おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【オール・ユー・ニード・イズ・キル】の動画配信を無料でフル視聴する方法!

オール・ユー・ニード・イズ・キル 洋画

(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BMI)LIMITED

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』本予告【HD】 2014年7月4日公開
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』IMAX予告編

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の作品情報

ドイツに、体を擬態化する能力をもつエイリアンが隕石となって墜落してくる。

”ギタイ”と呼ばれるエイリアンは、ヨーロッパ各国で殺戮を繰り返し侵略を続けていた。

そんな中、軍の広報担当として働いていたケイジは、前線への出動を命じられてしまう。

戦闘の経験が全くないケイジは、戦闘に合流するもすぐにギタイに襲われ戦士してしまうのだが、目を開けると戦闘が始まる前に戻っていた。

訳が分からないケイジは、なぜか死亡してはまた死ぬ前にもどるという不可思議な現象を繰り返していた。

そんなケイジの前にリタという女性が現れる。

リタは、ギタイの隠された能力とその姿を知っていたのだ。

そして、ギタイの母体である”オメガ”を倒すため、リタの元で過酷な訓練を繰り返すケイジは戦士としての力をメキメキとつけていく。

果たして、ケイジは”オメガ”を倒し、地球を救う事ができるのか・・。

基本情報

公開日 2014年7月4日
登場人物/声優 監督・製作総指揮:ダグ・ライマン
原案:桜坂洋
出演:トム・クルーズ エミリー・ブラント ビル・パクストン キック・ガリー ドラゴミール・ムルジッチ シャーロット・ライリー

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の動画をフル視聴する方法

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のフル動画を視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

作品名から各作品の詳細記事が見れるようになっております。

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の過去作品・スピンオフ・関連作品

ミッション :インポッシブル
ミッション:インポッシブル2
ミッション:インポッシブル/ローグ ネイション
ミッション:インポッシブル フォールアウト

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の感想やあらすじ・ネタバレ

女性30代
女性30代

トム・クルーズ主演。日本のライトノベルが原作のSF超大作。
近未来、地球は外部生命体の侵略によって危機に瀕し、激しい戦闘が繰り広げられていた。

主人公のウィリアム・ケイジも戦場に投入されるが、初めての戦闘で死亡してしまう。

しかし、目を覚ますと、自分が死ぬ前の時間に逆戻りしていた。以降、彼はどういうわけかタイムリープ状態に陥り、戦闘と死亡を繰り返す。

ウィリアムはかつては自分もタイムリープしていたという女兵士リタ・ヴラタスキに出会う。
ウィリアムは彼女の指導の下、徐々に戦闘能力を向上させていく。
そして、幾度となくタイムリープを繰り返し、遂に2人は敵の本拠地に迫るが、そこで待ち受けていたのはタイムリープにまつわる衝撃の事実だった。

以下、感想になります
女性40代
女性40代

実写映画の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、エイリアンであるギタイの侵略の最中の世界です。

主人公のケイジが上司(将軍)の不興を買ってエイリアンの戦いの最前線に左遷され速攻で殺されてしまうのですが、出撃前日に戻ってしまって何度死んでも戻って再度やり直しのようなループ展開になります。

ループの中で立ち回りやら戦いが上手くなって、ある時英雄であるリタ・ヴラタスキを救ったことで、彼女もループの体験をした事があると分かってそれ以降はループするたび彼女に接触してそのギタイ達の中でもオメガを倒さねばならないと言う事で対策をするようになります。

しかし途中で詰んでしまってループが出来ない様になりながら、他の仲間の協力を得てオメガと相打ちになります。

そして死ぬ直前に再度ループの能力を獲得したので、生きて戻る事が出来たオチです。

男性20代
男性20代

舞台は近未来の地球です。
「ギタイ」と呼ばれる圧倒的な力を持つ地球外生命体と人間が戦い続けている世界です。
主人公のケイジは軍の広報担当であり、戦闘経験がないヤワな将校でしたが戦場に送り込まれてしまいます。
本物の「ギタイ」を目の当たりにしたケイジは瞬く間に殺されてしまいますが、目を覚ますと戦場に行く前に戻っていました。
理由が分からずタイムリープを続け、「ギタイ」に殺される恐怖を味わい続け疲弊していくケイジでしたが、
同じくタイムリープを経験したことがある女性兵士と出会い、この連鎖に終止符を打つため訓練をしていきます。
「ギタイ」を倒すほどの力を手に入れたケイジは、女性兵士とともに全てを終わらせる糸口をつかみ、ケイジの物語は佳境を迎えます。

 

女性20代
女性20代

未知なる敵との戦争で世界が混乱している中、ある一人の男が死んでも生き返ることができます。

最初は戸惑いどうして生き返るのかわからず不安になりながらも、繰り返し死んでいくうちに生き返る理由を少しだけ知っている仲間を見つけ協力し合いながら未知なる敵のボスを滅ぼそうと一生懸命に奮闘している姿が素敵です。

自分が死んでしまったら他の人の記憶が残らずに説明をまた最初からすることにいらつきながら苦戦しながらも敵のことを知るために頑張る姿があります。

徐々に敵の住処を探り当てていき少しずつ攻略していきながらやっとたどり着けたと思ったそこに待っていた本当の強さを目のあたりしたときの主人公たちの行く末に期待できます。

鑑賞者からのネタバレ

女性30代
女性30代

日本のライトノベルが原作のSFアクション大作です。
原作はどちらかと言えば重く暗い雰囲気ですが、映画の方は良い意味で軽く、万人受けする見やすい仕様になっています。
最初は強制的に戦闘に参加させられ、あっけなく死んでしまう主人公のウィリアムが、タイムリープを繰り返す内にどんどんたくましい兵士になっていく…という展開が胸熱です。
この後、誰が何を喋り、誰が何をしてどういうことが起こり、誰が死ぬのか。
そういうことを、ウィリアムは自身の死を以て知っているので、それらを全て回避していきます。
もちろん、彼の仲間からしてみれば「え?何で分かるん?」状態なので、そういった周囲のリアクションも、この映画の面白さの1つだと思います。
始終、主人公が死にまくり、死が蔓延している映画にも関わらず、ハリウッドの魔法のおかげで、全く暗い気持ちになりません。
主人公が困難にぶち当たる毎に、死んでやり直す展開は、何だかゲーム画面を見ているような感覚です。
戦場の戦闘シーンも大迫力ですが、ストーリーもタイムリープならではの展開や伏線が散りばめられており、最後まで面白く見ることが出来ました。
ウィリアムがタイムリープ出来るのは、彼が敵の能力を奪ったからだと思っていましたが、まさかあんな秘密があるとは…。
原作と違い、そこまで頭を使わずとも見られるところが、個人的には高評価です(笑)
ハリウッド的なエンディングに賛否両論ありそうですが、私は大団円で良かったと思います。
ストーリー自体にほどよく謎が練り込まれているので、SFにあまり興味がない人や、エイリアンが出てくるのは苦手という人にもオススメの映画です。

以下、ネタバレになります
女性40代
女性40代

原作のライトノベルのコミカライズがデスノートを描いていた人で、それ読んで映画の方を見たのですが実写版のストーリーの方がハッピーエンドなので好きです。

あとケイジ役がトムクルーズで、最初はかなり情けなくてヘッポコなのですがだんだん頼もしくなって行くし、戦場の牝犬のリタより能力が上になってからは判断能力が素晴らしくなっていて序盤で左遷した将軍の元へいって説得するまでのループは見ていてドキドキヒヤヒヤしました。

原作の方はリタは死んでケイジが生き残ってギタイ達と戦って行く暗い感じのオチですが、こちらの方は相打ち全滅だけどループで助かったと言うものでループしてケイジが戻ったらギタイに勝利している世界になってて、その足でリタに会いに行った時の再会の有様のオチは見ていて気分が良くてハッピーな感じがしてすごく良かったと思いました。

個人的にトムクルーズが出る作品の中では、この『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が一番好きです。

男性20代
男性20代

戦闘経験がなく、現場では将校の肩書きも意味がなく疎ましく思われていたケイジでしたが、未知の強敵と戦い続けていくうちに力と覚悟を身につけていきます。タイムリープを繰り返し、戦場で殺され続けるという想像がつかない状況ですが、ケイジ役のトム・クルーズの表情が見事で、突破口が見つからない苦悩を表しているのが印象的でした。
物語自体は複雑な話ではなく、アクションや世界観も壮大なので一気に見ることが出来ました。
キーマンとなる女性兵士(エミリー・グラント)は物語の世界では有名な兵士で、ケイジとは対極にある存在でしたがタイムリープを繰り返し強くなっていくケイジと最強のパートナーになっていく様子は見応えがありました。
最終的にはケイジに全てを託す彼女の覚悟には心が震えます。
地球外生命体との戦争、タイムリープを繰り返す主人公、壮大な世界観とアクションはシンプルはSFが好きな方にはぜひオススメしたいと思わせてくれました!

女性20代
女性20代

トム・クルーズの主演で何度も何度も死んでは生き返る不思議な映画です。

今までのトム・クルーズと違って苦戦している姿良いです。

痛みもあって記憶も残っていて何を目的にこんな状況になっているのか全く分からない状態から徐々に真実が明らかになっていく感じが面白かったです。

戦争の映画でちょっとぐろいところもありますが、未知なる敵を倒すために少しずつ攻略していくところがゲームのようにも感じますし楽しいです。

ずっと生き返ることができると思っていたら実はそうではなかったことなどかなり厳しい現実もありつつ仲間と協力していくのが良かったです。

同じ力を今まで持っていた人が現れたときには面白かったですが、不死身の人以外の記憶がなくなることや位置から説明しないといけないところがまた映画を面白くさせているので良いです。

やっと敵のところにたどり着いたと思ったらかなり強敵でおどろきましたが今までの意味や伏線が繋がっていく感じが最高でした。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました