おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【風の谷のナウシカ】動画を無料(映画)フル配信で視聴/地上波再放送

風の谷のナウシカ スタジオジブリ

(C)2019 SHANGRILA FILMS LLC. All Rights Reserved

かつて巨神兵によて焼きつくされた世界では、人々は”腐海”という有毒の菌や巨大な蟲達との共存を余儀なくされていた。

ある辺境に築かれた”風の谷”という村では、人々がつつましく生活していて、族長の娘・ナウシカは、蟲達と心を通じ合わせることのできる優しい少女で村人達からも愛されていた。

ある日、そんな風の谷に輸送機が墜落する。

輸送機を追って風の谷へ来たクシャナという皇女が、腐海を焼き払おうとしていると知ったナウシカは、なんとか阻止しようと尽力する。

しかし、クシャナの計画に乗せられ怒りで我を忘れている王蟲達を、止めることができないでいた。

そして王蟲と何とか心を通わせようと、王蟲に必至に語りかけるナウシカだったがついに王蟲の突進に倒れてしまう。

蟲と人間との共存を望むナウシカの思いは、王蟲や人間たちに届くのか・・。

映画『風の谷のナウシカ』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『風の谷のナウシカ』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TSUTAYA TV/DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

金曜ロードショー 2000年 風の谷のナウシカ 予告
Nausicaä of the Valley of the Wind – Official Trailer

基本情報

公開日 2020年6月26日
登場人物/声優 監督:宮崎駿
声の出演:島本須美 納谷悟朗 松田洋治 永井一郎 榊原良子 家弓家正 辻村真人 京田尚子

 

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、『TSUTAYA TV/DISCASだけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『スタジオジブリ』の歴代作品紹介

スタジオジブリ 作品 TSUTAYA TV/DISCAS
(1986年)天空の城ラピュタ
(1988年)となりのトトロ
(1988年)火垂るの墓
(1989年)魔女の宅急便
(1991年)おもひでぽろぽろ
(1994年)紅の豚
(1995年)耳をすませば
(1997年)平成狸合戦ぽんぽこ
(1997年)もののけ姫
(1999年)ホーホケキョ となりの山田くん
(2001年)千と千尋の神隠し
(2002年)猫の恩返し
(2004年)ハウルの動く城
(2006年)ゲド戦記
(2008年)崖の上のポニョ
(2010年)借りぐらしのアリエッティ
(2011年)コクリコ坂から
(2013年)風立ちぬ
(2013年)かぐや姫の物語
(2014年)思い出のマーニー
(2016年)レッドタートル ある島の物語

映画『風の谷のナウシカ』の感想

男性60代
男性60代

本作品は知名度のある映画版を取る。

火星にまで進出した人類が、「火の七日間」と呼ばれる戦いで、衰退し中世レベルまでに落ちた世界を描く。大都市や先端科学がとうに失われ、注意深く観察すると、かっての科学力がクシャナの義手、義足に残っている(これは彼女が高い地位にあるため、同等物が一般庶民に普及してはいない)。

その他メーヴェ(一種の航空機)に代表される、航空工学のいびつな発展も、説明が容易につく。

仔がさらわれて、怒りに我を失い巨大な大人の王蟲達が、地響きと共に動く山脈のように押し寄せる恐怖は、生き残りの巨神兵との戦いと共に、深い印象を与える。

片や、大自然の驚異王蟲。片や、過去の恐怖の末裔巨神兵。双方の対決の行方は。

以下、感想になります
女性20代
女性20代

辺境にある「風の谷」は酸の海から吹く風によって森の毒から守られ、民は慎ましやかに農耕生活を送っていました。

族長の娘であるナウシカは、住民から深く敬愛され、人々から恐れられている腐海の虫とも心を通わせる優しい少女です。
ある夜、大国トルメキアの輸送機が風の谷に墜落してしまいます。

輸送機には、千年前に世界を焼き尽くしたという巨大人型兵器「巨神兵(きょしんへい)」の胚が積まれていたのです。

司令官である皇女クシャナは巨神兵で腐海を焼き払うことを目論んでおり、輸送機が撃墜されたとみて風の谷へ侵攻してきたのです。

その過程で族長ジルを殺害し、怒りに我を忘れたナウシカと部下たちとの間で乱闘騒ぎが起きてしまいます。
風の谷はクシャナによって支配させることなってしまいます。
その後、不気味なまでの静けさと共に膠着状態が続く中、ミトの乗ったガンシップが降り立ち、王蟲の襲来が知らされます。

ほどなくして王蟲の群れが表れ、刻一刻と破滅の時が近づいてくる中、クシャナは未完成状態の巨神兵を起動させ、圧倒的な威力の光線によって王蟲たちを死滅させようと試みますが、不完全な肉体はそれに耐えきれず、わずか2発の攻撃で崩れ落ちてしまいます。

絶望の中、子王蟲とナウシカを載せた飛行ガメが王蟲の群れに前面に表れ、風の谷を守りぬきます。
ナウシカのその姿はまるで、青き衣の伝説を連想させるものでした。

女性30代
女性30代

この映画は1984年に公開された宮崎駿監督の長編アニメ映画です。
千年前の火の七日間と呼ばれる大きな戦争によって、産業文明は崩壊し、腐海(ふかい)と呼ばれる猛毒の瘴気を発する森に世界は覆われはじめました。
その中で生き残った人類は、腐海の脅威におびえながらも生活しています。
主人公のナウシカは、風の谷と呼ばれる小国で生活をしている族長の娘です。
族長の娘という立場ながら気さくで優しく、こどもから老人まで誰からも愛されしたわれている少女です。
ナウシカにとって人間も動物も同じく大切な命です。
腐海に生息する王蟲をはじめとする大きな虫達とも心を通わせます。
ある夜のこと、大国トルメキア軍の輸送機が風の谷に墜落したことでナウシカの人生が大きく動きはじめます。
いつまでも腐海やその虫達におびえることなく生活するために腐海を焼き払おうとする人々と、腐海の秘密を知り平和的に解決しようとするナウシカ。
再びなぞられる人類の歴史、そして戦闘。
ナウシカの慈愛が世界をどう変えていくのかが、みどころです。

女性30代
女性30代

大きな戦争により、腐海化が進む世界。風の谷の村の族長の娘ナウシカは村の人から慕われ、また、腐海の虫や動物とも心を通わせる優しい少女でした。

ある日、風の谷にとある国の飛行艇が墜落し、村は皇女クシャナに侵略されてしまいます。

クシャナは古代の巨神兵の復活を目論んでおり、飛行艇の墜落により、本国まで巨神兵を運ぶのを諦めて、風の谷で巨神兵を復活させようとしているのでした。

それに村の人たちは反対ですが、ナウシカら要人はクシャナの人質になっており、なすすべもありません。

ナウシカら数名の村の民はクシャナらとともにとある場所に向かう途中、ゲリラ部隊に襲われ、虫たちがたくさんいる場所に落とされてしまいます。

ナウシカは、クシャナや村の民はもちろんのこと、自分らを襲った少年が虫に襲われていることを知ると、彼を救うため、危険な場所に助けに向かうのでした。

クシャナらを襲ったのは誰なのか、巨神兵は完成してしまうのか、壮大なファンタジー映画。

女性30代
女性30代

セラミックが地上を覆い、荒れ果てた大地が世界のほとんどとなった未来のお話です。
人々は戦争で大地を汚し、荒れ果てた大地に腐った森、腐海が広がっていきます。

そこには獰猛で大きな蟲たち、マスクをしないと肺がすぐに腐ってしまうほどの瘴気があり、とても人が住める場所ではありません。腐海に世界はどんどん浸食され、人々が住める世界はあとわずか。

人類は黄昏の時代を生きている、というところからストーリーは始まります。
風の谷という温厚な人々が住む村に、ナウシカという王女がいます。ナウシカは谷や風や蟲を愛し、蟲たちと心を通じます。

ある日他国の船が風の谷に墜落し、そこで前時代の兵器が同時に谷にもたらされ、他国から谷が狙われるようになっていきます。

他国、トルメキアは、ナウシカの考えとは真逆で、蟲たちを悪とし、腐海を焼き払い人間の世界を取り戻すつもりでした。が、ナウシカは蟲や腐海こそが人間の過ちを正してくれるシステムだと主張し、それに反対します。

他国から前時代の兵器、巨神兵もろとも滅ぼされようとする風の谷、それを必死で救おうとするナウシカ―――というあらすじです。

女性30代
女性30代

荒廃した未来の地球。

ナウシカは辺境の地「風の谷」に族長の娘として生まれ、皆から「姫様」と呼ばれて慕われていました。

風の谷はまだ緑の森が残る美しい土地ですが、恐ろしい腐海が広がりつつある脅威にさらされています。

腐海は人間が住めない森。

巨大な蟲が跋扈し、人の肺に入れば死に至る瘴気が充満しているところです。

そんな腐海の毒を恐れつつも、自然の掟に従うように暮らしていた風の谷ですが、ある日大国トルメキアの飛行船が墜落したことで状況は一変します。

トルメキアの姫・クシャナは風の谷を支配し、腐海を焼き払う計画を明らかに。

その無謀な計画に自信を与えていたのは、怪物「巨神兵」の存在です。

一方で、トルメキアに姫を殺され、巨神兵を奪われたペジテが復讐を企て、クシャナと風の谷を狙います。

腐海や蟲との戦い、国家間の戦争。

戦闘が激化するなかで、ナウシカは自然や人々の命を守る道を見つけようと、旅立ちます。

鑑賞者からのネタバレ

男性60代
男性60代

前述の王蟲と巨神兵のビーム攻撃の戦いは、後者の自壊によって自然消滅する。

生き残った多数の王蟲達により、人類はなすすべもなく蹂躙されて、終わるのか。

その時奇跡は起こりナウシカが、無数の金色の王蟲の触手によって支えられ、ここに「その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし。

失われし大地の絆を結び、遂に人々を青き清浄の地に導かん。」という予言は成就するに至る。

本作はカリオストロの城に続いて、宮崎駿氏が放った秀作であり、前作に続いて注意深い伏線、張り巡らされた仕掛け、個性的な脇役陣、精巧なメカニックなど、枚挙にいとまがない。

一例をあげれば、王蟲の仔の体液が青く、その仔を救おうとした為に、それに染まった彼女の服が青くなったため、予言の成就に一役かっている。
その他にもたった二時間余りの尺に収まりきらなかった、数多くの設定が原作版(漫画)では
詳細に書き込まれている。

例えば火星まで往復していた宇宙船の残骸が、今となってはセラミック鉱山として栄えている等の細かな設定が、漫画版を知る者の頬を緩ませる。

以下、ネタバレになります
女性20代
女性20代

自然界と人間の関係性を真正面から描いた世界観が素晴らしい作品です。

ほとんどの人が蟲に怯え、殺気立ってる世界の中でナウシカは気丈に振舞い、胞子が瘴気を出さずに居られる環境を知り、「誰がこんな世界にしてしまったの」と嘆くシーンは考えさせられるものがありました。
ナウシカが戦争がしたいわけでも腐海や蟲を排除したいわけでもなく「この汚染された世界観の中でどう共生していくか」と言ったテーマは今、私たちも考えていかなければいけないテーマだと思います。
また最近では、感染症の対策として、ただ恐怖のあまり過剰になりすぎることや、争い事を起こすということは良くないことであることを理解しやすくするために、ウイルスを森の毒に例えて再上映されたことでも有名ですね。
ジブリ映画は考えさせられる内容が多く、人の道徳心に訴えかける作品が数多くありますが、映画がそのようなことに活用されることにはとても驚きました。またそれだけ影響力を持った作品なのだと思うと感動しました。

女性30代
女性30代

この映画の主人公のナウシカはとても慈愛のあるキャラクターです。
そのナウシカを通じて、腐海が広がり王蟲たちの脅威という自然と、それに対抗しようとする人類を見ると、考えさせられる部分があります。
環境汚染や自然破壊、エネルギー消費などの現代社会の抱える問題と類似しています。
それをナウシカを通じて、見ている我々に社会問題を投げかけた作品だなと感じました。
他には、このナウシカが生活している世界観も特徴があっておもしろいです。
特に王蟲という腐海に住む大きな虫がとても気になる存在です。
人間とちがって言葉はないのですが、怒りなど感情の表現を王蟲がもっている大きな複数の目の色で表しているのはとてもわかりやすかったです。
また、王蟲は身近にいるダンゴムシとビジュアルが似ていることからしたしみをもてる虫でした。
このダンゴムシが大きくなったら王蟲になるんだといった想像をよくしていたほどです。
ナウシカと通して、1つの自然をみることができる、とても良い映画アニメです。

女性30代
女性30代

ナウシカがものすごくかっこいい作品でした。後のジブリ映画でもヒロインってかっこいいし、男に頼っている人は出てこないけど、この映画はまさにナウシカが主役、男があまり目立たない作品です。

正直、古い映画なので、初めて見たときは私も子供でそこまで内容を理解してませんでした。

でも、動物に指を噛まれても、怖くないというナウシカや、マスクを取って、民に命を捨てるなと勇気づけるナウシカなどナウシカがかっこいいということだけはその頃からわかってました。

大人になって、あの土地がどれだけ汚れていたのかとか、あの敵の目的がなんだったのかがわかるようになると、なんて深い話だったんだとますます好きになりました。

ジブリの特徴でもありますが、敵には敵の正義があり、悪い奴なんだけど、共感できないところがないわけでもないところが憎いです。

また、王蟲という強烈な虫が出てきたことも印象的な作品で、王蟲が怒り狂って暴走しているところなどすごく怖かったです。

話もキャラクターもそして、画も全てがすごい、そんな映画です。

女性30代
女性30代

面白い。とにかく面白いです。

はじめてナウシカを見たのは小学生のときです。

レンタルビデオで姉に、ディズニーを借りてこいと言われたのにも関わらず何故かナウシカを借りてきました。

「地味!」と半ば怒られながら姉と日曜日の午前中、それでも視聴しました。

それが、始まってみれば一変、二人とも夢中になっていました。
気が付けばエンディングでした。

とにかく夢中でした。これがジブリの力ですね、子供を魅了する。そして高校生になって、またふと見返してみて、ようやくこのお話が理解できました。

オウムとナウシカが!すごい!絵力!おもしろい!だけだった小学生の頃とは異なり、きちんとナウシカの言っている意味、トルメキアとぺジテの思惑が分かったのです。
衝撃でした。えー!すごい!と。人間が汚した瀬愛を腐海が綺麗にしてくれていた、蟲が世界を治してくれていた、なのにまた人間は蟲や腐海を焼こうとしている。

でも人は生きたいという本能があって、トルメキアは別に完全なる悪ではない、と。
こんなに深い話だったのか、と感心した高校時代です。それから数年後、宮崎駿の原作漫画を読み、また仰天です!な、なんじゃこりゃあ!と。そして色んな漫画での既視感。

このナウシカという作品が、後の漫画作品でものすごい影響を与えたことを知りました。

あの漫画も、あの漫画もあれも、ナウシカ原作から来ていたのか~と。
善悪では語れない、ままならない人や時代のうねり。

これを名作と言わずなんと言う!と言う感じです。

女性30代
女性30代

この映画を初めて見たときの衝撃は忘れられません。

遥か遠い未来の話であるはずなのに、中世のような雰囲気。

ヨーロッパとも中東ともつかない不思議な異国情緒。

この美しい舞台に突如現れる巨大でグロテスクな蟲。

このような発想がどのようにして生まれるのかと、感嘆してしまいます。

また、劇中で流れる音楽も素晴らしく、ひとつの芸術作品として、奇跡のような映画です。

肝心のストーリーにおいても、無駄がなく、丁寧に組み立てられており、この架空の時代、架空の舞台の話が、非常に真実味を持って語られているので、物語に引き込まれます。

主人公ナウシカは、自然を愛し、人を愛し、生きるものすべてを大切にする人物。

そんなナウシカの信念ある行動によって、人間が引き起こす戦争や、環境破壊の愚かさをひしひしと感じさせられました。

人間にとって、世界にとって必要なのは、ナウシカのような心の優しさであり、破壊行為を食い止められるのは、他者を思いやる心であると、そういうことを考えさせられた作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました