映画『アバター』を見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!DVDレンタル以外で料金比較して見る【あらすじ ネタバレ】

洋画

出典元:U-NEXT

映画「アバター」予告編

映画『アバター』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  △ 500円 30日間 なし
  △ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『アバター』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

『U-NEXT』「無料トライアル期間」がありますので、そちらを利用すれば無料での視聴が可能となっています。

レンタル代がかかる作品は初回登録時600ptの付与で作品の視聴も可能です。

博士
博士
U-NEXTの魅力を紹介していくぞい!

\ 手続きかんたんで、いつでも解約OK! 

▼U-NEXT公式サイト▼

>>31日の無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

U-NEXTは最新作をスピード配信!

毎月のポイントで新作映画が楽しめる

@U-NEXT引用文

U-NEXTは、見放題作品数No. 1!

U-NEXTだけでしか楽しめない独占配信作品も多数ラインナップ

@U-NEXT引用文

無料トライアル期間は31日間。

無料期間中に解約した場合、月額料金は一切かかりません。

@U-NEXT引用文

U-NEXTなら、人気の雑誌も読み放題!

漫画もラノベも小説も、1つのアプリで楽しめます。

@U-NEXT引用文

映画『アバター』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『アバター』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

映画『アバター』は

2009年公開のジェームズ・キャメロン監督の作品

動画配信は U-NEXTで配信中ですので、ぜひ御視聴ください。

映画『アバター』はトライアル入会特典600ptで

無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

映画『アバター』の動画を無料フル視聴する

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

映画『アバター』の視聴はU-NEXT

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料(都度課金(ポイント)作品もあります)

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

\ 手続きかんたんで即時利用OK! 

▼U-NEXT公式サイト▼

>>無料お試し期間の31日間で解約すれば料金は発生しません!

男性
男性
映画やドラマやアニメはもちろんの事、漫画や雑誌といった電子書籍まで手広くカバーしているところが惹かれ入会しました。
31日間無料お試し期間の利用するだけでも、大変お得だと思います。
解約手数料はかかりませんので、お気軽に使える動画配信サービスだと思います。
画像も大変綺麗で外出先のスマホでも気軽に視聴できて、もうU-NEXT無しの生活には戻れません。
女性
女性
ファミリーアカウントで四つの端末で見放題というのが魅力です。
三人の子供がいるのですが、各々見たい作品が違うので各々の端末で見れて非常に重宝しております。
毎月1200ポイントもらえるのも、とてもお得ですね。
少し前までレンタルでDVDを借りてたのが信じられないです。
新作映画のラインナップのリリースも非常に早いのに、驚かされました。
U-NEXTは非常に充実した動画配信サービスだと思います。

ニッチな作品まで収められているので、見逃した作品や、お気に入りの監督の映画、人生で気にいる一本が見つかるかもしれません!

画質はお持ちの端末に依存しますが、自動、高画質、低画質、最低画質が選択出来て、

通信制限に対して選択する事が出来ます。

例えば家にいて、ビジネスタイムが発生したならば、低画質でなど選択は出来ます。

\ 気になった雑誌をスマホでいつでも立ち読み! /

▼U-NEXT公式サイト▼

>> かんたん登録で即時利用OK !

漫画が読める電子書籍サービスや雑誌読み放題も

漫画は読み放題ではありませんが、雑誌は読み放題です。

ポイント付加が毎月あるので、そちらで漫画を購入する事も出来ます。

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

各配信サイトの見放題作品数の比較

各配信サイトの見放題作品数グラフがこちらです。

グラフではU-NEXTは見放題作品数NO.1の数値ということがお分かりになります。

 

GEM Partners株式会社の2019年5月度の「洋画」「邦画」「海外ドラマ」「韓流・アジアドラマ」「国内ドラマ」、アニメ」の主要6ジャンル見放題の集計結果がこちらです。

ジャンル別に見ても、圧倒的に『U-NEXT』の見放題作品の数が多いことが一目瞭然です。

主要4ジャンルにて、作品数が1位ですので『U-NEXT』が断然オススメの動画配信サイトとなります。

【調査について】

※ラインナップ数のカウントはGEM Partners株式会社「VODラインナップ分析ツール」調べに基づく。
※グラフの指数は、話数単位ではなく、1作品ごとに1件とカウントした数値を指数化しています。

※動画配信サービスの各社Webサイトに表示されているコンテンツのみをカウントしています。

※またラインナップのコンテンツタイプは各動画配信サービス横断で分析できるようにするため、

GEM Partners株式会社独自のデータベースにて名寄せ・再分類を実施しており、それに含まれないものは不明に分類しています。

@出典先 U-NEXTニュースリリース

\ U-NEXTは「見放題作品数No.1」 /

▼U-NEXT公式サイト▼

>> 15ヶ月間、見放題作品数がNo.1のU-NEXT

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

 

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

\ 業界トップクラスのお試し期間 /

▼U-NEXT公式サイト▼

>> いつでも解約できます!

映画『アバター』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

『U-NEXT』をお勧めいたしますが、過去に全ての動画サービスを利用した事があるという方もいらっしゃるかもしれません。

その場合、動画サービスの無料お試し期間を利用して映画『アバター』をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』を利用して、映画『アバター』DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でご自宅まで配送してくれるサービスとなっております。

・PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けされます。

・返却はポストに投函するだけですので手続きは簡単です。

・最短で翌日にお届けされます。

・初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

無料お試し登録の初回30日間を是非試してください。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

『U-NEXT』がお勧めな動画配信サービスですが『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』もご興味があれば検討してみてください。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』ユーザー様の感想

女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

\自宅に届くから レンタル手間なし! /

TSUTAYA DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

映画『アバター』のあらすじ

未来の地球はエネルギー不足の問題を抱えていた。

人類はエネルギー問題を解決するために、惑星パンドラの鉱物アンオブタニウムを手に入れようとしていた。

惑星パンドラには先住民のナヴィが住んでおり、星の自然と調和して生きていた。

開発会社のRDA社はナヴィにアンオブタニウムの発掘を申しでるが、受け入れられなっかた。

RDA社は地球人とナヴィのDNAを組み合わせた身体をつくり、人間の神経をつなぐことで、その身体を動かしナヴィと接触をはかるアバター計画をはじめて、ナヴィに言葉や文化などを教えるが、交渉はうまく進まなかった。

ジェイク・サリーはアバターの操縦者だった双子の兄が急死し、兄のかわりに負傷した足を治してもらう事を条件にパンドラに向うのであった。

パンドラについたジェイクはアバター計画の責任者のグレイス・オガーステインの元に配属された。

ジェイクの兄のために造られたアバターと、ジェイクの神経の接続は問題なくうまくいった。

アバターとつながったジェイクは自らの足で動けることを喜んだ。

しばらくしてジェイクは傭兵部隊のクオリッチ大佐から、グレイスの下にいながらも、情報を渡せとつげられた。

理由はアバター計画が難航している事にたいし、RDA社の責任者パーカーとグレスが衝突している事が原因だった。

ジェイクはクオリッチ大佐の申し出を受けた。

ある日アバターになり探索をしていたジェイク達は、巨大な生物におそわれる。

この時ジェイクは仲間たちとはぐれてしまう。

夜になり森のケモノ達がジェイクを狙っている、ジェイクも火をつかいケモノ達をむかえうつ。

その時ネイテイリというナヴイに助けられた。

助けられたジェイクはネイテイリにつれられて、ネイテイリのオマテイカ族の村につれていかれる。

そしてナヴィの生活、文化を学んでいく事になる。

部族のハンターとしてジェイクはナヴィの色々な生き方を学んでいった。

ナヴィの考えは、自然と生き物すべてがつながっているというものだった。

ジェイクは一人前のハンターになる為の証イクランを扱う事に成功する。

イクランは翼のある生き物で大空を自由に飛ぶことができる。

イクランで飛行中のジェイクは巨大なトゥルークを発見する。

ナヴィの中でもトゥルークを扱える者は数えるほどしかおらず、崇拝されてきた事を知るのであった。

時がたちジェイクは部族の一員としてみとめられた。

その一方RDA社は計画が進まないことから、強硬手段にでる、機械による進行で森を破壊しながら進んできたのであった。

阻止しようとしたジェイクを無視して、攻撃を続けるのであった。

攻撃を阻止しようとしたジェイクとグレイスは監禁されてしまうが、パーカーとクオリッチ大佐を良く思わない仲間たちによって脱出をはかるが、その際グレスが銃にうたれ負傷してしまう。

なんとか脱出したジェイクたちはナヴィを頼ろうとするが、RDA社の攻撃により信頼を失っていたジェイクはトゥルークを扱い認められる方法にうってでる。

トゥルークを扱うことに成功したジェイクはオマテイカ族の前にあらわれ、グレイスの治療うをたのむが間に合わずグレイスは死亡してしまう。

ジェイクはオマテイカ族と共に戦うことを誓うのであった。

戦いの前にジェイクは魂の木の下で、エイワの力を借りようと祈ったが、エイワは自然のバランスを保つだけで誰にも味方しないと告げられる。

そしてクオリッチの攻撃がはじまった。

飛行船に地上部隊がいっせいに動き出した、数ではまさるジェイクたちだが近代兵器のまえに不利な状態がつづいた。

誰もが諦めかけた時に、パンドラの生物たちがジェイクたちを味方しはじめたのであった。

エイワがジェイクの祈りを受け入れてくれたのであった。

形勢逆転になったクオリッチは、墜落をはじめた飛行船から歩行機械AMPでなんとか着陸をする。

地上でジェイクとの一騎打ちがはじまる、劣勢になったクオリッチは、ジェイクとアバターをつなぐ装置のカプセルを攻撃する。

神経を切断されたジェイクのアバターをクオリッチが止めをさそうとしたその時、ネイテイリが弓矢で

クオリッチを射貫いた、そしてクオリッチは倒れたのであった。

戦いは終わり、一部の人間を残してRDA社は撤退していった。

ジェイクはエイワの力でナヴィとして生まれ変わるのであった。

映画『アバター』のネタバレ

そもそもパンドラは呼吸器なしでは普通は生きていけない惑星で、アバターの存在が重要であったので、パンドラに到着したジェイクにたいして、グレイスはただの傭兵がきたと良い印象を持っていなかった。

しかし、ジェイクとアバターとのマッチングが想像以上に良い為に、グレイスもジェイクを認めていくのであった。

最初クオリッチ大佐に呼ばれたジェイクは、新しい脚をもらえるという事でクオリッチを信用していた、しかしRDA社のナヴィの攻撃の際に、カメラを攻撃したジェイクの映像をみてクオリッチは激怒しジェイクは監禁される、しかしジェイクはこの時すでにネイテイリを愛していたのだ。

基地から脱出したグレイスは負傷していまうが、「ナヴィは二度生まれる」という言葉があるために、ジェイクは傷ついたグレイスを魂の木の前につれていくのだが、傷が深すぎてグレイスは息絶えてエイワの元にいくのであった。

最終決戦が始まり、多くのナヴィたち戦いに命を落していくがエイワの協力で多くのイクランをはじめ多くの生物たちがジェイク達を味方するである。

最後イクランを射貫いた矢は、ネイテイリの父親で部族の長であったエイトゥカンのもので、娘のネイテイリがかたきを討った事になる。

RDA社がさった後、ジェイクは自身の体とアバターをつなぐ装置をなしに、魂の木の下で「ナヴィは二度うまれる」の言葉どうりアバターの体をてにいれ目覚めた時に物語は終了する。

本作は全4作品からなるアバターの1作品目である。

\ 本編映像をチェック !!/

▼映画『アバター』の動画をフル視聴する

映画『アバター』の登場人物紹介

ジェイク・サリー      (サム・ワーシントン)

グレイス・オーガスティン博士(シガニー・ウィーバー)

マイルズ・クオリッチ    (スティーブン・ラング)

パーカー・セルフリッジ   (ジョヴァンニ・リビシ)

ネイテイリ         (ゾーイ・サルダナ)

エイトゥカン        (ウェス・ステュデイ)

映画『アバター』Twitterでの反応

 

映画『アバター』はこんな人におすすめ

・ジェームズ・キャメロン監督作品が好きな人

・SF映画、ファンタジー好きな人

映画『アバター』の感想

女性40代
女性40代

当時3D映像を用いた映画と大きく話題を取り上げていましたが、正直最初あまり興味を持っていませんでした。

なぜなら映像効果が凄すぎてストーリーが薄くなるのではと勝手に思い込んでいたからです。
そして実際映画を観た感想ですが、想像以上の完成度の高さとスケールの壮大さにものすごく感動しました。映画をみてどうして話題を呼んだのか、どこが名作なのか納得しました。
この映画の見どころですが、特に異世界を表現した世界観の描写が素晴らしかったです。パンドラという衛星を舞台に話が展開していくのですが、展開が読めない程の壮大な迫力のある映像に圧倒されました。
そしてストーリーについてですが、足が不自由な主人公がアバターとして自由に動けるようになり、パンドラの先住民とのふれあいを通じて考え方が少しずつ変わっていく姿がとても魅力的で良かったです。

さらにネイティリという族長の娘と主人公との恋の行方も波乱万丈でワクワクハラハラしながら楽しみました。
最後になりますが、アバター計画として人間がパンドラの世界に踏み込もうとする愚かな一面に改めて考えさせられるところもありました。色々なメッセージを映画を通して感じます。
まずはたくさんの方におすすめして、素晴らしい世界観を感じてほしい映画でした。

女性30代
女性30代

世界的に有名なアバターですが、何と言っても映像の迫力、綺麗さには度肝を抜かれました。
主人公のジェイクと族長の娘ネイティリとの関わりなど、最後どうなるんだろうとドキドキハラハラしながらも見ていました。
私たち人間とは全く違う世界、それがパンドラの土地ですが、細部に至って美しくこの世界観が表現されています。
いつも退屈な日常を送っているそんな人にも考え方までもが変わるかもしれないそんな映画だと思います。
ジェイクが初めてパンドラの土地に行き、そこから始まるパンドラの住民達とのやり取り、どのようにジェイクがこの土地の人達と関わり
信頼してもらう事ができるのか、ネイティリとの恋はどうなるのかなど見どころはたくさんあると思います。
普通の人間とパンドラの人達との考え方の違い、地球上での常識が通用しない世界なので、ジェイクが葛藤しながらも成長する姿には心が
打たれる思いがありました。

ジェイクがアバターになり自由に動き、輝く姿は自分もそんな風に勇気を持って行動できたらと思う
作品に出会えたと思いました。

綺麗で迫力ある映像と感動と勇気を与えられる、そして女性の好きな恋愛も絡めている全部のジャンルの映画
が入っているような作品だと思いました。

女性20代
女性20代

このアバターはジェームズ・キャメロンが監督ということで公開前から非常に期待値の高い映画のひとつでした。

個人的にSF作品はどれも設定が似たり寄ったりで割と「よくある展開だな」と思ってしまうことが多かったのですが、この作品はそのような印象は全くありませんでした。

作中に出てくる小さな惑星に生息する生命体ナヴィのDNAと人間(スカイピープル)のDNAを融合させて新たな生命体を作り、人間の意識を紐づけることでナヴィと交信するという設定が新しく、リアリティもあり近い将来実際にそういったこともあり得るのではないかと感じました。また、この生命体の見た目も全身ブルーで一瞬ギョッとしてしまうのですが、キャストの特徴を殺すことなく表情豊かに作られていて案外違和感なく見ていくことができました。

そして何と言ってもこの作品は映像が素晴らしいと思います。

生命体の姿はもちろんのこと、注目すべきは惑星の自然の表現です。

まるでオーロラのような色調で地球とはまったく違うところというのが上手に現れていたと思います。

オールCGといっても過言ではない作品ですが、とにかく色彩の表現が卓偉していて自宅のテレビ画面で2Dで見てもその素晴らしさに圧倒され、世界観に吸い込まれてしまいそうでした。

SF映画が苦手という人でも映像を見ているだけで楽しめると思うのでオススメです。

男性30代
男性30代

2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督による大ヒット映画となったアバターは大ヒットとなる理由がわかります。

この年代は自分が覚えている限りこのような3D映像を使った映画はまだ数多くなかったのでとても感動しました。

映像のリアリティはとても鮮明でアバターの世界に引き込まれてしまいます。

特に緑を多くとかってある森の木々は生命を感じさせられます。

内容としては少し考えさせられる内容なのではないでしょうか。

木々が投げ倒されるシーンは森林伐採をイメージさせられる感じがしましたので今の世界ではそのような部分も伝えたいのかとも思わさせられました。

いわゆる昔描かれていたジブリ作品のように現代人の抱える問題をテーマにしているようでした。

命や絆といった現代人が忘れかけている部分を内容に大いに含まれている作品です。

残念な部分もあります。内容としては楽しい作品なんですがどこかドラゴンボールを描いた鳥山明さんの影響やジブリ作品を書いた宮崎駿さんを影響しているようにも思われました。

ファイナルファンタジーも影響されている部分もあるかと思いました。作る監督さんが何か作品をみて発想して描くので少なからず似てしまう部分もでるとは思いますがいろいろが含まれすぎているのが残念です。

女性20代
女性20代

まず、何よりも印象に残っていることは、アバターの世界の美しさです。ファンタジーゲームの中のような世界で、最高のCG技術でリアルな世界が表現されています。

見たことのない生き物もたくさん登場します。

その多くは、体の一部分が光っており、とても幻想的で奇麗でした。

ストーリー展開は、主人公たちが、正義のために戦って、苦戦しながらも勝つという、ザ・アメリカという感じでした。舞台は、貴重な鉱石のある地球外惑星「パンドラ」で、地球人たちはその鉱石を求めて開拓しています。しかし、そこには先住民がいて、星を守ろうと、抵抗しているという状況でした。

まるで、ゴールドラッシュを彷彿させるような話ですね。何か、世界に訴えかけるような、そんな面も感じられました。

そして、もちろん、コイバナもあります。主人公のジェイクは、最新技術によって作られた先住民と同じ体「アバター」に入り、パンドラの世界に入っていくのですが、そこでアクシデントに合います。

それを救うのがネイティリという先住民の女性です。

ジェイクはネイティリから少しずつ、この世界の暮らしについて学び、その美しさを知っていきます。

前記したような生物の美しさもそうですし、その自然に感謝しながら共に支え合っていこうとする先住民たちの生き方もまた、美しいと感じるポイントです。

そして、ジェイクはネイティリ、そして彼女の住む世界が好きになり、彼女たちのために人間と戦います。

このときの戦いも、迫力があり、見ごたえ満点でした。

ここでジェイクが奮闘し、英雄のような活躍をして、みんなに認められるというアメリカンな展開が待っているので、是非楽しく見てほしいですね。

しかし、やはり、この世界が美しいということが1番のポイントです。

女性20代
女性20代

当時、3D映像による映画が真新しかったので、その新しさに惹かれてこの作品を観に行きました。

ところが、観始めてすぐに画面酔いしてしまい、3D映像で視聴したことを後悔しました。

3D効果を狙ったカメラワークが多いこともあり、三半規管が弱い人にはあまり向かない作品だと感じました。

しかし、映像自体は噂に違わぬ美しさで、思わず見入ってしまうようなシーンも多かったです。

全体的に色調がパキッとしていて、多くの人が直感的に「美しい」と感じるのではないか、と思うような映画でした。

その反面、ストーリーは好き嫌いが分かれるのではないかと感じました。

私はあっと驚くような展開や、胸を鷲掴みにされるようなストーリーを期待していたのですが、この作品にはそういった引力が感じられず、少々物足りない気持ちになりました。

ただ、主人公が中盤、自分は人間なのか、それともアバターなのか、という葛藤にとらわれるストーリーは好みでした。

その葛藤の人間くささが好きです。

その一方で、次回作への導入とも取れるようなオチは、個人的にはあまり腑に落ちませんでした。

せっかくなので、とりあえずひとつの作品として完成しているところを見たかったと思いました。

女性30代
女性30代

映画館で上映されていた当時、あまりの映像美と世界観に圧巻され三回鑑賞しました。

普通の人間が特殊な装置につながれて異世界でアバターとして活動するというとても難しい設定ですが、うまくストーリーが構築されており、特別SF映画好きではない私もすんなりと受け入れられました。

物語の序盤では、とにかく異世界への驚きと、アバターという人間のようで動物のような奇妙な生態への違和感が、主人公を通して観客にまで伝わってきます。

ところがストーリーが進むにつれて、だんだんと主人公も状況に慣れていきます。

それは観客も同じで、アバターという生き物にすっかり見慣れ、表情、仕草に愛着すら湧いてきます。

物語の後半ではいよいよ壮大なスケールの話になってきますが、序盤から続く丁寧な描写のおかげで観客は置いてけぼりにならず、映画の世界の中にどっぷりとハマったままラストを迎えられます。

そしてこの世界観をしっかりと作り上げているのが、なんといっても映像の美しさです。

アバターの細かい表情、異世界の驚くほどに綺麗な景色。

そこにいる生物の体温や、空気の匂いまで感じられそうなほどリアルな映像美が全編通して続きます。

観賞後は、1本の映画を観終えたというよりも主人公と一緒に異世界を体験してきた、という感覚になれるほどの、素晴らしい映画です

女性50代
女性50代

あまりにも世界的大ヒットだったので、逆にその時は観ませんでした。今更ってぐらいたってから観たら、ものすごくおもしろかったです。

惑星パンドラで鉱物を採掘しようとした人類はそれに抗う先住民族ナヴィを懐柔するためにアバター計画を始める。

先住民族に潜入するためにアバターに憑依した主人公ジェイクは、潜入しているうちに彼らの生活や価値観に魅力を感じるようになっていきますが、それは自然に添った生活で、人間が忘れてしまったとても大切な生き方でした。

アバターで一番大事なメッセージはこの自然の中での生き方や自然に対する畏怖の心だと思います。

それが幻想的なSF映画の中で繰り広げられるのがとても斬新でした。

またストーリーの核になっている主人公ジェイクと先住民族の娘ネイティリとの恋は、潜入者と知らずに惹かれていくのですが、観ていてスリリングです。

私たちがまったく観たこともない、幻想的な惑星で繰り広げられる鉱物を巡った人間と先住民族ナヴィの戦い、好きになってはいけない相手との恋、これこそ娯楽映画の神髄です。

最後に驚くべき方法でジェイクが蘇るのですが、そのシーンもとても素晴らしかったです。

最初から最後まで目が離せなかったです。

どうして公開したときにすぐ観なかったのか!!と後悔しました。

女性30代
女性30代

青い肌の奇妙な生き物「アバター」となって、別のの世界にアクセスする、そんな奇妙な夢物語のような近未来のお話がこの作品の舞台です。
3D映画といえばこのタイトルがあがるというほど、公開当時話題になったことは鮮明に記憶している方も多いのではないでしょうか。

そう、この映画を語る上で、3Dという要素は欠かすことが出来ません。
3D映画の上映が世間に広まるのと同時に公開されたこの作品の大きな特徴、それが、縦横無尽に駆け回る青い肌の不思議な生き物達や、彼らの生活する不思議な世界、それらがただの平面ではなく、3Dで描かれているのです。
この3Dという表現方法と、映画の内容とが見事に合致していたからこそ、この作品が3D映画の皮切り、代表作のように今なお撮り立たされてるのです。
映画の内容そのものについては、非現実的なSFテイストな舞台でありながら、アメリカの原住民や、人種差別による迫害の歴史を下敷きに描き直したラブロマンスありの物語となっています。

そう、物語事態には、じつはそんなに新鮮さはないのです。
しかし、フルCGで作られたあのファンタジーな世界を、これまでとはちがう3Dという見せ方にこだわって表現したことによって、あれだけのヒットに繋がった、言わば戦略勝ちしたクレバーな作品と言えるでしょう。
時代に合わせた見せ方にこだわった映画、是非一度体感してみてはいかがでしょうか。

男性40代
男性40代

ストーリーはそれなりだが、やはり映像のすごさ、つまりCGによる再現度には度肝を抜かれた。

今から11年も前の作品なので、その後さらに技術が進んだ最近の映画のCGと比べてみると劣るかもしれないが、その時に受けたインパクトでいうと、このアバターを超える映画はその後、まだない。

主人公が巨大な翼竜トゥルークを乗りこなす訓練シーンは、その動きもさることながら、背景の浮遊岩石や山のリアルさはいまだに目に焼き付いている。

ジブリの「ラピュタ」に出てきた上部に木々をたたえた巨大岩が浮遊するシーンをそのまま現実化したような場面で、以前、ラピュタの世界がリアルだったらどうなるのか想像したこともあったが、まさにそれを目の前に提示してくれたのが「アバター」だった。

またジブリ作品、特に「もののけ姫」との類似点が印象的だった。

パクリといった指摘もあるが、あるインタビューで監督のジェームズ・キャメロンが、ジブリ映画へのオマージュのシーンもいくつかあると言っていたように、自然との共生といった「もののけ姫」が伝えるテーマ、ひいては日本に古来から伝わる伝統的な価値観に共感した上で、あえて盛り込んでくれたのは日本人としてうれしかった。

1993年にジュラシックパークを見て、当時、大きな衝撃を受けたと同時にもうCG技術に驚かされることはないだろうと思っていたが、その後、またそんな作品に出会えるとは思っていなかったので、私の中ではとても思い出に残る映画だ。

男性40代
男性40代

10年ぐらい前に公開された映画ですが、私が大好きな映画監督ジェームズ・キャメロン監督の映画なのでとても印象に残っています。

そして初めて3Dメガネで観た作品なのでかなり衝撃的でした。

主演の方はタイタンの戦いにも主演で出てたサム・ワーシントンで、まじめで男らしい演技がはまり役で、声も少しハスキーボイスで男から見てもかっこいいです。

このアバターでも義理人情溢れる男らいい演技で、最初は嫌われていたヒロインにはもちろん、敵であり信用されていなかったキャラクターたちもその人柄に魅了されていき、一致団結して戦う事になった時は鳥肌が立ちました。

そしてこの映画の最大の見所は映像美です。

架空の惑星での見たことのない自然風景・動植物の造形がとても綺麗で、3Dで見るとさらに動物やキャラクターたち、兵器の動きなどの迫力が凄くて「どうやって撮影したのだろう?」と思うくらい良かったです。

戦闘シーンも人間側の現代科学から生まれた近未来の兵器とドラゴンに乗った原住民との死闘が迫力と臨場感があり、原住民が放つ矢・戦闘ヘリ等から発射される銃弾やミサイルが飛び交う息飲むシーンは見ごたえ十分で、最後はジェイクが人間に戻らず原住民として生きていくシナリオは感動でした。

女性30代
女性30代

3D映画の先駆けとして、公開当時、映画館へ観に行きました。
当時はまだ3Dに慣れていないせいもあり、どうしても違和感を感じながらの鑑賞だったことを覚えています。
しかし映像の迫力と美しさ、当時は「時代はここまできたのか」と、とても驚いたことを覚えています。
見どころは主人公たちが恐竜のような空を飛ぶ動物の背に乗り、巨大な樹木の森を飛び回るシーン。テレビ画面で見てもなかなかの迫力なのですが、けれどやっぱり
映画館で観ていて良かった、と今でも思います。
そしてちょっとした苦言ですが、アメリカ映画でありがちなのが「アメリカ以外の外国人や異世界人だろうが、みんな英語を話すこと。」
このアバターも例に漏れず、異世界人であるはずのヒロインがたどたどしくもアメリカ英語を話していていました。おいおい!
ちなみに監督のジェームスキャメロンは日本のアニメ映画「攻殻機動隊」から大いに影響を受けたことは有名ですが、この映画にもその要素が垣間見えました。
例えば「限界を感じる自分の肉体を捨てて別の次元へ行く」「神経を繋ぐようにして他者とコミュニケーションをとる」などなど
最後に、この映画は10年近く前の作品ですが、この「アバター」の他に「ラストサムライ」というように「既存の社会から別の世界(素朴で自然豊かなイメージ)へ移り住む」思想が一種のブームだったように感じます。昨今の情勢を考えれば当時はいい時代だったな、と考えてしまいます。

男性20代
男性20代

「アバター」は2009年に公開され、世界中で大ヒットした作品になります。当時3D映画がまだ珍しいころであり、自分も初めてみた3D映画が本作でした。監督は「ターミネーター」などで有名なジェームズ・キャメロンであり、本作の世界観がとにかく異次元で凄かったです。惑星パンドラに住む、知的生命体ナビィと人類が惑星の中に眠る鉱石を得るために交渉しますが上手く進まず、人類がパンドラを侵略しようと企てるところから物語が始まります。
宇宙人系のストーリーはこれまでも色んな映画となってきましたが、アバターは自分があたかもそのパンドラでナビィ達と暮らしているかのような雰囲気が味わえるのが大ヒットした要因と私は考えます。背景の映像も相当こだわったであろうというのがヒシヒシと伝わってくるのでぜひご注目いただければ幸いです。

男性40代
男性40代

ストーリーを語る前に映像がとてもきれいというのが印象定な映画です。
ファイナルファンタジーのような世界で大好きです。3Dが流行ったころの代表作ともいえる作品なのですが、3Dで観ることに意味があり、3Dの効果を充分に堪能でき、その世界に引き込まれたという意味でも秀逸な作品といえます。
私自身は3Dは基本苦手なのですが、唯一3Dで観て良かったと思える最初で最後の作品でもあるのです。ただ、登場人物についてはがっかりするものばかりでもありました。人物に魅力が無く、足の不自由な主人公がアヴァターを操作する事で現実逃避に走り、それが最後まで続き、全く成長を見せない点にはがっかりしたのです。
こんなキャラクターを描きたかったのかと疑問を持ってしまいました。
当然、登場人物には共感をしなければ、心に響く行動や台詞も無いので、物足りなさしか感じず、多少はカッコいいキャラが居ても、それは付け足されたような存在に過ぎず、今までの主人公が何か病的なぐらい執着してきたのとは違い、「自由に動き回りたい」事を除けば、何のポリシーや情熱を持たないのものだったのです。
ジェームズ・キャメロン監督は、いつも何かしらの爪痕を残してくれるのですが、その中においては本作品は映像で打ち出したものでしかなかったと思いました。

男性50代
男性50代

ジェームズ・キャメロン監督の2時間40分を超える長い大作映画ですが、後世に残る名作です。内容は2154年の地球の人間(スカイピープル)が資源開発のため、遠い惑星での資源開発のため、その惑星で暮らす原住民(ナヴィ)との交流と戦いを描いています。

単純に戦争、アクション映画としても楽しめますが、この映画はキャメロン監督の自然環境保護のメッセージも込められていると思います。22世紀になっても、大企業と政府の独占欲のため資源開発を繰り返し、先住民族の権利と環境を侵害することの愚かさを思い知らされます。

未来の宇宙が舞台とはいえキャメロン監督は、日本のアニメや『ダンス・ウィズ・ウルヴス』など世界中の映画や神話から影響を受けたとコメントしていまが、見ていると惑星というよりは地球上の出来事のような印象を受けます。

映像は実写と3Dのキャラクターが交互に登場しますが、アバター、ナヴィと惑星に暮らす恐竜のようなキャラクターはよくできていて、ナヴィのキャラクターの表情はとても豊かでこの映画をリアルな作品にしてます。俳優陣では、ベテラン女優のシガニー・ウィバーがナヴィと地球人の間に立つ科学者を好演しています。

ジャンル的にはSF、アクション映画ですが、キャメロン監督の現代文明に対する批判や、過去の先住民抑圧や自然環境破壊などの人類の愚行を反省させられる側面もある映画です。

男性20代
男性20代

映像が大変綺麗でしたがストーリーや演出はふつうの作品といった感想を持ちました。公開当時映像が綺麗すぎたために、めまいや吐き気など体調不良の人が出てしまったほどのCG技術を用いたことで話題になった映像美の作品であるアバターですが、やはりその口コミ通り映像美に関しては大変素晴らしくまさにスクリーンの中に自分が入り込んでしまうような錯覚に陥ってしまうような圧倒的な美の演出が施されている作品です。

未知の生物でどこか気持ち悪い姿をしているはずが、見ているうちに美しく、甘美な姿に映るキャラクターデザインやアクションシーンの見せ方、音楽のセンスなどは圧巻であり映像を楽しみ映画の世界は没入するという点については、映画史に残る傑作と言えると感じました。

一方でストーリーはありがちなSF戦争ものなっており、人類と未知の生物との戦いや共存の可能性の模索がテーマになっており、どこかで見たことがある内容であると感じ新しさを感じることは出来ませんでした。
以上がアバターの感想になりますがまとめますと、映像美などビジュアルのクオリティを、求める方には大変むいていますがストーリーを味わいたい方には不向きな作品になっております。

\ 本編映像をチェック !!/

映画『アバター』の動画を無料フル視聴する

映画『アバター』のまとめ

本作はジェームズ・キャメロン監督らしい壮大な作品になっています。

出演者の中にはエイリアンでおなじみのシガニー・ウィーバーもおり、キャメロン監督が好きな方にはたまらない作品になっています。

作品自体は全部で4作品での構成ですので、続きが気になりますね。

次回作は2020年公開予定ですので、是非劇場に行きたいです。

\ 観たい作品の公式フル動画を楽しむなら /

 ▼U-NEXT公式サイト▼

動画配信サイトのオリジナルランキングTOP3

No.1 U-NEXT

月額料金 1,990円(税抜き)
無料期間 31日間
ポイント付与 ・初回登録時600pt付与 ・毎月1日1200pt付与

▼オススメポイント▼

・見放題作品数NO.1!

・31日間と無料期間が長いのにも関わらず、600ポイントがもらえる!

・最新作もいち早くラインナップされる!

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

・4デバイスまで同時視聴が可能!

▼詳しく知りたい方は▼

『U-NEXT』の記事はこちら

▼『U-NEXT』の無料お試しする▼

『U-NEXT』公式ページ

>>無料お試し期間の31日間で解約すれば料金は発生しません!

 

No.2  TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

月額料金 933円〜(3つのプランがあり選択)
無料期間 30日間
ポイント付与 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)

▼オススメポイント▼

・レンタルDVDだけではなく、動画配信サービスもある!

・『ジブリ作品』の視聴できるのは『TSUTAYA TV /DISCAS』だけ!

・低スペックのPCでもサクサク高画質で楽しむ事が出来る!

・旧作は借り放題!

・店舗に足を運ばなくても自宅にDVDやCDが届く!

▼詳しく知りたい方は▼

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

▼『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しする▼

『TSUTAYA TV /DISCAS』公式ページ

>>無料お試し登録の30日間を利用!

No.3 FODプレミアム

月額料金 888円
無料期間 14日間
ポイント付与 ・初回登録後100ポイント付与 ・8のつく日に400ポイント付与

▼オススメポイント▼

・40,000本を超える動画が見放題!

・ドラマやアニメだけじゃない! バラエティ番組の数も最多です!

・複数のデバイスで同時視聴可能!

・FODのポイントを有効活用できる!

・雑誌の読み放題サービスも充実!

▼詳しく知りたい方は▼

『FODプレミアム』の記事はこちら

▼『FODプレミアム』の無料お試しする▼

『FODプレミアム』公式ページ

>>14日間無料トライアルを体験!

コメント

タイトルとURLをコピーしました