おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT】動画を無料で(映画2006)フル配信・視聴する方法

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT 洋画

(C) 2006 Universal Studios. All Rights Reserved.

『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』は日本が舞台になった作品でドリフト走行を競い合うカーアクション映画です。

映画『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 予告
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』だけです。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、映画『ワイルドスピード』シリーズをお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の『ワイルドスピード』シリーズもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

アメリカ・アリゾナ州

喧嘩を仕掛けてきたのはクレイでしたが、それにのった高校生のショーン・ボズウエルは建設途中の住宅街の道でカーレースを始めたのです。

そこで正当なレースは行われず走行妨害が行われたりすることで双方の車は壊れてしまいます。

結果ショーンが勝利しますが、その騒動は警察沙汰となります。

クレイは彼の親が保釈金を積むことで難を逃れましたが、ショーンはそういうわけにはいきません。

3度目となる警察沙汰に母がもう引っ越しはこりごりだと彼を日本にいる父のところへ行かせることにします。

日本・東京

東京・渋谷に着いたショーンは父を訪ねると「来るのは7ではなかったのか?」といいながら時差があることを再確認します。

離婚はしていたけど父は「母さんは元気か?お母さんを恨むのは筋違いだぞ」と彼女のことを気遣います。

父は「学校に行き、終わったら帰宅する。ルールを守っていると問題は起こらないはずだ」とこの家にいる条件を伝えます。

都立和田倉高等学校

翌朝、ショーンは遅刻しながらも電車に乗り学校に向かいます。

そこではもう授業が始まっていてアメリカと違い日本の学校では上履きを履くことを教えられます。

学食で昼食を食べていると同級生のトゥインキーがパソコン・携帯などを半額で売ってやると話しかけてきたのです。

ショーンはそれには興味がなかったが(お金を持っていなかったのもあり)彼が背負っていたスパルコのハンドルに興味を示し彼の車をみせてもらうことになったのです。

立体駐車場でのレース

トゥインクは兜町の立体駐車場で行われているレースをみようと誘います。

そこには同じクラスで気になっていたニーラもいたのです。

DK(ドリフト・キング)のタカシはショーンに悪意ある言葉をぶつけて彼と喧嘩になりカーレースをすることになります。

このレースは彼の知らないドリフト走行だけど彼を気に入ったハンに車(モナリザ)を借りて参戦することになったのです。

ドリフト走行はかなり難しく、コーナーを曲がり切れずに失敗ばかりしながらもやっとゴールすると車を大破させて勝負に負けてしまいました。

その後、遅くなった彼は「俺の家に住む限り俺のルールに従うべきだ」と釘を刺されてしまいます。

ハンとの契約

モナリザを壊されたハンは学校帰りにショーンに車を壊した代償として「“熊の刺青”をしている男に金を貸している、それを回収して来い」「今日から俺のパシリだ」と言われてからやっとの思いで回収します。

今後も回収してくるようにハンがいうとショーンはドリフトを教えてほしいと頼みます。

ショーンは父とのルールを守るために遅くなることを公衆電話で連絡します。

首都高速

ハンが時速197kmで走っているとショーンは警察がおってこないことに驚きます。

日本のパトカーは時速180kmのリミッター付きだから追ってこられないとうと涼しい顔で高速を駆け抜けていきます。

ドリフトの練習

次のカーレースでタカシの子分のモリモトと勝負することになったショーンのドリフトの練習が始まりました。

ハンに借りた車で懸命に練習をしますがドリフトはなかなかうまくなりませんでした。

そんな姿を彼の父はうっすらと気づいていてただ「出る杭は打たれる」とだけ助言し見守ってくれたのです。

ハンが日本へ来たのは「カウボーイは国境と超えて逃げる」つまり逃亡してきたのです。

そんな彼もショーンを信頼しているのか彼のドリフトの練習を厳しい目で見守ります。

ドリフトというのは峠を早く走るために生まれた競技で日本の坂道は本当にドリフトに向いているのです

そんな日々の練習が実を結びモリモトとのカーレースでショーンは勝利します。

【 ネタバレ 】

ハンの死

ハンはタカシのもとで回収の仕事をしながらも上納金をかすめ取っていたのです。

それをタカシに知られると、信じて親父に紹介したので裏切ったとハンに銃を向けたのです。

そこからハン、タカシ。モリモトのカーチェイスが始まります。

渋谷のスクランブル交差点に突入した時にちょうど人波が途切れて誰も怪我をせずに通過していく運転技術は最高です。

けれどドリフトの途中でタカシが発砲しハンの車が曲がり切れずに横転して炎上してしまいます。

その炎上でハンを助けることもできなかったショーンとニーラは地下鉄で帰ります。

タカシがショーンの家に乗りこんできて彼に銃を突きつけます。

そこへ父がやってきてタカシに銃を向けると「私なら銃をしまう」と緊張状態から助けてくれたのです。

「私にはお前をまっとうにする責任がある。アメリカに今すぐ帰れ」とショーンに父がいうとこのままでは帰れない彼の思いを告げることでその思いを認めてもらえたのです。

カマタ組長への提案

ハンのところにある札束をショーンはトゥインキーとともにカマタ組長のところに持っていきます。

けれどお金を返せば問題が解決することはないためレースで勝負して負けたほうが街を去るという条件を出したのです。

その後ショーンは新たな車を作り始めて父やトゥインキーなども手伝って何度も微調整しチューンアップをしてなんとか完成したのです。

最終レース

ハンが教えてくれた蛇行する道の多い山道で最終レースは行われました。

練習の成果もありショーンはくねくねと蛇行する山道を快調に飛ばしているとタカシはスリップして崖から落ちてしまいます。

レースはショーンの勝利に終わったのです。

自由を勝ち取ったショーン達

カマタ組長は勝敗を認めて「お前たちは自由だ」と解放されました。

後日DKとなったショーンに新たな挑戦者が現れます。

それは以前ハンの仲間で、彼と競争したときに勝った戦った経験もあるというドミニク・トレットだったのです。

「準備はいいか?」

【 登場人物紹介 】

ショーン・ボズウエル (ルーカス・ブラック)

ハン・ソウルオー (サン・カン)

トゥインキー  (バウ・ワウ)

タカシ  (ブライアン・ティー)

カマタ組長 (千葉真一)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・カーアクションの映画が好きな人

・ドヴェイン・ジョンソンの作品が好きな人

・車が好きな人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
女性40代
女性40代

舞台は東京、本国で問題を起こした高校生が逃れるように日本へやってくるところから話が始まるが、これはスピンオフじゃないんですかと言いたくなるぐらいオリジナルキャストが出てないのがとてもびっくりします。

もしワイルドスピードファンで無い人ならあとは日本の役者さんである妻夫木聡さんや北川景子さんが出演するシーンがあるところが見どころの一つと言えるでしょう。

これは日本の場合にも言えることだから仕方ないですが、あくまでアメリカから見た日本って感じなのでロケーションに出てくる景色などの節々ががどうしても違和感ありすぎるんですね。

オリジナルキャストは出ないし、かといってメインで日本のキャストが出てるわけでもないし、ワイルドスピードシリーズじゃなければ、単体として面白く見れる作品ではないかなというのが本音です。

話の内容は主人公と女性を取り合う相手が、配下についている日本のやくざを絡めた戦いを車のレースで決着をつけ、いろいろな物事のけじめをつける形になります。

ただ、のちのキャストが総動員するワイルドスピード・アイスブレイクでちらっとこの作品の主役が出てきたりするので通しで見る際にはチェックしておいたほうがシリーズをより楽しめます。

女性30代
女性30代

これが日本か?というところはありますし、ドミニクとかも終盤で出てくるだけでいつもの面々は出てきません。

なので、いつメンを求めている人にはちょっとな作品かなと思います。

でも、実はシリーズ通して見ると、重要なことしてたりするんですよね。

だから、後から思い返すといい作品だった気がします。それに最初はどうしようもない高校生が最後の方になるとドミニクと肩を並べているなんて、なかなかすごいことだなと思います。

どんどん腕を上げていく姿が、ベスト・キッドとかそっち系の映画ぽいです。

それに、平和的な解決としてレースをするなんて、なんとなく漫画ちっくで、日本ぽいといえば日本ぽい気もします。

それまでもワイスピともこれからのワイスピとも違うテイストだけど、車に重きを置いていることだけは変わらず、いいなと思いました。

また、日本キャストもけっこう出ていて、柴田理恵さんとかすごい印象的でした。

日本人がこんなにもハリウッド映画に出ているのも珍しいので、その点でおもしろい作品でしょう。

学ランの似合わない高校生たちとか、なんだ、その料理はと思える学食とか、笑えるポイントもたくさんあるので、ちょっと気を抜いて、楽しく見たらいい作品です。

男性30代
男性30代

ワイルドスピードシリーズのスピンオフ的な位置付けにある作品で唯一日本らしい舞台による内容になっていてその町並みの雰囲気がパチンコ屋さんがあったりギラギラしたネオンがあったり首都高速道路らしきところをつきぬけたりと少し昔の日本のような世界が広がっていてとても興味深い印象がありました。

ワイスピのおなじみのメンバーではドミニク・トレットが終盤で少しだけ登場するくらいで作中はハンが唯一メインとして登場してくるので個人的には好きなキャラクターだったので何度も視聴した記憶があります。

登場するドレスアップした車も海外の車種のほかに日本車が複数出てくるのにも感慨深い気持ちがありました。ストーリー的にはヤクザらしき若者が町をしきっていてその彼に対抗しようとする外国人の主人公が最初は運転がからっきしダメなんですが特訓をしまくって最後の勝負に勝つというハッピーエンドな展開がとても気持ちのよい終わりに感じられました。

この作品では日本人の俳優や女優も数人出演されていて、中でも若かりし頃の北川景子さんがちょこちょこと主人公の特訓を手伝ったりと登場する場面があるので貴重な瞬間に思いました。

少し違った角度から楽しめるワイスピ作品だと思えました。

男性30代
男性30代

X3はワイルドスピードシリーズ全部含めてもどちらかというと異色作に分類されるかと思います。

なぜかというとキャストが完全に一新された唯一の作品だからです。

ドムもブライアンもローマンも出てきません。

でもハンは出てきます。

舞台は日本の渋谷でストリートレースの舞台でもあります。

その他首都高バトルや峠MAX、頭文字Dを彷彿とさせる日本のゲーム、アニメを連想させるようなジャパニーズレース仕様なのも見どころです。

アメリカ人主人公が日本の高校にやってきて文化の違いに戸惑うシーンが面白おかしく描かれています。

ちなみに英語が堪能なためか日本人のキャストを韓国人俳優が演じています。

こういうところは日本弱いなと思いました。日本で活躍する俳優、女優も何人か出演していて特に北川景子がレギュラーのポジションでセリフこそ少ないものの画面に映る頻度は結構多いので若かりしころの北川さんを見たい方にもオススメです。

意外に感じたのは当時日本ではトップクラスの若手だったと思われる妻夫木聡がレースのスターターだけという出番の少なさでした。他にも海外でもVIP級に有名なサニー千葉こと千葉真一が出演。

出番こそ少ないものの存在だけで周囲を圧倒させるオーラはすごい。

他にも真木よう子、中川翔子等が出演していましたが、意外に主人公の通う高校の教師役で出演していた柴田理恵が印象に残る演技をしていました。

演技というか素の延長線上というナチュラルさでしたが。

ウォーリーを探せみたいに日本人俳優たちを見つけてみるというのも一つの楽しみ方です。

男性20代
男性20代

この作品はシリーズの中で少し本編から外れた感じのある雰囲気だけれど、舞台が日本の東京で人気キャラのハンにもスポットライトを当てている見どころ満載な作品だと思う。

正直 主人公に関してはあまりシリーズに繋がる接点があまりなくこの作品でしか登場しないのでガッカリだけど、その分ハンがシリーズ史上1番輝いておりドライブの技術を存分に発揮するので非常にファンとしては盛り上がると思う。

また、東京のクールな都会の描写や日本っぽい(外国人から見た視点のやつ)親近感の湧く文化などが描かれているので見ていて楽しい。その他 日本を代表する役者やタレントも数多く出演しておりそれぞれが一瞬の登場ではあるもののどこで誰が出るのかを期待しながら見つけるのもこの映画の楽しみ方の一つだと思う。

この作品は背景からBGMまでワイスピ感を残しつつ日本らしさを交えているため前作1.2のワイスピを見た方は違う作品に感じ違和感を覚える人もいるとは思う。

しかし、悪魔でもこれはスピンオフに近いものであり、割り切ってみればこれはこれで楽しめると思うのでシリーズを通しての期待はするべきではないと思う。

とは言いつつも基本的にはワイスピのアクションの迫力、かっこよさは忠実に描いているので総合的にはよくできている作品だと思う。

男性20代
男性20代

今作、ワイルドスピード東京ドリフトは日本が舞台になりました。

ひとつ注意したいことはこのシリーズは時系列がずれているということです。(説明は省略します) また舞台が日本であるだけに日本車が登場しています。

メインは主人公の乗るランエボ9とハンが操るマツダのRX7でしょう。

主人公は普通の学生でしたがやんちゃな問題児で
手がつけられないほどに。

無免許運転をして問題をおこし、このことから見かねた母親は元旦那のところへ送ります。

日本へ送られた主人公は高校生として学校へいきますがそこで出会った友達からドリフトについて学び、ドリフトキングのことを聞きます。

これが厄介で親玉がヤクザの一味でありその持ちを孫にまでさせていたというところ。
ドリフトどころか車に全く知らないところから話は始まり、ドリフトキングを倒すというお話です。

以前のシリーズとは異なり、メインは日本車同士のバトルや日本のしきたりの一面がみられるのが今作のみどころです。

また豪華出演者が出ているところも感心しました。

元GTレーサーであり、界隈では知らない人はいないくらい有名な土屋圭一さんが出演されていたり、柴田理恵さんが出ていたりと日本が舞台だからこそのスペシャルゲストが登場しています。

【 まとめ 】

輝きを増している北川景子・妻夫木聡がちょい役だけど出演している『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』はドリフト走行という迫力のあるカーアクションを観ることができる映画です。

思わず自分も車に乗りたい気持ちになるこの映画を動画視聴してみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました