社会奉仕に力を入れるのか」との問いかけに、「困っている人がいるから…でも、はっきりとした答は出せない」と話すKEI。

そして、彼は話を続けるのだった。

「今までしてきた悪行による痕跡が消えることはない、だからといって何倍もの善行をしていったとしても償いきれることもない、ただ、自分が今出来る事をしているだけ」。

最後は、照れくさそうなKEIの隣に、ウェディングドレスを纏った妻の笑顔があるのだった。

【 登場人物紹介 】

・KEI

・KEIの人生に関わった人たち(家族、友人、ホーミー)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・ドキュメンタリーが好きな人

・未知の世界に興味がある人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます

 

【 まとめ 】

率直に思うのは、意見が両極に分かれる作品だという事。

ドキュメンタリーだからこそ伝わるものがあり、それに対する様々な感情がわいてくるのだと思います。

事実関係による背景がわかりやすく描かれているので、作品としての見やすさがあり、押し付けるようなメッセージ性もないので素直に受け入れる事が出来ると感じました。

決して、日常では知る事のない世界が目の当たりに出来る貴重な作品。

あなたも、一度はご覧になってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました