おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ちはやふる】動画を無料(映画)フル配信・視聴する方法

邦画

(C)2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社

「ちはやふる -上の句・下の句-」予告

映画『ちはやふる~上の句~』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ちはやふる~上の句~』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

U-NEXT動画配信サービスで視聴できます

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

映画『ちはやふる~上の句~』に出演している広瀬すずの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・一度死んでみた

・チア団 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話

・バケモノの子

・SUNNY 強い気持ち・強い愛

・なつぞら

\ 作品映像をチェック /

広瀬すずの出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

 

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

映画『ちはやふる~上の句~』は、TSUTAYA TV/DISCASで視聴可能です。

映画『ちはやふる~上の句~』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『ちはやふる~上の句~』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

映画『ちはやふる~上の句~』のあらすじ

・ちはやふるとは

今回はタイトルにまつわる話しからしたいと思います。

映画のタイトル『ちはやふる』とは、小倉百人一首の句の一つで「ちはやぶる神代も聞かず竜田川、唐紅に水くくるとは」が元ネタになっており、現代語に訳すと「私の燃える想いが、激しい水の流れを真っ赤に染め上げてしまうほど、今でもあなたを愛しています」となります。

『ちはやぶる』は”神”や地名の”宇治”の枕詞として使われます。ちはやぶるの直接的な意味は”ち=激しい勢いで” ”はや=敏捷に” ”ふる=ふるまう”と、いう意味でまさに劇中の千春の事を指しているかのようにも思えます。

・過去の話

メインキャストの千春・太一・新は幼馴染で小学校のころから、東京で一緒に競技かるたしていました。

新の祖父・綿谷始は競技かるたの永世名人で小さいころから祖父を目標に努力を続けていました。

しかし、祖父が倒れてしまい田舎である福井へ引っ越すことになってしまいます。

新は二人に「競技かるたを続けていさえいればいつかまた会える」と再開を約束し東京を後にします。

・競技かるた部設立

二人になった千春と太一は、新との約束を果たすため府中白波会に入会し本格的に競技かるたを始めます。

千春は東京都立瑞沢高等学校に入学し、かるた部を設立する為、部員勧誘をします。

モデルの姉を持つ千春は、すれ違えば誰もが振り返る程の美人なので、勧誘した男子生徒は千春目的でかるた部に来ますが、頭の中はかるたの事しか考えていない千春の札の取り方を見て、男子生徒は部室を後にします。

部設立の為には最低5人の部員を集める必要があるのですが思うように勧誘が成功しません。

小学校以来の幼馴染、真島太一と同じ高校の屋上で再開します。

千春は太一にかるた部に勧誘しますが、太一は渋ります。

千春は今度の大会で優勝したらかるた部に入ってくれと頼み、見事その大会で優勝しました。千春の熱意に負けた太一はかるた部へと入部しました。

肉まんくんこと西田優征もかるた部へ入部します。

元々、競技かるた経験者で全国で2位を取るほどの実力者で千春たちとは顔見知りの仲です。

呉服屋の娘の大江奏(かな)。

奏ちゃんは百人一首オタクなのですが、詩を無下に扱っていると競技かるたを嫌っていましたが、千春の情熱に負け入部をします。

学年2位の秀才、駒野勉こと机くん。

机くんは、かるたに全然興味はなく学校の校則で部活動に所属する決まりなので、太一君に勧誘され仕方なく入部しますが、

かるた部のメンバーの情熱を感じ取り徐々にかるたへの思いを強めていきます。

部員は千春・太一・肉まんくん・奏ちゃん・机くんの5名が揃い正式に瑞沢高等学校かるた部と認められました。

正式にかるた部が設立したことに大喜びした千春は新の自宅へと電話をかけ近況を報告し、新がかるたを続けていることを知ります。

千春は新に全国大会で会おうと約束します。

・かるた合宿

気合の入った千春は未経験者のいるかるた部を強くしようと、ゴールデンウィークを使って小学生の頃に通っていた府中白波会で合宿を行い厳しい指導を受けることになります。

合宿を行った瑞沢高等学校は、ついに高等学校東京都予選大会に出場します。

順調に勝ち進んで行く瑞沢高等学校であったが、団体戦を前に机くんを強い相手に当て、試合に勝ちやすくしようと提案するが、その事に机くんは自分が捨て駒だと言い激怒し気まずい雰囲気のまま決勝戦を迎えます。

映画『ちはやふる~上の句~』のネタばれ

・競技かるた決勝

決勝戦、机くんは座っているだけで試合を放棄していました。しかし、千春の取った札が頬をかすめ、これまで一緒に練習した想いが蘇り、チーム一丸となり試合に挑んでいきました。

そして、太一が勝てば優勝となるところまで来ましたが、太一はここ一番の勝負に弱く、一度も勝てたことがなかったが千春への想いで開き直り果敢に攻めていきます。

その思いが伝わったのか、相手がお手付きをし太一は勝つことができ、瑞沢高等学校は優勝することが出来ました。

千春と新は、太一に優勝報告をしますが新から返ってきた言葉は「かるたはもうやらない」でした。

映画『ちはやふる~上の句~』の登場人物紹介 

綾瀬千春  (広瀬すず)

真島太一  (野村周平)

綿谷新   (新田真剣佑)

大江奏   (上白石萌音)

西田優征  (矢本悠馬)

駒野勉   (森永悠希)

映画『ちはやふる~上の句~』の主題歌

Perfume    『FLASH』 

[Official Music Video] Perfume 「FLASH」

映画『ちはやふる~上の句~』ツイッターでの反応

https://twitter.com/suzuhirose_0619/status/702482917860052992?cxt=HKwWgMCgvb2f3L8TAAAA

映画『ちはやふる~上の句~』はこんな人におすすめ

・スポーツが好きな人

・人間描写が好きな人

・友情物が好きな人

映画『ちはやふる~上の句~』の感想

女性20代
女性20代

映画『ちやはふる~上の句~』を見て思ったのは、かるたという日本独自の伝統文化を若者達にもしっかり伝えたい!広めたい!という意志が作品を通じて強く伝わって来たことです。
かるた部で「力を合わせて全国大会に行く!」という目標を掲げ、試合で経験、勘を掴み、苦難を一つ一つ乗り越えていく彼ら彼女らの活躍に注目です。最後の一手の場面は本当に瞬間の出来事なのでハラハラドキドキします。また、個人的にはこの映画の主題歌になっているPerfumeの「FLASH」も透き通ったエレクトリックミュージックになっていて、古き良き伝統かるたと新しい時代を感じる音楽が映像と音楽で非常にマッチしていてさすがPerfumeだと思った曲なのでぜひ聴いてみて頂ければ幸いです。

女性40代
女性40代

私は元々ちはやふるの漫画が大好きです。そのため漫画のイメージが強く、実写版と漫画の雰囲気の違いに多少の違和感を感じました。ただ漫画と切り離してこの映画を楽しむという意味で、青春いっぱいの感動がたくさん込められた面白い映画です。
この映画の見どころはやっぱりかるた競技です。かるた競技というと百人一首ですが、かるた競技はスポーツです。かるたを取るために主人公の千早や仲間達は切磋琢磨にかるた競技に挑みます。一生懸命に頑張る千早達の強い姿やかるた競技の激しくも美しい魅力を映像技術を使って巧みに描いているところが感動します。
そして千早役の広瀬すずさんがすごく可愛いです。漫画の千早は、かるたが大好きな元気いっぱい前向きな美少女で、映画の千早はどちらかというと元気だけど落ち着いた可愛い女の子というイメージです。でも悪くないです。むしろ好感が持てます。
漫画だけで終わらせないで映画の方も注目して、千早達とかるたを楽しんでほしいです。

女性20代
女性20代

漫画から映画、アニメとメディア展開をたくさんしてきた作品ですがどこから見ても面白いと思います。装丁からわかるようにちはやふるは色味がとても鮮やかです。

それが映画版になると、光やカメラワークを使ってとても幻想的に映し出されており、アニメ版のオープニングと通ずるところがあります。映画版では、千早と、現在のかるた女王がすれ違うシーンがあります。和装の時にはわからないかなり個性的な趣味がわかったり、これからの二人の関係に重要なシーンともなるところが忠実に漫画に沿って出されていたりとどのメディアからちはやふるのファンになっても純粋に楽しめるものになっていると思います。

配役は若いなという気もしますが世界観を知っていれば楽しめるし、演技についても確かにと納得するところもあたくさんあります。かるたって面白いなって思います。

女性40代
女性40代

この作品は、広瀬すずさん演じる主人公千早が、かるた部を作るところから始まりますが、その部を立ち上げる熱量と大変さがよく表現されていて、そこのあたりがとても面白いです。メンバーを集めるのも大変で、机君を説得するところなど、部を創設するのはすごいことなんだなあと感じました。

部室が暑くて、仕方ないというシーンもその暑さがこちらにまで伝わるような感じがしてとても面白かったです。千早のなりふり構わない感じと、かわいいのに、そんなところも微塵も感じさせない広瀬すずさんの演技も千早にとても合っていると思いました。

キャラクターが本当に個性的で、アラタは、もの静かでそれを真剣佑さんが演じているのもとてもよかったです。方言やなまりもあったりして、そのあたりもとても魅力的に感じました。

かるたに描かれている世界が大好きな部員を上白石萌音さんが演じていますが、彼女の素朴な雰囲気がとてもこの役に合っていて、テンションが高くなるところなどとても可愛らしくて面白かったです。

男性20代
男性20代

こちらの作品は元々は漫画だったのですが、そちらを実写化した作品となります。主演はドラマ「学校のカイダン」や映画「海街Diary」等で数々の主演を果たした広瀬すずが主演を務めます。

他にもドラマ「GTO」の生徒役を演じた野村周平。千葉真一の息子で爽やかなマスクが特徴の新田真剣佑等の方々が脇役を固めます。

あらすじとしましては、幼い頃千早(広瀬すず)と太一(野村周平)、新(新田真剣佑)は元々一緒に競技かるたを楽しんでいました。しかし、小学校卒業を機にバラバラになりました。そして高校生になったときに太一と再会を果たし、一緒に競技かるた部を立ち上げました。

他の部員と一緒に支えあっていきながら、2人は新を想いつつ全国大会を目標としていく物語となっています。こちらの感想としましては、まず千早役を演じる広瀬すずさんの演技力に圧巻を持ちました。

あまりの演技力に驚きました。そして、みんなで決めた目標に向かって壁にぶつかってもがんばる姿や競技中の緊張感のある表現力にもとても感動しました。

女性20代
女性20代

Twitterの映画垢のタイムラインで盛り上がったのがこの「ちはやふる」でした。私は基本的に洋画が好きで、洋画好きな方と繋がっていたのですが、そんな彼らが唸る「ちはやふる」とはなんぞや。そんな気持ちでみました。
正直、邦画をなめくさっていた自分をぶん殴ってやりたいです。最高of最高の青春映画でした。つくえ君に泣かされました。
下の句と結びもみましたけど、上の句で得た衝撃は忘れられません。
透明感溢れ、眩しすぎる青春群像劇。広瀬すずってこんなにすごいんだと思いました。
キャストさんが仲良くて、その作品のことを心から好きだったときって、スクリーンから観客はそれをわかるというか、想いがすごく伝わると思うんですよ。
この作品は、まさにそれだと思いました。スタッフもキャストもみんな「ちはやふる」という作品が大好きで、みんなが仲良くて、この映画を成功させたいという気持ちでいっぱいで作り上げたものだと感じました。私もこの作品が大好きです。
「み・ず・さ・わ!ファイト〜〜 オーーー!!!」

女性20代
女性20代

百人一首に全く興味がなかった私に百人一首のおもしろさを伝えてくれた作品でした。あんなに夢中になって出来ることが高校時代にあってとてもうらやましいなと思いましたし、高校で一度だけあった百人一首大会でもっと覚えていたらよかったなと思いました。

百人一首のひとつひとつに誰かの思いが書かれているなんて思ってもいなかったですし、そんな深いものだったんだなと思ったり決まり字があってそれで早く取れるとかを、もっと早く知っていたら頑張れたんだろうなと思いました。

高校生で袴を着て部活できるなんてかわいいしかっこいいなと思いました。私は部活に入らずバイトの毎日で高校時代を送っていたので部活に入って、全国大会とかを目指してみんなで青春したかったなととても思いました。なにかに熱中している姿はとてもかっこいいし印象的でした。

女性20代
女性20代

國村隼さん演じる千早の師匠である原田先生が本当に素晴らしかったです。登場シーン自体はそれほど多くないのですが、すっと出てきて一言セリフを言ってくれるだけでストーリーの重みがぐぐぐっと増して、ものすごく印象に残ります。

広瀬すずさんはあまりにも圧倒的に可愛くて、主演映画の経験がまだ少なかった分演技が巧い!というわけではないのですが、千早はこれでいいと思わせるビジュアルの力がすさまじかったです。姉のアリスちゃんとの共演シーンもあり、こんなに圧倒的美少女姉妹が現実の世界にいるのか…と衝撃を受けました。

逆にかなちゃんのビジュアルは「…かなちゃん!?」と家で見ていて思わず声が出ましたが、上白石萌音さんが古文大好き少女のキャラクターをしっかり見せてくれていたので、内面でかなちゃんとして成立していて驚きました。

女性20代
女性20代

これまでカルタや俳句の世界に詳しくない方でも十分楽しめる作品です。
私も競技カルタのルールや世界について詳しくは知らなかったのですがたっぷり映画を楽しむことができました。
出演者の方たちも爽やかで作品のイメージにあっている方ばかりでした。
部員達がそれぞれ抱えていた問題と向き合いながらも必死に競技に取り組んでいる姿勢も若さがあっていいなと思いました。
続編の下の句についても競技大会の厳かな雰囲気を楽しむことが出来るのでお薦めです。ライバル髙の部員たちとの掛け合いのシーンも面白いのでお薦めです
私の父は主演の広瀬さんの大ファンなので作品にみいってしまったと言ってました。世の中の状態がよくなってカルタの勉強が出来るような環境ができたら是非とも挑戦したいです。今は大会などできませんが競技の稽古は続けていてほしいです。

女性20代
女性20代

ザ!青春ラブストーリーという感じの映画です。広瀬すずちゃん演じるちはやと野村周平くん演じる太一、新田真剣佑くん演じる新の幼なじみ3人の恋愛模様と、登場人物たちが競技かるたに青春を捧げる熱い物語が一緒に見らことのできます!

上の句で1番印象的なのは机くんこと駒野君です。彼は部活に入らないといけないという瑞沢高校の校則で仕方なくかるた部に入りますが、徐々にかるた部への想いが強くなっていきます。それ故に大会で捨て駒のように使われたことで自分は必要とされてないと思ってしまい大会の途中で帰ろうとし、かるた部のみんなとぶつかりますが、この一件でよりみんなとの絆が深まります。

そしてもう一つが太一の表情です。ちはやに恋心を抱く太一ですが、新もまたちはやに恋心を抱いています。ちはやが太一の前で新の話をするときの太一の少し寂しげな表情がグッときます!

男性50代
男性50代

原作やアニメを知っている人は、千早を広瀬すずさん、太一を野村周平さん、新を真剣佑さんという配役を聞くと、多少違和感を抱くかもしれません。奏の上白石萌音や肉まんくんの矢本悠馬さんはイメージとピッタリですが。

しかしいざ作品をみると、千早のかるたしか見えない熱さや汗を感じるし、太一のちょっと斜に構えた感じから大人になるところや、新の朴訥さが感じられて、原作やアニメとは違う生身の熱を感じるものに仕上がっています。

特に競技かるたが案外ハードで、アスリート的な要素も必要だというのが、広瀬すずさんは汗だくの姿と迫力で伝わってきます。彼女のような体育会系のテンションを持っていた方が実写では良かったのだと思います。この「上の句」では千早と太一がかるた部を作り、メンバーを集め、全国大会へと進むところまでが描かれていますが、絶対に「下の句」そして「結び」と三作すべてを見たくなる筈です。

女性30代
女性30代

漫画も購入して手元に置いておきたいほど大好きな『ちはやふる』。
原作からファンのため、映像化に対し少し心配もありましたが、とても面白かったです。
もちろん、漫画との違いもありました。原田先生が神社の神主で驚いたりしました。しかし、キャストも違和感なく、ストーリーも原作ファンにも納得出来る内容で、続編となる映画の下の句編も観るのを楽しみなほどです。
キャストに関しては、新役の新田真劍佑さんがとてもハマリ役でした。そして何より凄くかっこよかった・・・。
あとカナちゃんは、本当に漫画そのもので、もう漫画からで出来たのでは?と思うほど違和感なく、感動しました。
机くんは、漫画ではメガネによって目がなく、さらにとても小さい身体をしているので、映画で見た時は「イケメンすぎる!」と思いましたが、それはそれでおもしろかったです。
いつもパワフルで周りを巻き込んでゆく千早の天然な明るさが、とても気持ち良く描かれており、見ているこちらも頑張ろうと思わせてくれる作品になっていると思います。

女性30代
女性30代

この映画は、キャスティングがとても良く、美人で姉がモデルという設定のちはやに広瀬すず、頭がよく賢い太一に野村周平が抜擢されています。若くてさわやかなイメージの二人がかるたを通して色々な経験を乗り越えていくさわやかな物語です。

あまりご存じではない方は百人一首と聞くと、難しい句のかるたをやっている子供の遊びというイメージの方が多いと思いますが、この映画を見て、百人一首のイメージが全く変わると思います。百人一種は戦いだと思いました。

特にちはやや太一は昔からかるたをやっていたという設定なので、その激しいとり方は、思わず映画を見た後、素人の私がまねしたくなるほどすごい戦いです。とにかく一度見ていただければその魅力、すごさに圧倒されると思います。ちはやふる上の句はその後下の句、結びへと続いていく序章なのですが、一度はまると最後まで見ずにはいられない、ステキな作品です。

映画『ちはやふる~上の句~』のまとめ

競技かるたを通して主人公たちが葛藤や友情を抱きながら成長していく、見ていて応援したくなるような映画です。

まだ、見たことなければオススメの一本なので是非一度ご鑑賞ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました