第一弾「バック・トゥ・ザ・フューチャー」色褪せることの無い普及の名作

洋画

今回は名作中の名作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」をご紹介させていただきます。

動画配信サービスで是非見てみませんか?

あらすじ

アメリカの高校に通う普通の男の子マーティン・マクフライは年上の友達であり科学者であるエメットブラウン博士(通称ドク)が開発するタイムマシン実験に同行する。

すると車型のタイムマシンはなんと成功!

しかしドクが材料調達のために脅した過激派の襲撃にあってしまう。

それによりドクは撃たれてしまい、マーティンも命の危険に晒さ咄嗟にマーティンはタイムマシンデロリアンに乗り込み30年前の世界1955年にトラベルしてしまう

すると母親のロレインと出会って恋に落ちられてしまうすると未来で自分が消えてしまう!となってしまったマーティンはなんとか父親ジョージとくっつけようと奮闘する。

そしてドクとも再開しなんとか無事に元の世界に戻ろうとするが…

襲われているロレインをジョージが助け、パーティーでギリギリなんとか2人は結ばれマーティンは助かる。

そしてタイムリープは雷の力で戻れると分かりパーティーから急いで向かうマーティン、そしてドクに未来で死んでしまう事を伝えようとするが聞き入れてくれずそのまま元の世界に戻ってしまう。

しかしドクはマーティンが残しておいた手紙を読み事前に防弾チョッキを着て無事助かったのだった!

そして臆病な性格を治したジョージは小説家として成功し家は裕福な家庭に、恋人と再会しデートに行こうとすると未来にいったはずのドクが戻ってきて大変な事になったと告げられ、ドクと恋人と共にマーティンは未来へと向かう…

出演キャスト

マーティン・マクフライ CV山寺宏一

(マイケル・J・フォックス)

スケートボードを乗りこなしバンドをしているとちょっとプレイボーイな少年、父が臆病な性格のせいで落ちこぼれの家系と言われている。

エメット・ブラウン博士 CV青野武

(クリストファー・ロイド)

白髪の危険な人物とまで言われている、発明の為ならなんでもする変わり者のおじいちゃん

アインシュタイン

ドクの飼い犬、実験台にされたりとちょっと可哀想な子

ロレイン・ベインズ・マクフライ CV佐々木優子

(リー・トンプソン)

マーティンの母親、しかし過去へと飛びマーティンに恋してしまう

ジョージ・マクフライ CV富山敬

(クリスピン・グローヴァー)

マーティンの父親、臆病でちょっと間抜けな人物

ビフ・タネン  CV谷口節

(トーマス・F・ウィルソン)

ジョージの昔からの友達(?)いじめっ子でいつもジョージを脅している

ジェニファー・パーカー CV勝生真沙子

(クローディア・ウェルズ)

マーティンの現彼女

ネットでの評判

やはりネットでも名作だと好評みたいですね

ネタバレ 感想

タイムリープものの傑作!いつの時代見ても色あせない名作です!

ドクの強烈なキャラクター!タイムリープのシーン!炎が走る演出がクール!どれも印象深く笑いのシーンも良い塩梅でとても面白い!なんと言ってもデロリアンがかっこよくてフィギュアが欲しくなるんですよね!

SF映画としてもとても面白いんですが恋愛映画としても面白いんです

ひょんなことから母親から恋されるという、とんでもない話なんですがジョージ(父親)と母親をなんとかくっつけようと奮闘するのがまた面白い。

それでもマーティンは咄嗟に不良からロレイン(母親)を助けてしまったり颯爽とこの時代にはないスケートボードで逃げたり、とカッコイイことしてくれるんですよね!そりゃロレインも惚れてしまうといった感じで

年代は1955年なんですがその雰囲気も素晴らしい!

そしてタイムリープものといえばその時代とのギャップ!書きましたが1955年には無いスケートボードで周りを驚かせたり、テレビはレア物では2台あると言い「そんな家あるはずないわ」と言われちゃったりマーティンの時代の曲を弾いたり!ギャップがあるんですよねタイムリープのお決まりですがやっぱりそのやりとりは面白いです。

キャラクターもまた良い、特にドク!エキセントリックなキャラでなんでもオーバーなアクションをとって見ていて面白い…演じた方は今も生存していらしてなんと御年81歳!(2020年現在)長生きしてほしいですね

そして母親さえも惚れさせてしまうプレイボーイマーティン!バンドをしていてオーディションでダメだと言われ落ち込んだりしかしタイムリープした先で披露する場面が!周りはドン引きするほどイキイキと演奏という!そしてその演奏が未来に…?そこは見て確かめてください!

惚れっぽいのかもしれないロレイン、可愛らしくて1955年なんですがとってもオシャレなんですよね〜未来では頭が固い人だったのになんと昔はたばこも吸い、お酒も呑むという!

そして中でもお気に入りのキャラクターは父親のジョージ!ヘタレでいじめられっ子で本当に不憫なんですが見てると応援したくなるような…特にロレインを助けるシーンは心から応援しちゃいました!

伏線も何気にあって2回見てもまた面白い!

随所に流れるメインテーマも感動的です

マーティンとドクの年の差の友情もとっても良いですこの2人がなんで友達になったか気になりますね、そして!1955年の別れのシーンがじんわりきます…

ラストシーンハラハラドキドキのタイムリープ…!ドクの体をはったシーン何度見てもハラハラドキドキしてしまいます…!

そして!なんとか無事に戻りマーティンの冒険は終わります………と見せかけて!まさかの続編!?最初続編を作る予定は無かったようですが制作が決定し作られるようになったそうです!

まとめ

昔の名作バック・トゥ・ザ・フューチャー初めて見る方も2度目3度目の方も是非見てみては如何ですか!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました