おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

呪術廻戦 1話見逃し動画(アニメ)無料でフル配信・視聴する方法

呪術廻戦 アニメ

C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

第1話「両面宿儺」(2020年10月3日)

人よりも桁外れに高い運動神経と能力を持っている虎杖悠仁は、親代わりに育ててくれた祖父が亡くなった日に病院で呪術高専1年生の伏黒恵に声をかけられます。

彼は先輩から「呪物」を回収してくるように頼まれており、虎杖悠仁が「呪物」を持っていることに気付き返してほしいと頼みます。

「呪物」は虎杖悠仁の先輩が持っていて、彼らが封印を解いたために化物が出てきてしまいます。

彼らを救うために虎杖と伏黒は助けに向かいます。

※あらすじ・ネタバレは下の方へ

アニメ『呪術廻戦』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、アニメ『呪術廻戦』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

TVアニメ『呪術廻戦』PV第1弾
TVアニメ『呪術廻戦』ノンクレジットOPムービー/OPテーマ:Eve「廻廻奇譚」
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、マンガ『呪術廻戦』をお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

マンガもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

 

アニメ『呪術廻戦』

アニメ『呪術廻戦』第1話あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

虎杖悠仁は目が覚めると椅子に座りながら縄に縛られていました。

目の前には五条悟という男がいて、

「今の君はどっちかな?」

「君の秘匿死刑が決定した。」

とニヤっと笑いながら告げる。

場面は変わり…

古いアパートの一室で虎杖悠仁は電話をかけています。

親代わりに育ててくれた祖父が入院している病院に電話をし祖父の様子を看護師に尋ねると、電話の向こうから祖父の怒鳴り声が聞こえてきました。

祖父はお見舞いに来て欲しくない様子…。

「夕方にまたお見舞いに行きます。」と看護師に告げて電話を切りました。

その夜、虎杖の通っている杉沢第三高校に「特級呪物」を探しに伏黒恵がやって来ます。

「特級呪術」が入っていると聞いていた百葉箱の中を見てみると何も入っていません。

何も入ってなかったことを指示をしていた五条悟に電話で伝えると「見つけるまで帰ってこなくていい。」と言われてしまい、何が何でも探そうとします。

次の日、虎杖は所属しているオカルト研究会に参加していました。

部員は女性の佐々木先輩と男性の井口先輩の3人だけ。

虎杖は運動神経が誰よりも発達していて身体能力が高いため、運動部から多数の声がかかっていましたが虎杖はオカルト研究会の空気が気に入っていて見向きもしていませんでした。

しかし、部を継続するための条件は3人以上部員がいることが必須である中陸上部の顧問が勝手に虎杖を陸上部に書き換えたため存続の危機に…。

陸上部の顧問と対決をして勝てば認めてもらえるということで2人は勝負をし、圧倒的な強さで勝った虎杖は無事オカルト研究会に残ることができました。

その帰りに祖父のお見舞いに行くと言って走って行った虎牧とすれ違った伏黒は虎杖から「特級呪物」の気配を感じ追いかけて行きます。

祖父の病院に花束を持ってお見舞いに行った虎杖に祖父は

「お前は強いから人を助けろ。」

と言葉を残しそのまま帰らぬ人となってしまいました。

虎杖が祖父の手続きをしていると伏黒が現れて「特級呪物」のことを話し始めます。

【 ネタバレ 】

伏黒は「特級呪物」が危険だから返してほしいと言いますが、虎杖は自分が持っているのは箱だけで中身は先輩が持っている。今日の夜にお札を剥がすと言っていたと伝えます。

伏黒が「特級呪物」はとても危険で2人は死ぬと告げると伏黒と虎杖は学校へ向かって行きました。

2人が駆けつけた時にはもう先輩達は襲われていて命の危険もある状態…。

伏黒が助けに行きますが1人で苦戦をしている時に虎杖が助けに入り危機一髪で先輩達を救うことができました。

特級呪物は両面宿儺の指で伏黒に渡そうとした瞬間、先ほどよりも強力な化け物が出てきて奪おうとしてきます。

虎杖は化け物に渡したくないと思い、思わず両面宿儺の指を食べてしまいました。

虎杖は両面宿儺に身体を支配されてしまいましたが、虎杖は取り戻そうとします。

その様子を見た伏黒は「お前を呪いとして殺す。」と宣戦布告します。

【 登場人物紹介 】

虎杖   悠仁   (榎木 淳弥)

伏黒 恵            (内田 雄馬)

五条 悟            (中村 悠一)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・アクションアニメ好きな人

・スカッとするアニメが好きな人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
女性20代
女性20代

アニメの最初に知らない人から死刑宣告されていてびっくりしましたが、一気に作品がどうなっていくのか興味がわきました。主人公が人並外れた運動神経を持っており、めちゃくちゃなことを言う陸上部の顧問と入部するかしないかをかけて勝負するところが面白かったです。しかも世界記録ばかりたたき出すのでどんな高校生だよ!と笑ってしまいました。
見どころはおじいちゃんがなくなってしまうシーンです。頑固で正確が難しそうなおじいちゃんが孫の主人公にかける言葉が切ないし、今後彼に影響していくことになるんだろうなあと思いました。おじいちゃんの言葉を思い出して部活の仲間を救おうと奮起するところも素敵でした。

またもう一点の見どころが、敵である化け物を素手で主人公がある程度ダメージを与えられるすごさです。ただの人間じゃないのかなあと思いました。今後作品が進むにつれその点もわかるといいです。

最後はすくなの指を食べてしまい死ぬことはありませんでしたが、人格が変わり強さを手に入れました。それで終わり、しかも最初の死刑宣告も触れられずに終わったので2話がすごく気になる展開で終わりました。
次回に期待させてくれる点もまた良いなあと思いました。

女性20代
女性20代

まず、絵がとにかく美しく見とれてしまいます!

呪霊の表現の迫力が凄く、普通だったら生々しさに気持ち悪くなってしまいそうな所が、絵の美しさでカバーされており魅力的にさえみえる様になっていて驚きました。

この作品は独特の世界観で進んでいくので、聞き馴染みのない単語が多く出てきましたが、主人公が呪術に関する知識が一切ないという人物で、呪術師のキャラクターが主人公である虎杖に説明を挟んでくれていたので、漫画を読んだことがなく、アニメから呪術廻戦を観る私の様な人にもすんなり頭に入ってきて分かりやすかったです。

各作品にはそれぞれテーマがあると思うのですが、この作品はテーマの根幹に1話から分かりやすく触れている様な気がして、新鮮味を感じました。

何故かというと、虎杖の祖父がまさかの1話で亡くなるのですが、その祖父からの願いである「正しく死んで欲しい」という言葉を虎杖が行動の基準にしているということが1話の時点でかなりはっきりと描かれているからです。

作品のテーマが初めからなんとなく分かる作品は多くありますが、ここまではっきりと、且つ「死」という重量感のあるテーマを取り上げられていることは珍しいと思います。

この先、虎杖がどんな正しい死を掴むのか、はたまた正しい死を選ぶことなんて出来ないのか、どの様な展開になっていくのか楽しみに観ていきたいです。

男性20代
男性20代

アニメ呪術廻戦は週刊少年ジャンプ連載中の原作があるということで
同じく連載中でアニメ化している銀魂や僕のヒーローアカデミアなどが好きだったので
期待していました。原作と比べて若干省いて制作されていた第1話ですがかなり想像以上の面白さでした。まず作画が原作のデザインを忠実に作られていた。その上アニメーションというところで原作の良さを原作以上に引き出しているんじゃないかと思いました。

特によかった点が3点あります。
まず1点目は作画の完成度です。
ストーリーの主体となるのが呪いということで敵として出てくる呪霊の作画が原作では線が太く全体的な作画のバランスと若干違う描かれ方をしています。
しかしアニメーションではデザインは原作に沿っているがその他の画とのバランスが上手く取られていてとても見やすくなっている。

2点目は主人公虎杖の祖父が亡くなるシーンは原作よりもシーン自体が長く
虎杖の今後の道を決定つけるのにわかりやすく感動しました。

3点目は戦闘シーンです。
原作も戦闘シーンは迫力があるバトルものですが昨今の技術進歩も相まって
迫力ある戦闘シーン、主人公虎杖の中にいる両面宿儺の凶悪さをひしひしと感じる素晴らしい完成度でした。

男性30代
男性30代

私は心霊ものや怖いものが苦手なので、こういうアニメやドラマなどは避けがちなのですが、『呪術廻戦』は友人がすすめてくれたので、観てみました。
第1話は、主人公の虎杖悠二が属するオカルト研究会のメンバーが特級呪物『両面宿儺』の指を手に入れてしまったがために、この世ならざるものに襲われてしまうというホラー展開でしたが、主人公の明るさや守るためのものに対する直向きさに目を引かれているうちに、あっという間に観終わっていました。
特に、この世ならざるものに襲われていた『オカルト研究会』を助けるため、特級呪物を回収するために現れた伏黒恵のピンチにも怯むことなく、敵に立ち向かっていき、さらには特級呪物『両面宿儺』の指を食べてまでも自分の守りたいものを守ろうとする姿がすごく良かったです。
それから、主人公『虎杖悠二』の体を介して受肉した特級呪物『両面宿儺』の声を演じている諏訪部順一さんの声が、両面宿儺の態度の不遜さや規格外の強さにぴったり合っていて、あっという間に両面宿儺に魅せられてしまいました。
「呪いの王」と称されるほどのとんでもない呪いとされている両面宿儺の不気味さや、得体の知れなさにぴったり合っていて、これからのアニメ放映がとても楽しみです。

女性40代
女性40代

タイトルからして昔の忍者ものかと思っていたら舞台は現代の宮城県の高校でオカルト研究会に所属している高校生が主人公。

部員の必要定員に達しないことや活動実態のないクラブという名目で廃部の危機に瀕している。

主人公は運動能力に長けているらしいが興味がなく唯一の家族が入院していてその世話を優先したい様子で、いきなり唯一の肉親が亡くなるとか原作未読だと物語の世界観には入り込みにくいかもしれない。

まったく物語の内容を知らない人間からすれば導入部の説明があまりわかりやすくないように思えます。

セリフも説明つきの字幕がないと理解が難しいのかもしれないと思いました。やや強引に話が唐突に進んでいる印象を受けます。

部員の先輩たちを助けるときに言っていた間違った死に方や正しい死に方っていう表現も何かひっかかるんですよね。

生き死にし理想は持ってたとしても選択できることは少ないんじゃないかと。

謎に思う部分をやや多めに含んでいることから、この色々なハテナの回収をどうしていくのかということ次第で続きが気になる人が出てくるかもしれません。

呪術師の役割もなんとなしにもう少しわかりやすい描写か説明があれば、理解できたうえで楽しめたかもしれません。

声優さんについて特に違和感を思わせるようなキャスティングミスなどはないと思いました。

主人公は切り替えが早くてドライめな性格なのかなという感じでしたが、家族が死んだとき悲しいより寂しいという感想には個人的に共感を持てました。

男性20代
男性20代

呪術廻戦1話を見終えて、まず初めに原作を読んだことがあったので、ある程度この人物はこんな声だろうなというイメージがありました。

1話で出てきたキャラクターはみんなイメージに近い声優さんがやられていたため、違和感なく見ることができました。

中でも主人公の虎杖悠仁の声は呪いの怖さもわかりつつ立ち向かっていく反面、優しさも伝わるような性格が声にも出ていたように感じます。

ストーリーでは初めに主人公が目覚めると知らない人物が目の前にいて処刑されそうになってしまうという謎のシーンから始まり、今後の展開が気になるような伏線があり初めから惹きつけらました。

この作品の見所でもある呪いのおぞましさや呪術を使っての戦闘シーンも面白く、気味の悪いと思えるような呪いの声や術を出すエフェクト、動き回って戦う戦闘シーンはとても迫力があり見ててヒヤヒヤしました。

ジャンプコミックスの作品ならではの普通の主人公がある日、特別な力を得て様々な敵と戦っていくという物語ですが、この作品の1話では主人公が危険な力を得てしまい味方と対立するシーンもありどうなってしまうのか、また冒頭にあった処刑されてしまうに至った経緯はどういうものなのかと、続きが気になる締め方でとても面白かったです。

女性30代
女性30代

何か新しいアニメが始まったらしいなと何気なく見始めました。始まりから目を覚ました少年におはようと言う目隠しをした白い髪の男性がかっこよすぎてこれはハマるなと確信しました。

その後にすぐオープニングへ、このオープニングもまたお洒落です。今のアニメは本当にオープニングが洒落てます、何回も観ちゃいました。

映像もすごく綺麗ですし、やっぱりキャラがカッコいい!非常に期待できるオープニング映像でした。
ストーリーは主人公である高校生、虎杖悠仁の日常から始まります。

身体能力が高い主人公と学校での心霊現象研究会という部活の様子、虎杖のお爺さんの死などが次々と描かれ非常にスピーディーに進む印象を受けました。

そこから呪物、呪いという物の説明がありなるほどそういう系の話か、とアニメをあまり観ない私でも話の流れも内容もすごく分かりやすかったです。
肝心な戦闘シーンではスピード感がすごいですし、とても迫力がありました。これは今後も派手なアクションシーンがどんどんありそうで期待できますね。
最後は呪物というすごくヤバそうな物を主人公が食べるという驚きの展開が。

ここは本当に驚きました。

どうなるのかハラハラしていると乗っ取られてしまったと思いきや、意識を取り戻したりとすごい展開に。そのままあっという間に1話が終わってしまい、本当に続きが気になる終わり方でした。
これは絶対に毎週放送が待ち遠しくなるアニメで間違いないです。

男性30代
男性30代

呪術廻戦をみたきっかけはただ単にオーソドックスなアクション系のアニメだと思って見ましたが主人公が健常人では考えられない身体能力に加えて頭は一般的な考え方をしているところが体育会系男子に対してすでにそそられる内容になっています。

またあまりにも無謀な善人者で爺ちゃんの言うことはしっかりと聞く、根っからの爺ちゃん子でもあること。

爺ちゃんが亡くなる最後の言葉にはこれから先、話が進むにつれて大きな意味をもたらすと感じました。

案の定、スクナの指を食べてあまりにも強くなってしまいます。

普通で考えたらあんな化け物じみた指など食べたいとは全く思いませんがそれがきっかけで今後の展開がさらに期待させてくれると思いました。

第一話の掴みどころは主人公を強くさせてくれるパートナーと指導者の存在にもあります。

まず、アニメで大事なことは絵がたるいと見たくありませんが味方役として出て来る登場人物が現代の若者っぽい風貌ではあるが中身がしっかりしていてかっこいいとすら思わせます。

ここ最近のアニメ(漫画)の流行りか氏名が簡単には読めないところが読者をさらに夢中にさせます。

気に入ったアニメの登場人物の名前は覚えたくなる物です。

女性20代
女性20代

元々原作から話題ではあった「呪術廻戦」がアニメ化をするとの事で気になったこともあり、1話を観ました。

オープニングは歌い手として活躍していた、Eveさん。疾走感があり、1話では登場しないキャラクターもたくさん出てくるのでこれからのアニメの展開が気になります。

今後活躍するであろうキャラクターが様々出てきて、ビジュアルも良かったので観続けてみようかな、と視聴者の興味をそそります。

1話は学生生活のストーリーが主でした。

学園生活の中、部員の少ないオカルト部に所属している主人公とその先輩達。

百葉箱の中にあった謎の小包を拾ってから、ほのぼのとした学園生活から一転し展開がホラーチックになります。

夜の学校の部室でその小包を開こうとしていた先輩達が何者かの妖怪に襲われてしまいます。

主人公はそこで活躍し、謎の少年と一緒に妖怪に立ち向かいます。

そして小包の中に入っていた「妖怪の指」をまさかの展開、主人公が食べてしまいます。

物語はそれからスタートするようですね。

妖術に耐性のある主人公がその指を自らの身体に収め、ケロッとしている表情に周りの人物は驚きます。

エンディング曲もストリート系の様なお洒落な仕様になっています。

これからの展開が総じて楽しみです。

女性20代
女性20代

アニメで放送されると知ってから原作で下調べをしておこうと思って原作を読んでからアニメに挑みました。

みんながすごく絶賛していたのですごく興味があったのですが、みんなが絶賛する気持ちがすごくわかるおもしろい作品だなと思いました。

マンガで読んでいた時は色がついていないし声も全く分からなかったのでそういう点でもいろんな楽しみ方が出来ました。

思っていたよりも伏黒がお目目がパッチリでまつ毛が多かったのには驚きましたがかわいいなと思いました。

あとは両面宿儺が思っていたよりも体に悪そうな色をしていたし絶対に腐ってるだろうなと言う見た目だったので驚きました。

それをなにも嫌がることがなくぱくって食べた悠仁はすごいなと思いましたし、その潔さはどこから来ているんだとすごく不思議に思いました。

原作よりもおじいちゃんが亡くなるのが一瞬の出来事すぎて驚きました。

あんなものが学校にあるなんて考えたら怖いなと思いましたし、呪物も見た目が気持ち悪いものばかりで女性人気が出るのかなと思っていましたが、周りの友達とかもみんなはまっていると言っていたので男女みんな好きになる話なんだなと思いましたしこれからの展開がすごく楽しみになりました。

【 まとめ 】

最初のシーンが意味深で虎杖が悪者なのかなと思いましたが、よくよく見ていくとおじいちゃん想いの良い子で見る目が変わりました。

身体能力の素晴らしさから祖父に「誰かを助けろ。」と言われていたシーンは感動しました。

まさか祖父があんなにすぐに亡くなってしまうとは予想外でしたが、これも何か意味がありそうな気がしました。

化け物のシーンはエグイですが身体を乗っ取られてしまった虎杖がどうなっていくのかが楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました