天才同士が織り成す前代未聞のラブ・ゲーム、ここに勃発!? 映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』

邦画

 今回ご紹介するのはこの映画!

「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」は、現在も週間ヤングジャンプに連載している人気漫画を実写化した作品です!これほどまでに恋愛心理戦をリアルに描写した作品が、他にあるでしょうか!?

『先に告白してしまった方が負けだ』という、お互いを意識するあまり余計に変な方向に進んでしまう、頭脳明晰だけど変わり者の2人を、大人気ジャニーズグループ「King&Prince」の平野紫耀、そして今や全国民が認める、日本が誇る美少女の橋本環奈が演じます。誰もが認める美男美女ですね。羨ましい。

その他にも、佐野勇斗、高嶋政伸、浅川梨奈、池間夏海、佐藤二朗などベテランから個性派俳優まで出演。原作ファンを裏切らない、忠実かつオリジナリティも併せ持った今作。

世の中の恋する男女が誰しも思う、「相手から告白させる」とっておきの方法も、この映画を観れば習得できちゃうかも?

この記事を読んで興味を持たれた方、気になる異性に告白されたいあなた!是非、動画視聴サービスを使って見てくださいね!

映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』のあらすじ

将来有望なエリートが集まる私立・秀知院学園に、頭脳明晰、完璧超人の生徒会長である白銀御行(平野紫耀)と、こちらも頭脳明晰、学園一の美少女であり財閥の娘である副生徒会長の四宮かぐや(橋本環奈)が在籍。2人は互いに卓越した才の持ち主同士、惹かれ合うのですが、人並外れて自尊心の高い両者は、告白をするどころか、「相手から告白させるにはどうすべきか」という駆け引きを繰り返しては失敗ばかり。

結局お互い素直に告白できないまま、月日が流れていきます。

「告白したら負け」というとんでもない固定観念に取り憑かれながら2人はそれぞれ頭脳を駆使し、相手に先に告白させるべく頭脳・心理戦を繰り広げます。

果たして2人の恋の行方は!?そして先に告白するのは!?

https://youtu.be/hLFGwyE0wm8

映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』の登場人物紹介

 ・白銀御行(平野紫耀)

とにかく四宮かぐやに「告らせる」べく奮闘する天才。頭脳明晰で成績は常に学年トップで、生徒会長としても生徒のトップに君臨する。

・四宮かぐや(橋本環奈)

とにかく白銀御行に「告らせる」べく奮闘する天才。文武両道で大財閥の令嬢である。美貌の裏で相手の心理を操作する器用さも併せ持つ。

映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』の主題歌

King& Prince  「koi-wazurai」

恋愛模様を描いたラブソングで本作品にどハマりしている主題歌です。

映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』見どころ、感想

女性
女性
見て一番印象に残ってるのは、2人の駆け引きです。
好きって言いなさいよ。と心の声w
お互いに言わせたい、自分からは絶対好きとも、どこかに一緒に出掛けようとも言えないプライドの高さ。
一番面白かったのは、映画に行くか行かないかのところでした。
ただでさえ、2人が好きな私からすると2人とも可愛く見える反面、早く言っちゃえばいいのに…とじれったい場面も…
2人ともプライドが邪魔をしてすれ違う場面もあり、違うっ!!と思わず声を出すほどでした。
最終的には、いい終わり方だったので良かったですが
私は、変なプライドは捨てて
素直にいくことって、大事だなと2人に教えてもらいましたw
見たことない人には、1度見てもらいたい一作です。

女性
女性
平野さん演じる白銀と橋本さん演じる四宮は、文武両道で完璧なのに恋愛にだけ不器用で、お互い好意を持っているのにプライドがあって進展しないという歯がゆさと、相手に告白させるための頭脳戦を繰り広げる場面がみどころです。
また、心の声、心情を映像として表現されている場面が多いので、そこも他の恋愛映画とは違いみどころの一つです。
映像としては、平野さんと橋本さんが美男美女でとても綺麗でした。漫画が原作だからか全体がすこぐ可愛らしくコメディータッチで描かれていて思わずくすっと笑ってしまう場面も多く、映画館でも所々笑い声が聞こえていました。
また、脇を固める生徒会室のメンバーやご家族など個性的なキャラクターが多くで面白さを添えています。

女性
女性
平野紫耀と橋本環奈という最強すぎる美男美女コンビの映画です。
天才だけど恋愛に不器用な二人の駆け引きは、無駄に頭使ってお金を使って、周りくどすぎて面白かったです。橋本環奈扮する四宮かぐやのお嬢様ぶりはスケールが違いました。ラブコメディですが、少女漫画のキュンキュンというよりはギャグ漫画の要素も大きかった印象です。
二人の顔面が強すぎて、さらにキャラの強烈さも相まって写っているだけで迫力を感じました。
原作漫画は読んでいなかったので、どんな展開になるのか楽しみながら見ることができました。
映画では二人の頭脳戦に決着はついていなかったので先が気になりますが、アニメ放送もしているそうなのでそちらも見てみたいと思っています。

女性
女性
タイトル通り、告白させるべく色々と仕向けていく駆け引きが見どころだと甘います。
観ていて「その流れで好きって言うだけやん」と思う場面も多々ありましたが、少し捻くれた恋愛映画で楽しめます。
設定がお嬢様と貧乏人でしたが、あまり家柄という部分に縛られる事なく話が進んでいき、デートに誘わせる為に必死という部分が学生の恋愛なんだなとほっこりとしました。貧乏人がお嬢様に寄せていくのではなく、お嬢様が寄せていっていた部分がとても好感をいだきました。
カップルになる恋愛も思い出になりますが、この映画のような実るようで実らない恋愛というのもまた思い出になると思います。そういう甘酸っぱいシーンもたくさんあるので楽しんで観れました。

女性
女性
プライドが高すぎるあまりに相手に告白されたいと思っている天才なのに頭が悪い二人の物語です。二人の攻防戦を気軽に見れるのでおすすめです。
この映画を見て思ったのは考えすぎて深読みすぎるあまりに動けなくなってしまうことがあるのですが、心のままに動くことも大事だと感じました。
恋愛のむずかしさをもっと難しくしている二人が本当に面白くギャグもあるので楽しく見ることができます。
藤原書記のバカすぎる行動が面白いですが声がぴったり合っていて演技力も上手なのでぴったりです。
原作と違って設定が少し変わっていたり原作を見る前に映画を見ていた方がかなり面白いです。もう少しだけ知識的戦略もあったほうがもっと面白くなっているような感じがします。

女性
女性
お互いのことが好きすぎて素直になれない二人を見ていると、もやもやすることが多く、もっと正直でいればいいのにな!と思うシーンがたくさんありました。
今回は平野紫耀さんと橋本環奈さんという美男美女で主演されていて二人とも役がぴったりだなと思いました。
原作では目が細い会長も実写化では二重のイケメンのなっていてかっこいいなと思いましたし、かぐや様に関してはアニメから飛び出てきたのではないかと疑ってしまうほど似合っていて、とても可愛かったです。
お互いがお互いになんとか告白させようとして自分から告白するのは恥ずかしいと思っている姿をみていると青春だなと学生時代のことがふとよぎりました。
とにかくキュンキュンするシーンが多くて見終えた後もずっと幸せな気分になれましたし、二人が今後どうなっていくのか気になってしまい続きが見たいなと思うばかりでした。
幸せな気持ちの余韻がすごくて見てよかったなと思う映画でした。

女性
女性
見た目は完璧だったのですが、平野さんと橋本さんの声がハスキーすぎて気になるなと思いました。
見た目は原作さながらの完成度だったのでとても期待していたのですが、声が白金はイケボだしかぐやはかわいい声なのでそこがイメージと違って残念に感じました。
その分藤原書記と石上会計のクオリティが高すぎてとても感動しました。藤原書記は本当にそのままで違和感もなく一番印象に残っています。
話のチョイスも最後の花火をみるところはとても良かったのですが、他はその話をチョイスする?って思うものが多かったので残念だったなと思いました。

男性
男性
何と言ってもかぐや様役の橋本環奈の「お澄ましヒロイン」姿が心ゆくまで堪能できる点が素晴らしいです。役柄的に、決して内面を気取られてはならないという枷が嵌められているので、変顔ばかりやらされる作品の多い中、「1000年に一人の美少女」振りをあらためて実感できるオアシスとなっています。
高校の生徒会が舞台ですが、実務シーンはほぼ無い能天気な寸止めラブコメワールドが展開する内容なので、気楽な憂さ晴らしに持って来いです。
佐藤二朗の定番の脱線し続けるギャグも福神漬け的ないいアクセントです。アニメ版の主役声優の古賀葵がカメオ出演しているなど、メディアミックスされている他媒体作品との比較も楽しめ、原作を知らなくてもOKな間口の広い作品となっています。

女性
女性
今や超人気絶大、イケメンで歌も踊りもなんでもこなすKing & Princeのセンターエースの平野紫耀くんが主演のかぐや様は告らせたい〜天才達の頭脳戦〜は、平野紫耀くんピッタリの役で、相手役の橋本環奈ちゃんも可愛くて観ていて絵になる2人でした。
ストーリーは、好きなのに素直に好きと言えない2人の恋愛模様ですが、頭の良い2人は頭で恋愛してしまうので空回りで観ていてもどかしい気持ちになります。
生徒会メンバーも面白くて、ヨサコイを披露するシーンは笑いつつも涙が出てくる感動シーンでした。
ところどころにお笑いの要素も含まれていて映画館でも笑い声が聞こえてくる楽しい作品です。
ラストシーンで、平野紫耀くんと橋本環奈ちゃんがキスするシーンは自然で裏なんてないように見えますが、実は頭で恋愛する2人の作戦だったようで‥
笑いあり、涙あり、キュンキュンありの最高の映画です!

男性
男性
原作が漫画で、アニメで大人気になった「かぐや様は告らせたい」ですが、映画もまた同じくらい面白かったです。
なにより、キャストがとても良かったです。かぐや役が誰なのか気になっていましたが、大人気女優の橋本環奈さんで、その綺麗な容姿がぴったりでした。演じ方もお嬢様そのもので、動きの先端まで美しかったです。また、白銀役も平野紫耀さんでしたが、少し顔つきの悪いキャラクター性に合っていました。
ストーリーとしても原作やアニメの良さを充分に活かせており、わかりやすい独特な恋愛バトルがユニークで、ファンでも初見の人でも楽しめる作品だと思いました。
恋愛系の映画の中でも、どちらが先に屈服するかの戦いなので、また一味違った真新しい内容なのが最高です。

男性
男性
天才であるが故に、両思いなのにこじらせにこじらせ、一挙手一投足に策を巡らせる2人の恋模様に、思わず笑ってしまいます。
 その一方で、現実味のない展開であるにも関わらず、その恋路は思いの他初々しさ満点で、そのギャップにもやられてしまいます。
 平野紫耀さんと橋本環奈さんを始めとする役者さんたちもとても素敵な振り切った演技をされていますが、中でも特筆すべきは、やはり佐藤二郎さんでしょう。個人的には「コードブルーだ」がツボでした。
 何はともあれ、ラブコメ好きな人ではなくても楽しめるような素晴らしい作品です。

女性
女性
この映画の良いところは、原作から大きく外れず物語が忠実に進んでいくところです。
原作自体、短編完結でそれぞれの話が進んでいくため、今作でもひとつひとつの話がまとまって、積み重ねるように物語が進んでいきます。
でも、原作を知っているからといって映画の内容に退屈することはありません!原作から飛び出たようなキャラクターの2人が、恋の駆け引きの中で魅せる表情、仕草がとてもリアルでした。
登場人物1人1人の再現度も完成されたものがあり、シリアスな演技の中でも笑える要素がいくつもありました!
原作ファンのみならず、初めて「かぐや様の世界」に入る人も楽しめる内容でした。笑頭脳戦という名目ではありますが、至ってピュアな駆け引きだけなので、リラックスして観たい時にもオススメの一作です。

映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』まとめ

いかがでしたか?

今回は大人気漫画「かぐや様は告らせたい」実写映画版についてお話させていただきました。

現在恋愛進行中のあなた!この映画を観て、「相手に告らせる」技が身に付くかもしれません。

少しでも「観たい」と思ったら、是非動画サービスを使っての視聴をオススメします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました