おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【華麗なるギャツビー】の動画配信を無料でフル視聴する方法!

華麗なるギャツビー 洋画

(C)2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved

映画『華麗なるギャツビー』予告編1【HD】 2013年6月14日公開
映画『華麗なるギャツビー』予告編3【HD】 2013年6月14日公開

映画『華麗なるギャツビー』の作品情報

ある小さな邸宅に引っ越してきたニック。

その隣には宮殿のような邸宅が建てられ、ギャツビーという大金持ちが住んでいた。

ギャツビーは毎週のようにパーティーを開いていて、そのパーティーに招待されたニックは、ギャツビーとどんどん親しくなっていった。

そして親しくなるにつれ、ギャツビーの隠された素性が知りたくなっていくニック。

そんなニックにギャツビーが、ニックの親戚であるデイジーという女性を紹介してほしいと頼んでくる。

そしてニックは、大金持ちでハンサムなギャツビーが本当に欲しいと願っていたものを知ることとなるのだった。

何もかもを手に入れたかのように見えたギャツビーが、ずっと昔から望んでいたものを手に入れた時、そこには悲しい現実が待ち受けていた。

基本情報

公開日 2013年6月14日
登場人物/声優 監督・製作・脚本:バズ・ラーマン
原作:F・スコット・フィッツジェラルド
出演:レオナルド・ディカプリオ トビー・マグワイヤ ジョエル・エドガートン キャリー・マリガン

映画『華麗なるギャツビー』の動画をフル視聴する方法

映画『華麗なるギャツビー』のフル動画を視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

作品名から各作品の詳細記事が見れるようになっております。

映画『華麗なるギャツビー』の過去作品・スピンオフ・関連作品

インセプション 主演:レオナルド・ディカプリオ
タイタニック 主演:レオナルド・ディカプリオ
ワンス アポンアタイムインハリウッド 主演:レオナルド・ディカプリオ

映画『華麗なるギャツビー』の感想やあらすじ・ネタバレ

女性40代
女性40代

第一次世界大戦後の好景気に狂乱するアメリカ。

ニューヨークの社交界に謎の男、ギャツビーがあらわれます。

一等地に豪邸を買い毎晩大勢の客を招いて派手に豪遊させるものの、本人はパーティには現れない。

招かれる数百人の客たちも誰も彼を知らない。

男はなんのためにパーティを開き続けるのか?冒頭のモノローグは主人公で元証券マン。

療養中の彼は自分の担当医にギャツビーの真実を語り、綴ることを勧められます。

そこから物語の幕が開きます。

華麗に生きた偉大なるギャツビーのことを。

主人公の友人夫妻は絵に描いたような東部の名家の大富豪。

そこにギャツビーの噂が届きその話題のパーティに行くことに。

実はその妻はかつてのギャツビーの恋人で身分違いだと引き裂かれた過去があったのです。再び出会うかつての恋人たち。

彼女の夫は実は愛人を抱え、妻は自分の所有物程度に思っているような男。

実はギャツビーはただ彼女に会いたいという一心で、自身は顔も見せない派手なパーティを開き続けていたのです。

財を成した彼はひたすらに彼女に全てを捧げ始めた。

しかしそれが残酷な運命の歯車を動かすことになっていきます。

以下、感想になります
女性20代
女性20代

1920年代アメリカ。
中西部からニューヨークの郊外にあるウエスト・エッグに移り、証券マンとして働く主人公ニック。
そんな彼の家の隣の豪邸では、毎晩大勢のゲストを集めてド派手なパーティーを開催する謎の男ギャツビーが住んでいた。
隣人とは全く関わったことのないニックだったが、ある日ギャツビーからパーティーの招待状が届いたことをきっかけに彼はギャツビーの豪邸に足を踏み入れることになる。
届いた招待状を持ってパーティーに参加するのだが、招待状を持っていたのはニックのみだった上にゲストは誰もギャツビーの素性を知らなかった。
不審に思っていると、ギャツビー本人が現れニックに話しかけてきたことで二人は交流するようになるのだが、実はギャツビーがニックに近づいたのはある目的のためだった・・・

女性40代
女性40代

華麗なるギャツビーはギャツビーの美しくて悲しい純愛物語です。
愛する人デイジーがいるにもかかわらず戦争に行かなければならなかったギャツビー。

戦争から帰り、愛するデイジーを迎えに行くため、3年という月日をかけ、巨万の富を築き上げます。
しかし、デイジーは富豪のトムと結婚していました。

トムは傲慢な性格でカーガレージを経営しているジョージに横柄な対応をしますが、ジョージはトムが得意先であるため頭が上がりません。

そんなジョージの妻であるマートルとトムは不倫を楽しんでいました。

ジョージは妻の不倫を疑っているもののその決定打に欠けていました。

傲慢な態度や不倫をするトムに頭を悩ませていたデイジーはお金持ちになったギャツビーに再会し惹かれていきます。

デイジーは本能のまま正直に生きていながら、ギャツビーなのかトムなのか、答えを出せませんでした。
答えを迫るギャツビー。そのために行動に移しますが、いろんなボタンの替え違いから、悲しい運命をたどることになります。
アメリカンドリームと純愛、そして悲劇。トムの不倫相手のマートルや夫のジョージなど、お金に翻弄される人々の心の感情も見どころです。

鑑賞者からのネタバレ

女性40代
女性40代

冒頭の精神病院を思わせる建物の凍りついた窓から場面は一転して、ニューヨークの荒んだ道路に、この物語を象徴する「眼」の看板があらわれます。

名家の出の美男美女の大富豪の夫婦。虚飾そのもののこの二人と、語り部の主人公は結構な格差がありますが一応親しい友人関係です。

圧倒的な映像美でこの時代の大富豪の生活が描かれます。

アール・デコ様式の華麗なドレスに宝飾品、最新鋭の設備を備えた快適な豪邸。

この上なく満ち足りているはずが、本当に大切なものはどこにもない。

その環境にギャツビーの孤独が際立ちます。

ストーリーが進むにつれギャツビーの真相が少しずつ明らかになりますが、彼が苦労をして財を成したことだけは真実です。

広大なクローゼットの中で数え切れないほどのシャツを放り投げ遊ぶシーンは印象的です。

ただ彼は彼女を愛していただけ。

見返りも求めずに愛した。

彼の買った豪邸は湖を隔てて彼女に家の向かい側です。

夕陽の中、いつか彼女が来る日を想い豪邸の窓から向こう岸を見つめるレオナルド ディカプリオの姿がひたすら美しく哀しい作品です。

以下、ネタバレになります
女性20代
女性20代

色褪せいない名作だと思います。
1920年代がよく再現されている上に出演者も登場人物のイメージによく合っていて、作品に引き込まれます。
特にレオナルド・ディカプリオが演じるギャツビーは本当に素晴らしかったです。
それから、(神の目)こと眼科の看板の使い方もうまいと思います。
最後はバットエンドで報われないラストでしたが、それも含めての名作だと思います。
物語の原作が出版されたのは今から95年前だそうですが、映画を見ていて感じたのは人間や社会の基本的なところは結局今も昔も変わらないということです。
富と名声を得た人に群がる人々、そしてその人が失脚したりして忘れ去られた途端にさっと離れていく人間の薄情さや努力をしても全てを手に入れることが出来ない物悲しさは今でも通じるところがあると思います。
最後に、ギャツビーはまさに狂騒の20年代を象徴する人物で特にニックにとっては彼がこの時代の代表であり全てだったそんな思いを感じています。

女性40代
女性40代

翻訳はいくつかあり、数回映画化されています。

ファッションや音楽、ゴージャスなパーティーシーンなど見どころはたくさんあります。

また名言が多く、言葉の意味をそれぞれの立場で考えると意味が深いものに思えてきます。
その中でも「女の子は美しいおバカが最も幸せ」というデイジーの言葉がありますが、この言葉通りに生きるデイジーにギャツビーは振り回されてしまったのではないかと思います。
お金も愛もすべてを手に入れるためには、バカな振る舞いをする。不倫も見て見ぬふりをする。

美しい外見のデイジーの悪女っぷりは徹底しており、ギャツビーが亡くなった後も、自分は何事もなかったように暮らすところは、到底好きにはなれません。
裕福でお金持ちでも中身が空っぽの人たちと、裕福な人たちに憧れる貧困層の人たちの対称的な暮らしが、ギャツビーの最期にさらなる悲しみを落とすのかもしれません。

最後まで純粋だったギャツビーに本当の価値を見出せたのは、物語の語り手であるニックと読者の私たちだけかもしれません。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました