おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ドラえもんのび太の新恐竜】動画を無料でフル配信・視聴する方法

ドラえもんのび太の新恐竜 アニメ

(c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2006

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』予告編【2020年8月7日(金) 公開】

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 1026円 14日間 なし
  〇 1026円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年10月現在、映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみです。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

ドラえもんの映画シリーズで第23作品目に当たります。

あらすじ

・スネ夫の恐竜の化石

スネ夫はいつものようにティラノサウルスの化石を自慢していたとき、ちょっとした意地悪を受けたのび太は恐竜の化石を見つけると発言し、家でドラえもんに泣きつく。

しかし望んでいた言葉は得られずに自力で恐竜を探そうと勉強を始めるのをドラえもんは様々な形で眺める。

そして手に入れた知識から探そうとして、勝手に崖を破壊して怒られてしまい、お詫びとしてゴミ埋めようの穴を掘るように言われ、そこから卵のような石を手に入れる。

タイム風呂敷で過去に戻し、それはのび太の願望通り卵だった。

不審な様子で孵化させようとするのび太は心配されながらも孵化を進めて、孵化させて生まれたのは首長竜のフタバスズキリュウという種類の恐竜だった。

・ピー助

ピー助と名付け、育てて遊ぶようになるが彼はピー助を見せ物などにはしたくなかったため将来的には白亜紀の時代まで連れて行ってやることを約束する。

やがてピー助が成長し、押し入れでは育てられなくなり公園で育てるようになるのだがのび太が熱を出した際に見舞いに行き、ピー助の噂が広まり始めてしまう。

ニュースにもなり、捜索活動も始まろうとしていたのでのび太は白亜紀に返してやろうと決め、夜の多くの野次馬がいる公園でドラえもんの誘導している間にのび太はピー助を回収し白亜紀に移動する。

しかし黒マスクの男が彼らを襲い、それを逃げ切った二人はピー助を本来の時代へ帰してあげたのだがピー助を見せる約束を果たせず、ジャイアン達はのび太をからかう。

恐竜を育てた証明としてドラえもんに白亜紀のビデオを映してもらうのだがピー助が本来の生息地ではない場所にいていじめられてしまっているのを目撃するのだった。

ピー助を助けるために彼らはタイムマシンで過去へと移動することに。

ネタバレ

白亜紀に辿り着いたもののタイムマシンが壊れてしまい、修理する必要があった。

しかしのび太とピー助はすぐに再開し、修理が終わるまでは白亜紀で過ごすことになる。

修理は上手くいっておらず、彼らが帰ろうとしてもタイムマシンは壊れたままだった。

時間移動の機能はまだ残っているため、タケコプターで日本ののび太の家の位置を目指し移動していく。

徒歩で移動するときはドラえもんの道具のきび団子でティラノサウルスやオーニソミマスを仲間につけて移動を手伝ってもらう。

その後またタケコプターで移動するときにケツァルコアトルスという大きな翼竜達に襲われて、そこを救ったのが黒マスクの男でドラえもんは彼を珍しい生物を違法に売っているハンターだと見抜く。

男はピー助を引き渡すのなら日本まで送り届けると約束しその場を去り、大富豪ドルマンスタインの元へ向かった。

翌日ドラえもん達は黒マスクの男を出し抜き川を抜けようとするのだが見つかり、ジャイアンとスネ夫に加えしずかちゃんも捕まってしまい残りののび太やドラえもんとピー助は滝の下まで落ちてしまう。

捕まったジャイアン達を助けようと基地に潜入しジャイアン達が拘束されているコロシアムに辿り着くとティラノサウルスが出てくるのだがそれはきび団子で仲間になったティラノサウルスだったため、ドルマンスタインの方を攻撃するように指示をする。

次に戦いに来たスピノサウルスとの戦いで基地が壊れ始め、ピンチとなるがドラえもんはみんなを四次元ポケットに入れて危機を脱し、ピー助を仲間の元へ届けのび太はピー助と別れ現代へと帰るのだった。

\ 本編をチェック! 

映画『ドラえもん』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

ドラえもん (水田わさび)

のび太   (大原めぐみ)

しずか   (かかずゆみ)

ジャイアン (木村昴)

スネ夫   (関智一)

のび太ママ (三石琴乃)

のび太パパ (松本保典)

スネ夫ママ (高山みなみ)

ピー助   (神木隆之介)

妊婦    (倉田雅世)

ドルマンスタイン(内海賢二)

黒マスク  (船越英一郎)

Twitterでの反応

https://twitter.com/maguma_info/status/1305048691644882945

こんな人におすすめ

ドラえもん映画が好きな人。

アニメや漫画版のドラえもんしか見たことがない人。

こちらはリメイク作品で2006年の作品ということで子供だった時に見た人や子供と見た、もしくは友達と見たという人は多いはずです。

ピー助とのび太の別れのシーンは涙なく見ることは出来なかったという意見も多く、あの感動をまた体験してみたい人に視聴を是非お勧めします。

感想

感想はここから見れます

 

まとめ

リメイク作品ということなので昔のドラえもんのび太の恐竜をかつて見ていた人にお勧めしたい作品です。

他にも感動できるドラえもん作品を求めるならこれを挙げていきたいという作品でもあります。

ドラえもんを見たことがない人でも是非一度視聴してみてください。

ドラえもん映画シリーズ第40作品です。

あらすじ

・化石から産まれたキューとミュー

ある恐竜博で化石探索を体験していたのびた達は発見した岩石を職員に見てもらっていた。

のび太の持ってきたそれを見て驚愕する男をみて喜ぶのび太だったがそれはただの石頃だった。

のび太は思わず本物を見つけると宣言して走っていき、雑木林から卵の化石を発見する。

タイム風呂敷で卵の化石を本来の状態へ戻し、産まれた赤ちゃんは双子でキュー、そしてミューと名付けた。

のび太が世話を頑張ったおかげで彼らは正常に育ち、アクシデントはあったものの何とかなっていたが限界があるため本来の時代へキューとミューを返すことに。

時代を割り出したドラえもんとのび太はタイムマシンで出発する。

・白亜紀の歴史

白亜紀に到着した彼らはすぐにティラノサウルスに襲われともチョコで仲間に加えて乗り物として活用していく。

ジャイアンとスネ夫が洞窟を探検しているときに恐竜に襲われてハンターに救われたがその後潜水艦に拘束される。

しかし彼らは無事脱出し、のび太達に合流してキューたちの特訓を手伝う。

その後恐竜たちが滅ぶ時間が来て止めようとしたのび太は時空パトロールのジルやナタリーに止められて何もできずにただ見守り続けた。

しかしドラえもんが大陸を見ていると辺りがかつて落とした道具ではないかと気付き……

ネタバレ

ドラえもんはジュラ紀で落としたジオラマ模型から生まれた大陸へ誘導しようと空気砲を持って恐竜たちを誘導していく。

しかし途中でプテラノドンとぶつかってしまい、プテラノドンはそのままキューの方へと向かってくるがのび太が囮になった。

キューは空へ飛ぼうとして失敗しかけたがギリギリで空を飛び、のび太を載せる。

隕石の危機がのび太達の逃げた先に到達する前にドラえもんはみんなのいる大陸ごとワープさせる。

キューやミューが平和に暮らしているのを見て、のび太達は現代へと帰るのだった。

登場人物紹介

ドラえもん(水田わさび)

のび太(大原めぐみ)

しずか(かかずゆみ)

ジャイアン(木村昴)

スネ夫(関智一)

ジル(木村拓哉 )

ナタリー(渡辺直美)

キュー(遠藤綾)

ミュー(釘宮理恵)

こんなひとにおすすめ

ドラえもん映画が好きな人。

アニメや漫画版のドラえもんしか見たことがない人。

これは2020年公開のドラえもん映画シリーズで現時点では最新作品です。

最近のドラえもん映画を見たいという人やコロナ騒動で見れなかったという人は是非この機会に一度確認してみてください。

まとめ

コロナウィルスの問題で公開が延期された映画です。

タイミングがずれて忘れていたという人や見れなかったという人も少なくないはずなのでまだ見ていないという人におすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました