おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ワイルド・スピード EURO MISSION】動画を無料で(映画2013)フル配信・視聴する方法

ワイルド・スピード EURO MISSION 洋画

(C) 2013 Universal Studios. All Rights Reserved.

『ワイルド・スピード EURO MISSION』はシリーズ第6弾でカーアクションも全くあせずにドミニクファミリーの団結も確認できる作品です。

カーアクションもさらに迫力があり今回はヨーロッパなので街並みもより楽しめます。

映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』だけです。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、映画『ワイルドスピード』シリーズをお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の『ワイルドスピード』シリーズもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

ブライアンとドミニクのカーレース

ミアの出産のために急いで2人は病院に向かいます。

それはさながら2人のカーレースです。

生まれた子供はジャックです。

ドミニクはブライアンに良い父親になると喜んでくれていました。

FBI特別捜査官からの依頼

モスクワで何者かに軍隊が襲われるという事件が起こっていました。

そこで「オオカミを捕まえるためにはオオカミがいる。まずは狩りだ」というと元女性警官エレナと静かに過ごしていたドミニクのところにFBI特別捜査官(ルーク・ホブス)が訪れてきました。

軍隊が襲撃をされたので検挙を手伝ってほしいと見せられたのはレティの写真でした。

それをみたエレナはこれが私の夫だったら生きている可能性が合ったら私なら行くとの言葉にFBI捜査官のルークの依頼を受けることにします。

はじめドミニクは一人でやるというと仲間を集めろと言われて、世界中に散らばったドミニクファミリー達が集められました。

息子との時間を楽しんでいたブライアンもレティが生きていることを知ると自分の責任でもあるといい参加することになりました。

今までとは違う手ごわい相手

いままでの警察や麻薬の売人とは違い今度の相手はとても手ごわい存在です。

黒幕オーウエン・ショウはかつて英国特殊部隊の元軍人でヨーロッパを拠点とする国際的犯罪組織を率いています。

ドミニクたちもあらかじめ車の部品を変えて強固なものにして挑みましたが、相手の車は攻撃機能も上回っていたのもあり対抗するのは難しいなかで必死に走行し激しい銃撃戦が行われます。

インターポールがアジトを突き止めるとそれを察知したオーウエンはアジトを爆破して逃走します。

銃撃戦の最中にオーウエンの仲間の危険を助けたのはあのレティだったのです。

ドミニクがそのレティに声をかけると彼の肩に向けて発砲して逃げたのです。

彼女がドミニクの存在に気づかなかったかというと記憶が失っていたからなのです。

ロンドンは犯罪者にとって最悪の場所

ロンドンはいたるところに警備用カメラが設置されているので犯罪人にとって最悪の場所です。

そんななかオーウエン達の車の情報を聞き出そうとするとオーウエンは仲間がいるにも関わらず襲撃し爆破します。

彼はドミニクと違いファミリーを大切にしない人なのです。

それでもオーウエンはレティのことを大切に思っていて彼女だけは失いたくないようでした。

ロサンゼルスの刑務所

ブラガの仲間に殺されそうになったレティがなぜオーウエンといるのかを突き止めるためにブライアンはブラガが服役しているロサンゼルスの刑務所に潜入します。

24時間以内に彼に聞くことができなければブライアンは刑務所から出れなくなるという危険があるなかなんとか聞き出したのです。

ロンドンでの公道レース

オーウエンに対する不信感を抱えるレティにドミニクは公道レースでの勝負を挑みました。

その時のドミニクのバックでの走行も、ロンドンバスをはさんでの走行も感動的です。

走りをみれば人間が分かるというとドミニクは記憶を失ったレティに昔のことを話します。

あの走りは君でたとえいやでも変わらないというとレティにネックレスを渡します。

【 ネタバレ 】

スペインのNATO基地

ホブス達はオーウエンのアジトを突き止めると軍事用のペンキを確認して彼らは基地を狙っているのだと突き止めます。

けれどそうではなくショーは輸送隊を襲うとわかったときには乗っ取られてしまいます。

それを阻止するように走り出すと戦車が現れて一般車両も巻き込みながらの大激戦となったのです。

走行中の戦車はケーブルにより動きをふさぐとドミニクはレティを助け出したのです。

輸送機での死闘

オーウエン達を逮捕した彼らがホッとしたのもつかの間、彼らはミアを人質にとりパーツを手に入れると基地の輸送機を強奪し逃亡を図ろうとします。

ドミニクとブライアンも輸送車に乗りこみミアを助けようと戦います。

トラップを打てば離陸できなくなるというとジゼルはトラップを打ちます。

輸送機の中では壮絶な死闘が行われていました。

死闘の末、オーウエンは滑走路の外に放り出されてしまいました。

輸送車の離陸を阻止しようと仲間たちは宙づりになりながらも戦います。

同じように戦っていたジゼルは自らの命と引き換えにハンを助けます。

離陸に失敗した輸送機は炎上しドミニクの無事が心配されましたがパーツを奪還し戻ってきたのです。

それによりドミニクファミリーは全員自由の身となったのです。

東京

東京にやってきたハンは渋谷でのカーチェイスを繰り広げているところに突如割り込んできた車と衝突し車ごと爆破炎上して亡くなってしまいます。

そのお様子をオーウエンの兄であるデッカード・ショウが見つけハンの車にレティのネックレスを投げ入れるとドミニクに電話をしました。

【 登場人物紹介 】

ドミニク・トレット (ヴィン・ディーゼル)

ブライアン・オコナー (ポール・ウォーカー)

ルーク・ホブス (ドヴェイン・ジョンソン)

レティ・オルティス (ミシェル・ロドリゲス)

ミア・トレット (ジョーダナ・ブリュースター)

ローマン・ピアース(タイリース・ギブソン)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・カーアクションの映画が好きな人

・ドヴェイン・ジョンソンの作品が好きな人

・車が好きな人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます

 

男性40代
男性40代

また、レディを探す為メンバー達が大集結。

ワイルドスピードシリーズは、回を追うごとにキャラクターがどんどん濃くなっていきますね。

どのキャラもそれぞれ個性があり素敵ですが…。

アクションシーンもどんどん派手になって行くし。

とにかく迫力満点です。

一番の印象深いシーンは中盤あたりの盛り上がりでドムが仲間を助けるシーンです。

迫真迫る描写で何度観ても迫力があります。

主に、今回は戦車と飛行機でしたね。

豪快というかなんと表現したら良いかとにかく圧巻です。

冒頭からのアクションの応酬でした。

ロンドン市街のカーチェイスに戦車とのカーチェイスに軍輸送機とのカーチェイス。

観る者全てを魅了する、あの迫力は何度観ても素晴らしい。

アクションシーンも圧巻ですが何よりもストーリーとしてファミリーの深い絆を物語っているところも大好きです。

とりあえずは拝見していてドキドキ感が全く止まりません。

ポールもヴィンもとてもカッコよかったです。

手に汗握る展開であっという間に観終わってしまうほどです。

まだまだ続くかと思うと、ゾクゾク感が止まりません。

何度観ても、スカッとする迫力のある作品です。

女性30代
女性30代

亡くなったと思われていたドミニクの恋人レティが実は生きていたという本作。

あのレティがっ!とそれだけでテンションがあがります。

また、本作は格闘とかも多くておもしろかったです。

警察官が、悪をやっつけるのに悪をぶつけるって始まりも王道だけどやっぱりおもしろいなと思います。

あんなやつになんで協力をなドミニクがいいです。

今回もカーアクションがはちゃめちゃでこれぞワイスピだなと思いました。

戦車を止めちゃったりして、彼らは怖いものなしですね。

また、仲間たちもたくさん集まったし、警察官もいたり、得意なことが違う人らが集まるのって楽しいなと思いました。

エレナのことを思うと、レティのことでがんばるドミニクはなんなんだって気もしますが、それだけレティは特別だったということでしょうか。深いです。

今回、舞台はヨーロッパということで、いつもの面々が別の場所で見られたのも楽しいし、最後にはアメリカに戻っていくというのも彼らの日常がこれからも続いて、また新しい映画が作られるんだなって感じでエモいです。

ドミニクは何があっても死なない、すごい無茶な作戦だって成功させてしまう、その不死身感がかっこいいし、深く考えず、はちゃめちゃアクションを楽しんで欲しい作品です。

男性30代
男性30代

これまでのこのシリーズのメインキャラクターであった、ブライアンオコナーとドミニクトレットの絶妙なコンビネーションが観れる最後のシリーズ作品となりつつあるのが印象深いものがまずありました。

シリーズ序盤から一番付き合いが長いためか回を増すごとに連携のとれた動きが非常にかっこよかったです。

いつもは単純なドレスアップした車ばかりのカーレースがよく観られますが今回は戦争に行くようなガチガチに守られた車も出てきたり車だけでなくて肉弾戦のシチュエーションが以前よりも増えていてカー映画というよりもむしろアクション映画さながらの動きに驚きがありました。

かつてはドミニク達ファミリーを取り締まる側であるはずだったホブス捜査官もいきなり序盤に職場をめちゃくちゃにされたあげく返り討ちのごとく入院レベルの大怪我を負っていたので今回は登場はないのかなあと思って観ていたらここぞという終盤のピンチな場面で勢いよく登場してきて最大の見せ場を演出してきたような形で個人的には救世主のようであれがなかったら全てが終わっていたかもしれない展開だったので一番好きな場面に感じられました。

また、作中にホブスの娘とのやりとりがありましたが刑事としてではない家族としての場面も今回はあって箸休め的な雰囲気もあってアクションばかりだったので良かったです。

女性50代
女性50代

ミアがお母さんになっていて、仲間たちもそれぞれ優雅な生活を送っていましたが、やはりホブスが現れた所からまた事件の匂いが出てきて、更にレティが生きていてい悪者とつるんでいるかもしれない話に、これから何が起こるのか興味津々でした。

ホブスは犯罪者と思っているドミニクらに、犯罪解決の協力を依頼してしてくるあたりは、やはりみんなの腕を認めているからだと微笑ましく思えました。

対して、元軍人で犯罪組織を率いているショウという人物は、クールな顔つきで頭も切れそうな雰囲気に強敵感満載でした。

彼の改造した車高の低い車がカッコよくドライビングテクニックもあり、市内でのドミニクらとのカーチェイスや銃撃戦もいつも通りの大迫力でした。

そして敵側に回ってしまって記憶も無くなっていそうなレティの謎と、敵側の動きをどう封じ込めるかダブルで楽しめる作品でした。

個人的にはホブスの女性部下のライリーが好きで、小柄ながらもその格闘技術は秀でていて目を見張るものがあります。

地下鉄での女性通しの戦いも、カーチェイスとはまた違った迫力がありました。

また、ショウの動きを止めるためにやってきた山岳地帯を走る道路では、なんと戦車まででてくるあたりはスケールの大きさも感じられ、車とのアクションも凄まじく目が離せませんでした。

【 まとめ 】

今回の『ワイルド・スピード EURO MISSION』はこれまでのカーアクションを超えるもので輸送機での死闘は特に観ものです。

ドミニクファミリーの絆の深さも確認できるので動画視聴してみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました