おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【LUCY】動画を無料で(映画2014)フル配信・視聴する方法

LUCY 洋画

(C)2014 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

「LUCY/ルーシー」は、2014年にフランスで制作されたSFアクション映画。

フランス・アメリカ・日本で同年に公開されました。

監督・脚本を務めたのは、「レオン」や「ジャンヌ・ダルク」など数々の人気映画を手がけた、リュック・ベッソン。

普通の女性だったのにもかかわらず、体内に麻薬を埋め込まれたことで覚醒していく主人公のルーシーを中心にストーリーが展開されます。

興行収入は世界で約4億6336万ドルを記録しました。

映画『LUCY』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『LUCY』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『LUCY/ルーシー』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『スカーレット・ヨハンソン』の出演作品もお楽しみいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

「スカーレット・ヨハンソン」出演の作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

「スカーレット・ヨハンソン」出演作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
LUCY 視聴 ▶ 視聴 ▶

映画『LUCY』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・頼みごと

ルーシーは台湾に留学しているごく普通の女性。

ある日、彼氏のリチャードにチャン氏へケースを届けるよう頼まれました。

ルーシーが断ると、リチャードは彼女に手錠をかけて、強引にケースを届けさせようとしたのです。

仕方なくチャン氏のいるホテルに向かうとチャン氏の手下たちが現れて、外にいたリチャードを銃殺し、ルーシーを部屋に連れ込みました。

チャン氏がルーシーにケースを開けさせると、中にはCPH4という麻薬が。

するとチャン氏はルーシーに運び屋をするよう命じました。

ルーシーは拒否しましたが、殴られて気絶した際に麻薬を腹部の中に埋め込まれてしまったのでした。

・ノーマン博士の考え

一方脳科学の権威であるノーマン博士は、大学で脳の使用率について話をしていました。

ノーマン博士は人間の脳は約10%しか使用されておらず、イルカだけは20%使用されているといいます。

またもし40%使用できれば他人を操れるようになり、100%使用することはもはや創造の範囲を超えていると持論を述べました。

しかしのちに、ルーシーの身に想像を超えた出来事が起きることになるとはこのとき誰も思ってもみなかったのでした。

・覚醒を遂げるルーシー

ルーシーはチャン氏の手下に腹部に蹴りを入れられたときに体内に入っている麻薬の袋が破れ、麻薬が体内に流れ出してしまいます。

ここで麻薬の影響で覚醒したことにより、見張りの男を倒して、地上へと脱出することに成功。

地上で銃を奪い取ると、病院へと向かいました。

そこで手術中の患者を銃で殺害すると、医者に埋め込まれた麻薬を取り出すよう懇願。

なんとか麻薬の袋を取り除くことはできたものの、麻薬の半分は体内に吸収されていて、ルーシーは自分の命がそう長くないことを悟ります。

するとルーシーはノーマン博士に電話をかけ、12時間後会いに行くことと自分の知識を全て与えることを約束しました。

その後ルーシーは残された3人の運び屋の居場所を突き止めるべく、再びチャン氏のもとへと戻り、チャン氏を襲撃。

チャン氏の脳内の情報から3人がベルリン・パリ・ローマにいるということをキャッチしたのでした。

【 ネタバレ 】

・チャン氏との格闘

病院で問題を起こして指名手配中だったルーシーはフランス警察のデル・リオ警部に電話をします。

ルーシーから指示を与えられた警部は3人の運び屋を逮捕することに成功。

その間も覚醒をし続けていたルーシーでしたが、パリへ向かう飛行機の中で倒れて病院に運ばれます。

事情を聴くために駆け付けた警部はルーシーに銃を向けますが、一瞬で手下を倒され、自らの銃弾が落とされていく様子を見て呆然。

結局警部はルーシーに連れられて、3人の運び屋が持っている麻薬を回収しに行くことに。

しかしこの様子を見ていたチャン氏の手下がチャン氏に密告をしたことで、ルーシーの行動が明らかにされてしまいます。

その後運び屋の3人が移送された病院にチャン氏一味が向かうことを知ったルーシーは、警部とともに病院へ向かいました。

手下たちは逃走しようとして失敗。

銃ともども手下たちは天井に浮かび、なす術のなくなった手下たちをよそにルーシーは運び屋が持っていた麻薬を持って病院を後にしました。

・結末

一方その頃ノーマン博士は、同じ分野の研究者たちを研究室に集めていました。

そこへルーシーがやってきましたが、チャン氏と手下たちが後を追いかけてきて研究室を取り囲んでしまいます。

ここでルーシーは、ノーマン博士に100%覚醒したタイミングでコンピュータを作ってそこに自らが持っている知識を全て取り込んで渡すことを約束しました。

徐々にチャン氏一味がルーシーのもとに近づいてくる中、着々と準備を進めるルーシー。

そしてチャン氏がルーシーの背後まで迫った瞬間、遂に100%覚醒してルーシーは消えてしまいます。

ルーシーの居場所を尋ねるチャン氏を警部が銃殺し、どこへ行ったか聞くと、「I am everywhere.」(私はどこにでもいる)という答えが返ってきたのでした。

【 登場人物紹介 】

ルーシー (スカーレット・ヨハンソン)

ノーマン博士 (モーガン・フリーマン)

Mr.チャン (チェ・ミンシク)

ピエール・デル・リオ (アムール・ワケド)

【 Twitterでの反応 】

https://twitter.com/KATUPITI/status/1259790466272223232

【 こんな人におすすめ 】

・アクション映画が好きな人

・ハラハラするストーリーを楽しみたい人

・外国映画に興味のある人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

女性50代
女性50代

普通の女性であったルーシーが、ひょんなことから密売に巻き込まれていく、という所まではよくある話と思いましたが、気がついたらお腹にある薬を埋め込まれていたという怖い展開に、段々とその話の重厚さに引き込まれて行きました。

今回のルーシーに降りかかった災難は凄まじく、腹部を蹴られた事でまさかの体内でその薬が出てしまうという最悪の事態に、どうなってしまうのかハラハラして観ていました。

普通なら過剰反応で亡くなってしまいそうですが、そこからが面白い所で、彼女の脳が通常では考えられないくらいに活性化してしまった事です。

人の脳は普段はせいぜい10%くらいしか使われていないという話ですが、もしそれが100%活性化してしまったら、人間はどうなるのかを視覚化してくれていて、フィクションとは分かっていても、急激に動きも活性化していてアクションも迫力があったり思考力も凄まじいものがあり、もしそんな風になってしまったら怖いなぁと思いつつ、見入ってしまっていました。

脳科学の権威ノーマン博士の頼りがいのある存在感も感じられ、博士とルーシーとのやりとりも興味深かったし、何といってもルーシーの最後(きっと最期ではなさそう)のシーンは量子的な表現で圧巻でした。

感想はここから見れます
女性40代
女性40代

脳にはまだまだ開発の余地があり、自分で使っていかないといけないと思わせられた映画です。

主人公ルーシーは、クスリの運び屋の片棒を担がされ、クスリが体内に広がる様子で、脳の開発レベルが決まるというユニークなストーリーです。

ともすれば、クスリをいい方にとらえがちになってしまうとよくないかと思いますが、何かをきっかけにして、脳が覚醒するとすれば、いいかもしれません。

常人は脳を10%程度にしか使っていないということですが、これ以上開墾されるとどうなるのでしょう。

体とのバランスが崩れてしまうのでしょうか。

可能性を秘めていると思いたいですが、無理は禁物なのかもしれませんね。

未来には、脳の能力を最大限に生かせることが起こるのでしょうか。

男性30代
男性30代

人間は脳を10%しか使っていない。もし、リミッターが解除され、100%使うことが出来たら……。
本作はそんな仮説に真っ向から挑んだ野心作です。しかし、まあ、トンデモ映画でしたけどね(笑)
途中まではかなり面白かったです。脳の使用量28%あたりまでは。この先どうなっちゃうんだろ⁉っていう期待感があったので。
でも、どんどん現実離れし過ぎた明後日の方向へストーリーがすっ飛んでいくに連れて、興奮も冷めていってしまいました……。
映像表現はスゴイので観れないワケではないのですが、面白くはナイので残念でした。
韓国からチェ・ミンシクを悪役として呼んでいるのは個人的には大きな見どころでした。韓国バイオレンスムービーのファンとしては、両手血まみれでミンシクが出て来た時は軽く喝采を上げましたね。結局そこがイチバンの見せ場でした。

女性50代
女性50代

あまり常識にとらわれず自由な発想でサイエンスファンタジーとアクションを楽しめる作品です。

ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)が脳の潜在能力を高める薬の投与により、普通の女の子から特殊部隊並みの女性に、そしてスーパーウーマンへと進化を遂げながら、薬に絡んでルーシーを付け狙う韓国マフィアのボス・Mr.チャン(チェ・ミンシク)とのエキサイティングな銃撃戦や、アッと言わせる白熱のカーチェイスなど息詰まる活躍を繰り広げてくれます。

しかしその反面で、脳が目覚めれば目覚めるほど人間性が失われて行く虚しさと哀しさがルーシーの表情や行動からひしひしと伝わってきます。

ルーシーが頼るノーマン博士(モーガン・フリーマン)は落ち着いた人柄と脳科学者の立場からルーシーの変化を受け止め、同時に脳の進化についての発言などがストーリーを分かりやすいものにしてくれています。

クライマックスでは、ルーシーがスーパーウーマンを超越してしまい、人間として存在しなくなると言うちょっと考えさせられる展開に行きつきます。

女性20代
女性20代

この映画はとても柔軟性があり、鑑賞する人に衝撃的なイメージを与えます。

人間が脳を使える割合についての事実に基づいてのストーリーなのに、フィクションのように感じてしまう点が興味深くておもしろいです。

非現実的なSF的な部分もあるストーリーですが、全体的なアイディアが他の映画と違いとても魅力的です。

ちょうど良い量の哲学や科学的な要素も織り込まれています。

アクションシーンは非常に爽快でよくできています。

主人公を演じるスカーレット・ヨハンソンはこの映画を通して自分の能力を開発し、成長していきます。

この映画は彼女のカリスマ性、弱さや強さ、演技、映画を通して全てを引き立たせています。

ラストは生命や自分の存在意義や知識について考察できるので、観賞後はとても想像力が豊かになります。

【 まとめ 】

「LUCY」は主人公のルーシーが覚醒を遂げて当初とは別人のように生まれ変わる姿が印象的な映画です。

主演を務めるスカーレット・ヨハンソンの迫真の演技にもぜひ注目してみていただくといいでしょう。

人間の脳が100%覚醒したらどうなるか、という常識ではありえないようなストーリーだからこそ楽しめる映画です。

ハラハラドキドキを味わえる映画でもありますので、SF映画が好きな方やフランス映画に興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました