おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ワイルド・スピード MAX】動画を無料で(映画2009)フル配信・視聴する方法

ワイルド・スピード MAX 洋画

(C) 2009 Universal Studios. All Rights Reserved.

『ワイルド・スピード MAX』はブライアンとドミニクのカーテクニックだけでなく彼らのゆるぎない友情を確認できるアクション映画です。

映画『ワイルド・スピード MAX』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ワイルド・スピード MAX』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『ワイルド・スピード MAX』予告
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』だけです。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、映画『ワイルドスピード』シリーズをお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の『ワイルドスピード』シリーズもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『ワイルド・スピード MAX』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

ドミニカ共和国

輸送車から金塊(オイルタンク)を盗もうとしていたのはあのドミニクの仲間たちです。

あと1kmで下り坂になるといったギリギリのところで危険にさらされたものの仲間は助かったもののオイルタンクは炎上したのです。

ドミニク一味に警察の手は伸びていると知り仲間を危険にさらせまいと去ることを決意します。

ロサンゼルス

レティが殺されたことの連絡を受けたドミニクは静かにアメリカに入国します。

けれどそれを警察に確認されていることを知っているドミニクはレティの葬儀には姿をみせませんでしたが遠くから見守っていました。

彼は葬儀の参列者のなかにブライアンがいることも確認したのです。

FBI捜査官

ブライアンはドミニクを逃した罪で警察から追われていましたがマイアミの麻薬密売組織を壊滅させたことをうけて罪は帳消しとなりました。

兄妹の再会

ミヤの警察に見つかるので家に戻ってくることは危険だと心配していたけどドミニクはそんなことは気にしなくてもいいとレティの車を確認し、彼女の殺された場所で事故の検証をすることにしたのです。

ニトロ燃料使用の車を特定したドミニクはデビットパークがレティを殺害されたことを知ります。

麻薬密売の大物(ブラガ)

ブラガを追っているブライアンはレティが捜査の手がかりになるものを運び屋に特定されていないことを確認するとトレットの車をみつけます。

事故の検証を済ませたドミニクはブラガがレティの殺害に関与していることを知ります。

目的が共通しているのもあり2人はタッグを組むことになります。

レース会場

ブラガの右腕が行うストリートレースに2人は参加することになりました。

そのレースは道路を封鎖せずに行うレースで危険も伴っていたがどの車も早くたとえ事故するものがいてもお構いなく公道を走り抜けます。

軍配はまたもドミニクに上がりましたが、2人とも早かったので運び屋の仕事をすることになったのです。

パーティ会場で

ブライアンはパーティ会場でブラダとカンボスの指紋の採取に成功します。

メキシコへ

運び屋に決まった2人の車は指示通りカルデロンの車に続いてメキシコに入ります。

熱反応を探知してカメラを向けると感知されたことに気づいて熱探知からも消える速さで走行していきます。

警察のヘリが飛んでくるまでの15秒の緊張感は半端ありません。

カルデロンは仕事が終了するとドライバーたちを射殺することを知ったドミニクはレティを殺したのは彼だと確信します。

ブライアン達は車にニトロガスを充満させて爆発するのを確認すると麻薬を奪って逃走します。

潜入捜査

そして麻薬の隠し場所は警察の保管所にしたのです。実に安心の隠し場所です。

ドミニクはブライアンを通じて潜入捜査をすることになったせいで彼女が死んでしまったことに怒りを感じていたのです。

それでもレティはドミニクを無罪にすることを条件にブラガの運び屋として潜入捜査することになったと知ると隠している麻薬を武器に彼らをおびき寄せる作戦に参加することになりました。

ブライアンはドミニクを逃がしたのは彼から学んだ「自分の信念をもつ」ということについてずっと考えていたのもありこの件で豚旅強い絆で結ばれることになったのです。

【 ネタバレ 】

ブラガ本人に要求

ブラダ本人がいるところで取引をしたいとブライアンが要求して彼らがやってくるとスワットを突入させる作戦となりました。

作戦に備えている間にドミニクに「レティのことも謝る」というとボスは約束を守ると話しているとブラガ本人登場にも関わらず作戦は結果的に失敗に終わりました。

なぜなら指紋が一致したと確認が取れたので突入したがその指紋は目の前のブラガではなく本当のブラガはカンボスだったのです。

それを知ったドミニクたちはブラダの秘書から聞き出し再びメキシコ国境近くにある教会までやってきたのです。

メキシコからアメリカへ

教会にいたカンボスを追ってブライアン達がやってくると砂漠でのカーチェイスが始まります。

特にメキシコからアメリカに繋がるトンネルでのカーチェイスは迫力です。

ドミニクはレティの敵のカルデロンを殺し、カンボス(ブラガ)の逮捕に成功しました。

ドミニクの求刑

ドミニクの罪は無罪にならずにカリフォルニア州の法律に則って25年で早期の仮釈放は一切認めないと求刑となったのです。

その後、護送車を囲む3台の車にドミニクは微笑みを浮かべます。

【 登場人物紹介 】

ドミニク・トレット (ヴィン・ディーゼル)

ブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)

レティ・オルティス (ミシェル・ロドリゲス)

ミア・トレット (ジョーダナ・ブリュースター)

レイモン・カンボス (ジョン・オーティス)

フェニックス・カルデロン (ラズ・アロンソ)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・カーアクションの映画が好きな人

・ドヴェイン・ジョンソンの作品が好きな人

・車が好きな人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
女性40代
女性40代

オリジナルキャストに戻りつつあるワイルドスピードシリーズ第4作はヤクの運び屋やカーレース、強盗など第1作の雰囲気に戻ったような話になりました。

スケジュールの都合なのか今回レティは亡くなってる設定もあるので不参加となりました。

だけどレティはパンチの強いキャラクターなので、いないとなんか物足りないというか絶対必要な隠し味的な味わいをもってるんですよね。

それに今回はレティの一件に関わってることもあり、相棒とドミニクの関係性も一度こじれたのちお互いのやり方で突き進み最終的に仲間になるという原点回帰に戻ったかのようになっています。

話が進む度に仲間が増えていく展開はまるでONE PIECEみたいですが、レティがいなかったせいか敵側からジゼルが最終的には仲間に加わりました。

ハンといいムードになったことでラブの要素が更に加わりました。

この辺りでチームがいい感じに揃ってきた!という感じになっていて、この頃はまだどちらかというとストリートの犯罪者という立場で、悪党の世界で悪党と戦うという構造になっています。

男性40代
男性40代

この映画は、「ワイルド・スピードシリーズ」の第4弾の作品で、カーレースやカーアクションがふんだんに盛り込まれていて、そのスピード感とドキドキ感に圧倒されます。

アメ車だけでなく、結構日本車も多く登場しています。日産スカイライン、GTR、シルビアなど往年のスポーツカーが惜しみなく出てきます。

ストーリーのほうはヴィン・ディーゼル演じるドミニクは、恋人レティを殺した麻薬の密輸組織に潜入し、一方、ポール・ウォーカー演じるブライアン・オコナーもFBI捜査官として、同じ麻薬の密輸組織に潜入し、協力して組織を壊滅、そして復讐を果たしていく展開となります。

久しぶりの再会でも、2人の男の友情は変わらないどころか、さらに深まり、ラストの展開は泣けてきます。

ブライアンがカッコ良すぎます。

男性20代
男性20代

「ワイルド・スピードシリーズといえば、ヴィン・ディーゼル」という印象をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
この『ワイルド・スピード MAX』は1作目以来のヴィン・ディーゼル復帰作となり、これからの物語の基幹となるポール・ウォーカー、ヴィン・ディーゼルのタッグが復活した作品となっております。

前作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』に登場したハンも前作に引き続き、登場。
前作で死んだはずのハンですが、本作は前作よりも過去の話となっており、2作目『ワイルド・スピードX2』から時系列を引き継いで物語が展開されます。

本作品の見どころは、なんといっても製作費85億円以上をかけて作られたカーアクションシーン。
ワイルド・スピードといえばやはりカーアクションという印象が強い方も多いと思いますが、本作はワイルド・スピードシリーズの中でも特にカーアクションが激しい印象を受けました。
特に冒頭、ガソリンタンク車の強奪シーンは過去3作品と比較しても、圧倒的迫力に加え緊迫感もある中で展開されており、とても魅力的なシーンとなっています。

その後ポール演じるブライアンとヴァン演じるドミニクの公道レースであったり、狭い坑道を何台もの車が駆けるシーンであったり、興奮するシーンがそこら中に散りばめられており、最初から最後まで全く飽きの来ないかっこいい作品でした。

GT-Rやインプレッサなど、日本車も登場しますので、車好きの方にとっても楽しめる作品になっていると思います。

今後のワイルド・スピードシリーズが展開される上で、最重要と思われる当作は心からおすすめさせて頂ける作品です。

女性30代
女性30代

標的は同じだけど、目的の違う二人が手を組んで戦うところがかっこいいです。

ドミニクもですが、やっぱりブライアンは人気キャラだし、この二人がまたまた仲間だなんて、ワイスピファンとしては歓喜しかありません。

今までの話よりも、犯罪組織をやっつけようというクライム映画よりになっておりおもしろかったです。

ブライアンとドミニクはただの仲間じゃなくて、ドミニクは犯罪者だし、ブライアンとしてはどうしても許せないところがあるという微妙な関係なところがいいです。

喧嘩もしてたし、仕方なく手を貸してるのかなと思ったりもしました。

そうやって対立しながら、最後の最後には助けに行くというのが、すごいテンション上がりました。

それにブライアン役の役者さんはかっこよくて、ついつい、目がいってしまいます。

ここから先、ワイスピファミリーも増えていったという感じですが、このちょっと少なめの仲間の話もそれはそれでおもしろいなと思います。

たしかに、ちょっと出来過ぎ感はあるのですが、それもワイスピらしいというか、ちょっと無理があっても、主人公たちが勝っていく展開はいいもんです。

ここからまた、ワイスピが人気シリーズになっていったという大事な作品。

ぜひ、見てほしいです。

男性30代
男性30代

メインの男性陣にはさすがに何度もやりとりがこれまでの作品にてあるためか安定感があって落ち着いて観れるのは当たり前でしたが、今回はジゼル役の女優さんがとてもキレイかつミステリアスな雰囲気でドミニク・トレットとの関わりには独特な雰囲気があって過去のワイスピ作品とはまた違うテイストのあるものに感じられてその意外な空気感が新鮮で良かったです。

いつものワイスピファミリーはあんまり登場することはなく基本的にはドミニクとブライアンとミアあたりがメインなので要所要所に笑いはそんなになかった、少し暗い雰囲気もあったのを覚えています。

レティに関する部分が今回はフォーカスされていてドミニクがブライアンの制止をふりきって突っ走ってしまうような場面もあったりとややあぶなっかしいところもあってこの頃から銃撃戦の要素も長めの尺で導入されてきていたためなのか緊迫感がありました。

敵側も肉体的に強そうな屈強な男達で一見手強そうなところにもハラハラした感覚がありました。

一番の見所としては終盤におけるカーレースで、洞窟らしきところをひたすら走り続けるほぼ直線なコースを周りのあらゆる車をなぎ倒しながら進んでいく様相には圧巻の迫力がありました。

男性50代
男性50代

本作品は「ワイルドスピード」シリーズの4作目にあたります。
ブライアン(ポール・ウォーカー)もドム(ヴィン・ディーゼル)も出演なしで(ドムは一瞬のカメオ出演)、なぜか場所も日本という3作目が不評だったためか、この4作目からブライアン(ポール・ウォーカー)、ドム(ヴィン・ディーゼル)の両氏、ドムの妹ミア(ジョーダナ・ブリュースター)、ドムの恋人レティ(ミッシエル・ロドリゲス)らが再登場。
やはりこのメンバーじゃなきゃ!という以後も続くシリーズの主要メンバーがこの作品で揃い始めます。
内容的には、逃亡生活を続けていたドムと、FBIになったブライアンが、ある事件をきっかけに再会。
犯罪者とF B Iという立場の違いから、距離をおいていた二人が、
次第に認め合い、惹きつけられ、信頼と友情溢れる仲間となり、
ワイルドスピードファミリーの絆ができあがっていくシリーズの中でも重要な作品です。
今までのストリートレースから規模が大きくなり、カーチエイスアクションや銃撃戦が多くなっていて派手な演出も見どころです。
ラストには次回作への伏線も描き、さらなる期待を膨らませています。

【 まとめ 】

『ワイルド・スピード MAX』はFBINO ブライアントともに運び屋をするドミニクのカーアクションの迫力でも楽しめる映画です。

ドミニクの一途な愛も感じることのできるこの作品を動画視聴していませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました