おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

呪術廻戦 8話見逃し動画(アニメ)無料でフル配信・視聴する方法

呪術廻戦 アニメ

C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

第8話「退屈」(11月21日)

交流会に向けた特訓をしている時に伏黒と釘崎の前に京都校の藤堂と真希の双子の姉妹である真依が喧嘩をふっかけてきます。

藤堂は伏黒に攻撃をし、真依は釘崎を挑発してきます。

その頃、五条が京都校の学長のところに訪れて…

※あらすじ・ネタバレは下の方へ

アニメ『呪術廻戦』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、アニメ『呪術廻戦』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

TVアニメ『呪術廻戦』PV第3弾
TVアニメ『呪術廻戦』ノンクレジットOPムービー/OPテーマ:Eve「廻廻奇譚」
TVアニメ『呪術廻戦』ノンクレジットEDムービー/EDテーマ:ALI「LOST IN PARADISE feat. AKLO」
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、マンガ『呪術廻戦』をお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

マンガもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

アニメ『呪術廻戦』

第1話『両面宿儺』 あらすじとネタバレ
第2話『自分のために』 あらすじとネタバレ
第3話『鉄骨娘』 あらすじとネタバレ
第4話『呪胎戴天』 あらすじとネタバレ
第5話『呪胎戴天-弐-』 あらすじとネタバレ
第6話『雨後』 あらすじとネタバレ
第7話『急襲』 あらすじとネタバレ
第8話『退屈』 あらすじとネタバレ

アニメ『呪術廻戦』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

「1年生は?」「パシった!」パンダ先輩が真希先輩に尋ねています。

「今日だろ?京都の学長が来るの。交流会の打ち合わせ!上層部の学長と悟が鉢合わせでもしたら…」とパンダ先輩が心配をすると、虎杖が死んでるから大丈夫だと真希先輩は言います。

嫌がらせが好きな藤堂と真依が来るかもしれないという心配をしましたが、まさしく藤堂と真依が伏黒と釘崎に接近していました。

真希と双子の真依は2人に「虎杖が死んで清々したんじゃない?」と無神経な言葉を投げかけてきます。

藤堂が「どんな女がタイプだ?」と聞いて戦いを挑んできました。

伏黒は姉の津美紀を思い出しながら「別にタイプなんかないですよ!その人に揺るがない人間性があればそれ以上は求めません。」と言います。

藤堂は涙を流しながら「やっぱりだ…退屈だよ伏黒…」と言い殴りかかりました。

釘崎は助けようとしましたが真依に抑えられてしまい反抗したために銃を向けられてしまいます。

「あの藤堂なのか…?」伏黒は昨年1級呪霊5体と特級呪霊を1人で払ったという藤堂のことを思い出しました。

伏黒は鵺とガマを出しますが藤堂に本気で攻撃をされて頭から血を流してしまいます。

伏黒が「下手に出てたら偉そうに…そこまで言うならやってやるよ!」と言い攻撃をし、藤堂が仕返そうとすると棘が「動くな!」と言って近づいてきてパンダと共に助けにきます。

その頃、釘崎が真依に攻撃をされて倒れているところに「うちのパシリに何してんだよ?」と言って真希が助けました。

釘崎がやり返しているところに「帰るぞ!真依」と言って藤堂が迎えにきました。

「冗談、私はこれからなのよ」という真依に「俺にはまだやることがある」と言って高田ちゃんの個握を出してきます。

藤堂は「ついてこい真依」と言ってその場を退散して行きました。

「交流会はこんなものでは済まないわよ!」と捨て台詞を残して真依も去って行きました。

釘崎は「何勝った気になってんだ!」と叫びますが真希が後ろから棒で頭を叩き、「交流会でボコボコにするぞ!」と言って釘崎と一緒に帰ります。

【 ネタバレ 】

その頃、京都校の学長が夜蛾学長を待っていました。

そこに五条が入ってきて、「夜蛾学長は来ませんよ。」と言い虎杖が死んだ時に京都校の学長が関わっていたことを追求します。

「牙を向くのが僕だけだと思っているなら痛い目見るよ、おじいちゃん」と言う五条に「少しおしゃべりが過ぎるな」と京都校の学長がキレました。

五条が退散した後三輪にお茶を買ってくるように学長が頼むと、三輪は「追いついて一緒に写真撮ってもらおう!」とウキウキして走って行きました。

1ヶ月後、キネマシネマで男子生徒3名の変死体が見つかります。

そこで真人に男子が「映画館のあなたがやったんですか?」と話しかけました。

「へぇ〜君、俺が見えるんだ!」と笑顔で返事する真人。

映画館の前では「覚悟はいいですか?虎杖」と男性に言われ、虎杖が気合いを入れました。

【 登場人物紹介 】

虎杖 悠仁  (榎木 淳弥)

伏黒 恵         (内田 雄馬)

釘崎 野薔薇 (瀬戸 麻沙美)

五条 悟   (中村 悠一)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・アクションアニメ好きな人

・スカッとするアニメが好きな人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

女性20代
女性20代

今まで以上に登場人物が増えてきてわくわくしてきた回だなと思っています。

名前だけしか出てこなかった京都の呪術高専のメンバーが出てきてこれからどうなっていくんだろうなと思ったしあんな対立している状態で、交流会とかして殺し合いとかにならないのかなとか無駄に心配してしまいました。

まさか禪院先輩に似ている姉妹がいたなんて衝撃だしまた違った綺麗さがあるなと個人的に思いました。

どんなことをされてもへこたれないしどういう理由で起こっているんだと思わせてくる野薔薇はさすがだなと思いました。

京都の2人が帰ってから野薔薇と真希さんが話しているのが新鮮だけど、東京では女の子の生徒が2人しかいないから仲良くなったんだろうなと思うとかわいいなと思いました。

あとは京都のもう一人の東堂は不思議だなと思ったと同時にこいつ絶対に変わった奴だなと思いました。

いきなり女性のタイプを聞いてくるなんて不思議だけどきっと東堂は欲に忠実なやつなんだろうなと思いました。

最初はあまり好きな感じのキャラではなかったのですがまさかのアイドルの握手会に行っているというシーンをみてかわいいところがあるじゃないかと心を奪われてしまいあまり嫌いになれなくなりました。

感想はここから見れます
女性40代
女性40代

呪術廻戦・第8話は、第4話の少年院での特急呪霊との戦いで虎杖悠仁が死んだと思っている伏黒恵達の元に呪術高専京都校の禪院真依と東堂葵に喧嘩を一方的にふっかけられ圧倒されてしまいますが、狗巻棘とパンダに窮状から救われるものの伏黒恵と釘崎野薔薇を圧倒した禪院真依や東堂葵など2年と1年の実力差は大きいのだろうか。

しかし、特級呪術師でありながら女性の好みにこだわる東堂の馬鹿さ加減に呆れますが、御三家・禪院家の出身なのに呪力が少なく「天与呪縛」を有する真希先輩が呪術高専京都校の禪院真依と双子と言う設定も面白く交流戦が楽しみです。

五条悟は、年功序列が厳しい呪術界に幼少期に六眼と懸賞金をかけられながらも生き抜き最強になっただけあって、保守派の急先鋒の京都府立呪術高等専門学校学長の楽巌寺嘉伸を小馬鹿にした態度には笑えます。

また、呪術高専京都校2年の三輪霞は、呪術高専京都校学長の従者なので学長・楽巌寺嘉伸に心酔していると思えば、「五条先生カッケーィ!」と本音を吐露するだけでなく五条先生とツーショット写真を撮影するものの学長のお茶を買い忘れるオチは保守派の急先鋒・楽巌寺嘉伸の人望の無さを印象付ける様で良かったです。

女性40代
女性40代

京都校から学長がやって来たと聞いて二年生は生徒も一緒に来るのではと心配していましたが予想通り一年生の前に現れてニヤニヤと嫌な笑顔を浮かべているのが興味をそそります。

伏黒は知っていたようですが真依は真希の双子の妹だけど虎杖の事を悪く言って人をバカにしたような物言いは真依もカにしているような感じなので名家の生まれである事で何か確執があるようなのがミステリアスだし本当はどちらが強いのか気になります。

東堂はガタイの良い筋肉ムキムキでいかにも武闘派って感じだけど伏黒に女のタイプを聞くという信念なんだろうが空気読めないのが笑えるし、釘崎がムッツリと言ったのはもっと笑えます。

伏黒は女性陣には受けが良い答えを言ったのに東堂にはつまらなかったらしく涙流すって変人ですね、それで攻撃してくるって結局戦いたかったようです。

伏黒が本気の力を示そうとしたり、狗巻がしゃべる所が見られたり、パンダ先輩のパンチが見られたりと特別な感じがいっぱいなのでワクワクしました。

釘崎も真依にボコボコにされたように見えましたが真希が来て復活、真希と真依はどちらも名門家では落ちこぼれだと判明し能力もそこそこみたいなので交流会が楽しみですね。

五条先生が京都の楽巌寺学長をジジイと呼んで敬う気がないとハッキリ言ってしまうのはビックリです、真正面から虎杖の件を持ち出して脅すなんて凄いけど大丈夫なのかと心配にもなります。

京都校の三輪が言っている事と心のギャップが激しくて笑えました、一緒に写真撮ってもらって羨ましいです。

映画館では変死体が発見されて新キャラの吉野や七海が登場して世界観がもっと広がっていくのかと思うとワクワクします。

本当の呪霊による事件現場は虎杖にとって初めてだと思うのでどうなるのか楽しみですね。

女性20代
女性20代

ついに来た京都組と言わんばかりの登場と暴れっぷりでしたが、同時に京都組の堪え性の無さやめんどくさい性格な奴らだとよく分かります。

東堂は優太を呼ぶようにパンダたちに言うもののすっとぼけるパンダの「俺、パンダ。人間の言葉分からない」の返しが秀逸で、女子組も煽りには罵倒で返す図太さからタダでやられない強さなどを感じる事が出来て面白いシーンです。

約1名有名人を生で見て浮かれ気味だった上に頼まれた買い物を忘れてしまう展開や高身長アイドル・高田ちゃんネタを「じゅじゅさんぽ」含めて話に盛り込むギャグシーンの抜かりなさも好感持てます。

東堂の握手会参加模様からの映画館と順平の話に切り替わるから今までの話の温度差がつく演出、七海がアニメ初登場にして担当声優・津田健次郎氏が合っているので良いです。

今回虎杖の出番がわずかで寂しいものはありましたが、この後暫く伏黒たちの出番はないので1話ぐらい出番無くても問題ないと言えば、それまでですね。

スラムダンクの単行本の描き下ろし1コマのように出番のなかった話についてをいちいちオーバーリアクションを見せている訳ではないし、主人公出番なしは珍しくないんですけど、虎杖いないと寂しく感じるので主人公って大事ですね。

男性20代
男性20代

伏黒と釘崎、呪術高専に入学したばかりの一年生が先輩方の洗礼を受け継事になるのでした。

虎杖について悪く言う先輩たち、そんな虎杖をかばう釘崎達にいい感じの友情が感じられたのでした。

そんな中先輩方も個性がかなり強かったです。

好みの女子は何かと言う東堂、ぶっ飛んでるなと思ったら、いきなり巨体で伏黒をぶっ飛ばしてびっくりしました。

一方で釘崎なのですが、真衣をからかって先輩に喧嘩を売ります。

そんな様子が男前すぎてかっこよかったです。

伏黒は戦闘態勢に入るのですが、そこで出現したのがカエル、なんでカエルなんだとびっくりしてしまいましたね。

しかし次々に吹っ飛ばされていく伏黒の召喚したカエル、そして東堂が伏黒に追撃を加えようとすると、二年生たちの介入が入ってかっこよすぎました。

そんな感じで一年生組は洗礼を色々受けた感じでしたね。

次に五条が学園長と対面、見張りの事務の青髪子が印象的すぎました。

五条と写真を撮ってもらって顔を照れさせていたり、生五条と言ったり大ファンで笑いましたね。

一方で学園長におじいちゃんと言ってからかう五条、自由人すぎると思ってしました。

やはり呪術廻戦の人気キャラが五条なのもうなづけましたね。

女性20代
女性20代

とにかくこの回で思ったことは、呪術学校の京都校の連中がめちゃくちゃ腹が立つことです。しかも1年生に手を挙げるのが最低すぎますし、虎杖が亡くなったままだと思い込んでいる2人に対してケンカ売ってくるのが意味が分かりません。しかも女の方は意地が悪いときて本当に好きになれないなあと思いました。

ですが今まで戦いの描写がない2年生を私は頼りないように見ていたのですが、1年生をきちんと守ってあげたところに優しいし強いなあと思いました。2年生が戦う姿がこれから先のお話で見てみたいですし、どんな呪術で戦うのか今後がとても楽しみです。
特に禪院先輩は実際釘崎が慕ってしまったようになかなか性格が女性なのにかっこいいなあと私まで惚れそうになりました。

みどころは五条先生が京都校の学長に虎杖の件に関して問い詰めるところです。本当に生徒思いですし、あきらか強そうなご老人なのにため口でののしるところはかっこいいと思いました。
京都校の学長の側近の三輪の心の声は見ていて笑ってしまいました。それと同時にこの呪術廻戦の中でも五条先生は本当にすごい呪術使いなのだと思いました。
こちらも早く強敵と戦う姿を見てみたいものです。

最後に強敵になりそうな敵も出てきたのでどうなっていくのかもまた見所です。

女性20代
女性20代

第9話のはじめが、いじめのシーンから始まるので、残酷でした。映画館でうるさく喋ったり、スマホをしている学生には、観ているこちらもイラッとくるものがありました。

脱サラ一級呪術師の七海健人の「なめる、なめないの話ではありません。私は大人で、君は子ども。私には君を優先する義務があります。そういう小さな絶望が、人を大人にするのです。」という決め台詞が、かっこよかったです。

七海健人のやることはやるけれど、少し気だるけな感じが、津田健次郎さんの声質によく合っていました。

回想シーンのサングラスをかけた、五条悟が髪の毛をおろしていて、オフの五条悟を垣間見えた気がして、かっこよかった。

虎杖悠二と七海健人が戦っていた呪霊が、元人間、ということを七海健人が話の流れで言うのではなく、電話越しの家入硝子が言うことで、より衝撃が大きく感じました。

七海健人は、敵のアジトがわかっていても、虎杖悠二には言わず、子どもである虎杖悠二を、危険な目に合わせないように、アジトから遠ざけて、別の任務を与えたところが、虎杖悠二思いだなと感じました。

アニメ本編の後の「じゅじゅさんぽ」の五条悟が可愛く、クールな七海健人に構ってほしそうにアピールしているところが、面白かったです。

【 まとめ 】

五条が京都校の学長と話をするシーンがとてもカッコ良くて五条はやはりすごい人なのだと思いました。

三輪が実はミーハーで五条と写真を撮りに行く姿がとても可愛かったです。

真希先輩が双子で真依と敵対していることがわかり、ますます交流会が楽しみになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました